スポンサーリンク

【結果】第1回亜細亜大学長距離競技会(2022年1月16日)

新たなトラックレースも始まります。

2022年1月16日(日)に、
第1回亜細亜大学長距離競技会が行われます。

亜細亜大で、初めての公認記録会の開催ですね。

エントリーは亜細亜大中心ですが、東京経済大・日本大・桜美林大なども
一部エントリーがありました。

いつものように駅伝チーム別にエントリーをまとめていきます。

スポンサーリンク

【結果】第1回亜細亜大学長距離競技会

結果速報サイト

5000m
1位島田 匠海14分21秒41 埼玉医科大G
3位宮川慎太郎14分29秒07 警視庁
4位石綿 宏人14分31秒52 埼玉医科大G
5位パトリック ムエンド ムワカ14分33秒67 東京陸協
6位大久保誠吾14分44秒61 朝霞市陸協
10000m
1位長山瑞季29分39秒75 埼玉医科大G

 埼玉医科大Gの選手が何人か出場しています。今回はあまりタイムが伸びる条件ではなかったですが、トップを取ってくるのはさすがですね。長山選手が、来年のNY駅伝に出場できれば。

スポンサーリンク

東京経済大学結果まとめ

10000m
2組
下田大翔①30分12秒87
下津開生①31分53秒36

 東経大は、有望な1年生がトラックへ。下田選手が踏ん張りました。

日本大学結果まとめ

10000m
2組
橋口大希④30分10秒55

 橋口選手が、大会に続けて出られるようになっていますね。

亜細亜大学結果まとめ

5000m
2組
成田翔馬①15分14秒41
柿木奎又②15分27秒09
徳弘直也③15分28秒68
野村純也③15分31秒06
中島一成②15分38秒29
永井康生②15分42秒55
齋藤瑞希③15分47秒88
沼田良太①15分52秒34
片桐大樹①15分56秒36
3組
外間郁也②14分50秒42
中西勝輝②14分57秒81
門田雄誠②15分07秒48
海田 悠③15分42秒42
大森惇史①15分43秒44
山田蓮太②15分58秒21
4組
2位片川祐太①14分27秒04
吉岡祥希③14分58秒69
吉岡竜希③15分00秒78

 5000mに片川選手が出場。全体的には記録が出なかった中、14分27秒は良かったのかなと思います。

10000m
1組
永田将也①31分34秒42
堤 亮雅①31分40秒70
白坂秀虎①32分15秒88
吉田瑠樹③32分18秒33
2組
藤田寛大③29分55秒13
佐藤 颯③30分29秒91
横山隼人③30分56秒77
中原胡太郎①30分58秒38
大迫一樹③31分01秒02
稲森優翔①31分12秒83
古川大翔③31分52秒55
人見淳生③32分37秒05
坂口 歩②33分00秒55
DNF森田大介①

 イヤーエンドハーフマラソンで64分台を出していた藤田選手が、ここでも29分55秒。ここのところ好調ですね。3000m障害に強い佐藤選手もまずまず粘りました。

【結果】2021 上尾市陸上競技選手権冬季大会

2022年1月16日(日)には、別の大会も行われています。

[競技結果]

日本薬科大学
中山雄太③29分29秒78
中野魁人③29分39秒03☆
波多江陸人①29分57秒40★
矢板慈生①30分34秒88★
福永一聖②30分53秒28
大塚弘翔②31分10秒40
設永凱暉②31分13秒97
榎本正樹①31分16秒35
香西祐一朗①31分25秒89
西村幸樹①31分27秒99
近 友哉②31分29秒71★

 日本薬科大のランナーが、上尾市冬季大会に出場。中山・中野選手が大会記録レベルのようですね。なお、波多江・矢板選手がわずかながら自己ベスト更新。育ってきているランナーも出てきていますね。