スポンサーリンク

【着々と強化】第94回箱根駅伝で中央大・國學院大・城西大の復活はあるのか!?

シェアする

続いて、ここ2年で予選落ちを経験しながらもすぐに復活し、じわじわ上位進出の準備を整えているチームです。

スポンサーリンク

中央大学…箱根予選3位

秋のビックサプライズでしたね。最多出場回数を誇る中央大が2年で返り咲きました。順位がびっくりしましたね。多くのファンや監督も選手もギリギリの戦いと踏んでいたところ、3位の大躍進でした。

今年度序盤は決して良くは無かったのですよね。関東ICでは主将を初め中々上位に食い込むことができず…。持ちタイムはそれなりでしたが、主要大会で戦う力が備わっていませんでした。

全日本予選は序盤でブレーキが出て復活は遠いなぁと思った矢先でした。3組で舟津・中山選手が主導権を握り、一時は通過するのではと沸かせませました。

何かそれがきっかけになりましたかね。箱根予選では中山・堀尾・舟津の主力や、中堅・1年生の選手全員が好走!藤原監督が就任してから1年半、ついに一つ結果が出ましたね!

ベストオーダーが組めるのか

勿論、どこもベストオーダーを目指すのですが、今の中央大がシード権を獲得するには結構大事だと思います。

4年生の頭数が少なかったり、スカウトが苦戦したこともあり選手層は厚い方ではないのですよね。核となる選手、山の候補の選手、一人ひとりきっちり組む必要があると思います。

ひとまず元気なのは舟津主将。2年になって1500m専門の選手のイメージはほぼなくなりましたね。どの種目も中大トップレベルになってきました。

また、前回連合出走の堀尾選手も大会で結果が出ています。それから4年の竹内選手も少しずつアベレージが上がってきましたかね。どこかで入ってほしい選手です。

1年では池田選手が好調をキープ、3年苗村・4年江連選手もレギュラー入り目指して自己ベストを出しています。あと神崎選手あたりは山という意見も結構見ますがどうなのでしょうかね?

対して、箱根予選で激走して以降あまり姿を見ない選手もいるのですよね。箱根2区や5区の候補に挙がっていた中山・畝選手は記録会に出場していません。

試合出ずに調整も考えられますが、良からぬ噂となっている面もあり…実際はどうなのでしょうか??元気に走ってればいいですね。チームの勢いとしてはありますので、このまま継続していってほしいところです。

スポンサーリンク

國學院大學…箱根予選6位、全日本11位

昨年よりは確実に強さがついていきていますよね。春は浦野・向選手がトラックで記録を残しました。2年浦野選手は関東ICで入賞ギリギリの争いを繰り広げると、4年向選手は全日本予選で28分台のベストを出す意地をみえました。

チームとしては全日本予選と箱根予選共に通過。共に通過は2年連続でしたが、全日本予選は3位、箱根予選6位通過は昨年より順位をあげてきています。ここは國學院大が成長したところでしょうかね。

ただ、全日本本戦は昨年より下へ。浦野選手が頑張ったものの、その他の主要区間に起用された選手が不振でじじじりと順位を下げてしまい、総合11位となってしまいます。

往路で食らいつくには

ここ最近の駅伝は往路で大きく上位中位校から離されてしまい、往路が終わった段階でシード権はかなり厳しいものになることが続いています。そして今回も今のところそこに不安はありかなぁ…。

箱根予選では気象条件がよく、59分台が何人も出る中、浦野・向選手が60分中盤に留まってしまいました。同じくらいの走りをした土方・江島・松永選手は大きな成長を見せる結果でしたが、往路を走るのは走力がもう少しずつという印象です。区間10位から大きく引き離されないように、しっかりと力を出し切りたい。

勿論自慢の選手層は健在。前回7区と9区を出走した内田・國澤選手は健在。河野選手もそう直が追いつきつつある。1年生の臼井選手らも食らいつきつつあり、青木選手は主力とそれほど変わらない走力を持っています。往路の位置次第では面白いですかね。

現状全日本1区成功した浦野選手はあまり動かなさい方がよいと思っています。2区は全日本2区向・4区土方選手どちらを取りますか…。向選手はどちらかというと前半が強い、土方選手は走力は少し落ちますが、後半ペースが落ちない走りができます。

或いは一般入試から主力選手に成長した松永選手に2区を粘り倒してもらうのも手でしょうか。そして3区向・江島選手といったスピードのある選手で流れを作り直すというの作戦になってきますか。

5区の山登りも大事な区間、よく松永選手の名前が上がるのを見ますが、もし隠し玉がいれば主力を9区に一人回すこともできそうです。あとは秋に姿を見せていない熊耳選手が間に合えば…少しずつ駅伝で戦えるチームになってくるはずです。

