スポンサーリンク

都道府県対抗駅伝男子2018【エントリー・結果・記録】

シェアする

参照サイト:http://www.hiroshima-ekiden.com/

全国放送される最後の駅伝、『天皇杯 第23回全国都道府県対抗男子駅伝』のエントリーが出ましたね

(http://www.hiroshima-ekiden.com/information/pdf/orderlist23.pdf)

当日変更の可能性もゼロではないですが(インフルエンザが流行っていますしね…)、ひとまず確定です。

変更があった場合は、また追記します。

こちらの記事ではエントリーや結果を記載しますが、

全記載は3区7区(大学・一般区間)のみです。

高校生は、進路先の気になる高校3年の選手中心になっています

スポンサーリンク

エントリー

高校生区間の3年生中心のみとなります。進路先も書いてあります。

スポンサーリンク

1区

半澤黎斗(学法石川・福島) 早大
田中康靖(小林・宮崎) 東海大
八重畑秀徳(山梨学院・山梨) ?
井上大輝(須磨学園・兵庫) 中大
湯原慶吾(水戸工業・茨城) 青学
佐久間秀徳(國學院久我山・東京) 明大
小島優作(仙台育英・宮城) 順大
北野太翔(倉敷・岡山) 日大
飯田貴之(八千代松蔭・千葉) 青学
安田 響(益田清風・岐阜) 神大
齋藤晃太(札幌日大・北海道) 日体大
橋本 龍(東農大三・埼玉) 東洋
川口 慧(美方・福井) 神大
天野竜汰(秋田工業・秋田) ?
安藤大樹(鹿児島実・鹿児島) 旭化成
大谷 陽(佐野日大・栃木) 東海大
呑村大樹(大阪・大阪) 神大
榎本大倭(富山商業・富山) 順大
島袋 太佑(北山・沖縄) 日体
高畑 凌太(草津東・滋賀) 立命館
竹上 世那(小豆島中央・香川) 流通経大
井内 優輔(鳴門・徳島) 筑波大
淵田 凌一 (高知農・高知) 神大

4区

鈴木聖人(水城・茨城) 明大
本間敬大(佐久長聖・長野) 東海大
栗原啓吾(農大二・群馬) 中央学大
芳賀宏太郎(学法石川・福島) ?
手島 駿(國學院久我山・東京) 中大
小野一貴(倉敷高・岡山) 中央学大
牧瀬圭斗(白石・佐賀) ?
糸井 春輝(桂・京都) 中央学大
石田光輝(札幌山の手・北海道) 中大
西方 大珠(浜松商業・静岡) 神大
森  凪也(福岡大大濠・福岡) 中大
谷澤 竜弥(横浜市立金沢高・神奈川) 中大
久綱 一輝(大分東明・大分) 駒大
西村  暉(草津東高・滋賀) 上武
杉本雄月(秋田工・秋田) ?
宮下 隼人 (富士河口湖・山梨) 東洋
岡嶋 翼(遊学館・石川) 日体
中西優汰(伊賀白鳳・三重) 一般企業(引退)
西村 拓海 (高知農・高知) 創価大
緒方 俊亮 (小林・宮崎) 東農大

スポンサーリンク

5区

中谷雄飛(佐久長聖・長野) 早大
三浦拓朗(西脇工・兵庫) 中大
千明龍之佑(農大二・群馬) 早大
片根洋平(水城・茨城) 大東大
手嶋杏丞(宮崎日大・宮崎) 明大
太田直希(浜松日体・静岡) 早大
松尾鴻雅(八戸学院光星・青森) 城西
早田祥也(埼玉栄・埼玉) 青学
矢島洸一(山梨学院・山梨) 山学大
山口賢助(鶴丸・鹿児島) ?
齋藤龍之介(仙台育英・宮城) 中大
花崎悠紀(富山商業・富山) 駒大
佐藤拓人(中越・新潟) 帝京大
向井悠介(小豆島中央・香川) 早大
中嶋貴哉(宮古・岩手) 東海大
梅木 海(鶴岡東・山形) 創価大
嶋津雄大(若葉総合・東京 創価大
大石 雄太(遊学館・石川) 創価大
殿地 琢朗 (益田清風・岐阜) 國學院大
中村風馬(草津東・滋賀) 帝京大
西原 大貴 (鳥取城北・鳥取) 進路・継続未定
仲山 大輝 (西京・山口) 武田薬品
清家 陸 (八幡浜・愛媛) 法政大
三谷康一郎 (高知追手前) 高知大

スポンサーリンク

結果・記録

公式サイト

http://www.nhk.or.jp/rr/zen-dan/#/

以下、まとめです。

コメントは後に付けます。

トップ8

1位埼玉県2:19:10

区間順位名前(通過順位)
10位橋本(10)-6位分須(6)-14位牟田(7)-4位宮坂(2)-6位早田(5)-1位篠木(4)-1位設楽(1)

現在、日本在住の日本人最強ランナーの設楽悠太選手がアンカーに控えている中、見事なレースでしたね。まずは高校生区間が粘りましたね。1区橋本選手がひたすらついていって、ハイペースの中区間10位で凌ぐと、3区終了時で7位へ。4区宮坂6区早田選手がいい位置につけると、中学生の6区篠木選手が区間賞でお膳立て、僅かとトップと13秒差で設楽選手に渡ったところで勝負ありましたね。13㎞区間で区間2位に50秒差を付ける圧巻の走りで見事に優勝!次の東京マラソンでもまた活躍する姿が見られそうです。

優勝おめでとうございます!

