スポンサーリンク

大東文化大学【区間オーダー予想~全日本大学駅伝2017】

シェアする

2大会連続1区で出遅れ関東地区最下位…今年こそ総合力の高さを見せて躍進を!

大東文化大学

スポンサーリンク

エントリーメンバー

4年
前田将太④28分59秒86≪17:箱1区12位、15:出2区11位≫
林 日高④29分06秒80≪17:予9位、箱8区8位、16:予70位、箱5区19位≫
原 法利④29分08秒16≪17:予13位、箱2区12位、16:全1区18位、予9位、箱9区10位、15:全1区27位、出3区9位、箱4区16位≫
山本翔馬④29分29秒22≪17:予27位、箱10区16位、16:全6区14位、予55位、15:全8区17位≫
渡辺拓巳③29分52秒68

3年
齋藤 諒③29分09秒92≪17:予62位、16:予126位≫
新井康平③29分12秒04≪17:予273位、16:全5区20位、予68位、箱1区19位≫
谷川貴俊③29分20秒09≪17:予72位、箱9区6位、16:全8区11位、予32位≫
中神文弘③29分31秒65≪16:箱4区19位≫
奈須智晃③29分46秒17≪17:予83位≫

2年
川澄克弥②29分11秒21≪17:予21位、箱4区17位、16:全4区20位、予39位≫
奈良凌介②29分12秒01≪17:予55位、箱5区19位、16:全2区16位、予73位≫

1年
三ツ星 翔①30分17秒39≪17:予130位≫

箱根予選は2年連続で主力・中堅層の選手層の厚さを見せつけた大東文化大。予選での団結力はとても高いものがある。

ただ、全日本・箱根本戦に関してはどこかでブレーキが出てしまい、上位に食い込めてないんですよね。特に全日本は1区で失敗してしまい、そのまま浮上できず、勝負もさせてもらえていない状況に。調整は難しい面はありますが、しっかり他校と勝負していきたい。

主力はまずは4年生2人。昨年からチームのエース存在の原選手。箱根2区出走している。そして今季急成長で各大会で好走、箱根予選は日本人トップ争いをした林選手だ。非常に頼りになる存在だ。

これに2年生の川澄選手が急成長で、箱根予選では2人に続き59分台をマーク。昨年は主要区間で跳ね返されましたが、今年は満を持して起用されそうですね。また、2年時に全日本8区を走っている4年山本選手も長い距離で安定感を増している。

また、箱根予選では万全というわけではなかったが、あげてきている4年谷川・2年奈良選手も主要区間候補に挙がる力のある選手だ。まだ大学駅伝経験はないが3年斎藤選手も注目の存在になりつつある。

選手層の薄さが懸念されていたが、3年奈須・中神・山崎選手が少しずつ成長、入学時5千14分50秒台の三ッ星選手も半年で急成長を遂げ解消されつつありますかね。トラック5千13分台のスピードランナー、新井・前田選手もやや当たりはずれあるが面白い存在となっている。

スポンサーリンク

区間オーダー予想

林-原-奈良-川澄-齋藤-谷川-中神-山本

全日本は1区で2年連続失敗しているので、本当にここですよね。ここさえいけばあとは流れに乗れるチームになっていると思います。

ひとまず8人以上は出走できそうな選手はいますし、ここは今一番勢いがある林選手でいいと思います。今回の箱根予選だけでなく、関東IC1万・全日本予選4組でもしっかり流れに乗って走っていますし、今の大東大だと一番適任かなぁと。

続いて前回1区だった原選手を2区へ。箱根2区はしっかり好走していますし、スピード区間でも十分に対応できるかなぁと思います。まずはしっかり他校に食らいつきたいですね。

3区4区に期待の2年生を起用しましょう。箱根予選好走した川澄選手を4区。実は2年連続となりますが、走るなら前回の区間20位からどこまで上がるかとても楽しみだったり。奈良選手はアップダウンはそこまで苦にするタイプではないでしょうし、やれるかなと思います。この2人が駅伝で単独走できれば、本当に大東大強くなっていると思います。

スポンサーリンク

後半の主要区間ですが、6区谷川選手と8区山本選手を入れました。前回と入れ替えていますが、ここは調子を見てという感じですかね。長い距離は自信がある2人なら区間上位を狙っていけるかもしれません。

