スポンサーリンク

【ご当地ランナーは!】出生地別に箱根駅伝2022区間エントリーを並び替えた

箱根駅伝2022の区間エントリーが発表され、
いよいよ本戦ムードとなってきましたね。

当サイトでもまとめてあります。

箱根駅伝2022区間エントリー発表ですね! 皆さんの注目のあの選手はエントリーされているのか! 花の2区、駒大・田沢と青学・近藤のエ...

こちらでは、
選手の出生地別
全大学の区間オーダーを並び替えたものを掲載します。

ご当地選手を応援したい方向けです。

ただし、エントリーに関して注意点があります。

※注意点※
・今回の発表は暫定の区間オーダーです。
・箱根当日に、補欠から1日最大4選手、2日間で最大6選手変更可能
・病気や怪我だけでなく、戦略的な意味での変更可能

 29日区間オーダーはあくまで暫定です。本オーダーは当日確定するということ。あえて主力選手を控えに回して、他校の動向を見る。当日まで熟考する、

 あるいは当日までに体調に異変をきたした選手に対応することもあります。

 10年以上、箱根駅伝ブログをしている、主の個人的な予想・解説は付け加えますが、限度はあります。

 10区間に対して最大6名変更できるので、半分近く変わると思います。当日の情報も、きちんとチェックして、最終区間オーダーを見て下さい。

スポンサーリンク

【出生地別】箱根駅伝2022区間エントリーを並び替え

選手名赤文字…その大学のエース格の選手、ほぼ確実に走る

区間エントリー名前横に△…当日変更で出走しない可能性が高そうな選手

選手名横特になし…出走するかどうか微妙

となっています。あとは個人的な解説を付けます。

また、詳しい出身中学・高校を知りたい方は
以下を参照ください

スポンサーリンク

北海道東北出身①(青森・岩手・宮城)

北海道
1区小野隆一朗② 帝京大
6区杉本龍陽③ 明治大
9区長田駿佑④ 東海大
9区金橋佳佑④ 明治大 △

補欠
村上太一② 東洋大
藤木宏太④ 國學院大
富田峻平③ 明治大※出身中学・高校は千葉県
村上航大③ 上武大(連合)

 一番の注目選手は、現在補欠の國學院大の藤木選手になりますね。過去3年連続1区ですが、最後の箱根はどこに入るでしょうか。明治大富田選手や連合の上武村上選手も万全ならどこかに入ると思います。この他にも、帝京小野選手ら何人か走ると思います。

青森県
2区田澤 廉③ 駒澤大
9区柏 優吾③ 東洋大

 連覇を狙う駒大のエース…もとい日本代表クラスの選手となった駒澤大田澤選手に、大きく注目ですね。有言実行も多いですが、今回は、「日本人トップは最低限」。エース区間でどこまで。また、9区配置の柏選手も、東洋大の主力選手。おそらく走るはず。

岩手県
10区佐々木詩音④ 専修大

補欠
佐藤慎巴④ 日本体育大
武田和馬① 法政大

 専修大佐々木選手は、箱根予選で3年連続安定した成績を残している選手。最終学年で掴めるか。日体大佐藤選手も、出走有力候補でどこかに入ってくると思われます。

宮城県
1区児玉悠輔③ 東洋大
3区遠藤大地④ 帝京大
8区坪井海門④ 山梨学院大
8区稲毛祟斗② 法政大
補欠
松倉唯斗④ 山梨学院大
川上有生③ 法政大

 なんといっても、3区職人の帝京大遠藤選手がいますね。1年時から区間3位、区間2位(日本人トップ&3区日本人記録樹立)、区間4位。秋から好調の最終学年は、どこまで伸ばしてくるでしょうか。

 他では、東洋大の1区職人の児玉選手はおそらく出走。山梨学院大と法政大が2名ずついます。過去の実績では、松倉選手と川上選手は出走する可能性は高いです。

東北出身②(秋田・山形・福島)

秋田県
5区吉本光希③ 中央学院大※出身中学高校は、千葉県
8区鈴木玲央③ 神奈川大

補欠
竹村拓真③ 東海大
高橋銀河② 神奈川大
髙田尚暉① 山梨学院大

 今年ぐっと逞しくなった、中央学院大の吉本選手が一番の注目選手ですかね。ロードと上りには自信があるようで5区で注目。補欠に入っている神大高橋選手ら3選手も出走の可能性が高いです。どちらも往路・復路の可能性ありますので、当日要チェックです。

