スポンサーリンク

【箱根駅伝2023直前ver】大学長距離ハーフマラソン上位10名平均ランキング

ハーフマラソンの平均タイムも行おうと思います。

2020年春前から、コロナ禍により、数々のロード大会が中止に追い込まれました。

箱根駅伝予選会だけは、行われていましたが、それだけでは、あまりにも予選出場校に、ハーフマラソン出走者が偏ってしまい、データとして意味をなさなさ過ぎて…

でしたが、今年は、
年初めにいくつか大会が中止になった以外は、

・日本学生ハーフ
・箱根駅伝予選会
・世田谷246ハーフ
・上尾ハーフ

その他、各主要大会概ね行われました。

これだけ開催されて、出場も多かったならいける!

ということで、
箱根駅伝2023直前verとして、ハーフマラソン上位10名の平均タイムです!

スポンサーリンク

【箱根駅伝2023直前ver】大学長距離ハーフマラソン上位10名平均ランキング

一応、今年学生ハーフの直後に行っています

日本学生ハーフ2022が、本格規模に近い形で行われました。 ここで久しぶりに ハーフマラソンの駅伝チーム別上位10名平均を算出してみよう...

ですが、出場に差がありすぎるので、比較とかはしていません。現時点でのランキングです。

また、箱根駅伝出場校は、赤字にしています。

1位駒澤大62分06秒3
2位國學院62分21秒5
3位順天堂62分24秒9
4位青学大62分35秒4
5位中央大62分57秒1
6位創価大63分00秒9
7位東洋大63分02秒4
8位明治大63分02秒9
9位法政大63分06秒7
10位山学大63分11秒4

11位帝京大63分12秒5
12位東海大63分18秒9
13位神奈川63分24秒3
14位城西大63分30秒1
15位拓殖大63分30秒3
16位早稲田63分32秒6
17位中央学63分34秒9
18位大東大63分40秒6
19位日体大63分48秒6
20位国士大63分49秒0

21位東国大63分54秒6
22位専修大63分55秒2
23位日本大64分13秒5
24位立教大64分18秒9
25位上武大64分21秒0
26位日薬大64分23秒1
27位東農大64分24秒2
28位筑波大64分30秒1
29位駿河台64分35秒0
30位亜細亜64分35秒8

31位麗澤大64分38秒5
32位芝工大64分58秒6
33位東経大64分59秒5
34位育英大65分17秒1
35位桜美林65分18秒1
36位関東学65分22秒8
37位慶應大65分29秒4
38位明学大65分35秒0
39位立正大65分52秒8
40位流経大66分07秒4

41位平国大66分15秒2
立命館66分38秒3※9人
42位武蔵学66分59秒4

 今年度大学駅伝2冠、そして3冠を狙う駒澤大が、ハーフマラソンのランキングでもトップを行くんですね。田澤選手ら主力選手ら全員が走っているわけではないのに62分06秒は高い、

 これに全日本大学駅伝で、最後まで2位から4位を争っていた國學院大、順天堂大、青山学院大が62分20秒~30秒台で続いていました。さらに中央大や、一時上位争いの創価大、実力校の東洋大…実はハーフマラソンのランキング通りでしたね?

 またデータ上では、箱根予選好走続く明治大8位、法政大が仕上がってきて9位、あまり上位候補に名前が挙がっていない中で、山学大が10位、帝京大は11番目につけていました。

 秒差、東洋大や東海大らも続いているので分かりませんが、箱根本戦に向けてはいいデータですね。その10位台には、箱根不出場で神大が一番上13番、上尾ハーフで記録ラッシュがあった拓大が15番に付けています。

 そのあと、20番目が63分50秒付近。箱根出場校19校が64分切り。最下位の立教大でも64分18秒ですから、3分03秒で走れる選手を10人以内に揃えるのがデフォルトですね。

 それにしても65分以内に平均をまとめているチームが33校に…。強豪校以外も、走力を上げてきていますね。また、関東地区以外では、ハーフに出場する大学が少ないですが、立命館が9人70分以内で走っていて、参考でランクに入れています。

