スポンサーリンク

【新チーム始動ver】2018年ハーフ上位10人タイム平均ランキング【関東大学長距離】

シェアする

お待たせしました。

2018年度新チームの上位10人のタイム平均ランキングになります。

まずはハーフマラソンからですね。

スポンサーリンク

ハーフ上位10人平均タイムランキング

順位大学名(順位変動)平均タイム【1番手~3番手のタイム】
4番の選手・・・10番目の選手
※20㎞のハーフ換算を含む
※順位、タイム変動は箱根予選・高島平終了版より
61分以内61分前半61分後半、62分前半、後半、63分前半、後半、64分前半、後半、65分前半、後半、66分、 67分以降
スポンサーリンク

1位-10位

1位(→)東海62分52秒4(9秒4↓)鬼塚翔太③6203、松尾淳之介③6217、西川雄一朗③6242★
中島③6251、湊谷④6252★、高田③6303、湯澤④6307、關③6312、舘澤③6314、郡司③6323
2位(2↑)駒大63分19秒2(8秒4↓)片西 景④6158★、下 史典④6236、中村大聖③6244★
伊勢④6310、山下③6313★、堀合④6332、白頭④6348★、小原②6355、物江④6403、佐々木③6413★
3位(1↓)青学63分21秒5(28秒9↓)森田歩希④6246、橋詰太慧④6246、鈴木塁人③6255
梶谷④6319★、富田④6324、林④6327、岩見②6336★、小野田④6342、山田④6345★、吉田③6355
4位(4↑)帝京63分29秒6(4秒3↑)畔上和弥④6230★、田村岳士③6255★、岩佐壱誠③6300
小森④6308、竹下④6342、横井④6347、島貫③6353★、田村丈③6356、濱川④6358、吉野③6407
5位(→)東洋63分31秒1(17秒2↓)相澤 晃③6205、山本修二④6256、渡邉奏太③6309
浅井②6336、今西③6341、中村④6342、吉川②6348★、中尾③6353、中村②6407★、小笹④6414
6位(3↓)山学63分47秒7(36秒7↓)ドミニク ニャイロ③6042、永戸 聖③6237、久保和馬③6339
川口③6356、藤田④6405、首藤③6406★、片山6407、宮地③6427★、出木場④6434、斎藤②6544
7位(8↑)中大63分56秒2(3秒7↓)中山 顕④6230★、舟津彰馬③6304、堀尾謙介④6305
畝②6340、苗村④6410、池田②6417、岩佐③6418、川崎②6444、関口③6444、神崎④6450
8位(9↑)法大64分01秒9(6秒0↓)佐藤敏也③6256、坂東悠汰④6344、大畑和真④6356
福田④6359、矢嶋④6402、土井④6403、青木③6412、東福④6426、鈴木④6429、増田③6432
9位(4↑)拓大64分02秒3(16秒8↓)W.D.タソ④6225、戸部凌佑④6304、赤﨑 暁③6310
馬場④6345★、中井③6412、白髪④6427、鈴見④6429、硴野④6451、五十嵐④6456、今滝④6504
10位(6↑)明大64分04秒5(11秒5↓)阿部弘輝③6328★、三輪軌道③6335、田中龍太④6341
中島③6353、南③6355、竹山④6357、佐々木③6421、東島④6433、大保②6440、棋士③6442

トップは東海大が保ちましたね。そして唯一平均62分台です。鬼塚・湊谷選手の主力以外に、駅伝未出走の西川選手が62分42秒を出して上位、そして今年の箱根1区2区を務めた三上・阪口選手が、ロードレースの参加が少なく記録を持っていない中です。個々のレベルとしては苦手と言われる長い距離でもポテンシャルはあるのですよね。駅伝でのアップダウンや駆け引き面では、ライバル校が更に力入れているという感じかな。

ライバル校と言われる青学・東洋は3位と5位。青学は梶谷選手他若手。東洋大は吉川選手がハーフを走りました。ただ、両校とも箱根の走りを見ていると、駅伝でさらに強くなる印象がありますから、やっぱり強いのだろうなぁと思います。

