スポンサーリンク

東海大学【区間オーダー予想~全日本大学駅伝2017】

シェアする

出雲駅伝優勝校!そして、その勢いのまま2冠目も獲得なるのか…!?

東海大学

スポンサーリンク

エントリーメンバー
4年
川端千都④28分44秒71
≪17:箱9区5位、16:全2区13位、出4区6位、箱7区12位、15:全1区10位、出1区5位、箱2区7位、14:全2区8位、予15位≫
國行麗生④29分25秒80≪17:箱3区17位、16:全6区2位、箱6区11位、15:全7区6位≫
3年湊谷春紀③28分46秒59≪16:出6区5位、箱1区16位、15:全3区3位、出2区5位≫
三上嵩斗③29分17秒67≪17:出5区1位、16:出5区2位≫2年
關 颯人②28分23秒37≪17:出6区1位、箱2区13位、16:出3区1位≫
松尾淳之介②28分50秒94≪17:出3区4位、箱4区12位≫
鬼塚翔太②28分55秒26≪17:出4区1位、箱1区2位、16:全1区10位、出1区2位≫
郡司陽大②29分05秒28
中島怜利②29分15秒38≪17:箱6区8位≫
西川雄一朗②29分18秒91
館澤亨次②29分50秒67≪17:出2区2位、箱5区13位、16:全3区1位、出2区2位≫
阪口竜平②30分12秒64≪17:出1区1位≫1年
塩澤稀夕①28分36秒15≪17:都1区1位、16:高1区2位、国体5千4位、IH5千7位≫

出雲駅伝を10年ぶりに制し、波に乗る東海大学。全日本大学駅伝は距離が長くなり、不利になると言われているが、選手層はとても厚い。

黄金世代と言われている2年生はやはり頭数が多い。エースに成長した關選手と今季絶好調の阪口選手、スピードが魅力の鬼塚・舘澤選手ら主要区間で走れる力のある選手が多い。他にも繋ぎ区間なら充分区間賞候補になる選手もおり、とても楽しみな世代だ。

更に一気に注目株になってきたのは1年塩澤選手。もともとスピードが魅力の選手だが1万mで28分36秒のチーム2位の記録。三重県伊賀白鳳高出身ということもあり、地元の全日本駅伝、どこかで起用があるだろう。

上級生は長い距離中心に鍛えて高島平20㎞優勝した川端選手は後半区間の準備か。前回6区2位の國行選手、”いぶし銀”言われている三上選手に、復活のエース候補湊谷選手とこちらも役者が揃いつつある。

距離と区間が増える全日本駅伝は、下級生の持つ魅力的なスピードだけでは、簡単には奪えないだろう。上級生の力を融合する場面も出てくると思う。

スポンサーリンク

区間オーダー予想
阪口-關-塩澤-松尾-舘澤-鬼塚-國行-川端

色んなオーダーが組めそうですが、結果こうなりました。1区は出雲に引き続き阪口選手の予想。トラックでは1500m~5000mしかほぼ走らない中、一気に距離が長くなるのが少し不安ではありあmす。ただ、一番調子が良い選手なのは確か。まずはトップ付近に付けるところを意識してほしい。

2区スピードエース区間には、エースの關選手を持ってきた。もし1区が成功すれば一気に独走態勢を築くことができるし、もし失敗していた時にリカバリーが効く。タイム的には38分00秒はターゲットにできるか。昨年ノロウイルスで叶わなかった2年越しの2区で爆発力が見たい。

そして、他に多くの2年生のスピードランナーがいる中、3区に塩澤選手の予想をしてみる。一気に1万チーム2番手になった彼をここで起用し区間賞を狙わせる。高校駅伝1区でも区間2位なのでアップダウンも大丈夫だろう。鬼塚・舘澤選手は後半に残しておく。

4区は非常に迷ったが、出雲3区4位の松尾選手をもう一度長距離区間に起用。箱根でも順エース区間あたりは走ってほしい選手なので、ここは何とか踏ん張ってほしい。安定感に期待。

スポンサーリンク

そして、5区6区に本来前半の主要区間を担うべき舘澤・鬼塚選手を畳みかける。記録会を見る限り絶好調とは言えない感じ。もしこのあたりで接戦ややや劣勢になっていても一気に巻き返せる区間だ。というか、対青学大を考えた時に、かなりの嫌がらせになるのではないでしょうか??