スポンサーリンク

ハーフマラソン上位者詳細・1-10位チーム

1位駒澤大学62分06秒3
山野 力④60分40秒
篠原倖太朗②61分01秒
花尾恭輔③61分37秒
円 健介④61分51秒
赤星雄斗③62分00秒
安原太陽③62分25秒
青柿 響③62分44秒
唐澤拓海③62分45秒
赤津勇進③62分53秒
鈴木芽吹③63分07秒
白鳥③6313小野④6319
東山④6328吉本②6331
宮内④6413伊藤①6415

 全日本実業団での山野・篠原選手や、上尾ハーフの円選手のタイムが強烈!これに、大エース田澤選手に、期待の山川選手らは入っていないので、走ったらどんなランクになるのやら…。

2位國學院大學62分21秒5
山本歩夢②60分43秒
平林清澄②61分50秒
中西大翔④62分02秒
鶴 元太②62分15秒
伊地知賢造③62分22秒
高山豪起①62分27秒
坂本健悟④62分38秒
木村文哉②63分04秒
川崎康生④63分06秒
島崎慎愛④63分08秒
瀬尾③6310佐藤②6312
阿久津④6316松下③6325
西山③6332永谷④6337

 國學院大は、全日本実業団の山本選手や、学生ハーフの平林選手が印象的ですが、直近上尾の鶴選手ら若手も上げてきているのが印象的ですね。

3位順天堂大学62分26秒2
三浦龍司③61分41秒
野村優作④61分51秒
石井一希③62分09秒
伊豫田達弥④62分11秒
浅井皓貴②62分13秒
内田柾冶③62分34秒
西澤侑真④62分35秒
海老澤憲伸②62分43秒
四釜峻佑④63分06秒
出口静之心③63分08秒
油谷②6314藤原③6320
藤島②6342堀内④6400
岩島②6402堀越②6410

 順大は、一昨年の箱根予選での61分台~62分台でまとまって入った分がまだかなり残っていますが…、駅伝の成績を見ると、それ相応ですね。

4位青山学院大学62分35秒4
宮坂大器④62分26秒
中倉啓敦④62分26秒
関口雄大④62分26秒
西久保遼④62分30秒
田中悠登②62分33秒
横田俊吾④62分36秒
目片将大④62分36秒
鶴川正也②62分44秒
山内健登③62分45秒
中村唯翔④62分52秒
畦地④6302大澤④6315
若林②6318佐々木③6327
近藤④6342喜多村②6348

 青学大は、主力は1万m、レギュラー争いの選手がハーフマラソンに出ているので、この位置に留まっていますね。62分台半ばでまだ大学駅伝不出場の選手も結構いるのが、選手層の厚さを感じます。

5位中央大学62分57秒1
吉居大和③61分47秒
助川拓海④62分36秒
千守倫央④62分37秒
田井野悠介④62分39秒
山平怜生②62分48秒
阿部陽樹②62分54秒
中澤雄大④62分58秒
髙沼一颯②63分35秒
園木大斗③63分40秒
湯浅 仁③63分57秒
東海林②6358中野③6403
白川①6423矢萩②6423
大澤③6436伊東③6454

 吉居選手の箱根予選時の記録が残っていますね。中野選手や有力ルーキーあたりは、ハーフマラソンの出場をまだしていません。

6位創価大学63分02秒4
リーキー カミナ②62分31秒
小暮栄輝②62分42秒
野田祟央②62分47秒
緒方貴典④63分01秒
松田爽汰④63分01秒
本田晃士郎④63分05秒
吉田 凌②63分07秒
黒木陽向①63分15秒
山下 蓮①63分22秒
山森龍暁③63分33秒
横山④6357石井③6358
嶋津④6409有田③6437
志村③6439市原④6457

 創価大もムルワ・嶋津・葛西選手の、本当の実力者がタイムを持っていない中で、63分02秒の好タイム平均。このランク上位の小暮・野田・緒方選手らが10番目の争いです。

7位東洋大学63分02秒4
松山和希③60分43秒
梅崎 蓮②62分41秒
柏 優吾④62分55秒
佐藤真優③62分55秒
木本大地④63分03秒
前田義弘④63分15秒
村上太一③63分33秒
町 桟吾④63分46秒
奥山 輝③63分46秒
菅野大輝③63分47秒
清野④6348児玉④6352
石田②6400熊崎③6403
小林②6415荒生④6427

