スポンサーリンク

【国士舘大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 新年度ももう前半戦が終了しました。各大学ある程度の収穫と課題があったのではないでしょうか。当サイトでも、関東大学長距離各チームの2022年度のメンバーの紹介と実績、簡単な戦力分析を行いたいと思います。もちろん、新入生も紹介していきます。

 1年生に活気!全日本予選善戦…箱根駅伝連続出場の機運が高まっている国士舘大学です。

スポンサーリンク

【国士舘大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 前年度は一つの勝負の年でした。当時の留学生を中心に、4年生に多くの主力選手がいて、シード権を獲得したい状況でした。結果的には総合15位でしたが、往路はシード権争い上で戦いました。

 ここ数年は、箱根駅伝連続出場こそしていたものの、下位争いの場面が多かった中でした。チームとしては、シード権獲得のチャンスがあった中、及ばなかった悔しさを味わいました。

 この想いは今期のチームに受け継がれています。主力が多く卒業して、決して下馬評は高くなかった全日本予選では、最終組まで通過ボーダーが狙える位置で戦いきった。勢いは持続している、国士舘大の戦力を今一度振り返ります。

スポンサーリンク

新チーム各学年戦力分析

※持ちタイムは8月1日地点
※関東ICは1部

4年生主力選手について

綱島辰弥④29分09秒33/13分55秒76
≪22:全予1組6位、箱9区6位、21:予155位、箱10区16位、20:予148位、19:予113位≫
福井大夢④29分17秒51/14分10秒13
≪22:全予3組32位、関東IC1万m、箱6区13位、21:予96位、20:予152位≫
清水悠雅④29分47秒24/14分23秒71
≪22:関東IChalf17位、21:予261位、箱8区16位、20:予121位、箱8区13位≫
望月 武④30分02秒64/14分34秒50
≪22:関東IChalf、箱10区18位≫
田中佑樹④30分07秒65/
宮元雄大④30分07秒87/14分29秒51
所 倖平④30分14秒03/
福士陽都④30分17秒72/14分22秒51
植木雄太④30分27秒05/
木村聖哉④30分31秒37※主将

 4年生は箱根駅伝経験者が4名もいるのですよね。上の世代の選手層が厚かった中で、思ったよりレギュラーを勝ち取っているのですよね。そして、その世代やはり何かしぶとさのようなものを感じます。

 箱根の実績では9区6位と非常に好走していたのが綱島選手。春先はで遅れていましたが、全日本予選には間に合わせ1組6位とナイスパフォーマンス。いい流れを作っています。

 高いレベルで戦ったのが福井選手。今年の箱根駅伝は山下り6区でした。春は関東IC1万m、全日本予選では3組で他校の主力選手相手と戦っています。夏にもうひと伸びなるか。

 それから、過去2度箱根駅伝8区を走っている清水選手も健在です。前年度は苦戦していましたが、今年関東IChalf17位と復調傾向。箱根予選から力になるかもしれません。

 他に、高校時代800m専門種目ながら、今年の箱根駅伝10区を走破した望月選手や、箱根メンバー田中選手、今年の春自己ベストを更新して全日予選のメンバー入りした福士選手らじわじわと強くなってきた選手が増えています。箱根予選での彼らの意地がみれるか。

3年生主力選手について

山本龍神③29分20秒49/14分03秒05
≪22:全予4組34位、関東IC5千m、箱8区14位、21:予175位、箱1区18位、20:予77位≫
中西真大③29分26秒57/14分16秒40
≪21:予215位、20予108位≫
佐藤悠貴也③29分47秒04/14分35秒55≪22:関東IChalf≫
安達京摩③29分57秒02/14分15秒32
遠入 剛③30分05秒85/14分14秒44≪22:全予2組26位≫
野中創太③30分06秒53/
安田快聖③30分15秒75/
山本雷我③30分19秒40/14分38秒20≪22:箱5区13位≫
福岡亮宏③30分24秒97/

 この世代が大事ですね。能力が高い選手が多いですが、まだもう少し生かし切れていない印象です。現状日本人エースというと3年生の山本龍選手になります。関東IC5千mで走れるスピードがあり、全日予選も最終組起用されています。

 それから、高校時代の実績がある遠入選手が、ついに上向きになってきましたかね。全日本予選2組に起用され、大学に入ってから、ほぼ初めて主要大会を走りました。両者のスピードに、総合力がこの夏につけば、大きくチーム力が向上するはずです。

 このほかにも、1年時に箱根予選108位で走っている中西選手、3障が専門で5千1万でもいいタイムを持っている安達選手、ロードでは箱根や山上りの山本雷選手や関東ICハーフを走った佐藤選手がいますね。この夏が勝負です。

2年生主力選手について

P.カマウ②28分30秒82/13分55秒37≪22:全予4組3位、関東IC1万m13位≫
中島弘太②29分33秒22/13分57秒29≪22:全予2組13位、関東IC1500m≫
松井遼太②29分49秒09/14分24秒21≪21:予355位≫
渡辺大喜②29分51秒51/14分35秒60
影山裕己②29分54秒44/
繁永永遠②29分59秒58/
熊谷 澪②30分00秒93/14分30秒73
西田大智②30分08秒44/14分15秒20
美谷佳輝②30分15秒03/14分30秒03
正木 楓②30分22秒76/
矢野朱馬②30分23秒85/
小林瑠偉②30分25秒57/
鈴木伸弥②30分30秒03/14分29秒66
齋藤正剛②14分19秒16
坂本翔伍②14分26秒15
生田目淳②14分35秒67