割り込んでいるのは9年ぶりに箱根シード落ちとなった駒大と、育成力に定評のある帝京大、というか上位行では唯一タイム短縮しています。卒業生の穴が少ないのと、自己ベストが多かったのと重なりました。駒大は片西選手だけでなく、中村大・山下選手など個々に力をつけてきている選手はいるんですよね。主要大会でうまく融合していないところ、うまくいけるか。帝京大は畔上選手はやっぱり強い、田村兵選手ら周りを固める選手がどれだけ安定してくるか。

あとはシード落ちの中から6位山学と7位中大。山学は10人の平均なのでニャイロ選手だけではなく、タイムを出した選手もいるので、この1年でどれだけ力がつくか。中大は中山選手のベスト&卒業生の穴が少ないこともあり、順位上は8つも上がっていますね。箱根予選一発の選手も中にはいるので、主要レースでも出せるようになっていきたい。

それからシード校の法大と拓大はやはり勢いがありますね。法大はなんと9つも順位を上げています。ベストはあまり出ていないので、卒業生の穴が少ないということなのですが、データ上も実際に追いついてきましたかね?拓大もトップ10にあがってきて、力のある所を見せています。

そして10位に明大。これは箱根不出場校の中で最上位となります。丸亀ハーフでの阿部選手ら主力の健闘が光りましたが、こういうのが継続できるようになっていくといいですよね。

スポンサーリンク

11位-20位

11位(1↑)城西64分05秒2(19秒9↓)金子元気④6318、西嶋雄伸③6327、大石 巧④6342
中島④6350、服部④6358、鈴木④6415★、中原③6427、宮沢③6435、荻久保③6438、菊地②6442
12位(6↓)日体64分07秒0(38秒4↓)中川翔太③6304、宮﨑勇将④6326、室伏穂高④6350
三原④6355、森崎④6414、山口④6417★、山口③6426★、林田④6430★、廻谷③6440、白永③6448★
13位(2↓)國學64分07秒5(24秒8↓)土方英和③6247★、浦野雄平③6334、江島崚太④6358
長谷④6412、中山④6412、青木③6414、蜂屋④6420、小中④6424、稲毛③6445、臼井②6449★
14位(→)中学64分10秒4(21秒9↓)横川 巧③6305、市山 翼④6331、福岡海統④6347
光武④6406、藤田③6410、髙橋②6416★、石綿②6425★、石原③6444、廣④6455、釜谷④6455
15位(5↓)大東64分13秒6(32秒5↓)川澄克弥③6314、中神文弘④6331、谷川貴俊④6352
齋藤④6352、奈良③6400★、奈須④6421、山崎④6429、新井④6434、三ッ星②6448、佐藤③6535
16位(3↑)順大64分14秒9(11秒9↓)塩尻和也④6246、難波皓平③6252、野田一輝③6343★
橋本③6346★、金原④6413、鈴木③6421★、藤曲③6502★、江口④6510、小林④6511、吉岡④6525
17位(1↑)国士64分20秒2(22秒3↓)住吉秀昭④6253、多喜端夕貴④6347、高田直也④6356
戸澤④6402、藤江④6402、福田④6402、鼡田③6419、内山④6505、ギトンガ②6519、工藤④6557
18位(4↑)上武64分25秒9(15秒4↓)太田黒卓④6315、橋立 旋③6411、大森 樹③6414
関佑④6417、熊倉④6421、淵④6434、松下④6437、田中④6450、佐々木③6456、関稜④6504
19位(1↑)創価64分26秒3(22秒7↓)ムソニ ムイル③6159、上田結也③6348、米満 怜③6416
古場④6430、吉留③6445、築館③6452、作田④6457、棚橋④6500、二宗④6508、鈴木②6508
20位(13↓)早大64分33秒4(61秒0↓)太田智樹③6248、永山博基④6255、清水歓太④6308
車田④6402、渕田②6454★、大木③6509★、遠藤③6510、真柄③6525、西田④6558、吉田②6605

例年に比べれば少しタイムが劣りますが、学生ハーフを含め全体的に条件が悪いレースが多かったのと、学生ハーフもユニバが無かったので、有力選手が30㎞レースに挑戦したりしたのもありましたかね。そんな中、シード校では城西と中学がまずまずキープ。箱根に出場できなかった選手がいいレースをしていますね。4年生の穴が大きい日体大が6つ順位を下げましたがそれでも12位ですか。データ上はまずまずなので、主力級がしっかり出てこれば…というところでしょうか。