2位長野県2:19:56(0:46差)

2位松崎(2)-14位伊藤(3)-22位春日(11)-1位本間(4)-1位中谷(1)-29位越(1)-5位關(2)

序盤は本当に良かったのですよね。2年松崎選手が1区の役割として理想的な走りで区間2位でしたが、そのあとの区間があともう少しずつでしたかね。高校駅伝優勝メンバーの本間・中谷選手がさすが連続区間賞でトップに立つも、中谷選手は故障も少しあったそうで決定打にはなりませんでした。中学生も今回はうまく走り切れなかったですかね。

あと、復帰の關選手はよく走ったと思います。箱根欠場し、当日は靴紐がほどけるアクシデントの中区間5位です。また活躍する姿が見れそうで良かったです。

3位千葉県2:20:34(1:24差)

13位飯田(13)-6位野島(8)-3位松枝(4)-18位安田(10)-3位佐藤(4)-5位鶴(5)-13位鈴木(3)

ポイントポイント区間で稼いで過去最高位でした!1区2区まずまずで付けると、昨年の陸上長距離界の成長株となった松枝選手が屈勘3位の走りで4位浮上、更に5区佐藤選手も区間3位で再び4位へ。アンカーに控えていたのは青学の優勝メンバーの鈴木選手。区間13位ながら混戦をしのぎ切り総合3位でゴールテープへ!しっかりいいところを持っていくあたり持っていますかね!?

スポンサーリンク

4位福岡県2:20:55(1:45差)

22位島崎(22)-1位石田(7)-16位高井(9)-8位森(9)-20位濵地(12)-8位神谷(10)-3位高橋(4)

中学生記録を持つ石田選手凄かったですね。22位でタスキを受けると、1㎞2分37秒と物凄い突っ込むペース!予定より早かったそうですが、その中で冷静さも持ち合わせて8分14秒のタイム!本当にセンスありますねぇ。今後も高み目指してほしいですね。

チームはその流れで10位前後をしっかりキープすると、アンカーの高橋尚弥選手がちょっとびっくりの区間3位!4位にまで急浮上させました。これも見事な継走でした。

5位群馬県2:20:59(1:49差)

27位大澤(27)-23位塩原(25)-2位塩尻(10)-17位栗原(12)-6位千明(10)-22位北村(12)-2位西山(5)

長距離の3区間が良かったですよね。1区長身大澤選手が後半少し落ちてしまいましたが27位。塩尻選手には25位でタスキが渡ります。箱根の時からはしっかり復調し区間2位、ここで10位浮上すると、5区千明選手などの頑張りで入賞が見える位置をキープ。アンカーの箱根1区区間賞の西山選手が今回も予想以上の軽やかな走りで区間2位。5位までチームを引き上げました。今後も注目のチームですね!

6位山口県2:21:01(1:51差)

26位中村(26)-5位阿部(17)-1位田村(3)-15位吉井(5)-15位仲山(8)-11位大谷(7)-8位野田(6)

田村選手は本当に駅伝で強いですね。17位からあっという間に3位集団に追いつくと、ほとんどのランナーを突き放し、トップが眼前に見える位置へ。その後7位あたりまで落としますが、順大2年の野田選手が区間8位!順位を一つ押し上げて6位。彼の力も大きかったですね。びっくりです!

スポンサーリンク

7位神奈川県2:21:09(1:59差)

11位内田(11)-32位安倍(15)-4位舘澤(12)-6位谷澤(8)-3位鎌田(3)-4位安澤(3)-25位越川(7)
 神奈川大は過去最高位が9位でしたので初の入賞でしたね。2区終了時で15位、そこから舘澤選手が区間4位の好走で上位と僅差の位置につけると、谷澤・鎌田選手の高校生区間で一気に3位へ浮上!越川選手はやや力不足も順位ダウンも7位にとどめ、しっかりした継走を見せましたね。

8位茨城県2:21:24(2:14差)

5位湯原(5)-3位五十嵐(2)-8位森田(1)-2位鈴木(1)-11位片根(2)-8位亘理(2)-30位出口(8)

旋風を巻き起こしたのは茨城県でしたね。1区湯原2区五十嵐選手が頑張って2位につけると、トップ青学対決となった中、箱根2区区間賞の森田選手が見事トップへ。あえて5千13分台の鈴木選手を持ってきた4区もトップを保ちました。最後は出口選手が調子が良くなく苦しい走りになりましたが、8位争いは意地で制しました。

9位以下まとめ

9位福島県、10位東京都、11位大阪府

12位広島県、13位静岡県、14位熊本県
15位新潟県、16位佐賀県、17位兵庫県
18位愛知県、19位愛媛県、20位栃木県

21位岐阜県、22位長崎県、23位京都府
24位岡山県、25位鹿児島県、26位秋田県
27位青森県、28位北海道、29位山形県

30位富山県、31位大分県、32位滋賀県
33位福井県、34位宮崎県、35位三重県
36位奈良県、37位宮城県 38位和歌山県

39位石川県、40位香川県、41位島根県
42位岩手県、43位高知県、44位鳥取県
45位山梨県、46位徳島県、47位沖縄県

福島県は遠藤選手の走りでトップ付近に付けるも惜しかったですね。住吉選手急遽の代役は責められないと思います。あとは東京・広島あたりが終盤に追い込みましたかね。兵庫が今回は社会人区間がうまくいかなかったなぁという印象も。また、優勝争いに戻ってきてほしいですね。

スポンサーリンク

大学生一般区間

3区

区間順位名前(所属・県名)区間タイム(順位変動)

