スポンサーリンク

【結果】ホクレンディスタンスチャレンジ20周年記念大会

2022年6月22日(水)に、
ホクレンディスタンス20周年記念大会が行われます。

毎年7月に行われているホクレンディスタンスとは別に、20周年記念として行われます。

オレゴン世界陸上標準突破を目指す選手の、ラストチャンスという意味合いもあります。

Youtubeによる配信もありますし、画面越しでも応援します。

このページでは、男子長距離中心の結果と、駅伝ファンとしてのコメントをまとめます。

スポンサーリンク

【結果】ホクレンディスタンスチャレンジ20周年記念大会

スポンサーリンク

男子3000m障害

※オレゴン世界陸上標準:8分22秒00

PM神選手に、阿見AC楠選手と立大内田選手についていく
最初400m標準記録より早いペース、次の週から落ち着いてくる
1000m2分45秒、PMに楠・内田選手、1秒遅れで潰滝・吉田選手が続く
1600mPMが辞める 楠・内田・潰滝選手3人先頭、3秒遅れて吉田選手

2000m5分37秒、潰滝選手が先頭に立つ、内田選手がつく展開
2400m潰滝選手が単独先頭にに 3秒差で楠・内田選手
楠選手DNF、
残り1周、7分16秒で通過 潰滝選手、5秒差で内田選手、さらに吉田選手
潰滝選手、バックストレートでペースを上げるも、水豪は脚を合わせる形。最後の直線巻き返して、8分30秒は切った

1位潰滝大記(富士通)8分29秒33
2位内田賢利(立教大)8分38秒47
3位吉田光汰(埼玉医科大G)8分39秒25
DNF楠 康成(阿見AC)
DNF青木 颯(湘南工科大)
PM神 直之(北星病院)

 標準記録を狙えるペースで推移、阿見AC楠選手が力の限り目指しましたが、2000m前後でペースダウン。記録を狙えそうにないということで、レースを中断しました。

 最終的に、一度は世界の舞台に立ったことがある、富士通潰滝選手が終盤懸命にペースアップ。単独ながら8分30秒を切って意地を見せた勝ちです。

 また、日本選手権で8分40秒切の走りを見せた立教大内田選手が再び健闘。途中まで先頭集団に付きながら8分38秒。後方埼玉医科大G吉田選手は初の8分40秒切、結果が出る選手が多くて良かったです。

男子1500m

オレゴン世界陸上標準:3分35秒00

400m56秒、設定どおりのPM2人に北海道大高橋選手・DeNA館澤選手らが続く、
800m1分54秒、髙橋・Honda荒井選手ら
1200m2分53秒
残り1周、荒井選手がバックストレートで抜け出す、SUBARU森田選手が続く
荒井選手が単独先頭で最後の直線、追い込むも僅かに世界標準記録には届かず。

1位荒井七海(Honda)3分36秒63
2位館澤亨次(DeNA)3分38秒35
3位飯島陸斗(阿見AC)3分40秒04
4位グエム アブラハム(阿見AC)3分40秒70
5位森田佳祐(SUBARU)3分40秒72
6位高橋佑輔(北海道大)3分41秒90
7位片山直人(環太平洋大)3分47秒50
8位木村理来(愛三工業)3分47秒91

9位秦 将吾(大塚製薬)3分48秒46
10位河村一輝(トーエネック)3分52秒43
11位的野遼大(三菱重工)3分54秒33
12位大竹康平(レディ薬局)4分03秒14
DNF飯澤千翔(東海大)
PM安倍優紀1100mまで
PM横田真人700mまで

