スポンサーリンク

【前年度王者はいかに!?】第94回箱根駅伝で青山学院大学は勝てるのか!?

シェアする

個人的に、第94回箱根駅伝の”4強”と思っている大学の戦力分析をしています。

前年度3冠、今年度は表彰台に乗っているものの、まだ勝てていない青山学院大学です。

スポンサーリンク

出雲駅伝成績

区間 名前学年 区間タイム 区間順位 通過順位 トップ差
1区 梶谷瑠哉③ 23分54秒 区間8位 総合8位 38秒差
2区 田村和希④ 15分47秒 区間賞 3位 18秒差
3区 下田裕太④ 24分48秒 区間3位 1位 -5秒差
4区 小野田勇次③ 18分31秒 区間2位 2位 14秒差
5区 神林勇太① 19分38秒 区間3位 2位 37秒差
6区 橋詰太慧③ 30分54秒 区間6位 2位 1分33秒差

全日本大学駅伝成績

区間 名前学年 区間タイム 区間順位 総合順位 トップとの差
1区 中村祐紀④ 44分46秒 区間10位 10位 1分22秒差
2区 田村和希④ 38分04秒 区間賞 6位 57秒差
3区 梶谷瑠哉③ 27分28秒 区間4位 5位 1分04秒差
4区 森田歩希③ 40分16秒 区間3位 3位 1分09秒差
5区 下田裕太④ 34分49秒 区間4位 4位 1分03秒差
6区 竹石尚人② 36分08秒 区間4位 3位 53秒差
7区 小野田勇次③ 34分43秒 区間3位 3位 1分06秒差
8区 鈴木塁人② 59分08秒 区間4位 3位 2分33秒差
スポンサーリンク

勝ち切れないポイント

①足並み揃わず、1区配置の迷い

出雲駅伝は1区梶谷選手で出遅れ、3区でトップ争いに戻ります。ただ、4区繋ぎ区間に主力を置いた東海大に充分な貯金は得られず逆転を許すと、そのまま5区6区も引き離され2位へ。

全日本は久々の駅伝となる中村選手を1区起用するも区間10位のブレーキ、2区田村・4区森田選手などが追い上げるも6区で3位に上がるのがやっと。優勝争いにも加わることができませんでした。

エース不在なので全員駅伝といきたいところでしたが、主力の足並みが揃わなかったですね。出雲は鈴木選手がエントリーされず、万全でない梶谷選手を1区起用へ。全日本は下田選手が万全でなく、橋詰選手を起用できませんでした。

万全だった田村選手あたりは1区向きではなく、結果1区にしわ寄せがきてしまった印象でした。総合力で競うところ、1区がこういう状況になると優勝争いとなると苦しいですよね…。

②やっぱり監督が現場離れているのも?

それから原監督が現場を離れることが多くなっているのも正直なところ、一因としてはあるのかもしれませんね。区間配置や選手の体調面の細かい部分の把握などは、もしかすると影響あるかなぁなんて…(コーチや奥さんも鋭い眼力を持っておられるので邪推かもしれませんが)。

他校の力を読み切る力に関しても、前半戦が終了した段階で、全日本で一番怖いのは東海大ではなく神奈川大の名前を上げてらっしゃったので、今思うとやっぱり把握されていたんだなと思います。

原監督は青山学院大長距離ブロックの監督以上に、広報の役割として、大学陸上の盛り上がりに大きく貢献してくださっています。また、実際仕事をいくつも同時にこなすとなると一部の仕事を優秀な部下に任せて仕事をこなしていくことは多いと思います(何となく中国電力内で出世されたのもわかる気がします)。

ただ、言っても毎年入れ替わる学生の組織ですので、常勝軍団を保つのはそう簡単ではないと思います。今年はエースが抜けた直後で難しい状況でしたし…。

勿論、青学大に負けたくないという他チームの気持ちのおかげで大きな視点で見ると、大学陸上に貢献してはいると思いますが、青学大が勝ち切るとなるとやはり現場を見る時間の確保も大事になると思っています。

スポンサーリンク

箱根駅伝へ向けて巻き返しのポイント

①エース不在が一番カバーできるのは箱根駅伝

ただね、箱根駅伝に関しては、無理矢理本命をあげろと言われるとやっぱり青山学院大だと思うんですよね。まずは至近の箱根駅伝で勝ち続けていること、それにマラソンにも挑戦するくらい、長いロードへの育成力は高いものがあります。

そして、エース不在のチームが三大駅伝の中で一番勝ちやすいのは箱根駅伝です。出雲や全日本は走る人数が少ないうえにエース区間の距離がそれ以外の区間に比べ長いです。エース不在はどうしても満点のレースをする必要がありプレッシャーがかかり過ぎますので。

箱根はエース区間は23㎞ですが、それ以外も21㎞以上は走る必要があります。総合力でしっかり逆転する可能性があります。足並みが揃わないのは不安要素ですが、田村・下田・鈴木・橋詰・森田・梶谷選手…そういった面々がもう一度この2か月でしっかり調整しなおすことができれば、十分に優勝できるチームになっていけるはずです。

②現段階で一番山が計算できるのは青山学大…やっぱり本命?