1位田村和希(青学④・山口)23分43秒(17→3)
2位塩尻和也(順大③・群馬)23分49秒(25→10)
3位松枝博輝(富士通・千葉)24分09秒(8→4)
4位遠藤日向(住友電工・福島)24分13秒(4→2)
5位館澤亨次(東海大②・神奈川)24分13秒(15→12)
6位阪口竜平(東海大②・京都)24分14秒(36→22)
7位山口浩勢(愛三工業・愛知)24分16秒(20→14)
8位森田歩希(青学③・茨城)24分16秒(2→1)
9位服部弾馬(トーエネック・新潟)24分17秒(12→8)
9位茂木圭次郎(旭化成・東京)24分17秒(22→16)
11位山中秀仁(Honda・大阪)24分18秒(9→7)
11位岡本雄大(JFEスチール・岡山)24分18秒(21→15)
13位藤川拓也(中国電力・広島)24分22秒(29→20)
14位牟田祐樹(日立物流・埼玉)24分24秒(6→6)
15位浦野雄平(國學②・富山)24分27秒(38→24)
16位高井和治(九電工・福岡)24分29秒(7→9)
16位鈴木洋平(愛三工業・愛媛)24分29秒(17→20)
16位早川 翼(トヨタ自動車・福井)24分29秒(23→19)
19位齋藤 椋(旭化成・秋田)24分31秒(39→27)
19位岡本直己(中国電力・鳥取)24分31秒(46→43)
21位光延 誠(早大④・佐賀)24分34秒(24→21)
22位春日千速(東海大④・長野)24分37秒(3→11)
23位中川智春(トーエネック・滋賀)24分38秒(35→28)
24位神林勇太(青学①・熊本)24分39秒(8→14)
25位小松陽平(東海②・北海道)24分39秒(34→29)
26位其田健也(JR東日本・青森)24分40秒(5→13)
27位宇賀地強(コニカミノルタ・栃木)24分43秒(31→26)
28位廣田雄希(SUBARU・兵庫)24分55秒(11→18)
29位伊藤達彦(東国②・静岡)24分59秒(18→23)
30位佐藤達也(警視庁・岩手)25分07秒(41→38)
31位市川孝徳(日立物流・高知)25分13秒(42→41)
32位関戸雅輝(NTT西日本・石川)25分16秒(30→33)
33位佐藤 歩(MHPS・長崎)25分18秒(14→25)
34位伊東颯太(駒大①・大分)25分19秒(32→35)
35位中西亮貴(駒大④・岐阜)25分21秒(19→30)
36位櫻岡 駿(NTN・三重)25分22秒(26→32)
36位大谷健太(JFEスチール・島根)25分22秒(40→40)
38位橋間貴弥(青学大③・山形)25分24秒(28→34)
38位小岩慎治(立命館③・奈良)25分24秒(37→39)
40位田中龍太(明大③・鹿児島)25分34秒(13→31)
41位山根昴希(帝京①・和歌山)25分39秒(27→37)
42位岩崎祐也(立命館④・香川)25分41秒(43→42)
43位星  岳(帝京①・宮城)25分42秒(45→44)
44位國行麗生(東海大④・徳島)25分43秒(47→47)
45位西 純平(旭化成・宮崎)26分10秒(10→36)
46位瑞慶覧伸也(滝ケ原自衛隊・沖縄)27分00秒(44→46)
47位清水鐘平(山学大③・山梨)27分06秒(33→45)

レースでトップに立った森田選手は区間8位。ただ、長距離の方が得意な選手なだけにかなり粘れたのかなという感じがします。

トップだったのは同じ青学の駅伝男と言われる田村選手!箱根は惜しくも2位でしたが、大学最後の駅伝となる都道府県で見事な走り!17位から14人抜きの3位に浮上、チームの6年ぶり入賞に貢献。また塩尻選手も頑張って25位から15人抜きの10位へ。しっかり調子を取り戻しましたね。

それから松枝選手や遠藤選手といったスピードランナーはさすが。遠藤選手は田村選手に食らいつき、最後前に出てトップに肉薄しました。東海大勢も良かった。舘澤選手は粘りましたし、阪口選手は36位という位置から14人抜きの22位へ。また、区間15位ながら國學・浦野選手も14人抜き、テレビでは目立ちませんでしたが、彼らの活躍も見逃せませんね。

