スポンサーリンク

【順天堂大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 新年度ももう前半戦が終了しました。各大学ある程度の収穫と課題があったのではないでしょうか。当サイトでも、関東大学長距離各チームの2022年度のメンバーの紹介と実績、簡単な戦力分析を行いたいと思います。もちろん、新入生も紹介していきます。

 戻ってきた表彰台、もう一度優勝争い常連へ順天堂大学です。

スポンサーリンク

【順天堂大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 昨年は個人としてもチームとしても多く話題にあがった一年でした。当時2年生の三浦選手が、3000m障害でオリンピックの舞台に立って見事決勝7位入賞!日本人として過去最高の成績を上げました。

 秋以降の駅伝は、その三浦選手が復帰した全日本駅伝から急上昇。6区までトップ争いをした上で、20年ぶり表彰台の3位。箱根駅伝は不調者が出て思うようなオーダーが組めず、1区で出遅れた中、総合2位!エースと当時の4年生の粘りで勝ち取りました。

 とはいえ、箱根駅伝は総合優勝争いに関われなかった悔しさも残りました。そんな中、春はエースが躍動!三浦選手も再び世界の舞台へ。卒業生の穴がありましたが、実践を通じて若手を鍛えていました。少しずつ戦力が整いつつある中、一度まとめます。

スポンサーリンク

新チーム各学年戦力分析

※持ちタイムは8月1日地点
※関東ICは1部

4年生主力選手について

伊豫田達弥④28分06秒26/13分43秒71
≪22:関東IC1万m1位、箱3区3位、21:全3区5位、出1区5位、箱3区5位、20:全2区14位、予24位≫
野村優作④28分19秒01/13分40秒49
≪22:関東IC1万m10位、箱9区13位、21:全5区2位、出3区16位、箱2区10位、20:全4区3位、予12位、19:出5区13位≫
四釜峻佑④28分36秒03/13分52秒90
≪22:関東IChalf7位、箱5区5位、21:全8区2位、出6区4位、20:予75位≫
西澤侑真④28分45秒39/14分08秒26
≪22:関東IChalf11位、箱7区6位、21:箱8区10位、20:全8区12位、予31位、箱8区9位、19:全6区3位≫
平 駿介④28分48秒40/13分59秒10
≪22:箱1区18位、21:全1区11位、出2区2位≫
荒木勇人④28分48秒87/14分16秒70
堀内郁哉④29分21秒91/14分09秒53
清水陽斗④30分30秒56/
 
 4年生が強力なんですよね。抜群のスピードで、駅伝でチームを引っ張る伊豫田選手が一番手か。なんと関東IC1万m優勝!ついに個人タイトルまで手にしました。伊豫田選手の進化が止まりませんね。駅伝は、スピードエース区間が中心でしたが…総合力が必要な区間もあり?
 
 他にも、4年生の活躍が多い。2年時にエース区間2区を走っている野村選手が少しずつ復調してきていて、5千m13分40秒と自己ベストを出しています。前年ブレイクの四釜選手は、足踏み状態ながら、関東ICハーフ7位と粘り、西澤主将もロードの安定感は出しています。
 
 これに、スピードのある平選手、箱根メンバーに名を連ねた荒木選手28分台ランナーも実力者、さらに記録会で少しずつ自己ベストを出してきている堀内選手もレギュラー争いに加わるレベルまできています。それぞれ走力高い選手多く、どこまで他校エース選手と戦っていけるでしょうか。
 

3年生主力選手について

三浦龍司③28分32秒28/13分26秒78
≪22:世陸3障、日本3障1位、関東IC5千m1位、箱2区11位、21:全2区1位、五輪3障7位、日本3障1位、箱1区10位、20:全1区1位、予5位≫
石井一希③28分54秒78/13分46秒94
≪22:関東IC1万m12位5千m9位、箱4区2位、21:全4区14位、出5区4位、箱4区5位、20:全5区5位、予21位≫
内田柾冶③29分12秒79/14分11秒60≪21:予30位≫
藤原優希③29分27秒90/14分07秒72
出口静之心③29分42秒47/14分23秒43
斎藤舜太③29分45秒27/
柘植航太③29分45秒76/14分21秒14
馬場園怜生③30分02秒70/14分08秒37
 
 まず三浦選手の話題になってきますよね。今年も高い走力・スピードを見せて、関東IC5千m優勝!日本選手権3障連覇の実績をひっさげて、今度は世界陸上に挑戦!今回は惜しくも決勝進出とはなりませんが、世界のスパート合戦に参加できる能力をつけていることが凄いです。前年は地元の後押しはあったかも、次の年でリベンジですね。
 
 駅伝でも勿論エース級の三浦選手ですが、駅伝で光りそうな選手はこの学年ほかにいます。前回の箱根4区で活躍した石井選手。高い安定感を誇っていて、今年は関東IC2種目に挑戦。僅かに入賞には届きませんでしたが、この経験が秋にどうつながっていくか。
 