山形県
3区大沼 翼③ 東洋大 △
3区金澤有真③ 東海大 △
5区細谷翔馬④ 帝京大
7区川口航士郎④ 山梨学院大
8区大野陽人③ 大東文化大(連合)

補欠
志貴勇斗② 青山学院大
四釜峻佑③ 順天堂大
東海林宏一① 中央大
大泉真尋② 神奈川大
加藤亮太① 駿河台大
田島洸樹② 専修大

 山形県エントリーが多いですね。一番の注目は、帝京大5区細谷選手。前回区間賞を獲得している選手です。今年もその健脚を見ることができそうです。また、順天堂大今年急成長の四釜選手も走ればかなり期待できる選手。順大オーダーが読みにくいですが、2区か5区だと思います。

 後の選手は当落線上の選手が多いでしょうかね。連合の大東大大野選手は走りそうな気がしますが、あとはなんとも言えません。当日チェックですね。

福島県
2区松山和希② 東洋大
6区久納 碧④ 法政大
8区櫛田佳希③ 明治大
9区宗像 聖③ 東京国際大

補欠
吉田 凌① 創価大
清野太雅③ 東洋大
半澤黎斗④ 早稲田大
加藤広之④ 日本体育大
岩谷 翼③ 山梨学院大

 福島県は、なんといっても東洋大の松山選手ですね。前回は、当時ルーキーながら2区を任され好走しています。今年は怪我もありながらも、エース区間2区間に合いました。今年もチームの順位をあげていけるでしょうか。

 このほかでは、東京国際大宗像選手もロードで安定しています。出雲駅伝では優勝メンバーの一人でしたね。明大櫛田選手も怪我が多いですが、ロードは強い選手。8区で準備していそうな予感です。

関東出身①(茨城・栃木・群馬・千葉)

茨城県
1区湯原慶吾④ 青山学院大
1区山谷昌也③ 東京国際大
4区木本大地③ 東洋大 △
8区石川航平④ 國學院大

補欠
渡邉正紀④ 東京国際大
鈴木聖人④ 明治大
助川拓海③ 中央大
荻沼直人③ 中央学院大
福井大夢③ 国士舘大

 走力で一番高いのは明治大の鈴木選手ですね。過去2年連続5区山登りでしたが、今年はおそらく2区か3区。前半の主要区間で勝負となっていきそうです。また、東京国際大今年ブレイクの山谷選手が堂々の1区。上位でエース区間に繋げるでしょうか。

 あとは国士大の福井選手は、順当なら6区山下りに入るか。中大助川選手は出走選手ボーダー上だと思います。青学湯原選手は…どうかなぁ…。

栃木県
3区小暮栄輝① 創価大 △
6区工藤巧夢① 中央学院大
7区海老澤憲伸① 順天堂大 △
補欠
野澤巧理④ 東京国際大
町田康誠③ 駿河台大

 補欠に入っている2名の選手は走るはず。東京国際大野澤選手は全日本7区で途中までトップをひた走った選手。4区か復路のどこかのはず。初出場の駿河台大の町田選手は、同校の主力選手。2区など往路の主要区間と思われます。

 区間エントリーされた3選手の1年生は、交代要員かなぁと思いますが…。復路の2名は何とも言えないところです。

群馬県
1区北村 光② 早稲田大 △
1区栗原啓吾④ 中央学院大
1区木榑杏祐④ 国士舘大
4区小林政澄② 神奈川大
8区千明龍之佑④ 早稲田大
8区池原悠月① 駿河台大
9区森田瑛介④ 帝京大
9区辻野大輝③ 武蔵野学院大(連合) △
10区三浦瞭太郎④ 東京国際大
10区諸星楓大③ 育英大(連合)

補欠
寺嶌渓一④ 帝京大
島崎慎愛④ 國學院大
新井大貴③ 帝京大
宗像直輝② 法政大

 群馬県は注目すべきランナー多いですね。中央学院大栗原選手は、2大会前区間5位好走。今年は箱根予選日本人トップの走りで、チームを復活に導きました。最後にまた爆発力を見せるか。

 また、國學院大島崎選手も有力ランナーですね。2年連続山下り6区でしたが、今年は1区を熱望。國學院大は、今回ほとんどの主力選手が控え、さてどこに配置されるか。国士大木榑選手もおそらく走ります。1区に集中するかも?

