スポンサーリンク

【結果】Akabane10㎞チャレンジ※赤羽ハーフ2022代替(1月16日)

このご時世ですが、開催されるロードレースがあります。

2022年1月16日(日)に、
Akabane10㎞チャレンジがあります。

毎年この時期の行われた、赤羽ハーフの代替大会となっています。

最長で10㎞のロードレースが行われ、
団体戦も行われるようです。

実業団ではコモディイイダ、
大学駅伝では、日体大・駿河台大・大東大・日大なども参戦!
それぞれの結果が楽しみです。

スポンサーリンク

【結果】Akabane10㎞チャレンジ

ほとんどの有力選手が、11時スタートの10㎞Aの部に出場します。

スポンサーリンク

上位結果

[全体の結果]

10㎞男子陸連登録
🥇川内優輝28分53秒 AD損保
🥈松村陣之助28分59秒 コモディイイダ
🥉ウィリー キプセレム29分02秒 コモディイイダ
4位宮本甲斐29分09秒 コモディイイダ
5位黒田雄紀29分16秒 コモディイイダ
6位稲田翔威29分17秒 コモディイイダ
7位辻川 諒29分19秒 千葉陸協
8位田辺佑典29分31秒 サンベルクス

 コモディイイダのエース松村選手が頑張る中、まさかの川内選手が優勝!突き放していますし、本当に強かった!ロードでも28分台、調子あげてきていますね!

 また、4位宮本選手は、現役ラストランだそうです。何人かのチームメイトにも競り勝って、有終の美を飾りました。

10㎞大学生単男子
🥇古川大晃(D1)29分07秒 東京大大学院
🥈大川歩夢③29分38秒 東京経済大
🥉下尾悠真②29分39秒 日本大
4位新田 楓③29分43秒 育英大
5位富永椋太①29分44秒 日本体育大
6位原田愛星②29分49秒 日本大
7位松浦凛太郎③29分53秒 日本体育大
8位小山優輝①29分55秒 東京経済大
9位石川晃大②29分55秒 東京経済大
10位倉田 蓮③29分57秒 大東文化大

 学生トップは、東大院古川選手が断トツのトップ!29分07秒で、全体のトップ争いに参加しています。

 そのほかでは、東経大エース大川選手が29分38秒まずまず。若手の選手も30分を切っていますね。日体大は箱根ランナー以外が29分台、日大は新主力下尾・原田選手が好走しています。

公認赤羽10㎞レース 第13回東京・赤羽ハーフマラソン代替大
動画:
TASUKIソリューション

団体戦結果

[団体戦全体結果]

10㎞大学生対抗抜粋
1位東京経済大1:29:28
(大川2938、小山2955、石川2955)
2位日本体育大1:29:42
(冨永2944、松浦2953、住原3005)
3位日本大1:29:58
(下尾2939、原田2949、谷口3030)
4位育英大1:30:30
(新田2943、元村3023、谷地中3024)
5位大東文化大1:31:02
(倉田2957、井田3026、佐々木3039)
6位立正大1:32:36
(牛崎3015、木實3054、坂田3127)
7位駿河台大1:33:51
8位帝京平成大1:35:27
9位東京大1:35:56
10位東洋大1:36:47
11位上智大1:38:04
12位学習院大1:38:17
13位東京大大学院1:39:08
14位富士大1:50:04

 大学対抗の部としては、東京経済大が優勝!大川選手以外にも、29分50秒台の選手が3選手いました。上位3名が29分台は東経大唯一。日体大・日大らを破ったのは自信になるのではないでしょうか。

 また、4位育英大も健闘。新田選手が29分台でしっかり走っています。

駅伝チーム別結果まとめ

※速報タイムです

コモディイイダ
2位松村陣之助28分59秒
3位ウィリー キプセレム29分02秒
宮本甲斐29分09秒
黒田雄紀29分16秒
稲田翔威29分17秒
大久保陸人29分34秒
木田貴大29分38秒
青木雄貴29分42秒
工藤 颯30分02秒
梶山拓郎30分04秒
小林宏輔30分16秒
五郎谷俊30分37秒