 その他の選手に、差がややありましたが、この冬~春にかけて藤原選手が伸びてきて5千m14分07秒1万m29分27秒を記録しています。さらに、1年時に箱根予選62分台で走破経験のある内田選手も、少しずつコンスタントに試合に出られるようになってきていますかね。この学年の選手層が厚くなると、いよいよ楽しみになります。

2年生主力選手について

浅井皓貴②28分45秒31/14分00秒12
海老澤憲伸②29分03秒08/13分55秒97
≪22:関東IChalf14位≫
堀越翔人②29分04秒41/14分18秒79
藤島幹大②29分14秒97/14分03秒88
≪22:関東IC5千m18位≫
服部壮馬②29分24秒54/13分55秒56
≪22:関東IC3障、21:出4区14位、U20日本3障1位≫
岩島共汰②29分47秒23/14分16秒10
神谷青輝②29分48秒57/14分08秒00
油谷航亮②29分49秒70/14分11秒70
≪22:関東IC1500m9位≫
 
 徐々に伸び盛りとなってきていますよね。この春通して活躍していたのは海老澤選手。1万m29分03秒まで伸ばして、関東ICハーフも代表に選ばれていました。箱根でも復路の候補に十分に上がるレベルになってきていますね。
 
 自己ベストで上回るのが浅井選手。昨年秋から今年の春口まで試合に出れませんでしたが、出始めたら能力がやはり高い。5千m14分00秒までアップ!万全なら、秋の駅伝では、いきなり主力として登場してくるかもしれません!
 
 他にも関東IC5千m決勝に進出した藤島選手、少しずつ長い距離に対応しつつある服部選手、さらに1万m29分04秒まで伸ばしてきた堀越選手と、自己ベストを更新する選手が続々登場しています。秋に一気に全員1万m28分台相当の走力をつけていそうでちょっと注目です。
 

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

※持ちタイムは4月1日時点

 
村尾雄己①(佐久長聖)13分58秒04≪22:関東IC3障8位、21:高4区4位、IH3障4位≫
石岡大侑①(出水中央)14分12秒20≪21:高4区14位、IH5千m14位≫
森本喜道①(小豆島中央)14分22秒36≪21:高1区35位≫
堀口颯亮①(水島工業)14分25秒08
児玉空琉①(浜松日体)14分25秒56≪21:高1区36位≫
上位5名平均:⑱順大14分16秒6
山下健秀①(白石)14分28秒82
佐藤怜音①(東海大山形)14分32秒42≪21:高4区32位≫
宍戸結紀①(学法石川)14分36秒62≪21:高5区4位≫
金原祥汰①(浜松日体)14分38秒96≪21:高5区34位≫
氷見哲太①(富山商)14分39秒58≪21:IH3障7位≫
山崎 颯①(埼玉栄)14分54秒53≪22:関東IC3障、21:IH3障≫
塩原 匠①(農大二)3分50秒94≪22:関東IC1500m≫
 
 
 5000mの上位5名の平均は18位…!?おやと思いますが、これは高校時代1500mや3000m障害に特化した選手を獲得しているため。山崎選手の14分54秒は走る機会無かったため、既に14分13秒までベストを更新しています?他、1500mで塩原選手が、各対抗戦奮闘中ですね。
 
 さて、駅伝と言うことでは、やはり佐久長聖高校時代に5千m13分台をマークしている村尾選手が注目株。関東ICは3障で出場して8位入賞と、そのスピードを見せています。石岡選手も高校時代に、IH・高校駅伝とどちらも好成績を残しています。ベストも14分05秒まで更新
 
 これに、自己ベスト上で一気に追いついてきたのが森本選手。高校時代は14分22秒でしたが、もう14分03秒までタイムを短縮しています。一気に同級生のトップ付近まで肩を並べています。かなりチーム内の競争が激しくなっていますね。
 

【順天堂大学まとめ!】箱根駅伝2023へ向けて

・関東IC1万m優勝伊豫田選手ら、4年生が強力!
・三浦選手再び世界へ、石井選手も強力に!
・2年1年はコツコツと自己ベスト更新中!
 
 しっかり前半シーズンから、順天堂大のランナーが活躍する姿が何度もありましたね。2年連続3000m障害で世界の舞台に立っている三浦選手は言わずもがな、4年生伊豫田選手が勝負レースで勝ち切ったのが、大きなニュースでしたね。スピードに総合力がついてきています。
 
 4年生はこのほかにも野村・四釜・西澤選手と駅伝で力になるランナーがいます。3年生は石井選手に逞しさが増してきていますよね。それぞれ駅伝経験も豊富ですし、上級生が強力ですので、各駅伝優勝候補の中に名前があがってくるのは間違いないでしょう。
 
 選手層と言うことでは、前半戦は2年生や1年生に自己ベスト更新が目立ちましたね。2年生は海老澤・藤島選手が関東ICを経験、その後浅井選手の復活がありました。1年生も即戦力レベルの村尾選手がおおむね順調、石岡・森本選手らベスト更新がありました。自信をつけて夏合宿には入れた選手も結構いたのでは?やはり今年も目が離せないチームです。