 あとは、早大の主将を務める千明選手は、2年連続8区か。怪我明けですが、持っている走力は、このメンバーでは一番高いくらい。どこまでいけるか。帝京寺嶌選手や、連合の育英大諸星選手も出走の可能性は、実績からすると高そうです。

千葉県出身
2区吉田礼志① 中央学院大
3区佐藤条二① 駒澤大
3区荻原陸斗④ 国士舘大
4区石井一希② 順天堂大
5区杉本将太③ 東海大
5区成毛志優④ 山梨学院大
6区篠原倖太朗① 駒澤大
6区川上勇士③ 東海大
6区鈴木康也① 麗澤大(連合)
7区安田博登③ 早稲田大 △
7区中園慎太郎③ 法政大
8区岩間 暁④ 専修大
9区中村唯翔③ 青山学院大
9区服部友太④ 専修大

補欠
佃 康平④ 駒澤大
前田義弘③ 東洋大
飯田貴之④ 青山学院大
佐藤一世② 青山学院大
大吉優亮② 帝京大
吉田光汰④ 中央学院大
中島稜貴③ 中央学院大
南 里樹③ 専修大

 千葉県出身は非常に多いですね。2強では、駒大ルーキーが、佐藤選手3区と篠原選手6区にエントリー。前哨戦でも好走していますし、そのまま出走か。佃選手もどこかにエントリーされるはず。

 青学大は主力の飯田・佐藤選手が補欠。佐藤選手はともかく、5区山登りと思われた飯田選手の補欠に、波紋が広がっているようで。当日まで注目ですねぇ…。東洋大前田選手は、おそらく往路3区か4区どちらか。しぶとい走りを今回も見せるか。

 個人で注目は、東海大川上選手で、6区山下り区間賞候補の一人になるほど勢いがあります。4区の順大石井選手も駅伝毎度安定しています。

 他には、中央学院大で1年生ながら2区エース区間となりそうな吉田選手、補欠の吉田選手は9区配置か。他にも国士大荻原選手ら出走するだろう選手は、まだまだ多そうです。

関東出身②(埼玉・東京・神奈川・山梨)

埼玉県
1区唐澤拓海② 駒澤大
1区中山雄太③ 日本薬科大(連合)
2区伊地知賢造② 國學院大
2区手島 駿④ 中央大
3区沼井悠斗① 國學院大 △
4区関口雄大③ 青山学院大 △
4区分須尊紀① 日本体育大
5区永井竜二③ 駿河台大
7区宮坂大器③ 青山学院大
7区松井尚希④ 中央学院大
7区長谷部巧人② 駿河台大 △
7区江口達宗④ 専修大
7区西田大智① 国士舘大 △

補欠
青柿 響② 駒澤大
佐藤真優② 東洋大
奥山 輝② 東洋大
市村朋樹④ 東海大
村越凌太③ 日本体育大
清野太成③ 駿河台大

 埼玉県はなんだか区間が偏ってる?(笑) 1区に有力選手が集まっていますね。駒大はスピードランナー唐澤選手、さらに要注目の学生連合の日本薬科大中山選手も面白いランナーです。見慣れない黄色のユニフォームに注目してみてください。

 1区はさらに、補欠から東海大市村選手や、僅かながら駿河台大清野選手の可能性もありますから、当日の情報チェック。

 2区には、國學院大新エースとなった伊地知選手に、中大手島選手も注目です。4区日体大分須選手、5区駿河台大永井選手もおそらく走るでしょう。

 7区になぜか5選手エントリー固まっています。ただ、当日交代する可能性がある選手も何人かいるかなぁ。青学宮坂・中学松井選手は、走る可能性高いように思います。

東京都
4区嶋津雄大④ 創価大
4区石塚陽士① 早稲田大
4区高須賀大勢② 法政大 △
4区今井隆生④ 駿河台大
5区福谷颯太③ 筑波大(連合)
10区室伏祐悟④ 早稲田大 △

