スポンサーリンク

出雲駅伝2022【中央大学】戦力分析&区間エントリー予想

いよいよ、三大駅伝の開幕戦!出雲駅伝が近づいてきましたね。エントリーも発表されています。コロナ禍も徐々に緩和され、手拍子応援での有観客となりました。

駅伝ファンとして、優勝候補や上位校の有力チームの区間エントリー予想をしていきますので、お付き合いください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中央大学陸上競技部長距離ブロック(@chuo_ekiden)がシェアした投稿

10年ぶり参戦も、豊富なスピードランナーで一気に上位戦線か中央大学です。

スポンサーリンク

出雲駅伝2022【中央大学】について

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2021前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られ、当日補欠2名と変更もあります。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、高:高校駅伝、予:箱根予選、全予:全日本予選、IC:インカレ

千守倫央④13分49秒41/28分15秒40≪22:日本IC1500m2位、関東IC1500m8位、21:箱1区17位、20:箱1区16位、19:予224位≫
若林陽大④13分59秒08/28分42秒02≪22:関東IC1万m14位、箱6区5位、21:全予2組4位、箱6区5位、20:箱6区10位≫

吉居大和③13分25秒87/28分03秒90≪22:箱1区1位、21:全1区2位、箱予13位、箱3区15位、20:日本5千3位、予10位、日本IC5千1位≫
中野翔太③13分39秒94/28分00秒86≪22:関東IC5千3位、箱4区5位、21:全3区9位、箱予82位、全予3組11位≫
湯浅 仁③14分07秒76/28分47秒81≪22:関東IC1万m9位、箱9区3位、21:予74位、20:予179位≫

山平怜生②13分51秒20/29分21秒22≪22:関東IChalf3位≫
阿部陽樹②13分55秒57/28分37秒35≪22:関東IC1万m8位、箱5区6位、21:全2区12位、箱予32位、全予2組2位≫
東海林宏一②14分01秒97/29分24秒19≪21:予76位≫

吉居駿恭①13分40秒26/28分11秒96≪21:高1区3位≫
溜池一太①13分46秒16/29分21秒62≪22:関東IC5千19位、21:高1区5位≫

 白地に赤のCのユニフォームが、ついに出雲路に帰ってきました。まさか10年もかかるとは…ですが、10年かけてスピードに鋭さを増したチームになって帰ってきたと言えそうです。

 チーム一、いや学生長距離界を代表するスピードランナーに成長した吉居大選手が、箱根駅伝の実績を含め一番名前が上がりますかね。吉居大選手自身は故障明けだったみたいですが、この他にも数多く有力選手がいます。

 今年の箱根2区候補筆頭となっているのが、同じ3年の中野選手。関東IC5千3位の活躍や、1万m28分00秒の好記録を樹立。ロードでも実績がありますので、他校のエースとも十分ためを張れる存在となっています。

 これに、1500mのスピードを軸に、ついに復帰してきた4年千守選手、将来のエース候補として名高い2年阿部選手、関東ICハーフ3位など今年春にブレイクした山平選手、箱根9区で単独3位独走した湯浅選手と、高い走力を誇った選手が大勢エントリーしています。

 さらに1年生は、吉居駿選手が入学からもしっかり調子キープ。直近では新潟チャレンジカップで13分40秒マークし、兄貴と同じ新人離れの成績。溜池選手も同レースで13分46秒を出すなど走力アップ。早速起用してみたいと思わせる成績ですね。

 このほかにも、箱根駅伝山下りを3年連続好走している若林選手や、昨年箱根予選で当時1年生ながら好走している高い東海林選手ら、レベルの高いエントリー。出雲駅伝の区間オーダー予想が楽しみになるメンバーです。

区間オーダー予想

 まず、区間オーダー考えるのに、吉居大選手をどうするか、というのがありますかね。新潟チャレンジカップは差し込みがあったそうですが、夏故障して9月合流というのをどう見るか。自分は全日本駅伝から、という流れでもいいのかなと思います。

1区(8.0㎞)千守倫央④13分49秒41
2区(5.8㎞)吉居駿恭①13分40秒26
3区(8.5㎞)中野翔太③13分39秒94
4区(6.2㎞)溜池一太①13分46秒16
5区(6.4㎞)山平怜生②13分51秒20
6区(10.2㎞)阿部陽樹②13分55秒57

1区千守選手…じゃ誰を1区にするのかということですが、千守選手を起用したい。元々2年連続箱根駅伝1区を走っています。しばらく故障がちでしたが、4年生になり継続して試合に出ていて、直近もベストです。出雲1区走れるのでは…??

2区吉居駿選手…続く2区には、1年生吉居駿選手を起用します。直近5千m13分40秒ベスト、今の2区でもトップクラスの持ちタイムになると思います。駅伝も高校駅伝から経験しています。しっかりまとめていけるのではと感じます。

3区中野選手…今年のチームの駅伝エースとなる中野選手を3区に予想します。学生個人選手権・関東IC・ホクレンなど各大会高レベルでまとめていて、直近新潟チャレンジカップ13分39秒と絶好調!上位入賞に向けて大事となる区間での走りが楽しみです。

4区溜池選手…もう一人有力ルーキー、溜池選手の起用も十分あると予想します。彼も高校時代からの実力者、大学に入ってからも主要大会で活躍していますね。彼も新潟チャレンジカップに挑戦し期待が高いことが伺われます。そこで5千m13分46秒ベスト、この区間でデビューどうでしょう。

5区山平選手…あとは起用してみたい選手をもう一人繋ぎ区間の5区に予想します。前半戦で一気にブレイクしていた山平選手。関東ICハーフもそうですが、ホクレンでも組トップの活躍。直近日体大は最終組挑戦で息切れでしたが、繋ぎなら充分区間上位レベルと思います。

6区阿部選手…アンカーは、将来のエース候補という阿部選手に任せます。今年は記録的には足踏みですが、それでも関東IC1万m8位入賞など、まとめるところはまとめています。勢いある走りで中央大を上位ゴールに導ければ。

 あとは、ロードと言えばという湯浅選手もエントリーしていたので、非常に迷ったのですが…自分は、全日本大学駅伝アンカーに向けて温存でいかがかなと思っています。

まとめ

・エース3年吉居大&中野選手以外ら、スピードランナー集結!
・エース候補阿部山平選手、復活の千守選手、ルーキー吉居駿溜池選手ら
・ロードの湯浅選手を含めて、上位陣と勝負できる陣容に!

 速くなり強くなって中央大が、出雲路に帰ってきています。箱根1区区間記録が衝撃的だった吉居大選手だけではありません。今年のチームのエースと言われている中野選手は13分39秒、有力ルーキー吉居駿・溜池選手は13分40秒台、チャレンジカップで自己ベストで調子の良さをアピール。

 他にも、1500mを軸に復活を遂げた4年千守選手や、伸び盛りの2年生阿部・山平選手はどんどん起用してみたい選手ですし、ロードで+αが出る3年湯浅選手も、出雲駅伝から臨戦態勢です。

 オーダーは、夏故障し9月からチームに合流したという吉居大選手次第で、流動的に変わりそうですが、十分出雲駅伝から表彰台を狙っていける陣容なのは間違いなさそうです。