スポンサーリンク

7区

1位設楽悠太(Honda・埼玉)37分12秒(4→1)
2位西山和弥(東洋大①・群馬)38分01秒(12→5)
3位高橋尚弥(安川電機・福岡)38分08秒(10→4)
4位市田 孝(旭化成・宮崎)38分10秒(42→34)
5位關 颯人(東海大②・長野)38分11秒(1→2)
6位浅岡満憲(日立物流・岐阜)38分20秒(27→21)
7位鎧坂哲哉(旭化成・広島)38分21秒(17→12)
8位野田一輝(順大②・山口)38分27秒(7→6)
8位片西 景(駒大③・東京)38分27秒(14→10)
10位山藤篤司(神大③・愛知)38分30秒(22→18)
10位栃木 渡(順大④・栃木)38分30秒(23→20)
12位大塚 倭(神大④・京都)38分32秒(26→23)
13位鈴木塁人(青学大②・千葉)38分35秒(5→3)
14位定方俊樹(MHPS・長崎)38分41秒(21→22)
15位下田裕太(青学大④・静岡)38分46秒(13→13)
15位菅 真大(城西大④・愛媛)38分46秒(20→19)
17位湊谷春紀(東海大③・秋田)38分47秒(28→26)
18位畔上和弥(帝京大③・新潟)38分48秒(16→15)
19位有村優樹(旭化成・鹿児島)38分54秒(24→25)
19位高橋優太(DeNA・北海道)38分54秒(29→28)
21位住吉秀昭(国士大③・福島)38分59秒(6→9)
22位梶原有高(ひらまつ病院・佐賀)39分04秒(15→16)
23位照井明人(NDソフト・山形)39分08秒(32→29)
24位廣瀬大貴(大阪ガス・大阪)39分09秒(9→11)
25位越川堅太(神大②・神奈川)39分14秒(3→7)
26位上村和生(大塚製薬・徳島)39分16秒(47→46)
27位小島大明(中央発條・奈良)39分22秒(37→36)
28位大橋真弥(石巻RC・宮城)39分22秒(38→37)
29位中島怜利(東海大②・岡山)39分26秒(19→24)
30位出口和也(旭化成・茨城)39分29秒(2→8)
31位及川佑太(YKK・富山)39分31秒(31→30)
32位中川翔太(日体大②・熊本)39分39秒(8→14)
32位森川翔平(山陽特殊製鋼・香川)39分39秒(43→40)
34位東 森拓(西鉄・大分)39分42秒(30→31)
35位山下 洸(NTN・三重)39分42秒(35→35)
36位高田康暉(住友電工・兵庫)39分43秒(11→17)
37位堀合大輔(駒大③・青森)39分54秒(18→27)
38位東島清純(明大③・鳥取)39分59秒(45→44)
39位紺野凌矢(駒大④・福井)40分01秒(33→33)
39位岩田拓海(専大④・島根)40分01秒(39→41)
41位中村悠二(愛知製鋼・和歌山)40分08秒(36→38)
42位佐々木聖和(駒大②・岩手)40分22秒(44→42)
43位小澤直人(早大③・滋賀)40分32秒(25→32)
44位田中祐次(帝京④・石川)40分43秒(34→39)
45位杉本恭吾(国士②・高知)41分13秒(41→43)
46位田島 光(関学③・沖縄)41分15秒(46→47)
47位平塚祐三(新電元工業・山梨)41分46秒(40→45)

設楽悠選手強っ!4位でタスキを受け取ると自分のペースで走っただけで5㎞地点で単独トップに。区間2位以下にこれだけ差をつけたことはかつてあったでしょうか??今後のマラソンでの活躍に目が離せません。

そして急成長中の東洋西山選手が群馬県を入賞圏外から5位にまで浮上させる活躍。まだルーキーですからね。OBの高橋選手ともども、トップ3が東洋大関係者となったところ、本当に強いチームだなと感じます。また、下位から力を出した市田選手もさすがですね。

それと關選手はほぼ復調していてホッとしました。トラックシーズンではまた成長した姿を見せてくれると願います。また学生陣もしっかり粘りましたね。その中でこれまでの実績からすると順大・野田選手が見事だったなと思います。片西・山藤・栃木選手らを上回ったのは今後のステップアップへの自信になるかもしれません!

スポンサーリンク

高校生区間

1区

区間順位名前(高校名・県)区間タイム 進路先or学年
1位井川龍人(九州学院・熊本)19分56秒 2年
2位松崎咲人(佐久長聖・長野)20分00秒 2年
3位半澤黎斗(学法石川・福島)20分01秒 早大
4位田澤 廉(青森山田・青森)20分03秒 2年
5位湯原慶吾(水戸工業・茨城)20分06秒 青学
6位岸本大紀(三条・新潟)20分07秒 2年
7位田中 康靖(小林・宮崎)20分07秒 東海大
8位安藤大樹(鹿児島実・鹿児島)20分10秒 旭化成
9位呑村大樹(大阪・大阪)20分10秒 神大
10位橋本 龍(東農大三・埼玉)20分11秒 東洋
11位内田隼太(法政二・神奈川)20分13秒 2年
12位北野太翔(倉敷・岡山)20分15秒 日大
13位飯田貴之(八千代松陰・千葉)20分18秒 青学
14位扇 育(松浦・長崎)20分20秒 2年
15位井上大輝(須磨学園・兵庫)20分22秒 中大
16位鈴木創士(浜松日体・静岡)20分30秒
17位安田 響(益田清風・岐阜)20分32秒 神大
18位千守倫央(松山商・愛媛)20分32秒 2年
19位川口 慧(美方・福井)20分33秒 神大
20位栁本 匡哉(豊川・愛知)20分34秒 1年

以下、3年生
25位佐久間秀徳(國學院久我山・東京)20分39秒 明大
31位八重畑秀徳(山梨学院・山梨)20分55秒 ?
32位榎本大倭(富山商業・富山)20分55秒 順大
34位天野竜汰(秋田工業・秋田)20分57秒 ?
38位大谷 陽(佐野日大・栃木)21分07秒 東海大
39位淵田 凌一 (高知農・高知)21分09秒 神大
40位島袋太佑(北山・沖縄)21分10秒 日体大
41位齋藤晃太(札幌日大・北海道)21分12秒 日体大
42位竹上 世那(小豆島中央・香川)21分12秒 流通経大
44位小島優作(仙台育英・宮城)21分20秒 順大
47位井内 優輔(鳴門・徳島)22分45秒 筑波大

高速レースの中、2年生が頑張りましたね。井川・松崎・田澤選手ら来期の顔候補です。特に井川選手は高校駅伝の1区でも区間2位で走り切った選手、しっかりとしたスピードがありますね。また、高校駅伝の1区で悔しい結果だった半澤選手も見事リベンジを果たせたようで良かったです。