補欠
白鳥哲汰② 駒澤大
鎌田雅稀② 東京国際大
小泉 樹① 法政大

 東京大は中盤区間に固まりましたね。前回創価大往路優勝に大きく貢献した嶋津選手が、今年もしっかり4区。また爆発力の走りを見せてくれるでしょうか。駿河台大31歳元教職員ランナーとして話題の今井選手も東京都出身。その雄姿を焼き付けたい。

 このほかでは、連合チームの筑波大福谷選手は有力選手ですね。法大小泉選手も期待のルーキー、どいこかに入ってくるはずです。

神奈川県
1区内田隼太③ 法政大
2区鎌田航生④ 法政大
2区並木寧音② 東京農業大(連合)
3区斎藤俊輔④ 立教大(連合)
5区金子伊吹② 駒澤大 △
5区下條乃將③ 明治大
6区濱野将基③ 創価大
6区横澤清己④ 神奈川大
6区横山佑羽④ 専修大
9区中武泰希④ 創価大
9区石部夏希③ 山梨学院大
10区坂本健悟③ 國學院大
10区山本 燎④ 法政大 △

補欠
相澤龍明④ 國學院大
丹所 健③ 東京国際大
佐久間秀徳④ 明治大
児玉真輝② 明治大
中澤雄大③ 中央大
中山敦貴② 専修大
小早川寛人④ 国士舘大
綱島辰弥③ 国士舘大
桐山 剛④ 拓殖大(連合)
厚浦大地④ 関東学院大(連合)

 神奈川県はさすが有力選手多いですね。法政大は、高校時代の先輩後輩の1区内田選手2区鎌田選手のリレーが実現しそう。また、連合チームの農大並木選手と立教大斎藤選手も、同じ神奈川県出身。このあたりのリレーは楽しみですね。

 補欠からも明治大児玉選手に、東国大丹所選手がおそらく往路序盤投入。児玉選手は2区か3区、丹所選手は監督が3区と明言されています。それぞれエースの走りに注目。

 6区にも選手が集まりましたね。前回トップをひた走った創価大濱野選手だけんでなく、神大横澤選手、専大横山選手もおそらく走ると思われます。創価大は9区中武選手も注目です。

 あとは中大前回7区の中澤選手や、国士大前回10区綱島選手あたりも、当日変更でどこかに入ってくると思われます

山梨県
5区宮下隼人④ 東洋大

補欠
橘田大河③ 山梨学院大

 山梨県は、東洋大宮下選手となりますよね。2年時に、山登り5区区間記録保持者、前回は区間3位、今年は故障など紆余曲折ありましたが、やはり5区エントリー。最後どんな走りを見せるか。あとは、山学大橘田選手は、走るとすると8区と思います。

北信越地区(新潟・富山・石川・福井)

新潟県
4区宮下資大④ 流通経済大 △
6区小泉 謙③ 駿河台大

補欠
横田俊吾③ 青山学院大
岸本大紀③ 青山学院大
倉田健太④ 中央大

 新潟県は少数精鋭ですね。青学大間違いなくポイントとなるだろう岸本選手は現時点で補欠。競り合いが得意なので、入るなら往路のどこか。同じ青学大横田選手も復路で走っておかしくない実力があります。6区山下り駿河台大小泉選手もチェックの選手です。

富山県
2区榊原嵩史④ 駿河台大 △
10区東山静也③ 駒澤大

 富山県から2名エントリー。このうち走る可能性があるのは駒澤大東山選手。全日本駅伝5区デビューし、その後の記録会も良かったです。アンカーで優勝のゴールテープを飾るでしょうか。

石川県
4区中西大翔③ 國學院大
7区新矢連士④ 駒澤大 △
9区岡嶋 翼④ 日本体育大

 石川県は、やはり國學院大の中西選手ですね。1年時4区、2年時2区、そして今回また4区となります。今年は故障や不調に苦しみましたが、往路エントリーは調子が戻ったとみていいのかもしれません。

福井県
5区山本雷我② 国士舘大
7区山森龍暁② 創価大
8区清水悠雅③ 国士舘大

補欠
田中悠登① 青山学院大
平林清澄① 國學院大
川口 慧④ 神奈川大
出仙龍之介③ 駿河台大

 福井県は、國學院大若きエースとなっている平林選手が一番の注目選手。2区かなと思いましたが、もしかすると復路のエース区間9区になるのかな?優勝へカギを握る選手です。

