スポンサーリンク

【結果】第17回世田谷246ハーフマラソン+α(2022/11/13)

2022年11月13日に、
第17回世田谷246ハーフマラソン大会が行われます。

一部の実業団ランナー、そして箱根駅伝出場校を中心とするランナーが出場します。

アップダウンもあり、風が吹くこともあり、青山学院大や駒澤大など、多くの有力校がハーフマラソンの感覚をチェックしています。

ここで新戦力が出てくるチームもありますね。

上位や速報、

そして、大学駅伝チーム別まとめとなります。

スポンサーリンク

【結果】第17回世田谷246ハーフマラソン

世田谷246ハーフマラソン【公式サイト】

スポンサーリンク

レース速報

陸連登録者男子結果
1位ピーター カマウ②(国士舘大)62分43秒
2位田中悠登②(青山学院大)63分04秒
3位吉本真啓②(駒澤大)63分31秒

4位イエゴ エバンス(サンベルクス)63分40秒
5位横山魁哉④(創価大)63分57秒
6位小林亮太②(東洋大)64分05秒
7位中園慎太郎④(法政大)64分12秒
8位漆畑瑠人④(明治大)64分13秒

9位塩出翔太①(青山学院大)64分14秒
10位堀 颯介①(明治大)64分15秒
11位伊藤蒼唯①(駒澤大)64分15秒
12位関口雄大④(青山学院大)64分19秒
13位分須尊紀②(日本体育大)64分23秒
14位白川陽大①(中央大)64分23秒
15位宗像直輝③(法政大)64分27秒
16位東海林宏一②(中央大)64分28秒

大学駅伝チーム別成績

青山学院大学
田中悠登②63分04秒
塩出翔太①64分14秒
関口雄大④64分19秒
畦地貴斗④64分33秒
西久保遼④64分47秒
池田知史③65分10秒
大澤佑介④65分27秒
神田大地①65分34秒
山内健登③66分09秒
宇田川瞬矢①66分14秒
倉本玄太③66分42秒
佐藤有一①67分04秒
志貴勇斗③72分19秒

 毎年恒例の青学大の世田谷ハーフ。2年田中選手が2位に食い込んできましたね。前回は優勝、今回は日本人トップの好成績。長い距離は高いレベルで安定しているというのは、示すことができたのではないでしょうか。

 続いて、1年生塩出選手が64分少しと台頭。最後の箱根を狙う関口・畦地・西久保選手らは、ひとまず64分台でまとめたという形かな?次のMARCH対抗戦で、どこまで調子を上げていけるか。

駒澤大学
吉本真啓②63分31秒
伊藤蒼唯①64分15秒
山下 結①64分50秒
北  厚④65分32秒
中島隆太④66分47秒
金谷紘大②66分57秒
亘理 魁②67分38秒
田丸 颯②67分53秒

 駒澤大は、全日本駅伝出走候補に名前が挙がっていた駒大吉本選手が63分31秒と全体の3位の走り!やはり力がついていました。また、全日本エントリーしていた1年生伊藤選手や、山下選手も64分台。新しい戦力が出てきていますね。

東洋大学
6位小林亮太②64分05秒
網本佳悟①65分58秒
菅野大輝③68分28秒
増田涼太②68分57秒
岸本遼太郎①69分25秒

 東洋大は、2年小林選手が64分05秒とまずまずの記録。箱根16人の候補にあがってくるか。

東京国際大学
岡 剛史②66分10秒

中央大学
白川陽大①64分23秒
東海林宏一②64分28秒
山口大輔②65分09秒
佐藤宏亮①65分14秒
佐野拓実②66分03秒
伊東大翔③66分20秒
吉中祐太①66分57秒
西 優斗①67分07秒
伊東夢翔①67分22秒
吉居駿恭①67分50秒
小木曽竜盛④67分54秒
永島陽介①68分37秒
折居幸成①70分14秒

 中央大も箱根駅伝メンバー入り争いと思われる選手が出場。1年白川選手が64分23秒まずまず、全日本駅伝6区にエントリーされた東海林選手も64分28秒と続きました。山口・佐藤選手あたりまでまずまずかな?

創価大学
横山魁哉④63分57秒
志村健太③64分39秒
緒方貴典④64分39秒
野田祟央②65分27秒
吉田悠良③66分32秒
石井大揮③67分12秒
市原利希也④67分18秒
片岡 渉④68分00秒

 全日本1区好走の横山選手が、連闘で出場。しっかり63分台で走り切っています。箱根駅伝出走の目途が立ってきているかな?志村・緒方選手は変わらず安定感高い成績。16人には入ってくるかな?