5区7区はちょっと悩んだのですが、駅伝経験が少ない2人を選びました。5区斎藤選手はまだ大学駅伝未経験ですが、全日本予選4組などトラックでは今年主力。スピードランナーが走りやすい5区にしました。

7区は1年時に箱根4区出走している中神選手。今年になって調子を上げてきているので、もう一度出走して、成長を確認させるのはどうでしょうかね。箱根予選欠場していますが、ちょっと走ってほしい存在だ。


まあ繋ぎは本当に誰が走るかは分からないですよね。予選撃沈も日体大記録会ではいい成績を残していた新井選手もいるし、全日本本戦に合わせてきている気がする4年渡辺選手も3区あたりで出走あり得るのか…。

ひとまず、主力や中堅は他強豪校と見劣りはしない。うまく調子を合わせれば面白い戦いができそうな戦力だ。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    管理人さんのデータを見ると、上位校とも遜色ないくらいメンバーは充実しているだけに、そのタイムを駅伝で活かせたら箱根も期待できると思います。

    私が考えるメンバーは、前田ー原ー斎藤ー林ー川澄ー山本ー奈良ー谷川です。このチームも1区が比較的苦手なので、1区にはチーム1、2のスピードの前田選手の粘りに期待。基本的には箱根の1~4区もこのオーダーでも行ける気がします。
    6区山本選手を挟んで5、7区には箱根で洗礼を受けた2年生コンビの活躍を見込んで、6区山本、8区谷川選手には箱根に向けてもキーマンになるかと。他にも新井、中神選手などメンバーがいるだけに、全日本のシードは難しいかもしれませんが、箱根は期待できると予測しています。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      前田選手が仕上がっていれば大東大としては心強いですね。難しければ林選手などエース級で勝負することになるのかなと思います。それにしてもメンバーは豊富ですね。山本・谷川選手のような存在は確かに心強いです。

  2. ひがし より:

    前田が走る前提で、
    前田ー林ー新井ー川澄ー谷川ー三ツ星ー奈良ー原
    アンカー原でシードを勝ち取りたい!

    • hakonankit より:

      >ひがしさん
      原選手アンカーはあまり見ないオーダーですが、面白そうですね。
      三ッ星選手ら新戦力も見てみたいかも…。

  3. りっく より:

    ほぼ管理人さんと同じ意見です。前田選手はわざわざ使わなくても良いのではと思ってます。現状まだ70%くらいしか戻ってない印象なので箱根だけ合わせてほしいです。20km以上が本当に弱くなる選手なので全日本に合わせると箱根にピークが合わなくなりそうです。

    あとは主要大会で全くピークが合わない中神選手をどう見るか…ポテンシャルやタイムは主力なんですが昨年も上尾ハーフで復活したと思ったら尻すぼみで今年も記録会で上げてきたと思ったら箱根予選は補欠だったのでよくわからないです。今後を見据えるならば奈須選手を起用するのも一良いとは思ってます。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      前田選手は状態さえあがれば20㎞いけますからね。箱根1区より全日本1区の方が難しいですので、箱根予選の上位者の誰かになるのかなと思います。奈須選手は確かに大会にしっかり合わせてきていますから、7区あたりで起用はあるのかもしれません。

  4. ryouya0616s より:

    今日の女子駅伝で、大東大は関谷の快走で2位入賞したので、男子も女子に後れは取らないでもらいたい。
    原はここ2年連続で1区断トツ最下位といい思い出ないのでトラウマがありそうなので繋ぎ区間に回して楽に走らせたいところ。
    ここ2年1区で遅れて繰り上げを回避するのが精一杯な成績なので今回こそは上位入賞狙いたい。
    持ちタイムの平均上ではシード争いの圏内なだけに頑張ってほしい。
    今日の関谷選手のような1人で流れを変えられるぐらいの凄い走りをしてくれる選手が出てほしい。

  5. hakonankit より:

    >ryouya0616sさん
    女子がいい流れを作ってくれましたよね。
    原選手はなんだか自分のペースで走れるほうがいいように見えるので、別の区間で稼いでほしいですね。1区2区を粘れが3区以降総合力の強みで、凄い走りが出るかもしれません。