 1500mは、日本記録及び世界陸上標準まであと一歩まで迫りましたね。PMが狙えるペースで引っ張ったのち、飛び出したのは、前日本記録保持者のHonda荒井選手。

 懸命に脚を動かしますが、3分36秒63は日本歴代3位の記録。世界陸上標準には1秒63届きませんでした。それでもやっぱり実力者だと思わせる意地の走りでした。

 また、大学時代に日本選手権優勝がある館澤選手がついに3分40秒を切って、3分38秒をマークしたのもポイント。ここにきてまた伸びる時期に入ってきたでしょうか。

 阿見AC飯島・SUBARU森田選手・北海道大高橋選手ら、安定した選手も3分40秒台になだれ込んでいます。1500mは今後もまた注目の種目です。

男子5000m

オレゴン参加標準記録:13分13秒50

PMのHonda留学生2名に、2名の留学生が引っ張る。GMO村山選手やSUBARU清水選手ら縦長の展開

1000m2分36秒、村山・清水選手らついていく
2000m5分16秒、清水選手に富士通3名の選手がPMに続く
遅れる選手も出てくる
3000m7分56秒を過ぎて一気に集団がバラけてくる
PM2人にワンブイ選手がつき先頭、
少し間が空いて、コニカジェームス選手に塩尻選手がついていく
4000m10分40秒で塩尻選手が通過
PMの選手がそのまま13分13秒付近の標準記録でゴール
塩尻選手が13分30秒切るあたりでゴールした

PMジャスティス ソゲット(Honda)13分12秒90
1位ワンブア タイタス(埼玉医科大G)13分22秒62
PMジャクソン カベサ(Honda)13分24秒39
2位ジェームス ナオキ(コニカミノルタ)13分27秒12
3位塩尻和也(富士通)13分29秒21
4位松枝博輝(富士通)13分34秒20
5位清水歓太(SUBARU)13分40秒35
6位横手 健(富士通)13分47秒48
7位佐藤圭汰(駒澤大)13分48秒28
8位塩澤稀夕(富士通)13分50秒78
9位村山紘太(GMOインターネット)14分02秒15
10位市田 宏(旭化成)14分12秒49
11位小袖英人(Honda)14分12秒87

 Hondaの留学生2名がPM,しかもソゲット選手はちょうどターゲットタイム通り走り切るのですから、本当に力がありますし、準備をしてくれていましたね。埼玉医科大のタイタス選手が終盤までついていき、13分22秒まずまず走り切っています。

 日本人は、村山・清水選手が食らいつきましたが、このペースには息切れ。その後、安定感が高い塩尻選手が日本人トップに浮上し、最後まで食いつき13分29秒。また、昨年五輪出場の松枝選手も意地を見せて13分34秒に入っています。

男子10000m

オレゴン世界陸上標準:27分28秒00

PM九電工ベナード選手が引っ張る
1000m2分44秒で通過、PMの後ろYKK森山選手がつく
2000m5分27秒で通過、集団が2つに分かれる
PMに森山・アレクサンダー・トヨタ太田・旭化成市田選手など縦長
3000m8分11秒で通過、森山・市田・アレクサンダー・早大井川選手のみ、後方に太田・三菱重工林田選手ら
4000m10分55秒で通過、PM・アレクサンダー選手に森山選手のみつく、後方に井川・市田選手ら
5000m13分41秒で通過、森山選手が1秒程遅れ始める 50m後方市田・井川選手のまま

6000m16分24秒でトップ通過。後方、森山選手ペースダウン、市田・井川選手が追い抜いたところで6000m通過16分42秒
7000m19分07秒PMコエチ選手が単独先頭、19分13秒でアレクサンダー選手、日本人は井川選手前に出て19分36秒、後方市田選手、後ろ井上・栃木選手が浮上してきている

8000m21分51秒でコエチ選手、22分03秒アレクサンダー選手通過
22分30秒井川選手、22分34秒市田選手、22分41秒栃木井上選手
9000m24分38秒でコエチ選手、日本人争いは井川選手の後方栃木井上選手が猛追中
9200m井川選手が25分31秒、市田選手1秒、栃木井上選手3秒差
コエチ選手多くの選手を周回遅れにしてラスト1周
残り1周、市田選手が井川選手を交わしながら
その横コエチ選手が27分20秒台でゴール、30秒過ぎでアレクサンダー選手ゴール
日本人は、バックストレートで市田選手が単独先頭、そのまま押し切り28分12秒、井川選手28分16秒、栃木選手28分18秒でゴール。

