スポンサーリンク

【総合結果】第94回箱根駅伝予選会2018/帝京大トップ通過!中央大復活!日大と明大が落選で涙…

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

総合結果が出ました!

中大・日大・明大といった伝統校に明暗が分かれました。

スポンサーリンク

出走者

スポンサーリンク

スタートリスト

関東学連HP⇒スタートリスト

欠場者

関東学連HP⇒欠場者

この中では明治大が坂口・東国大の鈴木博選手が欠場は非常に痛手です

なお、5㎞地点で明大は三輪選手が給水で転倒し棄権…非常に厳しいレースになっています…

結果

各地点での速報と上位チームの選手結果と分けます。

速報

スポンサーリンク

結果・通過校

関東学連HP⇒チーム・総合結果 個人記録

帝京大学/1位10:04:58

順位名前学年タイム
7位畔上和弥③59分30秒
12位岩佐壱誠②59分44秒
16位佐藤諒太④59分48秒
38位竹下 凱③60分24秒
46位田村丈哉②60分37秒
53位横井裕仁③60分44秒
63位吉野貴大②60分52秒
87位島貫温太②61分03秒
95位平田幸四郎②61分07秒
101位渡辺貴裕④61分09秒
107位 田中祐次④ 61分13秒 
188位 星  岳① 62分08秒 

予想3位

素晴らしいレース運びでしたね。畔上選手がどんどん前へ上がり、なんと日本人トップ!大きな成長を果たしました。更に岩佐・佐藤選手も59分台で続き、竹下選手も少しモッドってきました。その後、7番手の吉野選手まで60分台、10番手も渡辺選手も61分09秒。総合力の高さを見せつけましたね。全日本・箱根も次こそシード権獲得といきたいところです。

大東文化大学/2位10:05:45

順位名前学年タイム
9位林 日高④59分38秒
13位原 法利④59分48秒
21位川澄克弥②59分57秒
27位山本翔馬④60分13秒
55位奈良凌介②60分46秒
62位齋藤 諒③60分51秒
72位谷川貴俊③60分57秒
83位奈須智晃③61分01秒
97位山崎 光③61分08秒
130位三ツ星翔①61分26秒
193位 佐藤弘規② 62分11秒 
273位 新井康平③ 63分46秒 

1位予想

林選手の成長にびっくり!前回チームトップの原選手をも上回っての成績です。それから川澄・山本選手もかなりいい走り。主要区間で起用できる選手が増えましたね。そのあとは昨年ほどの個人順位ではありましたが、奈良・斎藤選手などがまとめました。9番手山崎、10番三ッ星選手も頑張りました。

中央大学/3位10:06:03

順位名前学年タイム
8位中山 顕③59分36秒
14位舟津彰馬②59分48秒
17位堀尾謙介③59分49秒
33位畝 拓夢①60分22秒
59位苗村隆広③60分50秒
66位竹内大地④60分53秒
74位池田勘汰①60分57秒
75位岩佐快斗②60分58秒
126位川崎新太郎①61分22秒
133位神崎 裕③61分28秒
165位 蛭田雄大④ 61分49秒 
180位 江連崇裕④ 62分01秒 

12位予想

大躍進!中央大が1年で箱根に返り咲きです。昨年出走していない中山選手が急成長で日本人2番手!さらに1500mしながら2年舟津主将が59分台、堀尾選手も伸び、1年生ながら60分22秒でまとめた畝選手も素晴らしいです。他も監督の想定よりも全体的に良い走りだったそうです。この1年間何とかして這い上がろうともがいたが報われて良かったですね。

スポンサーリンク

山梨学院大学/4位10:06:21

順位名前学年タイム
2位ドミニク ニャイロ③57分33秒
23位上田健太④60分00秒
26位永戸 聖③60分06秒
32位久保和馬③60分21秒
70位片山優人③60分56秒
106位出木場風吹③61分13秒
124位藤田義貴③61分22秒
128位首藤貴樹②61分25秒
140位河村知樹④61分30秒
173位横井翔吾④61分55秒
214位 中村幸成② 62分36秒 
224位 安藤主税① 62分49秒 

2位予想

ニャイロ選手がさすがの走りで57分台。全日本からかなりの期待ができそう。また、5番手以降の片山・出木場選手ら心配された選手層も今回は61分前半付近にまとめることができましたかね。好条件で上田・永戸選手が60分台だったのが意外でしたが、全日本で爆発してくれたらと思います。

拓殖大学/5位10:06:27

順位名前学年タイム
15位戸部凌佑③59分48秒
18位西 智也④59分51秒
19位赤﨑 暁②59分53秒
41位馬場祐輔③60分29秒
50位W.D.タソ③60分41秒
64位中井槙吾②60分52秒
91位白髪大輝③61分06秒
98位鈴見侑大③61分08秒
102位土師悠作④61分10秒
135位硴野魁星③61分29秒
184位 清水崚汰① 62分04秒 
198位 藤井拓実② 62分17秒 

7位予想

稼ぐと思われた選手のうち、順調にいったのは西選手のみ。ワークナー選手は最初から後ろの方の集団、馬場選手も伸び切らず…だったのですが、戸部・赤崎選手が頑張って59分台!更に中井選手、そして全く実績が無いながらエントリーされた白髪選手が61分06秒。このあたりさすがの育成力。安定の5位通過ですが中身は結構びっくりでした。

