スポンサーリンク

箱根駅伝2023【國學院大學】戦力分析&区間オーダー予想も!

箱根駅伝2023(第99回)の16人エントリーが発表されました。

詳細まとめはこちら

2023年1月2日(月)3日(火)に箱根駅伝2023が行われます。 その16人エントリーが、 2022年12月10日(土)に行われました...

以降、

12月29日(水)に区間エントリー発表

1月2日(日)往路・3日(月)復路朝7時に、当日交代を含めて最終オーダー
1日最大4名、2日間で最大6名の変更が可能となっています。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の戦力分析と区間オーダーの予想を行っています。

出雲2位・全日本2位、箱根は優勝待ったなし!國學院大學

スポンサーリンク

本サイトで戦力分析に、独自のランキングを使用しています。

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手

4点:主要区間で区間上位でいける選手

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

はっきりとした分け方はなく、
・過去の駅伝実績
・1万mなどの持ちタイム
・ここ数か月の大会の成績
などから、主が総合的に独断で判断しています。

ご了承ください。

箱根駅伝2023【國學院大學】戦力分析&区間オーダー予想も!

 昨年度も、上位争いに顔を出していた。出雲駅伝4位・全日本大学駅伝4位。箱根駅伝は直前に不調者が多く出てしまい、総合8位だったものの、往路は4位でフィニッシュ。下級生の主力選手もいた中での順位だった。

 今年になって、やはり主力選手が、日本学生ハーフや関東IC、ホクレンで、春のトラックシーズンから活躍、この時点で、多くの新聞記者が國學院大をピックアップしていました。

 そして駅伝シーズン、駒大・青学大が注目される中、出雲・全日本駅伝ともに総合2位。強い選手が強いレースをした駒大には及ばなかったものの、優勝次点に食い込んで高い総合力を見せつけた。

 箱根駅伝こそ、優勝候補に挙がる駒大を倒して総合優勝するつもり。くしくも國學院大前田監督の恩師のチームを”エベレスト”と評して、そのうえで乗り越えたいとする。もう一度戦力を見直したい。

スポンサーリンク

11月以降の記録まとめ

10/1-2 日体大記録会
10000m5組
木村文哉②29分25秒29★
松下祐介③29分26秒30★
中川雄太②29分34秒08★
阿部優樹③29分47秒17
西山哲平③29分48秒56
青木洸生②30分05秒73★
宮本大生④30分19秒42
永谷連太郎④30分20秒30
森田隼也①30分21秒40★
佐藤快成②30分35秒34★
6組
坂本健悟④28分56秒71
川崎康生④29分24秒18
嘉数純平①29分36秒82

10/22 平成国際大記録会
10000m5組
木村文哉②29分17秒84★

11/20 上尾シティハーフ
鶴 元太②62分15秒
高山豪起①62分27秒
坂本健悟④62分38秒
木村文哉②63分04秒
川崎康生④63分06秒
瀬尾秀介③63分10秒
佐藤快成②63分12秒
阿久津佑介④63分16秒
松下祐介③63分25秒
西山哲平③63分32秒
永谷連太郎④63分37秒

12/4 第47回甲佐10マイル
8位中西大翔④46分09秒
12位山本歩夢②46分16秒
藤本 竜④46分33秒
青木瑠郁①46分34秒
上原琉翔①47分17秒

戦力分析

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
中西大翔④28分17秒84
≪22全3区6位、出4区1位、日本IC5千2位、箱4区4位、21:全3区11位、出4区2位、箱2区15位、20:全3区8位、箱4区3位、19:全4区4位、出2区3位≫
 國學院大主力選手を束ねる4年生。1年時に出雲2区を走り優勝メンバーに。以降、すべての大学駅伝を走り、しかもほとんど主要区間を走り続けている。一時故障があり、足踏みした時期もあるが、今年は好調。強い向かい風だった出雲駅伝4区区間賞と強いところを見せた。全日本3区でも順位を上げ、12月甲佐10マイルは46分09秒と実業団選手と競り合った。箱根では過去2度4区で好走している。