 東洋大は、実業団ハーフの松山選手に、3月の学生ハーフ分が多いですかね。選手層の厚さは魅力ですが、松山選手の走りが気になります。

8位明治大学63分02秒9
富田峻平④62分10秒
小澤大輝④62分22秒
児玉真輝③62分43秒
加藤大誠④62分47秒
櫛田佳希④62分59秒
曳田道斗②63分10秒
斎藤拓海③63分12秒
杉彩文海③63分16秒
山本 樹①63分53秒
杉本龍陽④63分57秒
下條④6409漆畑④6413
新谷②6415堀①6415
井坂①6420室田①6429

 明治大は箱根予選に連続出場していることもあり、タイムを持っている主力選手が多いですね。冨田・小澤・児玉選手らで流れを作りたい。

9位法政大学63分06秒7
松永 怜③62分03秒
内田隼太④62分12秒
宮岡幸大②62分28秒
稲毛祟斗③63分03秒
松本康汰④63分09秒
川上有生④63分26秒
小泉 樹②63分32秒
河田太一平④63分33秒
徳永裕樹④63分50秒
中園慎太郎④63分51秒
山本④6355矢原①6416
宗像③6417高須賀③6426
細迫③6439清水①6442

 法政大これだけ高いとは驚き。とはいえ、直近の上尾ハーフの松永・内田・宮岡選手らの走りはかなり印象的ですね。やっぱりダークホース候補です。

10位山梨学院大学63分11秒4
ボニフェス ムルア④61分17秒
橘田大河④62分47秒
木山達哉④63分00秒
北村惇生③63分07秒
岩谷 翼④63分11秒
篠原 楓④63分27秒
新本 駿③63分43秒
髙木翔瑛③63分45秒
村上大樹②63分46秒
髙田尚暉②63分51秒
砂川②6358横山③6400
伊東④6404徳田②6406
小野寺④6439石部④6443

 ムルア選手の上尾ハーフの好記録と、3年連続箱根予選好走している分があるのしょうか。山学大が10番目につけています。箱根本番でどこまで食い下がれるか。

ハーフマラソン上位者詳細・11-20位チーム

11位帝京大学63分12秒2
西脇翔太③62分25秒
北野開平④62分40秒
小野隆一朗③62分56秒
山田一輝④63分09秒
吉岡尚紀④63分14秒
尾崎仁哉①63分23秒
福田 翔②63分29秒
新井大貴④63分30秒
島田晃希①63分34秒
岩本拓真②63分42秒
元永④6412針谷③6412
大花④6413比嘉④6432
中野④6455藤本①6456

 トラックでは20番付近だった帝京大ですが、ハーフだと11番目になってくるところ、帝京大の箱根への執念を感じます。上尾ハーフから突き抜けてくる選手が誰になるでしょうか。

12位東海大学63分18秒9
松崎咲人④62分11秒
竹村拓真④62分42秒
吉田 響②63分18秒
杉本将太④63分18秒
金澤有真④63分23秒
竹割 真①63分34秒
越 陽汰②63分38秒
折口雄紀③63分38秒
佐藤俊輔④63分39秒
石原翔太郎③63分48秒
入田③6405鈴木①6405
野島②6412宇留田④6417
中井①6417梶谷②6429

 松崎選手ら、上尾ハーフの分が多い中、箱根予選吉田選手の好走が光りますね。往路が何とかなれば、選手層は本当に厚いのですよね。

13位神奈川大学63分24秒3
高橋銀河③62分48秒
宇津野篤③62分51秒
佐々木亮輔③63分03秒
有村祐亮④63分04秒
巻田理空③63分23秒
鈴木玲央④63分24秒
古市佑太④63分30秒
山崎諒介④63分49秒
小林篤貴③64分04秒
桑山稔隆④64分07秒
長谷川②6428小林③6436
谷本③6451小原②6456
宮本①6505中西②6508

 神奈川大も箱根予選の好走などもあって、ハーフの平均自体は高いのですよね。今の3年生選手が、最上級生になる来年…ですね。

14位城西大学63分30秒1
V.キムタイ①62分21秒
藤井正斗④63分02秒
斎藤将也①63分18秒
林 晃燿②63分22秒
山本唯翔③63分28秒
山本 樹③63分34秒
野村颯斗③63分51秒
平林 樹②63分54秒
小島 拓④64分05秒
鈴木健真①64分06秒
山中③6423古川④6433
藁谷④6433浅井①6435
佐藤④6450堀越③6452