4区

区間順位名前(高校名・県)区間タイム 進路先or学年
1位本間敬大(佐久長聖・長野)14分26秒 東海大
2位鈴木聖人(水城・茨城)14分30秒 明大
3位小島慎也(大阪・大阪)14分30秒
4位宮坂大器(埼玉栄・埼玉)14分32秒
5位西方大珠(浜松商業・静岡)14分35秒 神大
6位谷澤竜弥(横浜市立金沢高・神奈川)14分36秒 中大
7位牧瀬圭斗(白石・佐賀)14分39秒 ?
8位森 凪也(福岡大大濠・福岡)14分42秒 中大
9位伊豫田達弥(舟入・広島)14分44秒
10位小柳周也(十日町・新潟)14分45秒 農大
以下、3年生中心
13位手島 駿(國學院久我山・東京)14分54秒 中大
13位宮下隼人(富士河口湖・山梨)14分54秒 東洋
17位栗原啓吾(農大二・群馬)14分57秒 中央学大
22位糸井春輝(桂・京都)15分01秒 中央学大
22位久綱一輝(大分東明・大分)15分01秒 駒大
24位芳賀宏太郎(学法石川・福島)15分03秒 ?
27位中西優汰(伊賀白鳳・三重)15分06秒 一般企業(引退)
28位小野一貴(倉敷・岡山)15分08秒 中央学大
30位杉本雄月(秋田工・秋田)15分09秒 ?
34位西村 暉(草津東高・滋賀)15分13秒 上武
35位岡嶋 翼(遊学館・石川)15分14秒 日体
36位西村拓海(高知農・高知)15分15秒 創価大
40位石田光輝(札幌山の手・北海道)15分21秒 中大
42位緒方俊亮(小林・宮崎)15分31秒 東農大

元々実力が高い本田・鈴木選手はやはりトップ2を取ってきましたね。鈴木選手はトップ、本間選手は優勝候補のチームとしても目立っていました。これに食いついた下級生の小島・宮坂選手らもよくやったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

5区

1位中谷雄飛(佐久長聖・長野)24分37秒 早大
2位三浦拓朗(西脇工・兵庫)24分52秒 中大
3位鎌田航生(法政二・神奈川)25分02秒 法大
3位佐藤一世(八千代松陰・千葉)25分02秒 1年
5位西久保遼(鳥栖工・佐賀)25分23秒 2年
6位千明龍之佑(農大二・群馬)25分24秒 早大
6位早田祥也(埼玉栄・埼玉)25分24秒 青学
8位中澤雄大(学法石川・福島)25分26秒 2年
8位嶋津雄大(若葉総合・東京)25分26秒 創価大
10位花尾恭輔(鎮西学院・長崎)25分28秒
11位片根洋平(水城・茨城)25分29秒 大東大
12位殿地琢朗(益田清風・岐阜)25分30秒 國學院大
13位若林陽大(倉敷・岡山)25分31秒 2年
14位太田直希(浜松日体・静岡)25分34秒 早大
15位仲山大輝(西京・山口)25分36秒 武田薬品
16位矢島洸一(山梨学院・山梨)25分37秒 山学大
17位古川 隼(千原台・熊本)25分38秒 2年
18位松尾鴻雅(八戸学院光星・青森)25分40秒 城西
19位竹村拓真(秋田工・秋田)25分41秒 2年
20位葛西 潤(関西創価・大阪)25分43秒 2年
以下、3年生中心
23位山口賢助(鶴丸・鹿児島)25分47秒 ?
24位中村風馬(草津東・滋賀)25分50秒 帝京大
26位清家 陸(八幡浜・愛媛)25分51秒 法政大
28位花崎悠紀(富山商業・富山)25分56秒 駒大
29位梅木 海(鶴岡東・山形)25分58秒 創価大
30位向井悠介(小豆島中央・香川)26分03秒 早大
31位齋藤龍之介(仙台育英・宮城)26分04秒 中大
34位大石雄太(遊学館・石川)26分15秒 創価大
36位佐藤拓人(中越・新潟)26分26秒 帝京大
42位三谷康一郎(高知追手前・高知)26分38秒 高知大
44位中嶋貴哉(宮古・岩手)26分48秒 東海大
46位手嶋杏丞(宮崎日大・宮崎)26分53秒 明大
47位西原大貴(鳥取城北・鳥取)27分05秒 進路・継続未定

中谷選手と三浦選手が素晴らしい走りで24分台。中谷選手は、少し怪我もあったそうですが、それでも力が違った感じですかね。しっかり役割のトップに押し上げました。大学で更に力をつけてほしいです。三浦選手はチームが下位に沈んでいる中、突っ込んで入って見事にまとめ上げました。復活を目指す中大にこういう選手が入るのはいいですね。

また、鎌田選手はチームの初入賞に貢献、更に1年生の八千代松蔭の佐藤選手も素晴らしい!今後注目ですね!

中学生区間

2区
石田洸介(浅川・福岡)8分14秒(区間新記録!)