追い風であれば最後になるこの区間(次回大会から中継所が変わる)で区間記録を狙ってほしいと思ってみたり…。ひとまずこういう起用の仕方も面白いと思う。

ある程度勝負をつけたということで残り終盤の2区間は4年生に力を借りたい。最長距離の8区は川端選手だろう。高島平20㎞で複数の東海大生が出たが、全日本8区の選考に参考にすると思う。しっかり勝ち切った彼が8区。7区は三上・湊谷選手らと非常に迷ったが、前回6区2位の実績を持つ國行選手で。いい経験を持つ4年生は優勝争いの時に力になるはずだ。


それにしてもいろんな予想ができますね。どんなのが”王道”と言える予想と言えるのかなと個人的に気になったり?1区阪口、2区鬼塚、3区舘澤、4区關選手という並びが自然な感じかなぁ?

対青学を意識しながら、両角監督がどのような采配で2冠目を取りに来るのか。とても注目だ。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. カズ より:

    管理人さんと1.3.4.5同じ予想です。

    関は箱根を見据えるなら二区ですが、三冠狙うなら8区に置きたい。
    鬼塚は勝負と思った区間に置くでしょう。今回は二区予想にします。
    川端は6区 7区の選手はおそらく8人目を勝ち取った絶好調な選手な気がします。
    青学おそらく1区に田村はもってこないはずなので、ハイペースにはならない気がします

    • hakonankit より:

      >カズさん
      關選手の8区の意見も結構根強いですよね。
      鬼塚選手は2区も確かにやれそうですね。
      しっかり合わせてきてほしいです。

  2. たけぽっぽ より:

    とにかくセオリー無視の超特攻型オーダーを考えてみたら、關ー阪口ー塩澤ー鬼塚ー舘澤ー湊谷ー松尾ー川端となってしまいました。

    1区は後続を離せるだけ離して、2区は5千までなら学生トップ3の阪口選手のスピードに期待。塩澤選手は駅伝デビュー戦だけど、この持ちタイムで3区はどの大学も気になるはず。スピードについては4、5区でダメ押しで。
    6区湊谷選手はまだ復活中なので、箱根に向けて駅伝の感覚を取り戻せたら。7区松尾選手は出雲で主要区間を担当したので、今回は区間賞狙いで。最後はかなり状態の上がってきた川端選手に。箱根は主要区間になると思うので、どこで起用されるか楽しみです・・・。

    という両角監督なら絶対に考えないオーダーを作ってみましたが、鬼塚選手の4区は意外にありかなと真面目に考えています。6~8区はある程度可能性あるかなと感じています。いずれにしても今回のエントリーメンバー以外にも春日キャプテンや湯浅、小松、名取選手などが箱根に向けてスタンバイしているだけに、今年は「勝てる時に勝つ」重要な年になることは間違いないと思います。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      3区塩澤選手は私も他校は本当に嫌だろうなと思っています。
      今までの両角監督の采配を見ていると、鬼塚・舘澤選手の
      少なくともどちらかはダメ押しに回すとみています。
      もしかすると、その予想の1区と2区を逆にするというのも
      十分あり得るのかなと思ったり…

  3. りっく より:

    自分は關選手を4区に置きたいです。自分は選手の適正を考えた配置を予想していて東洋の予想の時にも組み立てた方式で考えてます。そう考えた場合關選手のアンカーの声が大きいのですが、川端選手のアンカー起用と比較した際にメリットが大きいのは長い距離の経験が豊富で上りに強い川端選手のメリットの方が上かなと思いました。

    次に2区に關選手ですが、東海はここが耐える区間になるかと思います。やはり青学が田村選手を置いてくるのがほぼ確実と考えた場合、エースを使って差を詰められた場合、ダメージは大きいです。むしろ詰められるのを承知で關・鬼塚・館澤以外のランナーを起用した方が良い気がしてます。
    となると、絶好調阪口選手か塩澤選手になると思います。

    そこで残った選手を見ると前述の2年生トリオをわざわざ5~7区に使うのも解せないので1、3、4区にこの3人を置きたいですね。1区は前半にアップダウンが多くて牽制しやすいので館澤選手なんかも面白いかもしれません。ただその中で關選手の3区は差がつきにくいので薄いのかなと思います。

    わりと考えようによっては色々な区間配置ができるので皆さんの意見と違った意見が多い方が東海が充実していると感じます。
    自分の意見は青学に対抗した場合、詰められる区間をいかにして乗り越えるかが鍵になると思います。