 城西大は、多くは今回と前々回の3位で通過した箱根予選になりますね。それでも14位とある程度の位置につけています。

15位拓殖大学63分30秒3
ラジニ レメティキ④60分13秒
藤原稜太②63分21秒
吉村 陸④63分33秒
山田拓人④63分34秒
強矢愛斗②63分39秒
原田大希④63分47秒
小笠原壮良①63分51秒
富永匠海②64分04秒
佐々木虎太郎④64分21秒
二瓶知哉①64分40秒
江口④6444富永悠②6452
奥村③6502小林②6505
木村①6518関根④6520

 レメティキ選手の60分13秒はやはり凄いですね。箱根予選は苦戦が続いているのですが、上尾ハーフの藤原・強矢選手ら次を担う選手が大勢好走して、かなりあげています。

16位早稲田大学63分32秒6
井川龍人④62分39秒
伊福陽太②62分50秒
佐藤航希③63分05秒
鈴木創士④63分07秒
山口智規①63分09秒
伊藤大志②63分37秒
辻 文哉③63分56秒
石塚陽士②64分02秒
栁本匡哉③64分30秒
菅野雄太②64分31秒
宮岡①6435安田④6436
菖蒲③6447諸冨③6458
北村③6503和田②6514

 早大は、今年の学生ハーフと、やや気象条件が悪かった箱根予選の分のみなので、この位置になってきますかね。石塚選手らが万全ならどこまでいくか。

17位中央学院大学63分34秒9
吉田礼志②62分21秒
小島慎也④63分03秒
中島稜貴④63分23秒
黒岩勇禅①63分32秒
吉本光希④63分38秒
伊藤秀虎③63分40秒
川田啓仁④63分53秒
近田陽路①64分05秒
前田篤志④64分07秒
工藤巧夢②64分07秒
武川④6408芳賀②6414
飯塚③6428根本②6436
谷口④6437鞍野④6438
荻沼④6438

 中央学大は、主力選手が一部出場できなかった形もあったので、本来なら箱根本戦いける実力があるのですが…。吉田選手らを、来年見たいですね。

18位大東文化大学63分40秒6
ピーター ムワンギ②62分02秒
大野陽人④63分12秒
久保田徹③63分15秒
菊地駿介③63分27秒
入濱輝大①63分53秒
谷口辰煕④63分56秒
蟹江翔太④64分04秒
金田龍心④64分08秒
西代雄豪②64分22秒
木山 凌④64分27秒
塩田④6429井田④6445
大谷②6454西川②6520
伊東③6524倉田④6559

 箱根予選見事トップ通過の大東大ですが、過去2年が予選落ちだったので、意外にこの位置に留まりましたね。とはいえ、トラックでいいタイム出ているので、箱根ももっといけるはず。

19位日本体育大学63分48秒6
藤本珠輝④62分13秒
盛本聖也④63分21秒
名村樹哉④63分41秒
村越凌太④63分43秒
廣澤優斗④63分43秒
奥山恵親④63分59秒
山崎 丞①64分05秒
分須尊紀②64分22秒
九嶋大雅④64分23秒
大森椋太③64分26秒
田島①6433漆畑③6435
平島①6435田中③6439
安達④6440山下②6442

 箱根予選で安定しているイメージのある日体大ですが、19番目は決して高くないか。藤本選手ら4年生が上位を占めているがちょいと次が不安?

20位国士舘大学63分49秒0
ピーター カマウ②61分14秒
山本龍神③63分07秒
中西真大③63分25秒
清水悠雅④63分30秒
綱島辰弥④63分46秒
福井大夢④63分49秒
川勝悠雅①64分44秒
西田大智②64分51秒
山本雷我③64分51秒
望月 武④64分53秒
鈴木②6454渡辺②6532
中島②6540田中④6601
生田目②6617所④6718

 2年連続ギリギリの10番目の枠を、勝ち取って本戦出場している国士大、ハーフも20番目でした。若い選手も出てきているので、今後上がっていくか。

ハーフマラソン上位者詳細・21-30位チーム

21位東京国際大学63分54秒6
Y.ビンセント④61分18秒
木村海斗②63分18秒
白井勇佑②63分48秒
前田寛明①64分08秒
岡 剛史②64分16秒
山岸柊斗②64分16秒
加藤優斗③64分26秒
大村良紀①64分26秒
冨永昌輝②64分33秒
丹所 健④64分37秒
川畑③6502川内①6534
堀畑④6542坪田④6542
倉掛②6553牛②6601