それから箱根駅伝の特殊要素としては山がありますが、現時点では登りも下りも優勝候補中で一番目途が立っているのは青山学院大なんですよね。

登りは昨年区間8位の貞永選手がいます。区間8位だと微妙ですが、服装の選択ミスで体が冷えてしまって失速しています。このあたりはすぐに修正できる点です。山籠もりが順調なら73分台・区間3位は充分にターゲットにできる数字です。

山下りは勿論、小野田選手ですね。2年連続58分台で走っています。出雲と全日本と平地区間も担当しながらなので、1年時のタイムを超えるのは簡単ではないでしょうが、59分以内はしっかり狙っていけるでしょう。

箱根駅伝の場合エース区間が序盤の2区になるので、追いかける展開にどうしてもなるという点が不安ですが、追いつくことさえできれば勝機が出てくるし、自信をもって走っていけると思います。やっぱり本命なのは変わりはないと思います。

スポンサーリンク

勝てるオーダーを考えてみる

梶谷瑠哉③-鈴木塁人②-田村和希④-森田歩希③-貞永隆佑④
小野田勇次③-竹石尚人②-下田裕太④-橋詰太慧③-吉永竜聖④

しっかり調整できればある程度メンバーが見えてきますかね。苦心している1区はあまり考えすぎず、昨年の経験者の梶谷選手でいいと思います。鈴木・橋詰選手あたりも候補だと思いますが他の主要区間にも空きがありますので。それから出雲1区よりはプレッシャー少ないかなと。

エース区間の2区には復帰の全日本8区まずまず走った鈴木選手。アップダウンをこなすのも競り合いにも強い鈴木選手が適任かなと思います。昨年の秋に見せたロード力の本領発揮と行けるはず。

それでも2区終了地点でトップ付近にいるのは今回は難しいと思います。3区4区は追い上げることができる選手として田村・森田選手を配置しました。ポイントゲッターの田村選手、昨年と今回の全日本と追い上げる走りをしている彼が適任かなと。田村選手の脱水対策も少しずつ進んできていますので、本領発揮できる展開に持っていけるのでは?

山あたりで先頭争いくらいにもつれていれば、だいぶ可能性が出てくる。このオーダーでは、2年連続断トツで区間賞を獲得している下田選手を3度目の8区に起用できるのですよね。この区間でしっかりトップに立てるように、

そして9区橋詰選手で他校にとどめ、10区吉永主将お疲れ様…という風にしたい。そうできるチームだと思います。4連覇に向けて、どういう仕上がりになってくるか注目です。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. コバ より:

    最初田村2区にしようかと思いましたが、よく考えると箱根では主要区間では走ってないのが引っかかりました。3区が適正的に1番だと思います。2区は森田か鈴木だと思います。1区は変にいじらず梶谷でいいと思います。ハイペースだと不安ですが暑くないのでそこそこ走れると思います。4区も森田か鈴木かなと思います。
    5区は意外と秘密兵器で竹石とか登ったら面白いと思います。6区は小野田。僕は7区橋詰にします。突っ込むタイプなので面白いかと思います。8区下田は区間新で走って9区中村、10区は主将で逃げ切りましょう。今回は僕の予想だと2区終わって5〜10位ぐらいかなと見ています。ハイペースだと分かりませんが(笑)なので3区から追い上げて山で追いつき7、8でぶっちぎって後は逃げる作戦でいいと思います。
    1年生は今回走らないカモですねえ。出来れば走ってほしいですが。
    四連覇の鍵は2区終了時の順位と4区終了時点の順位は大切になりそうです。

  2. ttc より:

    予想オーダー全く同じでした。今のところこれがベストかと。
    中村選手を10区に持ってくることもあるかもしれませんが。当日までの調子次第でしょうね。
    あとは明日の世田谷ハーフの結果がどうか。

  3. たけぽっぽ より:

    私が考えるオーダーは田村ー鈴木塁ー神林ー森田ー貞永、小野田ー梶谷ー下田ー橋詰ー竹石です。

    往路は1区田村選手が一番いいかなと。スローペースになった時はもったいないですが、レースメーカーに成りうる唯一の存在なので、他大学に揺さぶりをかけられたら。5区貞永選手が不安ですが、往路終了時点でトップと3分以内につけてもらいたいです。
    復路はもう6~9区まで波状攻撃で。小野田選手は確実に58分台が計算でき、7~9区に28分台ランナーを一気にぶつけて、最後に竹石選手で逃げ切るプランです。

    攻撃できる区間が多いので、現時点は一番優勝する可能性が高いと考えています。ただし、選手層は去年と比較するとやや薄い感じがします。下田、貞永選手が間に合わなかったり、中村選手が不調から復調しなければ、かなり厳しい戦いになりそうな感じがします。キーポイントは6~9区でどれだけタイムが出せるか。初めて追いかける展開の箱根になると思うので、どのような結末になるか楽しみにします。

  4. 袖野諒平 より:

    自分も勝てるオーダー考えて見ました。というか優勝する為のオーダーです。
    往路 田村→鈴木塁→神林→森田→貞永
    復路 小野田→竹石→下田→橋詰→吉永

    だと思います。1区田村選手を選考した理由は1番信頼できるランナーだからです。1分区で躓き続けてる青学としては、ここに田村選手を持ってこれるくらい余裕がないと優勝は無理かなと思います。
    鈴木塁は全日本8区の好走から2区もいけると思います。4区森田、5区貞永、6区小野田は経験者を並べて確実に7区には竹石選手も無難な走りを期待し、8区下田選手には区間新を期待しここで他校と1分半差をつけたいところ。ここまでで少なくとも首位と30秒差で来れば9区橋詰選手は首位が東洋、東海以外なら逆転できると思います。逆に復路戸塚でこの二校に1分は欲しい。アンカーの吉永選手はここ一年キャプテンとして苦しんだはずですから、そういう意味で最後にいい思いして欲しいです。

  5. スノウ より:

    梶谷-下田-田村-森田-貞永、小野田-鈴木-竹石-橋詰-中村
    と予想します。
    迷ったのは下田選手と配置1区の人選ですね。
    今回は下田選手を8区まで残しておく余裕は無いと考え2区にしました。復路に小野田、下田選手がいたとしても、往路で大差つけられてしまっては厳しいですからね… 1区も不安な状況ですし…
    そしてその1区は梶谷選手にしました。出雲は失敗レースになりましたが、前回の箱根は良かったですしスローペースなら問題無いでしょう。ハイペースになって遅れをとったとしても、2区以降下田、田村、森田選手と控えていればそこまでのダメージとはならないと思います。
    山は貞永、小野田選手が再びですね。貞永選手は前回よりも力をつけた姿を見せて欲しいです。
    そして7区にポイントゲッターとして鈴木選手を置きたいです。往路優勝は難しいと感じますが、6区7区と復路のスタートで大きく攻める区間を作りここで逆転し、更に差をつけたいです。
    8区以降は、全日本好走の竹石選手、今年成長し主力格になった橋詰選手と繋ぎ、ラストは4年生中村選手(吉永選手)で締めたいです。

    この駅伝シーズン苦しんでますが、なんだかんだ言って箱根は優勝候補1番手と思います。何と言っても6区小野田選手の存在が大きいですね。ここで他の優勝候補よりもかなりのアドバンテージを取れますからね。
    4連覇目指して頑張ってほしいです。

  6. りっく より:

    結構シーズン前半からオーダーを色々考えてましたが、全部破綻するくらい切羽詰まった状況だと思います。今日の世田谷ハーフで新たな大砲が出てくるのを祈るのみです。

    自分の中では全日本リカバー組が3区4区に入るのが鉄板だと思ってて田村選手は2区を走るタイプではないですし森田選手は揺さぶりがある状況なら良さが薄くなりそうなので2区は違うのかなと思います。ならば1区2区は耐えるレースを展開するしか有りません。例えば…
    橋詰ー鈴木
    鈴木ー橋詰
    鈴木ー下田
    などなど我慢の展開になりそうだとは思います。
    なおハイペースの展開にしたいなら田村選手の投入もありですがゲームチェンジャーが1区に入ってしまうとはスターター不在の青学にはすごい厳しくて田村選手にはかつての久保田選手のように後続を40秒離すオーダーが求められます。
    復路には層が充実しているので芦ノ湖までで1分差であれば下りで逆転もあり得ると思います。