 国士大は5区山本雷8区清水悠選手と2人エントリー。万全ならそのまま出走かな?創価大山森・神大川口選手も有力ランナー。青学大田中・駿河台大出仙選手は、復路なら可能性あり。もしかすると全員出走あるかもです。

長野県
2区松崎咲人③ 東海大
5区伊藤大志① 早稲田大
6区髙橋勇輝④ 青山学院大
6区矢島洸一④ 山梨学院大
6区長谷川潤④ 国士舘大 △

補欠
中谷雄飛④ 早稲田大
越 陽汰① 東海大
宇津野篤② 神奈川大
清水拓斗④ 国士舘大
木村暁仁② 専修大

 さすが佐久長聖ある長野県は有力ランナーが多い。早大エース中谷選手はおそらく1区か2区、5区伊藤選手とともに早大の中核を担うことになりそう。東海大もエース区間2区に松崎選手、越選手が3区に入る可能性ありですね。

 また、神大宇津野・国士大清水拓・専大木村選手もチームの主力格。当日変更でどこかに入ってくると思われます。やはり注目選手多いです。

東海地区(岐阜・静岡・愛知・三重)

岐阜県
5区殿地琢朗④ 國學院大

補欠
加藤大誠③ 明治大出身中学・高校は九州方面
安田 響④ 神奈川大

 まずは、激坂王を制した”ドンちゃん”こと國學院大殿地選手に大きく注目。5区区間賞候補の一人に名乗りを上げています。どこまで順位を上げていけるか注目。

 また、明大加藤選手は、2年連続2区を走った実力者。今年は復路かな?神大安田選手は、走れば4年連続8区出走となりますが、当日変更に注目です。

静岡県
2区西方大珠④ 神奈川大
3区太田直希④ 早稲田大
4区小澤大輝③ 明治大
7区漆畑徳輝② 日本体育大
8区村松敬哲② 東京国際大
8区堀田捷仁① 中央学院大 △
10区落合葵斗④ 神奈川大
10区望月 武③ 国士舘大

補欠
鈴木芽吹② 駒澤大
吉田 響① 東海大
鈴木創士③ 早稲田大
西澤侑真③ 順天堂大
大畑怜士④ 日本体育大
河田太一平③ 法政大
堀田晟礼① 中央学院大

 静岡県も有力ランナー多いですね。区間エントリーでは、2区神大西方、3区早大太田、4区明大小澤選手それぞれ主力選手ですね。補欠では、なんといっても駒大鈴木選手。復調はしているとのことなので、走るはず。さてどの区間に当日入ってくるか。

 そのほか、早大鈴木・法大河田選手は過去4区で好走している選手。今年も入ってくるかどうか。日体大大畑選手もチーム内実力者、当日往路に入ると見ます。

愛知県
2区近藤幸太郎③ 青山学院大
2区河合陽平④ 早稲田大 △
3区松本康汰③ 法政大
3区武川流以名③ 中央学院大
6区桝本匡哉② 早稲田大
7区白井勇佑① 東京国際大
8区蝦夷森章太④ 東洋大
10区中倉啓敦③ 青山学院大
補欠
葛西 潤③ 創価大
西脇翔太② 帝京大

 愛知県からは、優勝候補青学大から2名。エースに成長した近藤選手が2区、中倉選手は2年連続で10区出走濃厚でしょうかね。チームを優勝に未備蓄ことが果たしてできるかどうか。

 また、創価大葛西選手も非常に強いランナー。当日変更で1区か3区に入って、また創価大旋風を巻き起こすキーマンです。あとは法大松本・中学武川選手もチームの主力です。

三重県
1区吉居大和② 中央大※中学愛知、高校宮城
4区伊藤秀虎② 中央学院大
8区九嶋大雅③ 日本体育大
9区小林篤貴② 神奈川大

補欠
山中秀真② 城西大(連合)

 大きな注目は、中央大吉居選手になりますね。ずっと藤原監督が公言していた1区エントリー。果たしてどのようなレース展開に持ち込むか。そのほかの選手も、補欠山中選手を含めて、全員走る可能性あるかな。1区の後も楽しみが続きます。

関西出身(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)