スポンサーリンク

城西大学…箱根予選8位、全日本13位

箱根予選の通過順位が低い中では一番存在感があるのは城西大でしょう。全日本予選では主力の金子選手以外にスピードがある中島選手、それから大石選手らが健闘。全体的に大きなブレーキはなく通過圏内に3年ぶりに滑り込みました。

箱根予選はスピードランナーの距離不安がささやかれましたが、金子選手が引っ張り、4年菅・山本選手が奮闘、服部・中原選手の成長もありました。また西嶋選手が距離に対応する姿を見せました。

全日本本戦は区間の凸凹がややありあましたが、4区に配置された菅選手が多数強豪校のエース級の選手たちに競り勝ち区間賞!これは予想していませんでしたしびっくりしました。その後は検討する区間もあり、繋ぎ区間が面白そうな雰囲気ですね。

個性豊かなランナーたちを

そしてメンツを見ていると結構バラエティに富んでいると思います。長い距離では非常に安定感のある金子選手と総合力が一気についていきた菅選手。菅選手は記録会でも1万28分35秒と大幅ベストで箱根2区でも戦えそうな雰囲気が出てきました。

これに安定感はもう少しですが将来のエース候補の2年西嶋選手に、ロードが今一つですが関東ICで入賞するスピードを持っている中島選手はどう起用していくか。長い距離なら大石・山本。中原選手がしっかり担いそうでしょうか?

これに山と噂されている服部・荻久保選手は箱根予選もしっかり10番以内に入っています。、一気に自己ベストを上げメンバー争いに名乗りを上げた峐下・鈴木・菊地選手といった選手がいます。まだまだレギュラー争いは分かりませんね。

また、一時主力選手となりかけた酒井・中舎選手も1万の記録会で名前を見るようになってきて、もしかすると出走するところまで戻せるかも?そうならとても心強い存在になります。

配置はどうしていきましょうかね。特に往路序盤は迷うところです。菅選手はあそこまで調子が良いならやはり2区でしょうか。1区は金子選手がいいのだろうか。ただ、できれば適性的には4区あたりを走ってほしい選手。西嶋選手が1区を担えればと思いますがどうでしょうか。

そして3区中島選手が区間真ん中以上で走れたら復路にロードに強い選手を固めることができますがどうでしょうか。難しいなら山本・大石選手あたりがどちらかに3区を走ってもらい、中島選手は7区とか。魅力あるチームに上がりつつある中、いいオーダーを組めれば逆転もありうるかもしれない。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ryouya0616s より:

    この3校はある意味曲者というべきチームですね。
    城西大学は予選では下位通過が殆どながらほぼ毎回サプライズを起こす不思議なチームです。
    今回も、1年時から長い距離で類稀なセンスを発揮してきた菅選手がいよいよ最終学年で全日本のエース区間区間賞と波に乗っています。
    2区起用ならあの村山紘太選手の67分台を狙えるぐらいのポテンシャルはありますね。
    その他にも前回選抜8区出走の金子選手など見所ある選手は多い。
    後は1年生で大型ルーキーと言われながらなかなか情報がなかったもののこの前の学連記録会で若い組ながら1位で29分台出した菅原選手の出走はあるのかが気になる。
    走るとしたら6区か。
    かつての菊池選手のイメージでいくのなら、あり得そう。
    中央大学も城西同様89回大会の棄権から歯車がかみ合わなかったがようやく戻ってきた感じか。
    予選でチーム1位の快走見せた中山選手は山上りか。畝選手は山下りでいくのか。
    中央大学は山下りはここ20年全く外したことないので、往路でシード権内ならそのまま逃げ切れそう。
    注目は3人しかいない4年生か。
    2年前は7区エントリーだった江連選手はこの前のハーフの好走で満を持して7区か。
    あと4年生で一番力のある竹内選手は8区か10区辺りでの出走か。
    5年ぶりのシード復帰なるか。
    國學院大學は持ちタイムは良いものの、箱根となると全然ダメなタイム番長のイメージが強いです。
    特に2区と5区6区といったポイント区間で苦しむことが多く、序盤の躓きでシード争いから早々に脱落するケースが多いです。
    2区は一昔前の三島選手や荻野選手ぐらいに走れる選手が出てきてほしいものだが、誰が走っても苦戦は免れないと思う。
    だとしたら5区だが、仁科選手以外皆区間2桁に沈んでおり、鬼門の区間。
    前回も位置が悪かったとはいえ77分半かかっており、ここを75分台で走れる選手が出てくれば。
    候補となるのは前回山下りの6区を走った浦野選手か上りの8区で快走するも姿を見せない熊耳選手辺りか。
    だが浦野選手はもう一度6区を走ってほしい。今年は62分近くかかってしまった。
    こういう区間は経験がものをいうので、今年の拓大の馬場選手のイメージでここに置けば59分台で走ってくれるか。
    國學院は5区以上に6区で苦しむことが多い。
    61分切れたケースがここまで2例しかない。
    シード争いに加わるには復路にも1枚主力を回したいところだが。
    何とか初めての1桁順位を狙いたい。