6区
篠木 珠良 (吉川南・埼玉)8分50秒

石田選手凄かったですね。硬くならなければ区間記録を出せるという話の中、突っ込みましたが冷静に走り有言実行!まずはそっと応援してあげたいです。6区篠木選手は優勝のおぜん立てをする力走でした。

大学別

青山学院大学

1区
5位湯原慶吾(水戸工業・茨城)20分06秒
13位飯田貴之(八千代松陰・千葉)20分18秒
3区
1位田村和希(青学④・山口)23分43秒
8位森田歩希(青学③・茨城)24分16秒
13位藤川拓也(中国電力・広島)24分22秒
24位神林勇太(青学①・熊本)24分39秒
38位橋間貴弥(青学大③・山形)25分24秒
5区
6位早田祥也(埼玉栄・埼玉)25分24秒
7区
13位鈴木塁人(青学大②・千葉)38分35秒
15位下田裕太(青学大④・静岡)38分46秒

1区と3区で青学祭りでしたね。3区は特に一時は森田・神林・田村選手でワンツースリー青学独占。TBSラジオ解説に呼ばれていた原監督もご満悦だったのでは??アンカーの鈴木選手も千葉3位のゴールテープを切り、箱根駅伝を終えても目立っていました。

新入生も湯原・飯田・早川選手が主要区間で粘っていました。更にレベルの高い集団に入りますが、頑張ってメンバー勝ち取ってほしいですね。

東洋大学

1区
10位橋本 龍(東農大三・埼玉)20分11秒
3区
9位服部弾馬(トーエネック・新潟)24分17秒
31位市川孝徳(日立物流・高知)25分13秒
36位櫻岡 駿(NTN・三重)25分22秒
4区
13位宮下隼人(富士河口湖・山梨)14分54秒
7区
1位設楽悠太(Honda・埼玉)37分12秒
2位西山和弥(東洋大①・群馬)38分01秒
3位高橋尚弥(安川電機・福岡)38分08秒
14位定方俊樹(MHPS・長崎)38分41秒
26位上村和生(大塚製薬・徳島)39分16秒

7区が戦術通り、ワンツースリー。長い距離で強い東洋大の特徴が出ていますよね。特に高橋選手がこういう大会で結果を出せるようになったのは驚き。上村選手も最下位から走り出してまずまず。OBの活躍も目立つようになってきましたね。ルーキーは橋本選手がよく走りました。

早稲田大学

1区
3位半澤黎斗(学法石川・福島)20分01秒
3区
16位鈴木洋平(愛三工業・愛媛)24分29秒
21位光延 誠(早大④・佐賀)24分34秒
5区
1位中谷雄飛(佐久長聖・長野)24分37秒
6位千明龍之佑(農大二・群馬)25分24秒
14位太田直希(浜松日体・静岡)25分34秒
30位向井悠介(小豆島中央・香川)26分03秒
7区
36位高田康暉(住友電工・兵庫)39分43秒
43位小澤直人(早大③・滋賀)40分32秒

ルーキーが沢山出場しましたが、全体的にうまく力を出したのではないでしょうか。中谷選手だけでなく、半澤・千明選手もまずまず走ったし、太田弟選手も良かったです。在学生・OBは今回はうまくいきませんでした。

スポンサーリンク

日本体育大学

1区
40位島袋太佑(北山・沖縄)21分10秒
41位齋藤晃太(札幌日大・北海道)21分12秒
3区
11位山中秀仁(Honda・大阪)24分18秒
4区
35位岡嶋 翼(遊学館・石川)15分14秒
7区
30位出口和也(旭化成・茨城)39分29秒
32位中川翔太(日体大②・熊本)39分39秒

テレビでは出口選手が映っていましたかね。納得の走りではなかったでしょうが意地の入賞でしたね。中川選手は8位でタスキを受けた中、力を出し切れず無念だったかなぁ…。ルーキーたちは島袋選手ら日体大の育成力を信じて伸びてほしい。

東海大学

1区
7位田中 康靖(小林・宮崎)20分07秒 東海大
38位大谷 陽(佐野日大・栃木)21分07秒 東海大
3区
5位館澤亨次(東海大②・神奈川)24分13秒
6位阪口竜平(東海大②・京都)24分14秒
16位早川 翼(トヨタ自動車・福井)24分29秒
22位春日千速(東海大④・長野)24分37秒
25位小松陽平(東海大②・北海道)24分39秒
28位廣田雄希(SUBARU・兵庫)24分55秒
44位國行麗生(東海大④・徳島)25分43秒
46位瑞慶覧伸也(滝ケ原自衛隊・沖縄)27分00秒
4区
1位本間敬大(佐久長聖・長野)14分26秒 東海大
5区
44位中嶋貴哉(宮古・岩手)26分48秒 東海大
7区
5位關 颯人(東海大②・長野)38分11秒
17位湊谷春紀(東海大③・秋田)38分47秒
29位中島怜利(東海大②・岡山)39分26秒

さすが東海大勢多数の学生が出場しましたねぇ。ゴールデン世代舘澤・阪口・關選手あたりは見事に得意な距離で結果を出しました。阪口選手も本当に伸びましたねぇ。小松・中島選手もまたその後のシーズンに繋げてほしい。ルーキーでは1区で田中選手が良かったですね。

法政大・城西大

法政大学
5区
3位鎌田航生(法政二・神奈川)25分02秒
26位清家 陸(八幡浜・愛媛)25分51秒

新入生が2人出場。鎌田選手がびっくりの区間3位!入賞の立役者です!

