スポンサーリンク

【大東文化大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 新年度ももう前半戦が終了しました。各大学ある程度の収穫と課題があったのではないでしょうか。当サイトでも、関東大学長距離各チームの2022年度のメンバーの紹介と実績、簡単な戦力分析を行いたいと思います。もちろん、新入生も紹介していきます。

昨年上昇仕掛けたチーム、真名子新監督が開花させ、一気に復活へ、大東文化大学

スポンサーリンク

【大東文化大学】箱根駅伝2023へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 昨シーズンはあと少しで這い上がれなかった。全日本予選は3組まで通過圏内も、最終組で逆転負け。箱根予選は15㎞まで圏内に付けるも、そこから力尽きた。その時のチーム力でもあったが、エースワンジル選手が、他校の留学生を意識するあまり、空回りしたのも大きかった。

 そんな中、チームに転機が訪れる。真名子圭新監督が就任。仙台育英高で指導者として実績を残してから、満を持しての就任だった。また、ワンジル選手の高校時代の恩師でもあった。

 手応えがあった昨年からチームは着実に成長。関東ICは3障のみの出場に抑え、全日本予選に特化集中。1組で出遅れるも、2組自分の走りに集中したワンジル選手が爆走し一気に圏内へ。3組4組に入った日本人ランナーも強かった。どうやら、ライトグリーンの逆襲の年となっていきそうだ。

スポンサーリンク

新チーム各学年戦力分析

※持ちタイムは8月1日地点
※関東ICは2部

4年生主力選手について

木山 凌④28分35秒47/14分08秒14≪21:予110位≫
大野陽人④28分35秒92/13分55秒27≪22:全予3組1位、箱8区13位相、21:予46位、20:予192位≫
谷口辰煕④28分58秒24/14分00秒45≪21:予70位≫
倉田 蓮④28分58秒70/13分55秒60≪21:予189位、20:予188位、19:予130位≫
金田龍心④29分13秒53/14分23秒54≪20:予185位、19:予263位≫
井田 春④29分15秒51/14分28秒41≪19:予282位≫
蟹江翔太④29分21秒17/14分11秒64≪21:予95位、20:予227位、19:予199位≫
塩田祥梧④29分43秒90/14分19秒39≪21:予113位≫
小林裕輝④30分40秒73/14分35秒25

 箱根予選通過は、この世代の充実ぶりにかかっているのではないでしょうか。頭数はいますが、足踏みが続く選手が少しいました。その中、突き抜けてきたのが大野選手ですね。今年の連合8区を走ってから、確かな力を付けました。その結果が、全日本予選3組1位!その後の1万m28分35秒の大幅ベストに繋がっています。安定感があるので頼れる最上級生です。

 その他の選手がどこまで揃うかですね。前回の予選でまずまずまとめていた木山・谷口・蟹江選手が、春先まで好調だったものの、その後やや息切れした形でした。夏にもう一度上がってこれるか。

 また、前回113位と粘っている塩田選手が夏前に、1万m29分43秒自己ベストを出していますかね。彼らの仕上がりが大事か。過去3年連続出走している主将の倉田選手の付記も待たれるところです。大野選手以外の底上げがどこまで進むかでしょう。

3年生主力選手について

久保田徹③28分29秒75/13分52秒20≪22:全予4組6位、21:全4区8位、予119位、20:予209位≫
菊地駿介③29分00秒45/14分02秒68≪22:全予4組21位、20:予120位(連合選出)≫
伊東正悟③29分49秒89/14分09秒95
佐竹勇樹③30分00秒23/13分59秒46≪22:日本3障9位、関東IC3障1位、21:予222位≫
松村晴生③30分18秒13/14分22秒69
長島玲音③30分21秒27/14分06秒20
山本柊介③30分47秒04/14分45秒44
鷹谷雅久③14分28秒48

 3年生は2大エースが確立されてきました!前年119位で全日本駅伝を選抜チームで走っている久保田選手がみるみる成長。5月に5千m13分52秒をマークすると、全日本予選バッチリ!4組6位と他校のエース・留学生相手に戦い切り、久々の通過に貢献!その後、28分29秒の自己ベストと波に乗っています。まずは秋の箱根予選どこまでいくか。

 そして菊地選手が復活!1年時にブレイクし、関東学生連合にも選出されていた選手。2年時の春以降、約1年ぶりにレース復帰。そこから全日本予選4組で29分台半ばでまとめられるところまで、あげてきました。強い日本人ランナーが育っているのがいいですね。

 また、個人としては、佐竹選手が3000m障害でブレイクしましたね。関東ICは男子長距離で唯一の出場。その中でばっちり優勝!さらに、日本選手権にも出場し、8分39秒22の好タイムで9位に食い込みました。その後記録会で5千m13分59秒、スピードは抜群ですね。