國學院大學/6位10:07:35

順位名前学年タイム
30位浦野雄平②60分16秒
31位土方英和②60分19秒
39位松永拓馬④60分27秒
42位向 晃平④60分34秒
48位内田健太④60分38秒
49位江島崚太③60分39秒
93位河野敢太④61分06秒
99位國澤優志④61分08秒
108位小田智哉④61分13秒
111位長谷勇汰③61分15秒
137位 田代恭一④ 61分29秒 
238位 軸屋 健④ 63分01秒 

予想4位

トラックシーズンに活躍した浦野・向選手が少し大人締めでしたが、土方・内田選手ら中堅、そして一般入試から急成長した松永選手が穴を埋める走りで6人が50位以内に入りました。少し間があいて7番~10番が61分強。前回の予選よりはまた一つ安定した成績で通過することができました。

スポンサーリンク

国士舘大学/7位10:07:47

順位名前学年タイム
11位住吉秀昭③59分43秒
34位八巻雄飛④60分22秒
40位多喜端夕貴③60分28秒
45位高田直也③60分37秒
52位福田有馬②60分43秒
58位辻田拓真④60分49秒
77位藤江千紘③60分58秒
78位鼡田章宏②60分59秒
131位戸澤 奨③61分26秒
153位内山 武③61分42秒
154位 三田眞司④ 61分43秒
174位 ポール ギトンガ① 61分56秒 

予想10位

ボーダーラインより下の評価が多かった中、途中で3位まで浮上する大健闘!前回よりいい7位で決めました。住吉・八巻・藤江選手ら主力だけでなく、高田・福田・辻田・鼡田選手ら新戦力が大健闘しました。戸澤・ギトンガ選手らがあがってこればもっとチーム力があがります。

城西大学/8位10:08:50

順位名前学年タイム
24位金子元気③60分01秒
29位菅 真大④60分15秒
37位西嶋雄伸②60分23秒
51位山本竜也④60分42秒
85位大石 巧③61分01秒
94位中原佑仁②61分06秒
100位服部潤哉③61分09秒
115位荻久保寛也②61分17秒
127位中島公平③61分23秒
143位峐下拓斗③61分33秒
240位 鈴木勝彦③ 63分02秒 
304位 宮沢真太② 64分18秒

予想8位★

城西大も見事に1年で箱根に返り咲きましたね。エースの金子選手、そして2人ながら菅・山本選手の4年生が上位にまとめたことにより、チームが締まりましたね。西嶋・大石・中原選手らもしっかり走ることができました。中島選手が距離対応できれば往路候補が増えてきます。

上武大学/9位10:09:42

順位名前学年タイム
10位坂本佳太④59分41秒
22位太田黒卓③59分58秒
61位橋立 旋②60分51秒
67位大森 樹③60分54秒
73位関 佑斗③60分57秒
81位熊倉優介③61分01秒
112位松下恭一郎③61分16秒
144位佐々木守②61分34秒
150位関 稜汰③61分41秒
163位石井 僚③61分49秒
222位 北脇庄之佑② 62分46秒 
256位 井上弘也④ 63分15秒 

予想9位★

スピード展開では辛いのではと思われましたが、坂本選手が日本人先頭を引っ張る走りで59分台、太田黒選手も続きました。更に橋立・大森選手らが61分を切ったのも大きかった。あとは61分半ば前後でも何とか通過ラインにこぎつけました。今年も予選会力を見せつけました。

東京国際大学/10位10:10:34

順位名前学年タイム
25位シテキ スタンレイ④60分04秒
28位伊藤達彦②60分14秒
57位濱登貴也④60分47秒
89位真船恭輔②61分05秒
96位堤 完一③61分08秒
109位新田裕貴④61分14秒
122位相沢悠斗②61分21秒
129位鈴木聖人④61分25秒
139位渡邊和也①61分30秒
159位浦馬場裕也③61分46秒
176位 河野 歩③ 61分57秒 
235位 加藤純平① 62分59秒 

予想11位

…よくぞ通過にこぎつけたと思います。当日エース級の鈴木博選手が出走できず、スタンレイ選手がかなり早い段階で集団に下がり厳しいと思われましたが、15㎞以降チーム一丸となって逆転で掴みました。伊藤・濱登選手ら主力以外も61分少し、20㎞初挑戦の渡邊選手も堅実にまとめ、2年ぶり2回目の本戦出場です!