伊地知賢造③28分29秒95
≪22全8区2位、出6区2位、関東IChalf1位、箱2区12位、21:全8区1位、出5区2位、箱8区9位、20:全6区10位≫
 國學院大のエース格で、多くの駅伝で最長距離を担っているスタミナ豊富なランナー。前回の全日本8区区間賞で一気に全国区に。その勢いで箱根2区を走った。この時は区間12位だったが、今年になりさらに成長。関東ICハーフで優勝、出雲・全日本とも区間2位で準優勝のゴールテープを切った。

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
平林清澄②28分12秒16
≪22全7区4位、出3区6位、関東IC1万6位、箱9区2位、21:全7区3位、出6区5位≫
 國學院大のエース格の一人、前回ルーキー時ながら、出雲アンカーでデビューして区間5位で上位で競り合う。その後、全日本7区、箱根9区と1年生らしからぬ長距離区間で大活躍。箱根は10位でもらい5位までチームの順位を上げた。今年は、夏前に1万m28分12秒までタイムを短縮、駅伝も他校エースと真っ向勝負をした。

山本歩夢②28分41秒59
≪22全2区7位、出2区6位、関東IC5千9位、箱3区5位≫
 前回の箱根は、当時ルーキーながらいきなり3区に抜擢。前半から突っ込んだ走りで区間5位好走で、チームを流れに乗せる走りをした。その後の実業団ハーフで、60分43秒の高パフォーマンス。一気にチームの柱になった。今年は出雲から駅伝に登場。全日本2区で区間7位ながらチームの流れを変える走りをした。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
藤本 竜④28分53秒77
≪22全4区4位、出5区4位≫
 4年目になって覚醒した選手。3年目まで故障が多かったが、体のバランスの指導を受けるなど、地道な身体づくりが実を結んだ。夏前に1万m28分53秒を出すと、出雲・全日本ともに上位で襷を受け取って区間4位の走りで、流れをキープした。

青木瑠郁①5千13分48秒61
≪22全5区1位、出1区7位≫
 國學院大期待のルーキー。春にU-20日本選手権5千m13分59秒の自己ベストで2位、その後13分48秒まで伸ばしていた。出雲駅伝でいきなり1区に抜擢されると、全日本5区では単独で突っ走り区間賞獲得!売り出し中の選手。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
島崎慎愛④28分27秒98
≪22全1区18位、21全1区3位、出1区6位、箱6区4位、20箱6区8位≫
 5年目の選手。2年目3年目は箱根駅伝6区山下りで好走していたものの、4年目は出雲・全日本で1区を担当し好走。箱根も1区を担う予定だったものの、直前に故障し出走ならず。実業団内定していたものの、もう一度箱根を走りたく留年を決意。ただ、夏に調子を落として、何とか合わせた全日本1区は失敗レースに。

坂本健悟④28分54秒53
≪22全6区6位、関東IChalf10位、21全6区7位≫
 3年時になってから台頭し、全日本駅伝6区を2年連続担当。区間7位6位と堅実な走りを披露。関東ICハーフも10位と、ロードに一定の安定感がある。

鶴 元太②29分07秒53
≪22関東IChalf8位≫
 長い距離を中心に台頭してきた2年生。学生ハーフで63分26秒を出すと、関東ICハーフで8位入賞の大健闘を遂げる。駅伝はまだだが、上尾ハーフで62分15秒の好走を見せ、出走メンバーに大きく近づいた。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
嘉数純平①28分58秒44
 國學院大期待のルーキーの一人。夏前に早くも1万m28分58秒の好タイムを出して、一気に出走候補に名乗りを上げていた。10月頭の日体大記録会1万m29分36秒で走ったのを最後に、試合に出場していない。

高山豪起①29分39秒31
 春先の記録会で5千m14分16秒ベスト、夏前に1万m29分39秒のタイムを出して上り調子だった選手。上尾ハーフで62分27秒の高パフォーマンスを見せて、一気に出走候補に名乗りを上げた。

上原琉翔①5千13分56秒84
≪21高1区26位、IH5千17位≫
 沖縄県出身で初の5千m13分台をマークして、高校駅伝でも1区を出走している。嘉数選手と同期である。駅伝の出走はまだだが、出雲・全日本はエントリー。全日本は1区候補にも挙がっていた。12月の甲佐10マイルに主力選手と一緒に出て47分17秒の記録。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
瀬尾秀介③29分13秒24
 2年続けて箱根駅伝にエントリーしている選手。前回は9区当日変更だった。上尾ハーフで63分10秒の記録をマーク、16人のメンバーに今年も入ってきた。