    ちなみに自分は7区までに差をつけられる自信があるならば關選手のアンカーも有りだとは思ってます。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      川端選手は昨年から本当に長い距離を試合で何度も走っていますので、やはり前半のスピード区間で關選手などでリードを奪って、その上で川端選手に気持ちよく走ってもらう…ほうが選手たちがやりやすいように思っています。
      あとは本当に両角監督の考え次第でいろんなことが考えられますね。対青学を考えると、本当にいろんな区間のアイデアがうかんできます。

  4. アウタマン より:

    僕は
    阪口ー鬼塚ー館澤ー松尾ー塩澤ー三上ー川端ー關
    と予想します

    • hakonankit より:

      >アウタマンさん
      とてもオーソドックスな印象を受けました。2区と8区がとても鍵になりそうです。

  5. スノウ より:

    阪口-塩澤-舘澤-松尾-三上-鬼塚-川端-關と予想します。

    1区がどうなるかですね。阪口選手に10000以上の実績が無いだけに、鬼塚選手を持ってくるかもですね。
    2区は調子の良い塩澤選手で!初駅伝ですがやってくれると思います。
    1区が阪口選手の場合、鬼塚選手は出雲同様勝負所に投入してくるかなと考え6区。
    アンカーは關選手予想ですが、川端選手の可能性もありそうですね! 全日本のアンカーを走った方が箱根2区を走ると予想です!

  6. ふみ より:

    松尾-塩澤ー阪口-關-三上-鬼塚-館澤-川端と予想します。
    1区は距離が長いので長い距離に不安のない安定間のある松尾君にしました。スタートダッシュというよりは先頭が見える位置で渡してくれれば御の字ですかね。2区は地元の塩澤君にしました。デビュー戦ですが平成国際大の28分30秒台出しましたし期待出来ます。3区は阪口君です。出雲駅伝の好走はお見事でしたが、長い距離が未知数なので一番短い距離でスピードを活かせればと思います。4区は關君です。アンカーでも良かったのですが、相手からは脅威だと思います。5区は三上君にしました。一番悩みました。他のエントリーメンバーでも十分いけると思うのですが出雲の好走が決め手です。6区は鬼塚君です。出雲の優勝の立役者で両角監督からの信頼も厚く勝負区間を決めたい区間に置くと思います。1区でも良いのですが後半区間に彼がいるのは大きいのでここにしました。7区は館澤君です。鬼塚君と共に三大駅伝全て走っていますので出番は確実だと思います。前回区間賞も取っていますしこの区間でも勝負出来ると思います。8区アンカーは川端君です。2年生が注目されていますが上級生も層が厚く高島平ロードレースの優勝でアンカー区間有力だと思います。

    • hakonankit より:

      >ふみさん
      なるほどですね。1区を距離が大丈夫な選手にしてしのいで、2区3区4区で怒涛の追い上げをするのも面白いのかもしれません。4区に關選手を置ける状態でそれまでにトップ争いができる状態ならとても脅威かもしれません。2区より4区の方が差がつきやすいのが全日本の特徴ですし。それにしても6区鬼塚7区舘澤選手は青学へのかなりの嫌がらせになるでしょう。

  7. 門外漢 より:

    私の予想は
    阪口ー關ー塩澤ー鬼塚ー館澤ー川端ー三上ー松尾
    です。關2区は彼の強みの生かせる15㌔以内の距離かつ主要区間で、全体の流れを考えたときにベストな解だと考えました。
    追う展開なら4区の鬼塚で一気に詰めて5区館澤で差しきる、逃げる展開なら単独走で逃げる、競り合いにも強いので4区鬼塚が勝負ポイントになるでしょうか。
    また、松尾アンカーは距離の長さに不安がなく、中盤から逃げる展開を想定し、競り合いより単独走に向いた印象なので選びました。
    6区の川端で区間賞をとり、最近だと駒大・馬場のような渋い貢献をする。調子も上向きなのでアンカーも考えたのですが、ライバル的には実はこっちの方が嫌なのかなとか思いました。

    • hakonankit より:

      >門外漢さん
      關選手はおそらく全日本2区に思い入れがあるでしょうから、しっかりとリベンジしてほしいというのが自分の正直な気持ちです。そのうえで5区までにしっかりと青学を突き放したいですね。6区からは安定している選手です。