あとは箱根シード落ち、予選落ちのチームも増えてきますかね。土方選手の成長があった國學がやはりまずまずの位置をキープ、ランクダウンした大東大もまだまだこれから次第という15位。橋本・野田選手の頑張りがあった順大は、学生ハーフが記録が伸びにくかったということで、3つアップに留まりましたかね。このあたり、上がっているチームが多い。箱根は厳しかった国士大と上武大が少し順位アップ、創価大は冬前の記録会からすると物足りないですが、ひとまずデータ上は予選通過ラインをキープと言った形だ。

大幅に落ちたのが早大で、1分以上もデータ上ダウン。今年のシード校の中でも一番下ということになりますかね。中堅を狙う選手で自己ベストがありましたが、新4年~2年だけだと部員数が相当少ないのも影響していますかね。うまく新入生を育てながら、うまくかみ合わせていってほしいです。

スポンサーリンク

21位-30位

21位(→)日大64分35秒0(30秒9↓)P.M.ワンブイ④6127、加藤拓海④6401、阿部 涼②6427
松木③6436、武田②6442、佐藤④6509★、野田②6513、小坂②6521、金子③6523、山田③6531
22位(13↓)神大64分43秒5(66秒9↓)山藤篤司④6315宗 直輝③6408、越川堅太③6428
阿比留④6430、田中④6439、安田③6446、北崎②6512★、佐久間④6523★、鈴木④6525、多和田④6529
23位(→)東国64分48秒6(31秒3↓)伊藤達彦③6332、真船恭輔③6406★、堤 完一④6429
相沢③6442、渡邊②6452、河野④6454、浦馬場④6509、熊谷②6520★、梅本④6526、佐伯②6536★
24位(1↑)農大65分10秒1(18.5秒↓)小山直城④6317、金子 鷹④6421、川田裕也③6432
平井②6442、加藤④6507、工藤②6537、瀬戸口④6544、森④6552、田中④6604、鈴木④6625
25位(1↑)麗澤65分11秒4(6秒9↓)宮田 僚③6426、太田来紀④6449、国川恭朗③6452
市川④6512、渡邊④6513、田中④6516、吉鶴④6517、西澤④6530、萩原②6530、植田②6549
26位(2↓)専大65分15秒1(37秒5↓)長谷川柊③6341、川平浩之④6419、小林彬寛③6442
矢澤④6452、和田④6503★、藤井④6521、横山③6526★、佐藤④6527、島田④6625★、塚原③6715
27位(→)亜大65分45秒6(33秒4↓)田崎聖良③6438、米井翔也④6439★、上土井雅大③6447★立石③6520、西村④6525、市川④6618、渡辺④6625、古川④6630、西澤③6643、浦野④6651
28位(5↑)武蔵65分54秒0(6秒3↑)タイタス ワンブア③6224、藤井亮矢③6403、下田季矢②6456
田村②6558、高岡④6608、岩永③6614、佐藤④6627、安部④6718、森③6735★、木村②6757
29位(→)日薬66分02秒6(37秒5↓)サイモン カリウキ④6122、溜池勇太③6421、千葉勇輝②6545
土屋③6549、今川②6617、宮平④6702、神戸④6702、時川③6717、時川②6726、小松④6805
30位(2↑)桜美66分08秒3(25秒9↓)レダマ キサイヤ③6036、田部幹也④6406、森 駿太④6555
前山②6629、坂田③6633、平野④6640、阿川③6647、安西④6744、仲原③6812、古川③★

ひとまずは23位のチームまでの争いですかね。インカレ枠で実質次の出場が決まっている日大は21位と順位は変わらず、何とかしてこの1年で全体的な強化が進んで戦えるチームになるようになってほしいところ。よもやのシード落ちのとなった神大が非常に厳しい22位の位置。最も、山藤選手ら主力選手は走る機会が少なくなったこともありそうですかね。東国大もまだまだ走れる選手は多そうで、伸びを楽しみにしたいです。