 東国大は、山谷・丹所選手に、宗像選手らもタイムを持っていないこともあり、21番目。前回箱根5位のメンバーの多くが残っています。このデータは覆せるはずです。

22位専修大学63分55秒2
木村暁仁③62分32秒
高瀬 桂④62分49秒
ダンカン キサイサ②63分04秒
国増治貴④63分25秒
成島航己④63分38秒
水谷勇登③64分26秒
野下稜平③64分34秒
吉岡拓哉④64分46秒
千代島宗汰②64分55秒
山村啓仁③65分03秒
冨永④6527山城③6535
粟江③6541小島④6600
藤野③6601中山③6603

 3年連続箱根予選通過を決めている専修大、僅差ながら22番目。とはいえ、木村・ダンカン・髙瀨選手ら稼げれば駅伝の流れは違うはずだ。

23位日本大学64分13秒5
チャールズドゥング④62分12秒
樋口翔太④63分19秒
若山 岳④63分52秒
西村翔太③64分03秒
原田愛星③64分16秒
松岡竜矢④64分26秒
濱田祐知④64分37秒
安藤風羽②64分57秒
中澤星音①64分58秒
土井拓実③65分35秒
下尾③6538大仲①6542
冨田①6615小路①6626
小野④6635早見②6649

 日大は、過去2年が大苦戦していたことを考えると、23番目はまずまずの位置にいるのかな?うまく足がかりにできるといいですけど。

24位立教大学64分18秒9
中山凛斗③63分13秒
國安広人①63分13秒
安藤圭佑②63分59秒
林虎太朗②64分04秒
関口絢太③64分10秒
服部凱杏③64分40秒
永井 駿①64分41秒
岸本健太郎③64分48秒
加藤 駆③65分08秒
内田賢利③65分13秒
山本②6514吉屋①6522
忠内③6546白瀬③6619
ミラー千本④6637金城④6711

 見事に55年ぶりの箱根駅伝出場を決めた立教大が、箱根本戦出場校では一番低いですね。とはいえ、気象条件の良くなかった今回の箱根予選がほとんど。このデータは関係ないと見たい。

25位上武大学64分21秒0
K.パトリック①61分06秒
村上航太④62分01秒
青山 澪③64分15秒
上本青空④64分44秒
京谷晃生③64分44秒
岩田楽也②64分55秒
海村 蓮②65分06秒
石田竜也④65分17秒
諏訪大樹③65分35秒
鉄川 歩④65分47秒
櫻内③6553堀籠②6554
関本①6557千原③6609
飯吉③6626八島③6652

 上武大は、今年は苦戦しましたが、パトリック選手の走りと、過去3年ボーダーに絡んではいましたので25番目。またあげていきたい。

26位日本薬科大学64分23秒1
ノア キプリモ④60分23秒
中山雄太④62分20秒
中野魁人④64分09秒
白石大以夢④64分18秒
波多江陸人②64分29秒
福永一聖③65分00秒
矢板慈生②65分32秒
谷口 蓮④65分43秒
青木 森③65分57秒
榎本正樹②66分00秒
江原①6641設永③6645
今村①6646石倉①6735
渡部①6737大塚③6747

 箱根予選や各大会で好走が続いている日本薬科大。やはり64分23秒の26番目、中々の位置につけちていました。キプリモ・中山選手以外がいいですね。

27位東京農業大学63分24秒2
高槻芳照③62分19秒
並木寧音③62分48秒
北田大起④64分08秒
大塚稜介④64分29秒
髙島侑翔②64分43秒
長谷部慎③64分53秒
田岡航一②65分02秒
奥田祥弥③65分06秒
圓谷吏生①65分16秒
松本虎太郎③65分18秒
野嶋④6519田中③6533
吉村③6559原田①6606
髙山②6653菅原①6655