スポンサーリンク

予選落ち校

ここからは惜しくも本戦出場に届かなかった大学です(総合タイム10時間20分以内まで)

なお 下線を引いた選手は関東学生連合の候補です(今回は箱根未出走の選手に限るルールとなっています)

日本大学/11位10:12:05

順位名前学年タイム
4位P.M.ワンブイ③59分02秒
65位高野千尋④60分53秒
92位阿部 涼②61分06秒
110位松木之衣②61分15秒
116位川口賢人④61分19秒
119位武田悠太郎①61分21秒
148位岡野佑輝④61分36秒
160位石井健登④61分47秒
168位野田啓太①61分50秒
175位佐藤玲偉③61分56秒
195位 金子智哉② 62分14秒 
215位 小坂太我② 62分36秒 

予想12位

…届かなかったですね。ワンブイ選手が腹痛の中59分少し、高野選手が転倒し血まみれでゴール、10番手の選手が62分以内に入りましたが、3番手から61分かかってしまったのが響きましたね。なお、連合候補の阿部選手も連合候補入の選手の中で11番手という…。ただ、2年1年の健闘もありました。来年大きく順位上げてやりましょう。

創価大学/12位10:13:04

順位名前学年タイム
5位ムソニ ムイル②59分06秒
47位大山憲明④60分38秒
60位蟹沢淳平④60分51秒
113位三澤 匠④61分16秒
147位作田将希③61分35秒
156位鈴木大海①61分45秒
162位古場京介③61分49秒
166位二宗広大③61分49秒
187位棚橋建太③62分06秒
190位福田悠一①62分09秒
202位築舘陽介②62分21秒
230位上田結也②62分55秒

予想6位

やっぱりスピード展開になるとうまく浮上していけないですかね…。ムイル・大山・蟹沢選手が何とかまとめるも、5番手から61分30秒オーバー、更にロード実績のある築館・上田選手が11番手以下で上げ切れませんでした。3年生が多いのと1年生の粘りはあったので、来年もう一度復帰に向かいたいですね。

明治大学/13位10:13:05

順位名前学年タイム
43位中島大就②60分34秒
44位南 俊希②60分36秒
71位田中龍太③60分57秒
86位佐々木大輔②61分01秒
103位阿部弘輝②61分11秒
105位東島清純③61分12秒
117位大保海士①61分19秒
134位角出龍哉③61分28秒
199位樋口大介①62分18秒
210位前田舜平①62分29秒
223位 小袖英人① 62分48秒 
 三輪軌道② DNF 

10年前の予選落ちとチーム状況がよく似ている…何人かからの指摘がまさか現実になってしまうとは…。坂口選手欠場、三輪選手が転倒負傷により棄権、そんな中17.5㎞まで10位をキープするも若手のみでは20㎞は厳しかったです。南・佐々木選手ら新戦力の台頭、1年生の経験はできたので、次回爆発的な上昇を!

スポンサーリンク

専修大学/14位10:13:40

順位名前学年タイム
36位長谷川柊②60分23秒
68位宮尾佳輔④60分56秒
79位風岡永吉④60分59秒
80位川平浩之③60分59秒
121位小林彬寛②61分21秒
138位岩田拓海④61分29秒
152位櫻木健次朗④61分42秒
155位矢澤明徳③61分43秒
183位佐藤雄基③62分03秒
185位伊藤健太④62分05秒
283位 塚原淳之② 63分51秒 
287位 水沼群青④ 63分56秒 

予想15位

残念ながら届きませんでしたが、エースの長谷川選手がロードでも走れるところを見せ。4年宮尾・風岡選手が最後に意地を見せて61分切るなど粘りがありました。調整面の改善もありましたし、次回以降しっかり狙える態勢を整えられそうです。

麗澤大学/15位10:18:46

順位名前学年タイム
90位宮田 僚②61分05秒
118位大道聖斗④61分19秒
132位太田来紀③61分27秒
151位国川恭朗②61分42秒
164位市川 駿③61分49秒
167位渡邉紘也③61分50秒
172位吉鶴 実③61分54秒
186位萩原 新①62分06秒
206位植田陽平①62分24秒
251位藤村 穣④63分10秒
253位 永田啓将③ 63分13秒 
300位 村瀬佳樹③ 64分10秒 

予想22位

麗澤大としては快挙ですね。抜けた選手はいませんでしたが、90位宮田選手の61分05秒から8番手の萩原選手まで1分強で雪崩れ込みました。ホワイトボードに名が載る15位というのも良かった。次回記念大会での増枠があるならば、本気で狙っていけると思います!

東京農業大学/16位10:18:58

順位名前学年タイム
35位小山直城③60分23秒
82位金子 鷹③61分01秒
104位川田裕也②61分11秒
123位平井陽大①61分21秒
171位加藤大地③61分52秒
178位高良綾太郎④61分59秒
194位工藤 颯①62分13秒
231位田中健祐③62分57秒
236位徳永晃希④63分00秒
237位山舘湧真④63分01秒
261位 高橋悠平④ 63分25秒 
266位 茂木洋晃④ 63分31秒 

予想14位

チームとしては上り調子でしたが残念ながら総合順位は昨年から3つ下げる結果になりました。ただ、金子・川田選手の伸び、平井・工藤選手が1年生ながら20㎞に対応する収穫があったので、まだまだ箱根にトライしていけると思います。

以上総合10時間20分以内

スポンサーリンク

その他・17位以下

17位以下のチーム成績&200位以内の選手(いない場合トップ選手)、選抜候補選手

17位日本薬科大学10:22:28(予想24位)
3位サイモン カリウキ③58分11秒
84位溜池勇太②61分01秒
145位桜庭宏暢④61分34秒

18位流通経済大学10:22:37(予想19位)
141位谷野稜弥④61分32秒
157位菊地海斗②61分45秒

169位地福詩音③61分51秒
170位福留大樹④61分51秒
192位稲富智希④62分10秒

19位筑波大学10:23:43(予想16位)
69位相馬崇史①60分56秒
125位池田 親②61分22秒

181位西 研人①62分01秒
200位村上 諄③62分20秒

20位亜細亜大学10:26:32(予想17位)
54位加藤風磨④60分45秒
114位田崎聖良②61分17秒
177位立石拓海②61分57秒
179位上土井雅大②62分00秒
197位米井翔也③62分16秒