その次、24位から26位あたりが次のグループ、基本的には厳しいけど、増枠があればワンチャンありと言えるでしょうか。その中で麗澤大が勢い在りましたかね。学生ハーフの成績だけを見ると、ほぼ同じ平均タイムの農大と専大よりは良かったです。スタミナ型のチームなので、気温が高くなると良くなりますかね。

そのあとは66分前後で僅差で並んでいますが、実質卒業生の穴がなかった武蔵野学院大が大きく順位を上げ28位でアップ。しかもハーフにはあまり出ていない中、全日本予選出場にかけているのかどうか??日本薬科・桜美林の同時に強化スタートしたチームも着々と強化が進んでいますね。

31位-

31位(3↓)平国66分12秒9日野 航④6459、鈴木悠太④6501、小美濃駿④6508
賀澤④6609、片山②6622、河野③6634、工藤③6636、後藤③6636、寺嶋④6717、時任②6727
32位(1↓)流経66分16秒5(45秒1↓)菊地海斗③6508、地福詩音④6513、磯谷 駆③6514
小原③6530★、三輪③6549、藤崎④6551、岡島②6642、龍田④6723、浅海②6734、馬越6823★
33位(3↓)筑波66分16秒9(49秒1↓)相馬崇史②6416、池田 親③6444、金丸逸樹③6523
西②6525、村上④6545、川瀬④6625、児玉②6636、渡辺②6747★、小林④6801、藤田③
34位(1↑)関学66分37秒6(10秒6↓)田島 光③6451、関口大樹③6506★、桑山敏哉③6610
西②6633、安達③6635、横田③6656、増田③6708、川良②6718、河本④6729、伊藤④6810
35位(1↓)駿河66分39秒9(34秒6↓)西沢晃佑④6501★、大村礼也③6533、吉里 駿②6538★
河合②6629、福谷③6655、弥久保④6658、馬場③6659、清水③6717、石山②6739、高橋④6810
36位(→)明学66分54秒3(9秒1↓)市原拓実②6511、山内郁人④6547、佐久間康弘④6605
鈴木④6615、大谷④6620、添田④6714、雨宮③6725、小野④6759、大畑④6816、坂上③
以上、ハーフ67分以内チーム詳細
以下、10人以上出走確認チーム
※66分59秒以内最大3名、もしくは67分台最大1人の選手を記載
37位東経67分35秒4(村上 滋③6604、元川④6617、鈴木③6626)
38位慶大67分50秒9(根岸祐太④6418)
39位立大68分56秒0(轟木④6634、中村③6634)
40位東大69分28秒0(近藤秀一④6311、阿部③6656)
41位東情69分40秒7(小田切④6717)
42位東理70分56秒5
43位千葉71分32秒7
44位帝平71分46秒3
45位一橋71分58秒3
46位埼大72分06秒8
47位首都72分19秒7
48位東大院72分31秒0(福島(M2)6752)
49位芝工72分39秒5
50位防大72分51秒0(古林④6636)
51位学習73分38秒2
52位高経74分42秒2
53位国武74分05秒7(露木④6725)
54位茨城75分05秒7
55位成城75分42秒7
56位農工77分29秒7
 ここからは66分大きく超えますかね。平国・流経・関学など以前からの強化校がここ。そして強化が盛り上がっている筑波はちょっと落ち幅は大きい方。こう見ると、ロード20㎞はまだもう少しかなぁ…。その他、卒業生抜いても結構多くのチームが10人以上現時点で記録を持っている選手がいました。これから箱根予選を目指すのは以前より大変になりますが、また頑張ってほしいです。

以上、ハーフマラソンです。

もしミスがあればコメントやツイッター(Twitterhttps://twitter.com/hakonankit)までお願いします。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. パトレーゼ より:

    駒大の分不相応感(笑)この後1万mの集計出されたら大変なことになりそうです。
    伊勢・山下・堀合は62分台の力があるでしょうから面子的には上位争いできそうなんですが伊勢路以外は全く噛み合いませんよね。下君がその象徴と思ってますが最後の箱根で力走した高本主将を見習って欲しいものです。蛇足ながら中村大聖は3年ですよね