サンベルクス
田辺佑典29分31秒
山本大貴29分37秒

 コモディイイダが多く出場しましたね。松村・キプセレム選手がしっかり貼りしました。主要区間を担う黒田・稲田選手もやっぱり強いです。

日本体育大
10㎞
富永椋太①29分44秒
松浦凛太郎③29分53秒
住原聡太①30分05秒
山下大毅①30分10秒
石川龍芽①30分22秒
濱田大翔①30分24秒
三好紘生②30分35秒
藤井健太②30分38秒
河合瑛希①30分43秒
谷口貴亮③30分50秒
大谷 翼①30分58秒
平野 亮②31分19秒
鷺 勇樹①32分10秒

 日体大は1年生が多く出場、富永選手が29分44秒でチームトップでした。また、3年松浦選手が29分53秒チーム内2番手で意地を見せています。

駿河台大学
10㎞
濱本零士①30分36秒
柏俣海斗②31分24秒
中坂洸晟②31分51秒

 1年生濱本選手が30分36秒健闘しています。

大東文化大学
10㎞
倉田 蓮③29分57秒
井田 春③30分26秒
佐々木真人①30分39秒
木山 凌③31分39秒
久保颯斗①32分08秒

 大東大は、来年4年生になる選手にやや差がありましたかね。倉田選手が久々好走29分57秒です。井田・木山選手は今回は時間かかりましたかね。

東京経済大学
10㎞
大川歩夢③29分38秒
小山優輝①29分55秒
石川晃大②29分55秒
村田悠樹②29分59秒
松浦礼穏②30分37秒
蟹江達樹②30分48秒
小池 彪③31分08秒
島津謙介③31分35秒
名取空悟②32分05秒

 大学対抗の部で優勝した東経大。大川選手以外に、小山・石川・村田選手が29分50秒台で雪崩れ込んだのが決め手ですね。松浦・蟹江選手も30分台。昨年末からの好調はまだまだ続いています。

日本大学
10㎞
下尾悠真②29分39秒
原田愛星②29分49秒
谷口 賢②30分30秒

 日大は、来年主力になる3選手限定で出場したようですね。今季好調の下尾選手がしっかり29分39秒、原田選手もだいぶ勢いが戻ってきていますかね。

育英大学
10㎞
新田 楓③29分43秒
元村航大③30分23秒
谷地中雄大③30分24秒
田所功妃②31分17秒

 育英大は本当に強い選手が増えてきていますよね。新田選手が29分台、元村選手が30分台、谷地中選手久々に名前を見ましたが、しっかりまとめていますね。

関東学院大学
10㎞
平川豪流②30分38秒
青﨑僚雅③33分03秒

立正大学
10㎞
牛崎竜空①30分15秒
木實優斗①30分54秒
坂田陽朗③31分27秒
遠山和希②31分49秒
宮岡陸斗①32分02秒
渡辺大仁①32分10秒
西堀伶於②32分17秒
梶原一柊①32分39秒
渡部 颯①32分44秒
平松幸記③32分54秒

 立正大も少しずつ強くなってきていますね。1年生の世代では牛崎選手が抜け出しつつありますかね?なお、たまたまですが、レイリーチャンネルで動画主と並走している場面も多いので、見てみてください。

東京大学
中根美七海③31分16秒
金山裕生④32分14秒
瀬川莉玖③32分26秒
金吉一穂①34分13秒

1位古川大晃(D1)29分07秒
松本啓岐(D2)30分48秒
廣田 敏(D3)39分13秒

 東大院古川選手以外にも、松本選手が30分台でまとめています。時折、箱根予選でも学部生チームに迫るだけありますね。

その他まとめ
大久保友貴④30分28秒 帝京平成大
鍜治 晃①30分58秒 清和大
石嵜寛之②31分45秒 上智大
寺澤龍之輔31分37秒 筑波大大学院
川西優和④31分53秒 獨協大
梶山拓真④32分01秒 学習院大
森山功稀②32分17秒 帝京平成大
深澤 陸④32分28秒 筑波大
西河豪志③32分42秒 帝京平成大
河村東哉①32分44秒 学習院大
 箱根予選常連の帝京平成大がまずまずですかね。4年生-エス大久保選手以外にもまとめているランナーが出てきています。