日本薬科はカリウキ選手がさらに成長、溜池選手が大幅成長が良い意味で意外。流経大とともにある程度やりたいことができましたかね。筑波大は大幅アップですが、スピードランナーがやはり厳しかった。厳しかったのは亜大でかなりの順位ダウン。加藤選手以外主力選手が走れませんでした。

21位桜美林大学10:28:25(予想25位)
1位レダマ キサイヤ②57分27秒
56位田部幹也③60分46秒

22位平成国際大学10:30:05(予想18位)
120位後藤蓮也④61分21秒
149位鈴木悠太③61分39秒
158位小美濃駿③61分45秒
106位飯田祥平④62分15秒

23位駿河台大学10:31:19(予想23位★)
142位河口昂平④61分32秒
191位大村礼也②62分09秒

24位関東学院大学10:31:29(予想21位)
136位田島 光③61分29秒
189位関口大樹②62分09秒

25位武蔵野学院大学10:36:21(予想20位)
6位タイタス ワンブア②59分10秒
146位下田季矢①61分34秒

26位明治学院大学10:42:07(予想26位★)
161位市原拓実①61分48秒

27位慶應義塾大学10:42:42(予想27位★)
76位根岸祐太③60分58秒

28位東京経済大学10:45:55(予想28位★)
216位村上 滋②62分38秒

29位立教大学10:51:50(予想31位)
246位中村亮介②63分07秒

30位芝浦工業大学10:51:51(予想30位★)
88位矢澤健太④61分04秒

個人記録としては桜美林大の田部選手、慶応義塾大の根岸選手、芝浦工業大の矢澤選手が見事ですね。順当なら箱根本戦でその姿が見れそう。慶大はチームとしても塾記録のようで、強化開始僅かでいい成果が出たようです。また1年生の武蔵野学院・下田選手、明学大・市原選手が健闘したのもチェックです。

スポンサーリンク

31位東京情報大学10:52:37(予想33位)
241位馬場雅人④63分02秒

32位東京大学11:10:18(予想29位)
20位近藤秀一③59分54秒

33位東京理科大学11:14:01(予想32位)
363位荒幡寛人①65分59秒

34位学習院大学11:16:05(予想37位)
182位藤村章太④62分02秒

35位千葉大学11:19:33(予想34位)
324位山田純平③64分57秒

36位上智大学11:19:34(予想38位)
205位外山正一郎④62分23秒

37位一橋大学11:23:25(予想46位)
366位佐々木海①66分01秒

38位帝京平成大学11:24:36(予想39位)
332位関口英樹①65分06秒

39位東京学芸大学11:28:58(予想42位)
345位川口文岳③65分33秒

40位首都大学東京11:29:26(予想36位)
338位川島僚雄③65分19秒

近藤選手見事でしたね。まさか60分を切ってくる快走!3度目の正直、今度こそ文句なしの連合選出でしょう!!それから連合に惜しくも届きませんでしたが、学習院大・藤村、上智大・外山選手4年生の健闘がありました。チームとしては上智大が前回より10個順位アップしています。

41位東京工業大学11:30:03(予想45位)
326位多田駿介②64分58秒

42位防衛大学校11:30:35(予想35位)
248位古林潤也③63分09秒

43位埼玉大学11:33:07(予想43位★)
320位小野寺涼④64分50秒

44位成城大学11:37:01(予想47位)
356位島袋健太郎④65分46秒

45位横浜国立大学11:38:09(予想40位)
365位宇佐美亮児③66分00秒

46位国際武道大学11:39:38(予想49位)
286位露木翔太③63分55秒

47位茨城大学11:40:33(予想41位)
353位小野隼太④65分39秒

48位高崎経済大学11:41:32(予想44位)
377位菊池琢哉③66分27秒

49位東京大学大学院12:08:41(予想48位)
258位渥美祐次郎(M2)63分17秒

今回はやはり記録が伸びましたね。下位の大学でも最上位の選手で、防衛大・小林選手、国際武道・露木選手、東大大学院・渥美選手が63分台をマークしました。また、現行ルールで初出場の成城大が44位と大健闘しました!