木村文哉②29分17秒84
 今年10月に、1万m29分25秒、29分17秒と2度にわたって自己ベストを更新。上尾ハーフでも63分04秒の記録で、チームメイトに競り勝って、メンバー入り。確実に力が付いている。

川崎康生④29分18秒03
 前回の箱根駅伝にもエントリーしている4年生の選手。今季も10月に1万m29分24秒、11月上尾ハーフ63分06秒と安定した成績でメンバー入りを果たした。

佐藤快成②half63分12秒
 秋口まで、大学に入ってから目立った実績はなかったものの、上尾ハーフで63分12秒の好成績。秒差で16人のメンバーを掴んだか。
 

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:41
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
98回総合8位
97回総合9位
96回総合3位

 とても戦力充実していますよね。4本柱と言われているエース格の選手がいますが、中心なのは4年生中西大選手。1年時の出雲駅伝優勝の味を唯一知っている選手で、開催された全大学駅伝に出場している。今年怪我が癒えて特に好調になって、日本IC5千m2位の好走を見せると、出雲駅伝4区は向かい風の中、タフさを見せて区間賞。甲佐10マイルでの仕上げも万全だ。箱根は、過去2区と4区を走っていますが、好走は4区。最後はどこか。

 続いて、長距離ロード自慢の3年伊地知選手が好調。前回全日本8区サプライズ区間賞。箱根2区は前半のスピードで力負けして区間二けたに終わるも、そこからさらに成長。関東ICハーフ優勝すると、出雲全日本ともアンカーで他校エースとガッツリ勝負。今年なら箱根2区で上位で走れそうな状態だ。

 そして、話題に上がる2年生平林・山本選手。平林選手は、走るごとにどんどん成長。前回は、1年生があまり任されない復路エース区間9区を走り、区間2位快走!5人抜きでチームのシード権落ちを救った。今年もさらに走力を伸ばし、強豪校のエースとガチンコ勝負する場面も。着実に階段を上っている。

 前回往路3区抜擢で好走した山本選手も、ここまでまずまず。出雲・全日本2区では満足いく走りとはいかなかったものの、ハーフマラソン60分台の記録を持つほど長い距離に強い。箱根で本領発揮すると思われます。

 前田監督は、総合優勝のため往路勝負、この4人を往路に全投入していくと宣言しました。かつて浦野選手を起用した前田監督、調子を見ながら誰かが5区山登りに挑んでいく可能性もある。このあたり、オーダーは慎重に考えたい。

 前半戦は、この4人と次の選手に差があったのが課題だったが、それはほとんど埋まってきた。出雲・全日本の2位には新戦力の4年藤本1年青木選手が入っている。

 青木選手の勢いが凄まじく、夏前に5千m13分48秒を出すと、出雲では空いていた1区の穴を埋め、全日本5区は単独走で区間賞。これは往路もう一人を担いそうな勢いだ。藤本選手は4年目で素質開花した苦労人。夏前に1万m28分台を出すと、出雲・全日本は5区で区間4位。競り合いも単独走もこなして見せた。

 箱根は未登場も、2年連続全日本6区を任された坂本選手も、堅実な走りを披露。関東ICハーフ10位の実績もあり、箱根復路のどこかに登場するかもしれません。さらに関東ICハーフで上回る8位の2年鶴選手も絶好調。上尾ハーフで62分前半の高パフォーマンス。他にもハーフで好走がありますので、復路で戦力になりそうだ。

 また、青木選手以外にも、ルーキーの勢いが良くて、北山高コンビの上原・嘉数選手を、5区も6区も行けるくらい力があると評価。さらに、高山選手が上尾ハーフで62分台中盤をマーク、起用してみたいと思わせる選手が続々登場しているのだ。

 それに続く選手も、上尾ハーフで63分少しで走った瀬尾・川崎選手らの名前がずらり。今年は調子が上がっていないが5年目の島崎選手と言うジョーカーもあり。往路優勝することができれば、そのまま突っ走る可能性はありそうだ。