 東京農大も、高槻・並木選手だけでなくなってきましたね。63分台走力を持つ選手を、来年にどれだけ出せるか。

28位筑波大学64分30秒1
岩佐一楽④62分57秒
福谷颯太④62分58秒
小林竜也④63分42秒
皆川和範③63分45秒
平山大雅③64分26秒
塚田萌成③64分45秒
國井辰磨④64分46秒
五十嵐優汰④65分08秒
松村匡悟④66分16秒
長井流星③66分18秒
長谷川③6628吉田②6632
藤原③6646永山④6706
小山①6835長谷川②6851

 筑波大も福谷選手ら上位選手はやはりかなりタイムを持っていますね。どうしても課題になりますが、選手層ですね。

29位駿河台大学64分35秒0
町田康誠④62分58秒
清野太成④63分18秒
小泉 謙④63分43秒
M.ゴッドフリー①64分04秒
新山舜心③64分05秒
永井竜二④64分24秒
賀来葵伊②65分18秒
出仙龍之介④65分39秒
古澤拓樹④66分07秒
小江幸人①66分14秒
藤井①6615金③6724
山内③6726大道③6726
松本④6731加藤②6829

 駿河台大、僅かな差ですが、今年はやはり厳しいものがあった感じですかね。ゴッドフリー・新山選手らの成長がまずはカギ。

30位亜細亜大学64分35秒8
佐藤 颯④63分23秒
門田雄誠③63分41秒
杉浦 樹③64分22秒
藤田寛大④64分40秒
吉岡竜希④64分50秒
外間郁也③64分51秒
片川祐太②64分53秒
水崎 隼①64分54秒
坂口 歩③65分04秒
古川大翔④65分20秒
中西③6529吉岡祥④6550
荒井①6622中原②6634
中原②6634大迫④6652

 苦戦が続く亜細亜大ですが、上尾ハーフで佐藤選手が63分23秒と奮闘。一人30秒くらいの位置にはつけました。

ハーフマラソン上位者詳細・31位-

31位麗澤大学64分38秒5
鈴木康也②62分48秒
D.ネイヤイ①63分15秒
工藤大知②63分39秒
宇都木秀太④64分43秒
松元 響④64分55秒
大澤巧使③65分00秒
今野元揮③65分10秒
廣瀬啓伍②65分20秒
今野 純③65分28秒
山口裕司④66分07秒
工藤④6609松本④6620
本藏④6619大澤③6619
水上①6720鴨志田③6756

 箱根予選で14位健闘した麗澤大はこの位置。少しずつ選手層を厚くできるか。

32位芝浦工業大学64分58秒6
松川雅虎④63分04秒
橋本章央③63分37秒
内山寿頼①64分03秒
大谷健斗③64分45秒
神尾祐樹④65分07秒
横尾 皓①65分26秒
室井慶太②65分31秒
渡邊悠太②66分01秒
内田 翔③66分06秒
斯波岳士④66分06秒
秋山②6606三浦③6632
長谷川②6640大野②6656
立崎④6658海老原③6719

 芝工大は、箱根予選最初の5㎞で突っ込んでいましたね。ここから、ジャンプアップあるのか。

33位東京経済大学64分59秒5
大川歩希④63分09秒
小山優輝②64分17秒
下田大翔②64分27秒
村田悠樹③64分34秒
石川晃大③64分42秒
竹尾奏哉③65分08秒
益子翔太郎④65分42秒
小池 彪④65分45秒
本田大和②65分57秒
下別府輝④66分14秒
中山④6618島津④6628
松浦③6636村松①6723
下津②6730後藤②6757

 東経大も大川選手だけじゃなく、64分台・65分台は増えてきました。

34位育英大学65分17秒1
新田 颯④63分17秒
諸星颯大④63分23秒
元村航大④64分41秒
水谷耀介③65分05秒
染谷雄輝①65分29秒
嶌津康平③65分31秒
河合紀舟③65分56秒
谷地中雄大④66分10秒
白﨑真拓④66分21秒
奥田歩凪④66分58秒
田所③6727藤川③6733
上野③6734宮田④6754
滝④6833岡本②6842

 新田・諸星選手といった学生連合の選手、やはりハーフマラソンでは抜けていますね。

35位桜美林大学65分18秒1
N.ンビディ①62分03秒
白川大地④64分05秒
稲葉勇介②64分44秒
模 幸正④65分05秒
城戸口俊希③65分12秒
澁谷麻人④66分11秒
盛重完英④66分16秒
内山祐希③66分23秒
田中大稀②66分23秒
武下孝輔③66分39秒
須田④6640都③6709
田部②6716鈴木③6726
長尾④6730志村①6802