スポンサーリンク

関東学生連合候補/7位相当10:07:42

順位名前学年タイム大学名
20位近藤秀一③59分54秒東京大
36位長谷川柊②60分23秒専修大
43位中島大就②60分34秒明治大
56位田部幹也③60分46秒桜美林大
69位相馬崇史①60分56秒筑波大
76位根岸祐太③60分58秒慶應義塾大
82位金子 鷹③61分01秒東京農業大
84位溜池勇太②61分01秒日本薬科大
88位矢澤健太④61分04秒芝浦工業大
90位宮田 僚②61分05秒麗澤大
92位 阿部 涼② 61分06秒 日本大
114位 田崎聖良② 61分17秒 亜細亜大
120位後藤蓮也④61分21秒平成国際大
136位田島 光③61分29秒関東学院大
141位谷野稜弥④61分32秒流通経済大
142位河口昂平④61分32秒駿河台大

まとめてみました。箱根未出走選手に限るので創価大の主力、日大高野、農大小山選手が入れないのが残念ですが、その代わり、桜美林大・慶大・芝工大といったフレッシュなメンツとなっています。

個人記録としては断トツで東大・近藤選手!本人は1区希望だそうですが、成績的には2区もありえそうなくらい?全体的に往路が心配ではありますが、粘っていってほしいですね。

スポンサーリンク

第94回箱根駅伝出場校まとめ

最後に改めて紹介します。

【シード校】

・青山学院大学(10年連続23回目)

・東洋大学(16年連続76回目)

・早稲田大学(42年連続87回目)

・順天堂大学(7年連続59回目)

・神奈川大学(8年連続43回目)

・中央学院大学(16年連続19回目)

・日本体育大学(70年連続70回目)

・法政大学(3年連続78回目)

・駒澤大学(52年連続52回目)

・東海大学(5年連続45回目)

【予選突破校】

・帝京大学(11年連続19回目)

・大東文化大学(6年連続49回目)

・中央大学(2年ぶり90回目)

・山梨学院大学(32年連続32回目)

・拓殖大学(5年連続39回目)

・國學院大學(2年連続11回目)

・国士舘大学(2年連続46回目)

・城西大学(2年ぶり14回目)

・上武大学(10年連続10回目)

・東京国際大学(2年ぶり2回目)

・関東学生連合(オープン参加)

第94回箱根駅伝は2018年1月2日3日に行われます。

楽しみですね!

その前に、11月5日に行われる全日本大学駅伝も注目です!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    畔上選手の良いところが全部出たレースでした。長い距離で実績があり強烈なスパートを持つ畔上選手の注文レースに感じました。それと同時にやっとエースと呼ばれるクラスに評価を押し上げました。
    あと気象条件は最高でしたが日本人先頭集団はどうしても人数が多すぎてペースが上がらなかったですね。その中で引っ張り続けた西選手や一気に仕掛けた坂本選手は今年の箱根の1区の経験が活きたと思います。
    あと今年は日本人トップのタイムはやや悪いんですが圧巻の59分台の多さでした。林選手や佐藤選手は今年好調だったので順当ですが、今期ほぼ試合に出てない赤崎選手 や関東インカレ棄権の川澄選手、あとは今期絶不調だった堀尾選手は失礼ながら意外でした。
    そしてプレッシャーのかかるレースで最高のパフォーマンスを見せた近藤選手も流石です。

    あと予選落ちも触れますか…
    明治はちょっと立ち直るには時間がかかるかもしれません。坂口選手は陸上を続けるモチベーションが保てるかが不安で…
    今の4年生が1年生のとき優勝争いをしたチームが何故ここまで………
    創価はちんたら集団走をしてたのが敗因でしょう。あと2年生がだらしなさ過ぎでこのままなら来年もないでしょう。
    日大はしばらく箱根では見たくないです。ワンブイに負担かけすぎ、高野が身を削っているのにこの体たらく。まあ、自分の予想よりは健闘してましたと言うくらい今の日大はそんなレベルだと思います。(日大ファンの方すみません)

  2. たけぽっぽ より:

    日大、創価については、中心となっていた4年生が卒業することで、ひとつのサイクルが終わった感じがあります(特に創価は初出場した時の1年生が最終学年だっただけに、より強く感じます)。
    まだ主力選手が残る創価は来年復活する可能性はありますが、日大は完全にボーダーラインより下のグループに落ちたかなと。監督はワンブイのタイムが想定外だったとコメントしていましたが、仮にも10年近く外人に何度も助けてもらいながら、こんなコメントを言うなんて・・・。少し前の流行語を引用させてもらえれば、リアルに「日大落ちた」。

    明治は本当に全てが悪い方向に向かってしまって、まさかの結果に。但し、坂口選手にはもう一年あるので、来年のリベンジに期待。明治もそろそろ世代交代(西監督から山本コーチへ?)を考える時期に差し掛かっているのでは?来年は是非復活からのシード権獲得→西監督に有終の美を飾ってもらいたいです。

    最後に中央大学の復活は想像以上でした。好条件とはいえ、まさか3位通過とは!今回の予選会のタイムは本戦には全く参考にならない(東京農業が1位通過した時のような感じ?)と思いますが、2区と特殊区間以外はある程度駅伝はできると思うので、来年以降に期待します。

  3. TAK INABA より:

    日大はワンブィが想定外といっていましたがタイムが59分台一桁なので十二分通過可能です。
    あの発言は監督含めてチーム全体で弱いです。このままなら来年も無理でしょう。そして、そのかわりが専修になるでしょうかね。13位との差が35秒ほどですし十二分狙えると思います。

  4. あさがお より:

    予選会通過校から選んで
    帝京…単純にエースが稼いで10番手まで早くて強いなと感じる出来、畔上選手はさすが箱根4区の上位者というか後半になってすごく力強い走りでした。
    中央…素晴らしかった、良すぎて怖いくらいの出来です。中山選手は殊勲ですが距離不安といわれた2選手も稼げましたしこんな勢いのある中央はみたことがない…
    拓殖…やっぱり育成がしっかりしてると感じます、いい悪いあった主力も一定でまとめて後ろの選手もしっかり役割を果たす走りでした、デレセ、西選手はもう少しいけそうですね。
    国士館…今年の集団走成功度1位ですね、10人通過が早かったですし。
    上武…いつもの謎通過でなくて2枚看板で稼いで堂々の通過です、坂本太田黒両選手が60分切りをしてくるとボーダーチームはきついですね。
    東京国際…エントリー、当日、レースと不確定要素多い中よく通過したと。
    後半の速さは抜群でしたしすごいまくりでした。箱根ではどこまでそろうかな。

    予選落ち校から
    創価…何がしたかったのか?集団走のタイム設定を間違ったとしか思えない。
    明治…アクシデントで1日で誰も稼げる選手がいなくなって混乱の中でのレースになってしまった、集団走キープだけでは残れないペースでもありましたし。シード常連校の監督が立川だけは勘弁という理由が分かった気がします。
    日大…選手は実力を発揮できたと思います。
    逆にいえばこれが限界の戦力です、それがわからないならこの学校はおしまいです。

    最後に、出雲・予選会と見てきて4年生の力がの必要さを感じました。
    日体大や明治を見ると走れる4年生がチームを締める部分を感じました、まだ走ってない東海と東洋の4年生にも注目していきたいところです。

  5. バルフレア より:

    中央大学が復帰したのは嬉しい限り、本戦も頑張って欲しい。
    母校明治大学は、悪い目が出てしまいましたね。三輪棄権は痛すぎました。序盤だったので、チームメイトへの影響も多少あったかなと思います。
    自身の通過予想は順位はともかく、10校中9校通過と、大体思っていた通り、まさかの明治大学だけ予想から漏れてしまいました。

  6. ユーポン より:

    中央復活しましたね!通過予想に入れていましたが、ここまで活躍するとは・・・国士舘もまた一歩前進した感じ。一度もボーダー圏外に落ちなかったのはすごいかも・・・終盤他大学に抜かれた所が課題ですかね。
     明治がまさかまさかといった感じでした。坂口、竹山欠場・三輪棄権・4年生不在・・・飛車角どころか王将・銀将までいなかったイメージ・・・焦ったのか、よくわからないところでペースアップ・・・このハプニング連鎖は昨年度の箱根駅伝における山梨学院を見ているようでした・・・終わったものはどうしようもないので、全日本や来年度の予選会に向けて頑張れとコメントするしかできないです。
     東京国際はぎりぎりというか棚ボタというか・・・ギリギリで通過しましたね。直前に主力が出場できなくなったのを総合力でカバーした感じ。スタンレー君は今回は失速してしまいましたが、最低限走れたと思いますし、果敢に先頭集団についたのはとても良かったと思います。渡邊さんの箱根も見えてきましたか?まだまだ頑張ってほしいですね。
     予想は1位帝京と2位大東しか当たりませんでした・・・帝京は昨年の箱根や今期の結果からトップ通過最右翼だと思っていましたし、2位の大東も層の厚さから有力と見ていましたが・・・中央・国士舘の大躍進で少しづつずれてしまいました・・・また、昨年か2年前に次に初出場を決めるのはここだ!と予想した麗澤が大躍進しましたね!いい意味で予想を外しました(^^;2年前の村瀬世代を超える成績をたたき出し、東農大、筑波、亜細亜などの有力チームを破ったのは自信につながるのではないでしょうか?このまま新戦力の対等・チームの底上げが続けば、2年以内の箱根駅伝出場は現実味を帯びてくるでしょうね。

  7. アルステルス より:

    初めて投稿させていただいています。 
    明治が落ちるとは正直想定していませんでした・・・坂口選手・4年生欠場、三輪選手の棄権などことごとく悪い方に出てしまったのは不運としか言えません。一方で中央は稼ぐべき選手が稼げたことが本当に大きいです。船津選手・中山選手はフロックではないところを見せましたね。
     東京国際については失礼かもしれませんが今回の戦力でよく通過してきたなと思います。確かに他のボーダーの大学にも誤算はありましたが、鈴木(博)選手がおらずスタンレイ選手も大きく稼いでたわけではなかったので・・・伊藤選手を初め想定以上の走りができたのでは?本選も頑張ってほしいです!
     日本大学はいよいよ留学生の力だけでは及ばなくなってきましたね。監督は「1分の誤算が・・・」ということでしたが、仮に設定どおり走れたとしても落選していますからね。今後もこの状態が続くなら厳しい現実が待っているでしょう。
     今後に向けてというところだと帝京・大東文化は文句なしの結果でしょう。山梨学院も中間層に一定の目途が立ったのは良い結果だと思います。そして驚いたのは麗澤大学。15位に入ってきました。来年もし記念増枠があるとすればひょっとしたらひょっとするかもしれません!