滋賀県
2区中村風馬④ 帝京大
7区居田優太② 中央大

補欠
安原太陽② 駒澤大
松田爽汰③ 創価大
梶谷優斗① 東海大
水谷勇登② 専修大

 エントリー選手では、帝京大中村選手が2区ですね。最終学年どんな走りを見せるか。駒澤大は、今年の大学駅伝大活躍の安原選手が控え。果たしてどこに入ってくるか。往路で戦うのもあり、復路で追撃もありです。あとは、専大水谷選手は、チーム内主力選手。おそらく往路に入るはず。

京都府
6区服部壮馬① 順天堂大
8区赤星雄斗② 駒澤大

 少数精鋭ですね。順大は、スピードのある服部選手を6区山下りへ。駒大は、全日本駅伝で活躍した赤星選手を8区へ。ポイントになると思います。

大阪府
4区本間敬大④ 東海大
4区堀畑佳吾③ 東京国際大
9区荒木勇人③ 順天堂大 △
補欠
新家裕太郎③ 創価大
馬場竜之介④ 中央学院大
小島慎也③ 中央学院大

 大阪府、最も有力ランナーは、東海大本間選手ですかね。陸上人生ラストランになります。有終の美を飾れるか。あとは、中央学院大の小島選手が万全ならどこかに入るか。他の選手は読みづらい印象です。

兵庫県
1区鶴 元太① 國學院大 △
2区藤本珠輝③ 日本体育大
3区水金大亮② 日本体育大 △
6区北野開平③ 帝京大
9区飯塚達也② 中央学院大 △
10区阪本大貴④ 駿河台大
補欠
三浦拓朗④ 中央大
井上大輝④ 中央大
新本 駿② 山梨学院大

 兵庫県は、日体大エース藤本選手にまず注目ですね。今年は各大会日本人トップレベルの活躍をしています。華の2区でどこまでやれるか。この他では、中大三浦選手が注目。順当なら、3区あたりでエースの走りをしてくると思います。

奈良県
3区中原優人① 神奈川大 △
6区林 優策② 東京国際大
6区盛本聖也③ 日本体育大

 奈良県は、6区で2名走ってくるのではと思います。日体大盛本選手は、1年時からずっと6区候補と言われていました。平地の走力もついて、満を持しての出走です。

和歌山県
5区若林宏樹① 青山学院大
10区井澗翔太② 中央学院大 △

補欠
野村優作③ 順天堂大

 和歌山県は、一気に注目になりましたね。5区山登りに、ルーキー若林選手。青山学院大優勝の命運を握ります。また、秋は不調に苦しんでいた順大野村選手の復調にも注目です。

中国出身(鳥取・島根・岡山・広島・山口)

鳥取県

補欠
桑田大輔② 創価大
山本龍神② 国士舘大

 鳥取県2名。2選手ともきわどいかなぁ。とはいえ、直近の大会からすると、創価大桑田選手は、エントリー変更で入ってくるかもしれません。国士大山本選手も前回1区出走しています。調子が上がってくればと思います。

岡山県
1区大森椋太② 日本体育大 △
2区藤原優希② 順天堂大 △
6区若林陽大③ 中央大
8区石井大揮② 創価大

補欠
田中佑樹③ 国士舘大

 岡山県は、中央大若林選手に注目ですね。3年連続6区山下りは濃厚、前回は58分台、今回は57分台を狙っています。

島根県

補欠
三浦龍司② 順天堂大

 島根県は、もうとにかく順大三浦選手に尽きるのですが…。さて、順大全体のエントリーが読めず。1区なのか、欠場なのか、7区なのか、まさかの華の2区もあるのか。さて注目ですよ。

広島県
2区新谷紘ノ介① 明治大 △
3区伊豫田達弥③ 順天堂大
4区中野翔太② 中央大
5区三上雄太④ 創価大
5区細迫海気② 法政大
10区吉田 周① 東洋大 △
補欠
北村惇生② 山梨学院大

 平地区間で一番注目なのは、順大伊豫田選手ということになりますね。前回も3区で好走、今年度もそのスピードは健在です。中大中野選手も実力がありおます。

 山登りも注目。前回往路優勝のゴールテープを切った三上選手が再びエントリー、法政大細迫選手も秘密兵器的存在らしい。ここの成績も楽しみですね。

山口県
5区阿部陽樹① 中央大
7区元永好多朗③ 帝京大
9区山野 力③ 駒澤大
補欠
菖蒲敦司② 早稲田大
安村晴樹④ 帝京大
国増治貴③ 専修大

 中大有力ルーキー阿部選手が5区山登りエントリー。さてどこまでいけるか。早大は、今年の成長株菖蒲選手は補欠に。往路・復路どちらでも出走の可能性がります。そのほかは、駒大山野選手が昨年に続き走れるかどうかに注目です。