 2年生が続々台頭中ですね!ここには、新留学生のカマウ選手がいますが、そのカマウ選手も成長中。関東IC1万mでは一時独走態勢を築きますが息切れし13位。そこから全日本予選ではしっかり3位に入っています。箱根予選でも、うまく他の留学生と競い合いながら貯金を稼ぐことができるかどうか。

 日本人では、中島選手が頭一つ抜けかけていますね。5千m13分台のスピードをつけ、関東IC1500mで戦い、全日本予選1万mでも2組13位と高順位をマーク。今一気に主力偽徴していっている選手です。

 このほかにも箱根予選出走の松井選手に、箱根本戦のメンバーに選ばれている西田選手、前半シーズンに1万m29分台をマークしている、渡辺・影山選手に、5千mベストを更新した熊谷選手ら、この世代は春から自己ベストが多く出ています。夏のパワーアップでどこまで伸びているか楽しみです。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

※5000mベスト、4月1日時点になります。

岩下翔哉①(大分東明)13分55秒47≪22:全予3組27位、関東IC5千m、21高4区5位≫
生駒直幸①(花咲徳栄)14分10秒59/30分17秒41≪22:関東IC5千m≫
川勝悠雅①(洛南)14分23秒37≪22:全予1組14位、21高7区32位≫
瀬川翔誠①(埼玉栄)14分23秒78
勝部愛大①(米子松蔭)14分24秒96≪21高2区4位≫

上位5名平均:⑮国士14分15秒6

横田星那①(田村)14分24秒57
竹前光哉①(長野日大)14分27秒16
宮崎暖大①(藤沢翔陵)14分32秒11≪21高7区45位≫
笹井耕汰①(武蔵越生)14分37秒37
辰巳堪一①(鳥取城北)14分37秒46
富岡晃世①(田村)14分38秒98≪22:関東IC1500m≫
九嶋惠帆①(小林)14分40秒33
水野龍吾①(小林)14分41秒38
矢澤寿基①(川崎橘)14分41秒77
大森由翔①(東洋大牛久)14分45秒61
菅 優太①(滝川西)14分47秒17
小谷翼咲①(高知工)14分54秒30
信夫大輝①(八頭)14分55秒62
後藤天馬①(浦和実)14分58秒11
溝辺伊織①(球磨工)14分58秒37
酒井健成①(宇和島東)15分09秒
長谷川律①(開志国際)15分13秒
有本 輝①(田辺工)15分22秒51≪21高6区45位≫
遠入綾杜①(常葉菊川)15分35秒
勝碕 玄①(光明相模原)
松崎翔矢①(流経大附属柏)
山本 要①(富岡商業)

 そして、今一番勢いがあるのは1年生になるのですよね。即戦力レベルなのが岩下選手。高校時代に5千m13分55秒をマーク、高校駅伝でも4区5位好走、大学に入って早速1万m29分44秒を出すと、全日本予選3組に選ばれています。夏次第では箱根予選で逞しい姿見られるか。

 他の1年生も例年以上に走力が高いです。5千m14分10秒の生駒選手は関東IC5千m戦っています。川勝選手は全日本予選2組出走後、1万m29分44秒と自己ベストをマーク。瀬川選手らも記録会で自己ベストを出しています。

 他にも高校駅伝2区4位の好走がある勝部選手に、5千m14分20秒台~30秒台の選手らずらり。国士舘大のスカウトのレベルが一気に上がっている感じがします。今年の箱根駅伝連続出場が繋がれば、楽しみです。

【国士舘大学まとめ!】箱根駅伝2023へ向けて

・新エースカマウ選手が力付け、4年生に粘り
・中島&岩下選手ら2年生1年生に自己ベスト続出!
・連続出場は山本&遠入選手ら3年生の総合力次第か

 国士舘大は、大きく主力が入れ替わる年ですが、戦力強化は着々と進んでいます。カマウ選手が新エースとして徐々に力をつけてきています。ハーフも1年時にしっかり走っていますし、夏場での本格化が楽しみ。

 チーム全体としては、前半戦シーズンは2年生哉1年生にかなり勢いがありました。中島選手が全日本予選好走後、5千m13分台。ルーキーでは岩下・川勝選手ら早くからレギュラーに上がってきています。ベストも更新していますし、夏次第で化けるでしょうか。

 これに、4人も箱根駅伝経験者がいる4年生が支えているという形。福井・綱島選手など総合力が上がってきている選手が出てきています。

 あとは、素質は高いものある山本・遠入選手らが3年目の夏でついに本格化してくるかどうか。チームの総合力は確かについてきているので、箱根予選で彼らが活躍してくれば、十分に連続出場、本戦でも戦えるチームに仕上がってくるはずです。