  8. nuFFろく より:

    昨年の本戦で見せ場のあった帝京はさすがといったところ。2、3年生が強かったですね。

    勝手にボーダーラインだと思い込んでいた中央の上位通過が一番のサプライズでした。一年前はいったい何をやっているんだとあきれたものでしたが、今年は見事だと思います。一年で復帰するのとしないのではスカウトにも大きく影響すると思いますので、今後の躍進にも期待したいです。ただ本番はあまり期待しないで見守る感じでいきます、プレッシャーをかけないという意味で。

    東京国際はよく終盤抜き返したと思います。17.5キロ地点で一気にボーダーと差が詰まったときは、もしかしたらいけるんじゃないかと見ていて興奮しました。

    日大の予選落ちはついにやってしまったか、という感じでしょうか。年々日本人の勢いがなくなって、そのうち落ちるだろうという雰囲気はありましたので、そこまで驚くこともなかったです。何年か前に佐藤田村ベンジャミンがトップ10入りしていて落ちたときには「は?」となりましたが。

    明治についてはひたすら災難でしたね。よりによってなぜ稼ぎ頭が…。最後に力尽きてしまった感じはしますが、それなりに集団走は上手くいっていたと思います。若手中心でいったのが良かったのか悪かったのか、また来年リベンジですね。

    個人的な感想なのですが、ここ数年予選会のレベルが上がってきているような気がします。日本人トップ集団はバンバン60分切りをするようになっていますし、下位校にとっても出場条件自体が数年前より厳しくなり、以前よりも70分以上かかってしまう選手が少なくなっているような感じがします。ちゃんと数えてないので気のせいかもしれませんが…。もしそうならそのうちエントリー条件が16分切りを10人なんてことになるのでしょうかね。弱小大学にとっては酷なことかもしれませんが、エリート選手たちはもちろん、大学生全体のレベルが上がっていくことを願っています。

  9. シセン より:

    予選会を見て中央大の中山、上武の坂本は予想よりも良く山梨学院の永戸、國學院の向はあまり伸びなかったですね。
    帝京は応援している1校なのですがやはり強かったです。日本人トップの畔上選手はもちろん箱根の山で失敗した佐藤選手や前半戦不調だった岩佐選手もいいタイムでした。箱根までに竹下、濱川、平田、小野寺、星選手ら箱根本戦でも戦えそうなメンバーいるので相当強いと思います。

  10. なりー より:

    國學院は去年より安心でました。
    向は力みからは本来の力ではありませんが、そこは総合力❗
    松永君は一般入試なのにコツコツ努力して高校時代は雲の上にいた向に先着。すばらしいです!土方も復活。

    さて、松永君は箱根は10区かな気が早いですが、浦野→向→土方→熊耳なら戦えるはず

  11. プルシアンファン より:

    予選通過校が発表される中で、唯一笑顔無き、予選落ちしたような感じだったのが山梨学院。山梨学院ファンとして良い表情だったと思います。この悔しい気持ちを全日本で見せてくれたら。

  12. 袖野諒平 より:

    予選落ちの大学だけ触れます。
    タラレバの話が良くないと承知の上でしますと明治と創価はつくづく残念です。明治だともし末次、磯口、坂口、三輪選手辺りが創価だと米満選手あたりが出場し、力通り走れてたらまた違った結果になってたと思いますので返す返すも残念です。

    日大は厳しく言ってしまうと論外かなと。日本人が上手く走れてない事を棚に上げてワンブイが想定より悪かった事を敗因にするとは。山崎一選手が欠場とはいえガッカリなレースだったなと思います。

  13. ryouya0616s より:

    今回も悲喜こもごもの予選会でしたが、私の不安がまさか的中するとは・・・
    明治大学が10年前とほとんど同じ状況で予選落ちしてしまった。
    エントリー前から準エース格の4年生3人全員を欠き、さらにチーム1のエース坂口選手までもが走れず、そのまた坂口選手に次ぐと云われる三輪選手までもが5キロ地点の給水でアクシデントでリタイア、とことん不幸が巡りにめぐって予選落ち。
    10年前似たような状況とは当時のチーム1のエース松本昂大選手(元エスビー食品)が大ブレーキとなってしまいまた4年生が戦力にならない状況で予選落ちしています。
    悲劇は繰り返されてしまった。
    だが4年生がいないということは逆に言えば来年大きくパワーアップできるチャンスでもある。
    10年前にこのことが起きた時も来年大きくパワーアップしてシード権、その次の年は本戦で4区まで断トツの首位、となり2015年まで上位の常連と黄金時代を築いただけにまたこのようなチームに戻ってほしいです。
    まずは全日本で上位を。
    日本大学は残念でしたね。
    2年前の11位に沈んだ国士舘(10:12:14)を上回り過去最高タイムで予選落ち、
    高野選手、ここまで全くいいところがなかったが最後の最後で見事な走り。転倒して失速したのが惜しまれる。
    ワンブイ選手、監督とほかの選手の期待とここまでの大きな試合の未勝利にメンタルが押しつぶされたのか予定より1分も遅い結果。だが彼にすべて押し付けたチームも悪い。
    だが今年5区で快走した川口選手、10000mの持ちタイムが29分前半で高野選手同様此処まで失敗続きだった岡野選手が稼げなかった。
    この2人で2分は稼げただけに明治同様歯車がかみ合わなかった。
    明治とは対照的に4年生の依存度が非常に高いだけに来年は増枠でも苦しい戦いが予想される。去年の中央以上に危機感を強く持たないと当面出場できなくなるかも。
    上武大学は最大の正念場をしのぎましたね。
    ここ2年新入生で14分40秒切りが入っておらず前評判では厳しいといわれたが坂本選手・太田黒選手が59分台と予想以上に走れた。
    特に坂本選手はラスト3キロまで日本人トップだったのには驚いた。
    また今年7区、8区で失速しシード落ちして辛酸をなめた橋立・大森選手も60分切りと素晴らしい。
    あと6番手以下の選手が新戦力として出てきたのも大きい。
    井上選手はちょっと準備期間が不足でしたね。
    アジア大会の日本代表に選ばれてから2か月で20キロレース、残念な結果でしたが箱根では6区を走ってほしいです。
    今年の森田選手の快走や予選突破で少しでもいい選手が上武大学に入ることを祈りたい。
    最初の何キロかは外国人集団に唯一ついていた武蔵野学院で今年選抜で7区を走った藤井選手は66分オーバーの大ブレーキとなったのは残念。
    あとは3月の学生ハーフで快進撃を見せていた麗澤大学が15位に入ったのは驚いた。
    100位以内はわずかに1人だったが、4年生はわずかに2人だけなので来年増枠で狙えるか。
    創価大学は完全に作戦ミスですね。
    中盤まで上位3人以外は一団に固まって集団走していたがまさかこれが裏目に出るとは、監督の経験不足が出てしまったです。
    それどころか選抜も絶望的なのが悲しい。
    外人では桜美林大学のキサイヤ選手が歴代2位のタイムで優勝は意外。
    特別枠で走らせてあげたいですけどねぇ。
    2年生以下では、今年6区で66分台の大ブレーキだった国士舘の福田選手が復活してきたのはうれしい限り。
    ぜひリベンジを。
    それ以上にここまで名前を聞かなかった鼡田選手も60分台とスカウト大失敗した2年からまた出てくる選手がいるとは。
    今年の国士舘は10年前のように快進撃が期待できそう。
    1か月半後の本戦が楽しみです。

    • ryouya0616s より:

      橋立・大森選手は61分切りでした。すいません。

    • ハチベエ より:

      補足で言わせていただくと、第95回箱根駅伝には、インカレ枠で日大は出場がほぼ確定的、です

  14. trackandfield3000 より:

    拓殖大学のデレセ選手は捻挫でケガを抱えながらの走りだったみたいですね。
    それでも他の選手の走りが凄かったですね。
    デレセ選手の調子が戻ったら意外と拓殖大学は台風の目になりそうですね。
    箱根駅伝に向けてしっかり捻挫を治してほしいです。

  15. ryouya0616s より:

    ちょっと早いですが学生連合のオーダー予想
    往路
    1区 中島 (明治大学)
    2区 近藤 (東京大学)
    3区 相馬 (筑波大学)
    4区 長谷川(専修大学)
    5区 矢澤 (芝浦工業大学)
    復路
    6区 根岸 (慶應義塾大学)
    7区 金子 (東京農業大学)
    8区 溜池 (日本薬科大学)
    9区 田部 (桜美林大学)
    10区 宮田 (麗澤大学)
    予選の成績や過去のイメージでこの予想にしましたが、
    去年のように学連記録会で出走メンバーを決めるのか。
    それとも担当監督が日本大学なので11番手の日本大学の阿部選手がどこかと入れ替わるのか。

  16. おーちゃん より:

    創価の敗戦、悲しいです。
    ムイルが8月末に少し足を痛めて、安全走行。直前の玉利の故障で、棚橋との差し替えがありましたが、根本的には、集団走の弱気の指示ミスです。選手は余力を残していました。
    主力が2年生と4年生のチームで、来年は、4年生が卒業するので、少し厳しいですが、その分、3年生が伸びてきています。

    合わせて応援した中央、明治は、明暗が分かれました。
    中央は上位に行くと思っていましたが

  17. おーちゃん より:

    すみません。途切れてしまいました。
    中央の3位は素晴らしいです。一方の明治は、こんな悲劇があるかと思うぐらい悲劇的でした。力のある大学。来年は大飛躍を期待しています。また坂口選手は、日本人選手の宝。一日も早い復活を待っています。

    予選会の帰りに電車で桜美林の学生を見掛けて、思わず声をかけました。「キサイサ選手、凄かったね。」と。そうしたら「昨年は来日して、まだ間もなく、準備不足で臨みましたが、今年は入念に練習を積めましたので。」とのこと。
    昨年は個人2位。そして今年は歴代2位の57:27。そしてまだ2年生。恐るべしキサイサ選手。どこまで伸びるか、本当に楽しみです。

  18. むんむん より:

    中央復活おめでとうございます 本戦も頑張って欲しいです

    一つ疑問なんですが去年選抜7区の武蔵野学院大の藤井亮矢選手が364位にいますがなんか故障でもあったんですかね

    • ryouya0616s より:

      最初の何キロかは外人集団に日本人で唯一食らいついており、恐らくはオーバーペースと低体温症に陥ってしまったのではないかと推測されます。
      実際5キロごとのラップタイムを見てもラスト5キロは20分近くかかっており全選手中下から十何人かぐらいの数字なので。
      今年箱根で7区走って以降不調が続いていたので、無理をしすぎたか。