スポンサーリンク

【神奈川大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 新年度ももう前半戦が終了しました。各大学ある程度の収穫と課題があったのではないでしょうか。当サイトでも、関東大学長距離各チームの2022年度のメンバーの紹介と実績、簡単な戦力分析を行いたいと思います。もちろん、新入生も紹介していきます。

全日本予選トップ通過!強かにチーム力をあげてきている神奈川大学です。

スポンサーリンク

【神奈川大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 前回の箱根駅伝は惜しかった。1区から15位以内をキープし続けて、シード権を狙える位置で走行。5区山登りを務めた山崎選手を起点に、一度は10位以内に浮上。結局、ついていけずも、アンカーで順位を上げ総合12位で終えました。

 主力選手が何人か間に合わず、卒業生が少なく当時の2年生に主力候補の選手が多かった中でした。密かに今年度面白いのではとも思いました。

 迎えた全日本予選、飛び出して序盤から貯金を作りに来る大学もあった中、堅実な走りで各組まとめていきます。そして、留学生が走る最終組でも、エース山崎選手がしっかりと戦い、見事トップ通過!こうなると秋シーズン、ダークホースとして期待が高まってきます。

スポンサーリンク

新チーム各学年戦力分析

※持ちタイムは8月1日地点
※関東ICは2部

4年生主力選手について

山崎諒介④28分36秒96/13分58秒26
≪22:全予4組9位、箱5区7位、21:箱予53位≫
有村祐亮④28分52秒67/14分10秒52
≪22:全予1組7位、箱10区9位≫
島崎昇汰④29分01秒15/13分55秒24
≪22:全予2組5位、関東IC5千m≫
鈴木玲央④29分45秒25/14分30秒27≪20:予103位≫※新主将
端羽 星④30分03秒19/14分38秒88
古市佑太④30分43秒35/14分46秒66
桑山稔隆④30分54秒11/14分18秒22

 4年生は少数精鋭ですね。3年生以下にも勢いがありますが、エースは4年生山崎選手です。高校時代からロードに強かったですが、3年生春までは故障などであまり試合に出てこれなかった選手。それが箱根予選、箱根5区山登り好走して一気に主力へ。

 全日本予選では、日本人トップ争いを展開する4組9位の好成績で突風化に貢献。その後1万m28分36秒の大幅ベストを出しています。ロードシーズンは山崎選手向き。活躍が楽しみです。

 それから、3年生箱根前にぐっと伸びてきて箱根10区9位で走り切った有村選手も主力の一角。全日本予選でも堅実な走りを披露しています。さらにスピードのある島崎選手、長い距離の好走経験のある主将の鈴木選手。色の違うランナーが、チームを支えます。

3年生主力選手について

尾方馨斗③28分51秒18/14分10秒61
≪22:全予2組9位、関東IC5千m決勝≫
巻田理空③28分52秒30/13分59秒06
≪22:全予4組24位、関東IC1万m、箱1区11位、21:箱予29位≫
小林篤貴③28分54秒19/14分38秒40
≪22:全予3組2位、関東IC1万m12位、箱4区9位、21:予112位≫
高橋銀河③28分57秒71/13分58秒52
≪21:予132位、箱9区20位、20:予50位≫
宇津野篤③29分00秒44/14分08秒30
≪22:全予3組5位、関東IC5千m、箱3区13位、21:箱予65位、箱6区12位、20:予54位≫
大泉真尋③29分16秒77/14分13秒35
≪22:箱8区10位、21:予156位≫
小林政澄③29分17秒33/14分09秒98
≪22:箱4区10位、21:予123位≫
佐々木亮輔③29分28秒40/14分23秒64
≪21:箱10区2位、20:予68位≫
大岩歩夢③29分47秒40/14分12秒48
加藤聡太③30分17秒07/14分10秒54
原 賢吾③30分22秒70/14分33秒82
谷本星輝③14分25秒28

 この世代が非常に色濃く選手層厚いんですよね。今年の箱根駅伝では巻田・宇津野選手が1区と3区を担って、難しい序盤の流れを凌ぎました。4区では小林政選手が区間10位と、ブレイクを予感させる走りでした。今年は、少し足踏みもありましたが、宇津野選手は全日本予選3組5位、巻田選手は苦しみながらも最終組粘り切っていました。