城西大学
3区
7位山口浩勢(愛三工業・愛知)24分16秒
5区
18位松尾鴻雅(八戸学院光星・青森)25分40秒
7区
15位菅 真大(城西大④・愛媛)38分46秒
19位高橋優太(DeNA・北海道)38分54秒

山口選手は3障のスピードでまだまだやっていけますね!また菅選手もしっかり走ってきたなと思います。

帝京大・中央学大

帝京大学
3区
41位山根昴希(帝京①・和歌山)25分39秒
43位星  岳(帝京①・宮城)25分42秒
5区
24位中村風馬(草津東・滋賀)25分50秒
36位佐藤拓人(中越・新潟)26分26秒
7区
18位畔上和弥(帝京大③・新潟)38分48秒
44位田中祐次(帝京④・石川)40分43秒

3区で1年生が出ましたがさすがに苦しかったですかね。今後の成長で見返したい。7区では畔上選手はさすが、田中選手はお疲れという感じですかね。5区高校生最長距離で新入生が奮闘。帝京大の育成力でどこまでいけるか。

中央学院大学
3区
11位岡本雄大(JFEスチール・岡山)24分18秒
4区
17位栗原啓吾(農大二・群馬)14分57秒
22位糸井春輝(桂・京都)15分01秒
28位小野一貴(倉敷・岡山)15分08秒
7区
31位及川佑太(YKK・富山)39分31秒

4区で新入生が多く出ましたね。タイムがいい栗原選手はやはり健闘していました。

スポンサーリンク

順天堂大学

1区
32位榎本大倭(富山商業・富山)20分55秒
44位小島優作(仙台育英・宮城)21分20秒
3区
2位塩尻和也(順大③・群馬)23分49秒
3位松枝博輝(富士通・千葉)24分09秒
32位関戸雅輝(NTT西日本・石川)25分16秒
7区
8位野田一輝(順大②・山口)38分27秒
10位栃木 渡(順大④・栃木)38分30秒

塩尻選手がいつも通り走れていてホッとしました。箱根の時は序盤で汗びっしょりでしたし本当に良くなかった。また、新たな目標に突き進んでほしいですね。それから松枝選手も好調を維持していました。

アンカーでは栃木選手を野田選手が上回る好走!こういう成績が主要大会で何度も出せるようになると頼りになってきますね。

駒澤大学

3区
16位高井和治(九電工・福岡)24分29秒
26位其田健也(JR東日本・青森)24分40秒
27位宇賀地強(コニカミノルタ・栃木)24分43秒
34位伊東颯太(駒大①・大分)25分19秒
35位中西亮貴(駒大④・岐阜)25分21秒
4区
22位久綱一輝(大分東明・大分)15分01秒
5区
28位花崎悠紀(富山商業・富山)25分56秒
7区
8位片西 景(駒大③・東京)38分27秒
37位堀合大輔(駒大③・青森)39分54秒
39位紺野凌矢(駒大④・福井)40分01秒
42位佐々木聖和(駒大②・岩手)40分22秒

アンカーで出走した片西選手が素晴らしい追い上げでしたね。最後まであきらめずに入賞を目指す姿勢がいいです。今の駒大はこういうのが必要なのかなぁとか思ったり。あと在学では駅伝は走っていない伊東・佐々木選手が頑張ったと思います。

OBは高井選手が上位の争い、彼も毎回しっかり仕事をしているかなと思います。宇賀地選手も少しずつでも戻ってきてほしい。

神奈川大学

1区
9位呑村大樹(大阪・大阪)20分10秒
17位安田 響(益田清風・岐阜)20分32秒
19位川口 慧(美方・福井)20分33秒
39位淵田 凌一 (高知農・高知)21分09秒
4区
5位西方大珠(浜松商業・静岡)14分35秒
7区
10位山藤篤司(神大③・愛知)38分30秒
12位大塚 倭(神大④・京都)38分32秒
25位越川堅太(神大②・神奈川)39分14秒

1区で神大祭りでしたね。その中で大阪の呑村選手が見事に区間一桁、まずは彼が中心か?安田・川口選手も良かったです。在校生阿は山藤選手がしっかりたすきをつなぎ、越川選手が入賞のゴールテープを切りました。また、上位争いに戻ってこれるはずです。

スポンサーリンク

國學院大・中央大

國學院大學
3区
15位浦野雄平(國學②・富山)24分27秒
5区
12位殿地琢朗(益田清風・岐阜)25分30秒

浦野選手が下位でタスキをもらった中、よく走りました。5区では新入生の殿地選手が奮起しています。

中央大学
1区
15位井上大輝(須磨学園・兵庫)20分22秒
4区
6位谷澤竜弥(横浜市立金沢高・神奈川)14分36秒
8位森 凪也(福岡大大濠・福岡)14分42秒
13位手島 駿(國學院久我山・東京)14分54秒
40位石田光輝(札幌山の手・北海道)15分21秒
5区
2位三浦拓朗(西脇工・兵庫)24分52秒
31位齋藤龍之介(仙台育英・宮城)26分04秒

新入生が沢山走りましたね。目立つのは三浦選手の区間2位、1区井上選手の区間15位も良かったのではないでしょうか、。繋ぎながら谷澤・森選手もよく走ったかと。他、悲喜こもごもの結果でしたが、それぞれの思いをもって中大に入学ですね。

大東大・東国大

大東文化大学
3区
33位佐藤 歩(MHPS・長崎)25分18秒
5区
11位片根洋平(水城・茨城)25分29秒
7区
4位市田 孝(旭化成・宮崎)38分10秒
47位平塚祐三(新電元工業・山梨)41分46秒

5区で片根選手が中間地点までトップを疾走していましたね。終盤はきつくなりましたが、よく耐えたと思います。OBでは市田選手が42位でタスキを受けながらも元気なところを見せました。

東京国際大学
3区
29位伊藤達彦(東国②・静岡)24分59秒
7区
23位照井明人(NDソフト・山形)39分08秒

伊藤選手が急遽の出走ながらよくやりました。照井選手も駅伝で元気ですね。

山学大・国士大・上武大

山梨学院大学
3区
36位大谷健太(JFEスチール・島根)25分22秒
47位清水鐘平(山学大③・山梨)27分06秒
5区
16位矢島洸一(山梨学院・山梨)25分37秒
7区
41位中村悠二(愛知製鋼・和歌山)40分08秒