PMベナード コエチ(九電工)27分20秒66
1位アレクサンダー ムティソ(NDソフト)27分29秒85
2位市田 孝(旭化成)28分13秒65
3位井川龍人(早稲田大)28分15秒95
4位栃木 渡(日立物流)28分18秒55
5位井上大仁(三菱重工)28分24秒96
6位荻久保寛也(ヤクルト)28分37秒53
7位林田洋翔(三菱重工)28分46秒61
8位森山真伍(YKK)28分54秒15
9位西山和弥(トヨタ自動車)28分59秒54
10位中村信一郎(九電工)29分01秒04
11位太田智樹(トヨタ自動車)29分17秒01
12位茂木圭次郎(旭化成)29分18秒51
茂木圭次郎(旭化成)DNF
大池達也(トヨタ位紡織)DNF
PMドナルド ミティ(中電工)DNF

 1万mの方のPMもレベル戦ったですね。九電工のコエチ選手が、世界陸上標準を切り、ほぼ日本記録に近い成績。この準備には頭が上がりません。しかも風もあったので、少し走りづらかったはずです。ロードに強いムティソ選手も27分29秒の好記録です。

 日本人は、YKK森山選手がこのペースに挑戦。5000m付近まで食いつきましたが、それ以降は苦しいレースに。それでも、ナイスチャレンジでした。

 その後日本人先頭を突っ走ったのは早大井川選手。春になってから徐々に状態が上がってきていましたが、ここで大きくクローズアップされるとは!最後は、日本選手権3位実力者市田孝選手が、差し切って28分13秒のまとめ。この気候では精いっぱいだったでしょうか。井川選手も28分15秒と1年ぶりに好記録でした。

 続いて、安定感が高い栃木選手と井上選手が28分20秒前後。井上選手はマラソンでの安定感が、トラック1万mでも光っていますね。荻久保選手や、若手林田選手も奮闘していました。

女子結果まとめ

1000m
田中希実(豊田自動織機)2分37秒33【日本新記録樹立!】
塩見綾乃(岩谷産業)2分39秒27

5000m
大森菜月(ダイハツ)15分29秒46

3000m障害
西出優月(ダイハツ)9分49秒66

1500m
後藤 夢(豊田自動織機)4分12秒12
PM田中希実(豊田自動織機)1100mまで

10000m
萩谷 楓(エディオン)31分58秒17

 女子1000mは、日本記録保持者の田中選手が出場!僅かでも短縮して2分37秒33!日本選手権と世界選手権の合間というスケジュールの中で、凄いですね。終盤の加速力も磨かれています。ついていった塩見選手もかなり粘ったのではないでしょうか。

 その後、1500mのPMも務めていました。タフさも凄いです。このあたり、東京五輪で4本走り、全て結果を残していくあたり、身体の鍛え方も気になってきますね。

 その他の種目の選手も踏ん張りましたが、単独走になる場面が多く、記録を狙うのは少し厳しかったですかね。それでも、世界に向けて最後のチャレンジ。一つ大きな経験になっていると思います。


コメント

  1. 元永雅昭 より:

    女子5000 4000のラップが違う。田中選手以外はやや不振。大会自体のシステムは立派、記録会だから仕方ないのかとも思うが、もう少し参加者が多ければなお良かった。田中選手等の実力者と走れるのは、大きな刺激になると思うのたが。

    • hakonankit より:

      >元永雅昭さん
      女子5000mのラップすみません。消しておきました。

      大会自体は惜しかったですね。特に女子の方は、参加者が少なく単独走になる場面が多く、伸び悩んでしまいました。

  2. シセン より:

    埼玉医科大Gの吉田選手3000mscを観察していましたがやはりセンスがあるように見えます。他の選手がスタミナ切れするタイミングでスパートが出来る余力が残っているように見えました。関東インカレ2部での強さは暑さで他の選手が疲弊する中仕掛ける余力があったということではないでしょうか?

    今回は組の下位でしたが自己ベストは出せているのでこのままスピードを身につけていけば日本のトップ層と渡り合う事も夢ではないと思います。

    • hakonankit より:

      >シセンさん
      吉田選手は、箱根駅伝も毎年走っていましたし、持っているスタミナは、3000m障害をしている選手の中でも高い方なのかもしれません。埼玉医科大Gはトラック比較的力入れている印象なので、総合力高くなってくると、本当に面白いかもです。