区間オーダー予想

まず、主力4人をどうやって配置していくかですね。往路優勝の可能性が一番ありそうなオーダーを考えていきます。

1区(21.3km)山本歩夢②28分41秒59
2区(23.1km)平林清澄②28分12秒16
3区(21.4km)青木瑠郁①5千13分48秒61
4区(20.9km)中西大翔④28分17秒84
5区(20.8km)伊地知賢造③28分29秒95

6区(20.8km)嘉数純平①28分58秒44
7区(21.3km)上原琉翔①5千13分56秒84
8区(21.4km)鶴 元太②29分07秒53
9区(23.1km)坂本健悟④28分54秒53
10区(23.0km)藤本 竜④28分53秒77

1区山本選手…楽しみな往路ですが、予想するときにちょっと迷ったのがこの区間。山本選手と、青木選手がこの区間を希望していますが、どちらも3区でも爆走しそうな気がして…、いい意味で迷いました。

 最終的には、大事な1区という事ということで2年山本選手かなぁ。ちなみに、山本選手の國學院大進学理由に、前任者藤木選手のこの区間での好走を見て憧れたのがあるそう。走力は申し分ない、持ち味のスピードを発揮してほしい。

2区平林選手…前回裏の9区を経験している平林選手。満を持してエース区間の2区を任されるのではないでしょうか。出雲・全日本もエース選手とガチンコ対決して、少し力負け。走りへの渇望は高まっているでしょう。高いスピード持久力で中間走が強み。権太坂以降で、他校の選手に勝って行けるレースになっていくと面白い。、

3区青木選手…1区希望の期待のルーキー、青木選手ですが3区予想。全日本5区のあの快走を見ると、箱根3区での爆走を思い描いてしまいますかね。甲佐10マイルの仕上がりもまずまず。最後の仕上げで、湘南大橋以降にも勢いが続くようになっていけば。

4区中西選手…甲佐10マイルの仕上げが良くて、2区になるのではと本気で思ったのですが、最終的に3度目の4区になると思いました。この区間は、結構差が付きやすい区間で、過去にも往路・総合優勝チームが一気に抜け出して突き放しています。この区間に相性がいいとみる中西選手が、その役目を担えると思いました。

5区伊地知選手…4本柱で、一番上れそうなのは伊地知選手かなぁ。フォームの力感、力強さは彼が一番ありますし、全日本8区・箱根2区も終盤の上りで粘っているように見えます。平地のタフ区間もこなせる選手が、山登りにくるわけですから…浦野選手らのタイムを遥かに短縮しても、おかしくないかもしれませんよ?往路優勝まで引き上げられるかどうか。

6区嘉数選手…まずは経験者の島崎選手が残っていますが、他にも候補がいて、複数準備を進めているそうで。試合の出場では10月頭に走って以降、全く試合に出ていない選手…1年生嘉数選手ですね。夏前に1万m28分台を出すなど期待のホープ。下り適性があるなら、いきなり58分半ば以内、出してもおかしくない

7区上原選手…この世代ドラ一と言われた上原選手が、この区間を走ると思っています。12月半ば、壮行会で前田監督が、”青木選手と同等の力がある”と評しています。仕上がっていれば、ポテンシャルはナンバーワンです。1年生が続きますが、広範に上級生を残したい。

8区鶴選手…長い距離で好走が続いている鶴選手を、8区に起用すると予想します。学生ハーフや関東ICハーフなど暖かい時期のハーフマラソンもまとめていて、気温の耐性もあると思っています。遊行寺坂も、押していく走りができれば面白い。

9区坂本選手…全日本大学駅伝で2年連続6区で堅実な走りを見せている坂本選手を、復路のエース区間9区で予想します。学生ハーフも62分58秒で走っていますし、全日本連戦となった上尾ハーフも62分中盤でまとめきっています。十分に68分台を狙っていける力を秘めていると思います。

10区藤本選手…最後に残しておきました。7区か9区の予想が多いだろう藤本選手を10区へ。出雲・全日本・甲佐10マイルとそれぞれ環境が異なる中、安定した走りを披露。他の復路が埋まれば適任と思います。これがラストランとなる藤本選手、有終の美を飾れるか。