法政大学
中園慎太郎④64分12秒
宗像直輝③64分27秒
清水郁杜①64分42秒
高須賀大勢③64分53秒
山本恭澄④64分58秒
安澤駿空②65分11秒
高橋彰太①65分14秒
緒方春斗③70分33秒

 レギュラーを争っていると思われる中園・宗像選手が64分前半とまずまず。法大のレギュラー争いも上位校と変わらないかな?さらに1年生清水選手も距離対応、昨年の箱根予選出走の高須賀選手も65分以内、最後の箱根を狙う山本選手も頑張りましたね。

明治大学
8位漆畑瑠人④64分13秒
10位堀 颯介①64分15秒
下條乃將④64分46秒
杉彩文海③64分57秒
新井晴文②65分38秒
室田安寿①65分50秒
三上晋弥④66分05秒
甲斐涼介②66分15秒
城戸洸輝③67分11秒
鈴木祐太②67分18秒
橋本基紀③67分31秒
新谷紘ノ介②69分20秒
黒髪悠太郎④72分52秒

 全日本駅伝を走っていない主力の一角から、漆畑選手が64分13秒好走。アップダウンもあるコースなので、いい結果ですね。1年生堀選手も見事な走り。山下りのうわさもありますが、さてどうか。続く、下條・杉選手も安定しているなと思います。

日本体育大学
分須尊紀②64分23秒
田中槙梧③64分41秒
奥山恵親④64分51秒
高濵大志③65分31秒
溝上賢伸②65分41秒
山下大毅②65分54秒
富永椋太②66分05秒
九嶋大雅④66分11秒
浦上和樹①66分12秒
石川龍芽②66分31秒
松永悠吾④67分19秒
鈴木克彦④67分55秒
北脇秀人④67分55秒
谷口貴亮④69分03秒
三好紘生③70分05秒
内山俊一③71分28秒

 日体大も多く出場。分須選手が復調の64分23秒。箱根予選からだいぶあげてきたみたいでほっとする結果。田中・奥山選手ら上級生も好走しています。

東海大学
水野龍志②65分02秒
丸山真孝③65分22秒
神薗竜馬③66分07秒
溝口 仁③67分30秒
喜早駿介③70分55秒
入田優希③72分14秒

 東海大も箱根を狙う選手が出場していますね。水野・丸山選手が65分少しで粘っています。

国士舘大学
ピーター カマウ②62分43秒
生田目惇②66分17秒
横田星那①66分50秒
佐藤悠貴也③67分38秒
富岡晃世①67分46秒
松井遼太②68分08秒
野中創太③68分49秒
大森由翔①69分06秒
田中佑樹④69分10秒
齋藤正剛②70分33秒
安田快聖③71分22秒

 国士大カマウ選手が全体のトップで優勝!カマウ選手が徐々に日本のレースにも対応できるようになってきていますね。安心して2区を任せられればと思います。

神奈川大学
酒井健成①67分24秒
赤池 祥①68分17秒
西坂昂也①68分56秒
菅野涼介①69分39秒

日本大学
安藤風羽②67分41秒
土井拓実③67分52秒
三山翔太④68分10秒
濱田祐知④68分36秒
大仲竜平①69分52秒
中澤星音①70分39秒
山口月暉①77分22秒
西村翔太③77分22秒
下尾悠真③77分22秒

 日大が4年生も含めて出場。全日本大学駅伝からの連戦の選手が多いので、ペース的にはジョギングに。

立正大学
日向野駿③68分39秒
遠山和希③69分08秒
西堀伶於③70分38秒
小保方浩貴②71分14秒
渡辺大仁②72分44秒

 立正大も徐々に存在感でてきていますね。

【結果】宮古サーモンハーフマラソン

青山学院大学

1位太田蒼生②63分05秒【2連覇】
2位小原 響③63分19秒
3位鈴木竜太朗③63分41秒

4位中倉啓敦④63分56秒
5位白石光星②64分02秒
6位佐々木塁③64分20秒
7位松並昴勢③65分06秒
喜多村慧②66分18秒
荒巻朋熙①66分20秒
多田奏太③67分07秒

 青学大は、前回箱根3区で素晴らしい走りを見せた太田選手が連覇。今回は復調途上ですが、ここからどれだけ仕上がるか。2位に3障のイメージが強い小原選手が入ってきたのもポイント。徐々に対応しています。

 それから箱根10区記録保持者の中倉選手も故障明けだったそうですかね。仕上がれば本当に強いので間に合うかどうか。全日本2区出走の白石選手も、連闘でまずまず走ったかな?

日本体育大学

8位住原聡太②65分47秒