矢島選手は確か45位あたりでタスキを受けたはずですがその中で奮闘したと思います。

国士舘大学
7区
21位住吉秀昭(国士大③・福島)38分59秒
45位杉本恭吾(国士②・高知)41分13秒

住吉選手は当日緊急出走の中、懸命の走りでしたね。また、成長した姿を見たいです。

上武大学
4区
34位西村 暉(草津東高・滋賀)15分13秒
7区
34位東 森拓(西鉄・大分)39分42秒

OBの東選手もまた元気所を見たいですね。

スポンサーリンク

日本大・創価大

日本大学
12位北野太翔(倉敷・岡山)20分15秒

日大の希望の星ともいえるかもしれませんね。北野選手はしっかり走りました。

創価大学
4区
36位西村拓海(高知農・高知)15分15秒
5区
8位嶋津雄大(若葉総合・東京)25分26秒
29位梅木 海(鶴岡東・山形)25分58秒
34位大石雄太(遊学館・石川)26分15秒

創価大の新入生も嶋津選手といった楽しみな選手が出てきましたね。

明治大学

1区
25位佐久間秀徳(國學院久我山・東京)20分39秒
3区
14位牟田祐樹(日立物流・埼玉)24分24秒
19位岡本直己(中国電力・鳥取)24分31秒
23位中川智春(トーエネック・滋賀)24分38秒
40位田中龍太(明大③・鹿児島)25分34秒
4区
2位鈴木聖人(水城・茨城)14分30秒
5区
46位手嶋杏丞(宮崎日大・宮崎)26分53秒
7区
7位鎧坂哲哉(旭化成・広島)38分21秒
19位有村優樹(旭化成・鹿児島)38分54秒
24位廣瀬大貴(大阪ガス・大阪)39分09秒
38位東島清純(明大③・鳥取)39分59秒

かなりの関係者が走りましたね。その中で牟田選手は優勝メンバーに、4区鈴木選手はトップを疾走しました。明治大は大事な年になってきそうです。

東京農業大・その他

東京農業大学
3区
30位佐藤達也(警視庁・岩手)25分07秒
4区
10位小柳周也(十日町・新潟)14分45秒
42位緒方俊亮(小林・宮崎)15分31秒
7区
6位浅岡満憲(日立物流・岐阜)38分20秒
28位大橋真弥(石巻RC・宮城)39分22秒

浅岡選手はさすがでしたが、大橋選手の区間28位は凄いですよね。学生時代は箱根走れませんでしたが、市民ランナーをしながら実力を上げてきてメンバー入り。しっかり走りました。また、新入生では小柳選手がよく健闘したと思います。

その他
1区
42位竹上 世那(小豆島中央・香川)21分12秒 流通経大
47位井内 優輔(鳴門・徳島)22分45秒 筑波大
3区
38位小岩慎治(立命館③・奈良)25分24秒
42位岩崎祐也(立命館④・香川)25分41秒
5区
42位三谷康一郎(高知追手前・高知)26分38秒 高知大
7区
22位梶原有高(ひらまつ病院・佐賀)39分04秒
27位小島大明(中央発條・奈良)39分22秒
35位山下 洸(NTN・三重)39分42秒
39位岩田拓海(専大④・島根)40分01秒
46位田島 光(関学③・沖縄)41分15秒

他、大学進学予定、在学、OBになります。梶原選手はやはり目立ちますね。立命館の選手は今後伸びる糧になればと思います。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ryouya0616s より:

    私は地元静岡県を応援していましたが、下田、伊藤両選手疲れが抜けてなかったように見えますね。
    というよりも、今回なぜ実業団の選手を呼ばなかったのかが疑問です。
    学生に無理をさせないでほしい。
    佐藤悠基、大石港与選手はニューイヤーで呼べなかったのは分かるにしても、
    ニューイヤーで予選落ちしたJR東日本の堂本尚寛選手や駅伝に出ないスズキACの中村泰之や片川準二、高田翔二選手辺りを呼んでほしかったのが正直な感想です。
    山梨県にも同様のことが言えますね。
    毎年派遣している山梨学院大学の選手が今年は2軍以下の選手の上に平塚選手しかいないと。
    せめてサンベルクスの上條選手や自衛隊体育学校の平賀選手は呼べなかっただろうか。

  2. デルピッポ より:

    埼玉は中学生の頑張り、牟田の粘りはもちろん長野が圧倒的アドバンテージを持っていると思われた高校生区間でさほど差を付けられなかったのが大きいですね。設楽悠太は大迫と並んで日本の長距離ランナー2トップじゃないでしょうか。東京マラソン楽しみです。
    群馬は優勝も狙えるメンバーだと思ってたんですが厳しかった。それでも西山はすごかったです。西山はトラックも駅伝も安定してますね。
    山口、神奈川は入賞圏外に予想してましたが、どちらも全員駅伝という感じで素晴らしい走りでした。
    地元宮城は全然ダメでした。やはり仙台育英勢は信用できない。次に応援していた福島も惜しい結果に。遠藤は3区だとあまり持ち味を発揮できませんね。住吉は実力通りの走りはしたので文句は言えませんが、相澤の代役がせめて明治の阿部だったら…と思わずにはいられませんでした。
    個人的には岡本の通算100人抜きに注目していたのですが、さすがに後ろすぎましたかね。

  3. いっちー より:

    1区は2年生の活躍が目立ちましたね、6位の岸本選手は青学に進むそうですが、ほかの2年生たちはどこに進むのか今から注目ですね!