 彼ら以降の選手が、少し差がある状態でしたが、7月に長島選手が5千m14分06秒、伊東選手が14分09秒マークするなど、基礎となるスピードが少しずつついてきている感じかな?着実に成長してきているように思います。

2年生主力選手について

ピーター ムワンギ②28分25秒20/13分31秒97≪22:全予2組1位、21:予231位≫
大谷章宏②29分03秒54/14分38秒45≪22:全予2組6位、21:予213位≫
西代雄豪②29分25秒40/14分11秒58≪22:全予1組4位≫
西川千青②29分51秒08/13分54秒31≪21:予169位≫
佐々木真人②29分52秒29/14分25秒66
小田恭平②30分33秒18/14分25秒11≪22:全予1組39位≫
中澤優希②30分39秒32/14分21秒84

 この世代がどんどん盛り上げていますよね。全日本予選は4名も起用されています。その中で引っ張るのが留学生ムワンギ選手。前年度は、気負いなどによる失速もありましたが、自分の走りに集中できるようになり、徐々に風格が出てきました。

 5月に5千m13分31秒の好タイム、全日本予選は単独走の強みを生かして、2組28分台で大きくチームの順位を引き上げました。箱根予選以降、堂々と自分の走りをして、チームに貯金をもたらす姿がみられるか。

 そして、多くの選手が伸びてきているのですよね。1組では西代・小田選手が起用されました。組4位・組39位と明暗が分かれましたが、それぞれいい経験になったか。西代選手は、その後自己ベストを出していますかね。

 さらに2組もムワンギ選手とともに、大谷選手が出走し、組6位。彼が上位でまとめたのも大きかったですね。その後1万m29分03秒まで縮めていますし、走力がぐっと上がっています。

 このほか、1万m29分52秒マークの佐々木選手や、昨年箱根予選出走し、7月に5千13分54秒のベストを出した西川選手など、かなり層が厚くなってきている印象です。各学年、レギュラー争いが激化してきていますね。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

※持ちタイムは4月1日時点

入濱輝大①(瓊浦)14分11秒41/30分15秒11≪22:全予3組21位≫
渡邉駿太朗①(仙台育英)14分15秒30≪21:高2区18位≫
佐藤祥樹①(秋田工業)14分16秒86≪21:高2区5位≫
戸田優真①(学法石川)14分28秒05
照井海翔①(一関学院)14分29秒84≪21:高5区24位≫
上位5名平均:21位14分20秒29
上野隼弥①(花崎徳栄)14分34秒05
小野翔太郎①(武蔵越生)14分35秒86
五十嵐優貴①(酒田南)14分36秒06
阪東巧翔①(九州国際大付属)14分44秒00
松島康太①(吾妻中央)14分54秒61
赤星龍舞①(埼玉栄)14分55秒01/31分15秒81
松本雄大①(草津東)15分01秒46

 新入生で早くもと頭角を現したのが入濱選手、元々5千m14分11秒・30分15秒のベストを持っていましたが、それでもいきなり全日本予選3組起用はびっくり!組21位で崩れず粘り切り、その後5千m1万mともに自己ベストを更新!レギュラー争いに割って入っています。夏も順調なら、一気に箱根予選も走りそうな気がします。

 続いて、高校駅伝の経験がある渡邊・佐藤・照井選手に、戸田選手あたりが、持ちタイム上位になってきていますかね。この他、赤星選手が春に3千m8分25秒と好走しています。まずは、しっかりと走力を伸ばしていきたいですね。

【大東文化大学まとめ!】箱根駅伝2023へ向けて

・ワンジル&久保田&菊地選手の3大エースが確立!
・大谷西代選手ら、2年生続々レギュラー候補
・あとは大野選手以外の4年生次第か

 一気に強いチームになってきましたね。まず他校と戦えるエース選手が出てきているのですよね。ワンジル選手が、持ち前の爆発力を出せるようになりました。さらに久保田選手が完全に他校のエース選手と戦える選手に、菊地選手も勢いが戻ってきています。彼らが戦えたから、全日本予選通過に繋がっています。

 また、レギュラー争いは、今は2年生が勢いがありますね。大谷・西代選手が全日本予選で活躍すると、西川選手が5千m13分台!1年生入濱選手と、佐竹選手の3障もチェックポイントです。

 あとは4年生ですね。大野選手は、ロードになってくると本格的にエースで、4大エースの中心的存在になると思います。

 このほか、春の全日本予選では惜しくも出走争いに敗れましたが、谷口・木山・塩田・蟹江選手ら、過去箱根予選出走の選手は何人もいます。彼らの仕上げ次第で、箱根予選以降の未来が明るくなります。