 非情に強い留学生ネルソン選手がいる間に、もう一度箱根を狙う態勢にしたい。

36位関東学院大学65分22秒8
鈴木健太④63分43秒
内野李彗③64分04秒
小林駿介③64分57秒
上原大和④65分12秒
北島辰也④65分31秒
森屋源太④65分45秒
野中拓海④65分45秒
平川豪流③65分54秒
金 泳勲③66分27秒
山本航己③66分30秒

 関学大は、エースの内野選手以外は、結構卒業しますね。チーム育成急務ですね。

37位慶應義塾大学65分29秒4
田島公太郎②63分25秒
前原裕磨④63分49秒
森田剛史④64分04秒
貝川裕亮④64分31秒
木村有希②64分43秒
朝倉万響④65分06秒
安田陸人①66分56秒
黒澤瑛紀③67分17秒
鳥塚健太②67分31秒
田口翔太②67分32秒

 慶大は田島選手ら今の2年生がいる間、もう一度勝負できるはず。

38位明治学院大学65分35秒0
飯塚 歩③64分15秒
榎本晃大②64分40秒
千葉廉也④64分56秒
桜井悠人③65分12秒
柗野優輝④65分20秒
安田隼人④65分21秒
箱田優馬②65分51秒
村木謙太③66分25秒
竹原俊太郎③66分40秒
水口翔太②67分10秒
丹野①6710佐々木③6724

 明学大は、今年の箱根予選で各ランナー粘っていましたね。この流れを継続したい。

39位立正大学65分52秒8
木實優斗②63分31秒
熊澤優良④65分15秒
平松幸記④65分15秒
山本 樹②65分39秒
西川優斗②65分55秒
中元諄哉③66分04秒
西堀伶於③66分41秒
河南颯汰④66分42秒
遠山和希③66分51秒
牛崎竜空②66分55秒
日向野③6706大塚③6707
白石①6800三田③6822
キアリエ①6832宮岡②6854

 立正大は、木實選手の関東ICハーフの走りが、非常にインパクトありました。次の箱根予選でどこまで総合順位を上げられるか。

40位流通経済大学66分07秒4
長谷川瑠②63分32秒
森川蒼太②64分55秒
鎌形駿也③65分53秒
嶋田翔太④66分08秒
芳口悠太③66分22秒
池澤将汰④66分27秒
梅谷康太④66分41秒
中川裕斗④66分46秒
森いつき③67分01秒
杉本 翔③67分29秒
西谷④6746森田②6752
永野③6757尾関④6813
小島②6816鎌田③6830

 長谷川選手が箱根内定している流経大。大変な時期がありましたが、ここから体制を整えたい。

41位平成国際大学66分15秒2
ステファン カマウ④63分22秒
佐藤 碧②64分30秒
穴澤友崇④65分44秒
小笠原大智③65分49秒
新井今生人③66分17秒
畠山莉央④66分35秒
西中慈音①67分01秒
峰村 織③67分17秒
黒羽俊輔①67分27秒
伊藤陸歩①68分30秒

 平国大もここ2年はかなり苦戦していました。今の1年生が成長していければ…。

立命館大学66分38秒3※9人
山田真生④65分07秒
中田千太郎②65分33秒
安東竜平④65分37秒
山﨑皓太②66分01秒
大森駿人②67分18秒
森田健太郎④66分38秒
松山旭良④67分26秒
北辻巴樹③67分32秒
松嶋 陸④69分33秒

 関東地区以外では、一番ハーフマラソンを走っているのが立命館大。今の2年生の今後にまず期待かな?

42位武蔵野学院大学66分59秒4
チャールズ カマウ③60分58秒
辻野大輝④64分01秒
尾形拓海③66分32秒
福本陽樹②67分24秒
銘苅春史②66分47秒
加賀屋耀②68分02秒
瀬底正樹②68分18秒
宮崎 翔④68分49秒
阿部泰樹①69分21秒
青木涼哉③69分42秒

 2年連続箱根予選トップのカマウ選手は凄まじいですね。日本人ランナーの体制が整うかどうか。