まとめ

・初の総合優勝を目指して往路大勝負!
・中西伊地知平林山本選手どう並べてくるか
・安定の4年生に、活気ある1年生、10人以上揃った

 楽しみなチームになってきましたね。出雲・全日本駅伝で、2強の間に割って入った國學院大。総合優勝を目指して、往路にすべて主力を投入することを宣言。

 4年中西、3年伊地知、2年平林・山本選手と、ここまで大活躍しているエース格の選手をどの区間に配置してくるか。おそらく5区山登りも出てくると思います。1万m28分前半の走力がある選手ばかりですので、そのうえで上り適性あると、凄いタイム出てもおかしくない??

 課題だった選手層も、ほとんど埋まってきましたね。出雲・全日本では4年藤本1年青木選手が活躍しての総合2位。残り1つの往路は彼らどちらかが入るはず。

 他にも、堅実な走りが持ち味の坂本・鶴選手に、有力ルーキーまだまだいて上原・嘉数選手も力があります。16人のメンバー全員が、1㎞3分ペース以内で走っていく選手が揃ってきています。

 國學院大史上初の往路優勝・総合優勝なるか、非常に注目です。


コメント

  1. カズ より:

    監督が4本柱を往路に行くと言っている以上そこは変えてこないはずなので
    どうおいてくるか
    僕は個人的に1.3逆かなあと思う。理由は山本くんは追いかける展開で全て走っていて1区経験がないし得意展開を変えずに伸ばしてもらう方がいいと思いました。青木くんは出雲で経験してますので緊張もないと思い僕はそう思います。
    2区は予想通り平林かな2回目の伊地知も見たいけど長い距離は去年から安定と今年の使われ方みるとそうなるかな。7分前後の松山くらいのタイムは見込めるはず。伊地知も山走るなら浦野さんレベルの走りを期待してしまいます。ちょうど山デビューも3年で同じなのでそれよりタフなアンカーを走ってるからそれ以上伸びてきたら往路も取れるかと 4区は3度目のキャプテンかなあ本当は9区に残しておきたいですがここ走るとなると区間賞くらいできてほしいしタイムの短縮マストかなとあわよくば相澤三年時くらいで来たらいいと思ってます。
    下りは嘉数なのかなあ?山籠りしてると考えるべきか僕は7区に島崎置きたいと思ってます。留年してまだ、残った意味をここで使い果たしてほしいのと上原ここでもいいけど連続1年は少し怖いので8区上原にしました。ここで思いっきりやってほしい。9.10は逆の予想で去年もアンカーエントリーの坂本にして9区は叩き上げの藤本かなとどんな順位で来てもまとめてくれると思います。鶴は外れてしまいますが11人目として誰かに怪我が起きた時にそつなくまとめてくれるはず。
    平林の点数が6点かなと思ってました。

    • hakonankit より:

      >カズさん
      私も1区3区はどちらにするかは結構迷いました。確かに、箱根1区なら、一度出雲で1区にしても良かったのかもしれません。
      伊地知選手は、箱根2区でも十分67分前半はターゲットにできそうなのですが…上りのパワーは、浦野選手よりもずっと上なのではないかと密かに踏んでいますが…。
      復路は、おっしゃるように、残っている島崎選手や、長距離安心の鶴選手や、往路の流れを繋げられる選手が増えてきていますね。歴史を来られるか。

  2. なかじ より:

    國學院の往路は強力ですね。
    平林選手の快走に期待します。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      出雲3区・全日本7区と、各大学のスピードエース対決を得て、箱根往路でどんな走りを見せるか、楽しみですね。

  3. こうのすけ より:

    楽しみしかないですね。
    わくわくするレースを期待しています。
    往路勝負の大学が多いですが、
    その中でも先頭をとれる戦力だと思います。
    復路も我慢というより、他の大学と渡り合える戦力だと思います。
    駒大、青学より前で、レースを進めたいですね。
    怪我のないよう、当日を迎えてください。

    • hakonankit より:

      >こうのすけさん
      國學院大の主力選手には、何か一発やってくれそうなロマンを感じますよね。往路大勝負決まるかどうか。復路も、戦えそうなランナーを育ててきているので、楽しみです。