  2. たけぽっぽ より:

    中央は2年でここまで回復するとは、春の段階では全く想像できませんでした。シード権は難しいですが、来年に繋がる駅伝をしてもらいたいです。
    私が考えるオーダーは舟津ー中山ー堀尾ー竹内ー畝、岩佐ー池田(二井)ー池田ー苗村ー江連です。往路については、タイムだけならシード権争い以上の戦いが十分可能なかと。復路も二井選手が間に合って、チーム唯一の箱根経験者の苗村選手が頑張れば、目標の8位も決して大げさでもないと感じます。唯一の不安は駅伝経験者が1人しかいないこと。ポイントは中央のお家芸でもある6区でどれだけのタイムを出せるか。かつての名手(永井、野村、山下、代田、谷本)並みの選手が出てきたら展望はかなり明るいと思います。

    國學院は1年通じて安定しているプラス戦力アップができているので、個人的にはかなり期待しています。
    私が考えるオーダーは浦野ー向ー江島ー土方ー松永、青木ー内田ー臼井(熊耳)ー國澤ー河野です。前半は我慢する駅伝になると思いますが、復路は堅実な駅伝ができるので、じわりじわりと順位を上げていければ。熊耳選手は、故障から回復して走れるとしても、故障上がりであることを考えたら、前回好走した8区のほうがいい感じがします。

    城西は菅選手の起用区間に非常に悩みました。全日本4区区間賞、1万メートル28分中盤というタイムを考えると間違いなく2区ですが、今まで9区など個人のペースが委ねられる部分を担当したことを考慮したら、4区のほうが合っていると考えます(チーム事情がそれを認めないとおもいますが)。
    その上で考えたオーダーは、西嶋ー金子ー中島ー菅ー中舎、大石ー荻久保ー服部ー山本ー中原です。3区終了時点で18位前後と予想していますが、前と大差がなければ、4区菅選手で流れを作り、5区中舎選手に2年前のリベンジを。復路は大きく稼ぐ区間こそないものの、確実な駅伝を期待。個人的には今シーズンブレイクした荻久保の起用を見たいです。シード権争いは3校の中では一番厳しいですが、おもしろい戦いはできると思うので、どこかで見せ場を作ってくれることを期待します。

  3. りっく より:

    中央大学はいかに前半にスタートダッシュを決めて流れを手放さないようにするかが鍵になります。シードに近かった3年前の展開が理想ですかね。気になるのは2区がどちらになるか?個人的には中山選手がベストだとは思いますが、経験値では堀尾選手。ただ堀尾選手にしても完全復活しているわけでもないのでまだ不確定か。あと復路に要になる選手が配置できるかで勝負が決まるでしょう。

    國學院はやや勢いが落ちてきている印象です。前期の勢いがキープできているのは浦野選手だけです。あと向選手の低迷が気になります。もしかしたら暑さに弱いだけだと思うんですが、もしそうだとしたら起用区間はかなり悩みます。となると向選手が1区の方がベターな気もしてきました。浦野選手のアップダウン適性を信じて2区に起用した方が大きいと思います。

    城西は菅選手の起用区間。コースを知り尽くしているとすれば鶴見〜戸塚。その単純な理由だけで2区予想してます。金子選手の武器は上手くリズムを刻んで走れることと暑さへの強さ。となると2区より気温が上がる3区やスターターの方が良さを活かせると思います。復路に関しては大石選手、山本選手、中原選手と鎹のようなランナーがいるのでシード争いに巻き込まれた場合、他大学と比べると強いですね。

  4. 中大ファン より:

    中大に関しては往路勝負で行くしかないと思っています
    舟津ー中山ー堀尾ー池田ー畝
    冨原ー竹内ー川崎ー苗村ー江連
    こんな感じでしょうか
    その他、神崎、岩佐、関口、蛭田、加井あたりも候補に入ってくるかなと思います
    層はだんだん厚くなってはきていますがやはり繋ぎ区間は、シード圏内で戦うには未知数な部分も多いので前半のエース級で波に乗りたいところだと思います
    あと中山選手に関しては、全日本予選前の関東インカレや、箱根予選前の記録会など狙っているレースの前にはあまり姿を見せてこなかったので、そういう調整だと思います