四国出身(香川・徳島・愛媛・高知)

香川県
1区木山達哉③ 山梨学院大

 香川県は、山学大木山選手一人エントリー。前回7区、今年は主力選手に成長して1区にエントリーです。

徳島県
3区生田琉海② 東京国際大 △
8区橋本尚斗④ 帝京大

 徳島県は、帝京大エース橋本選手に注目…ですが、万全ならエース区間2区だったはず。もしかすると調子を落としているかもしれません。

愛媛県
1区巻田理空② 神奈川大
6区原 秀寿① 國學院大
7区梅崎 蓮① 東洋大
10区篠原 楓③ 山梨学院大

補欠
大内宏樹④ 日本体育大
清家 陸④ 法政大

 少数精鋭です。神大のエース巻田選手が1区、國學院大は6区山下り秘密兵器だろう原選手、東洋大梅崎選手は、1年生ながらロード巧者です。補欠では、法政大清家選手は万全なら9区か。日体大大内選手もチーム内実力者、どこかに入ると思います。全員出走あるかな??

高知県
8区田井野悠介③ 中央大

 高知県は、中央大田井野選手のみのエントリー。ロード巧者の8区に合いそうです。

九州出身①(福岡・佐賀・長﨑)

福岡県
1区千代島宗汰① 専修大 △
2区高瀬 桂③ 専修大
3区太田蒼生① 青山学院大 △
4区大坪幸太③ 駒澤大 △
5区神谷青輝① 順天堂大
5区倉掛 響① 東京国際大
5区吉冨純也② 日本体育大
7区松延大誠④ 國學院大 △
7区佐々木亮輔② 神奈川大
8区津田将希④ 順天堂大
10区本田晃士郎③ 創価大
10区吉富裕太④ 東海大
10区森 凪也④ 中央大

補欠
石田洸介① 東洋大
福島渉太① 帝京大
山本歩夢① 國學院大
杉彩文海② 明治大

 福岡県は、全区間に満遍なくいますし、補欠から入ってくる選手もいるでしょう。東洋大ゴールデンルーキー石田選手が、さてどんな走りを見せるか。おそらく3区か4区、今回も順位を上げていけるでしょうか。國學院大はルーキー山本選手もいい調子だそうです。

 1年生が全体的に多いですね。青学大太田、順大神谷、東国倉掛、帝京福島選手、それぞれ微妙ですが、出走を勝ち取ることができるか。

 他では、専修大のエース高瀬選手が満を持して2区エントリー。箱根予選日本人3番手の力を見せるか。日体大吉冨選手は、上り適性太鼓判だそうで、ひそかに楽しみなランナー。

 復路は非常にたくさんのエントリーですが、多くの選手が出場は非常に微妙なところ。勝ち取る選手は誰か、当日エントリー変更要チェックです。

佐賀県
1区平 駿介③ 順天堂大
4区末次海斗② 帝京大
5区山崎諒介③ 神奈川大
5区野下稜平② 専修大
8区西久保遼③ 青山学院大

補欠
吉岡智輝④ 順天堂大
牧瀬圭斗④ 順天堂大

 順天堂大多いのですよね。平・牧瀬・吉岡選手それぞれ出走のチャンスがありますね。勝ち取るのは誰でしょうか。5区山登りエントリーの神大山崎・専大野下選手は走ると思います。それぞれ期待です。

長崎県
1区溝口泰良② 創価大 △
1区溝口 仁② 東海大 △
4区冨永裕憂③ 専修大 △
9区扇  育③ 法政大 △
10区小林大晟① 帝京大
10区近藤亮太④ 順天堂大

 長崎県は、一番出走の可能性があるのは順大近藤選手ですかね。全日本7区長距離区間出走しています。同じく全日本7区出走の帝京小林選手も、1年生ながらアンカーありそくうです。

九州出身②(熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)