 春シーズン大幅成長したのが、小林篤選手。箱根9区でも9位で粘っていましたが、トラックでも活躍。関東IC1万m12位とまずまず走り切ると、全日本予選は3組2位の好走、その後1万m28分台。確かな実力をつけて夏に突入します。

 そして大ブレイクしたのが尾方選手。関東IC5千m決勝に進出する躍進、全日本予選も2組9位とまずまずの成績。その後に1万m28分51秒を出して、現時点で世代トップの持ちタイムになっています。神大は身体が出来てくるとこういう選手が現れますから、面白いですね。

 それから、1年時に箱根を走っている高橋・佐々木選手もコンスタントに試合に出場。主要大会のレギュラーにはあと一歩ですが、素質は高い選手。彼らが夏に覚醒すると大きくチーム力アップします。あとは、前回8区の大泉選手も今後楽しみ。この世代が一気に神大を引き上げるはずです。

2年生主力選手について

園田 勢②29分30秒18/14分01秒08
長谷川舜②29分44秒50/14分25秒11
中原優人②29分45秒99/13分46秒84≪22:関東IC1500m3位、21:予199位≫
石口大地②30分37秒57/14分26秒54
中西良介②30分38秒26/14分34秒80
中井涼真②31分26秒99/14分25秒45
小原快都②31分39秒48/14分10秒23
加藤壮馬②14分29秒73

 2年生はこれから次第ですかね。その中で、中原選手がスピード種目でブレイク。関東IC1500mに出場すると、決勝素晴らしいレースで3位表彰台へ。その後5千mで13分46秒のベストを出して、チームトップのタイムに!この夏にスタミナがつけば非常に面白いです。

 続いて、夏季記録会で1万m29分44秒を出していた長谷川選手、同大会で5千m14分29秒を出していた加藤選手が前半シーズン良かった選手かな。この世代は、園田・小原選手ら高校時代の実力者もいますので、まだまだこれからといったところ、夏合宿後の台頭、待っています。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

※持ちタイムは4月1日時点

宮本陽叶①(洛南)14分06秒75≪22:全予1組2位、21:高4区1位≫
高潮 暎①(千原台)14分15秒88
山田基貴①(鳥栖工)14分17秒53/29分42秒08≪21:高3区22位≫
塩田大空①(西脇工)14分18秒57≪22:関東IC3障、21:高6区14位≫
酒井健成①(愛知学院愛知)14分25秒13
上位5名平均:⑲神大14分16秒7
松崎圭佑①(世羅)14分29秒90
西坂昂也①(光明学園相模原)14分33秒87
中野蒼心①(三浦学苑)14分35秒45
横浜凛太朗①(八戸学院光星)14分35秒98/30分29秒44

 1年生も素質が高い選手が揃っていますよね。即戦力期待されたのは、高校駅伝主要大会4区で区間賞を獲得した洛南高校の宮本選手か。しかも2位でタスキを受け、首位を争いを経験していますので、優勝争いをするチームの雰囲気を知る選手です。

 全日本予選に早くも登場し、1組2位の好成績。これ1人の選手が飛び出している展開でしたので、非常に価値がある2位です。順調なら夏を超えて、一気にエース格になっていてもおかしくないでしょう。

 あとは関東IC3障を走っている塩田選手や、5千m14分15秒を持っている高潮選手らが注目ですかね。山崎選手の後輩にあたる山田選手も試合には出てきています。今後の伸びに注目です。

【神奈川大学まとめ!】箱根駅伝2023へ向けて

・4年山崎選手一気にエースに成長!
・小林篤&尾方選手ブレイク!3年生が世代の中心!
・ルーキー宮本選手、早速大器の予感!

 神大は面白いですよ。前回の箱根いいところ12位、全日本予選トップ通過の成績は勿論ですが内容ですね。他校のエースと戦える4年生山崎選手がエースですが、

 チームの中心は3年生。今年春は小林篤・尾方選手が台頭してきていましたが、エース格の選手が本当に多いですよね。今年の箱根往路の巻田・宇津野・小林政選手もいますし、爆発力のある高橋・佐々木選手もいます。

 彼らが、この夏にぐっと身体ができあがってくると、チームとしての爆発力が一気に高くなってきます。3年目でのブレイクというところ、大後監督の腕の見せ所にもなってきます。

 あといいカンフル剤となりそうなのがルーキー宮本選手。全日本予選は1組2位の好成績でチームに勢いをつけました。一気にエース格になるかも??やはり今年の神大、ブレイクの予感しかありません!