熊本県
1区入江泰世④ 駿河台大 △
3区園木大斗② 中央大 △
3区髙木翔瑛② 山梨学院大 △
3区松本圭悟③ 駿河台大 △
7区田島公太郎① 慶應義塾大(連合)
8区入田優希② 東海大
9区田尻 健④ 駿河台大
補欠
緒方貴典③ 創価大
井川龍人③ 早稲田大
高津浩輝③ 日本体育大
古川大晃(D1) 東京大大学院(連合)

 熊本県は、主力選手が補欠にいますね。早大井川選手は1区か2区。前回は1区で好走しています。創価大緒方選手は、今年のチームの成長株。往路・復路どちらも対応できます。連合チームの2名も入ってくるかどうか注目です。

大分県
4区三代和弥④ 国士舘大
10区橋本大輝④ 明治大
10区名村樹哉③ 日本体育大
補欠
花尾恭輔② 駒澤大
木付 琳④ 國學院大

 大分県は5選手全員出走する可能性がありますね。まずは駒澤大花尾選手。全日本アンカーで優勝のゴールテープを切ったのは、記憶に新しい。タフの区間のどこかで出走するはず。國學院大木付選手も、どの区間でも対応可能。どこに入ってくるでしょうか。

 そのほかの選手も、明治大橋本選手は主力の一角、国士大三代選手や日体大名村選手も希望区間に入っていますね。それぞれ楽しみです。

宮崎県
1区手嶋杏丞④ 明治大
3区曳田道斗① 明治大 △
6区九嶋恵舜② 東洋大
7区水野龍志① 東海大 △
9区佐藤航希② 早稲田大
9区湯浅 仁② 中央大
9区松井遼太① 国士舘大 △
補欠
冨永昌輝① 東京国際大

 明治大の手嶋選手は、希望の1区にエントリー。高い走力とラストスパートを活かして、好スタートを切ることができるでしょうか。他では、今年一回り成長した東洋九嶋選手の6区、全日本のリベンジを狙う早大佐藤選手の9区など注目です。

鹿児島県
4区伊東大輝③ 山梨学院大
7区漆畑瑠人③ 明治大

補欠
神薗竜馬② 東海大
山口賢助④ 早稲田大
有村祐亮③ 神奈川大
新山舜心② 駿河台大
竹井祐貴④ 亜細亜大(連合)

 山学大成長株の伊東選手が堂々4区にエントリー。どこまでやれるか。おそらく7区に入るだろう東海神薗選手、駿河台大の主力新山選手は果たしてどこに入るでしょうか。早大山口選手も昨年10区を走っていますから、出走の可能性ありです。

沖縄県
エントリーなし

 今回はエントリーなし。なお、石垣島出身の山学大1年生砂川選手が、エントリー争いに絡みましたが、今年は惜しくも16名に入らず。次年度に注目です。

海外出身(ケニア・マレーシア)

ケニア
2区フィリップ ムルワ③ 創価大
2区イエゴン ヴィンセント③ 東京国際大
2区ポール オニエゴ④ 山梨学院大
2区ライモイ ヴィンセント④ 国士舘大
3区ダンカン キサイサ① 専修大
補欠
ブヌカ ジェームス④ 駿河台大
ルカ ムセンビ③ 東京国際大

 まあ留学生はやはりみんなケニアですね。創価大ムルワ・東国大ヴィンセント・山学大オニエゴ・国士大ヴィンセント選手、それぞれ争いが楽しみです。そして駿河台大ブヌカ選手はやっぱり1区でいいのでしょうか??

マレーシア
9区瀬尾秀介② 國學院大△※中学・高校は神奈川県

 出生地でいうとマレーシアの國學院大瀬尾選手。多分今年は主力選手と変わると思います。ですがチームの成長株で期待の選手です。

********

改めて繰り返します。

※注意点※
・今回の発表は暫定の区間オーダーです。
・箱根当日に、補欠から1日最大4選手、2日間で最大6選手変更可能
・病気や怪我だけでなく、戦略的な意味での変更可能

 29日区間オーダーはあくまで暫定です。本オーダーは当日確定するということ。あえて主力選手を控えに回して、他校の動向を見る。当日まで熟考する、

 あるいは当日までに体調に異変をきたした選手に対応することもあります。

 10年以上、箱根駅伝ブログをしている、主の個人的な予想・解説は付け加えましたが、限度はあります。

 10区間に対して最大6名変更できるので、半分近く変わると思います。当日の情報も、きちんと最終区間オーダーを確認願います。