スポンサーリンク

【結果】10000m記録挑戦競技会(2021年11月23日)駅伝チーム別まとめ

箱根駅伝ファンが、毎年楽しみにしている記録会ですね。

2021年11月23日(火)10000m記録挑戦競技会が行われます。

箱根駅伝メンバー争いが行われる記録会は、
もう終盤に差し掛かりますね。

こちらでは、結果を大学駅伝チーム別にまとめ、
駅伝ファンとして、簡単な分析コメントを記載します。

スポンサーリンク

【結果】10000m記録挑戦競技会駅伝チーム別まとめ

関東学生陸上競技連盟

【10000m記録挑戦競技会YouTube配信(関東学生陸上競技連盟 公式チャンネル

スポンサーリンク

10000m8組結果

10000m9組結果

大学駅伝チーム別結果(箱根駅伝2022出場校)

駒澤大学
9組
唐澤拓海②28分43秒84
東山静也③28分56秒27★
青柿 響②29分05秒21
安原太陽②29分08秒88★

 最終組に、箱根駅伝でポイントとなりそうな選手が出場。唐澤選手が、世田谷246ハーフからの連戦ながら、28分台。少しずつ上がってきていますね。

 東山・青柿選手もまずまず。東山選手は初1万mで28分台は中々ですね。安原選手も連戦が続いた中、しっかり29分08秒で続いています。

 また、オンライン取材に応じた鈴木選手が、箱根駅伝を目指して復帰中とのこと。2区3区4区を狙っていくと宣言しています。駒大の選手争いも過熱してきています。

東海大学
1組
大脇皐聖①DNF
3組
氏家圭一郎①30分22秒68★
上里聡史②30分42秒97
金子鉄平②30分47秒32
丹羽祐太②30分52秒68
岸本琉生弥②31分54秒55
4組
守田彗登④30分48秒31
阿部 歩④32分15秒72
5組
永洞和希②31分02秒74
6組
吉井来斗②30分50秒90
7組
杉本将太③29分16秒89★
折口雄紀②30分21秒50
9組
松崎咲人③28分39秒46★
竹村拓真③28分54秒56★

 東海大は若手メンバーやラスト4年生の選手も出場していました。7組当たりから主力組。杉本選手が結果を残して29分16秒ベスト。3000m障害の選手ですが、さて箱根メンバーあるのか?

 最終組では、箱根駅伝でポイントになるだろう3年松崎・竹村選手が出場。どちらも28分台で自己ベストだったのは収穫。長期離脱していた松崎選手ですが…本当に2区あるかな?

帝京大学
2組
新野 佑④31分54秒95
徳田勝幸④31分57秒95
3組
西久保雄志郎①30分47秒21
山中博生①32分21秒13
5組
大花将太③30分06秒63★
吉岡尚紀③30分17秒14
元永好多朗③30分27秒85
林 叶大①31分02秒69
藤尾壮紀③31分10秒25
中野大地③32分19秒80
6組
福田 翔①29分37秒33★
安村晴樹④29分43秒76★
針谷咲輝②29分48秒10★
大吉優亮②29分55秒38★
高橋 崚③30分31秒52
近田達矢②30分36秒35★
大類 駿②30分50秒79
7組
北野開平③29分20秒57★
山田一輝③29分31秒05★
日高拓夢②31分38秒93
8組
森田瑛介④28分54秒05★
福島渉太①28分57秒49★
小林大晟①29分54秒35
末次海斗②30分39秒43
9組
寺嶌渓一④28分49秒24★
西脇翔太②28分57秒21★

 おー、きましたね。帝京大、いつも学連記録会で一気に自己ベストラッシュなります。6組あたりからぐっと記録が上がり始めました。4年安村選手29分台他、1年生福田選手の29分37秒がありましたね。7組は北野・山田選手が一気に台頭しています。

 8組9組は出走候補選手が出て28分台をマーク!森田・寺嶌選手が28分台で起用の目途、西脇選手も28分57秒と出走候補アピール。さらに1年生福島選手までもが28分台!小林選手とともにデビューなるか!?一気に平均タイムも縮まってきたと思います。

國學院大學
6組
板垣俊祐①29分38秒43★
本山凜太朗①30分03秒55
阿部優樹②30分10秒48
7組
鈴木景仁②29分24秒89★
三潟憲人①29分51秒59★
永谷連太郎③30分28秒04
8組
1位山本歩夢①28分41秒59★
瀬尾秀介②29分13秒24★
川崎康生③29分25秒26
松下祐介②30分34秒29
9組
木付 琳④28分37秒76

 國學院大も収穫多かったですね。6組では板垣選手、7組では1500m得意の鈴木・三潟選手が29分台。鈴木選手の方が29分24秒好タイムでした。

 8組以降は出走メンバー争いの選手。その中でルーキー山本選手がびっくり!PMの留学生の選手に引っ張られながらも28分41秒組トップのタイム!一気に箱根メンバーに名乗りを上げてきましたね。

 他にも2年生瀬尾選手が29分13秒とエントリーメンバーに連ねてもおかしくない記録。川崎選手も安定かな?最終組は、木付選手が出場。28分37秒と安定しています。國學院大も揃ってきましたね。

明治大学
2組
新野冴生②32分00秒72
9組
児玉真輝②28分32秒71

 MARCH対抗戦が前日の中、主力選手で児玉選手がただ一人出場!どうやら24日の夕方に外せない授業があったそうです。その中で、28分32秒71で全体トップを取るのですからさすがですね。箱根に向けて仕上げてきています。

山梨学院大学
1組
大西 陸①30分44秒67
関野稜介②32分21秒79
2組
長谷田英義①31分31秒83
3組
塚田翔伍②30分41秒73
4組
小野寺陣③30分11秒81
5組
澤田 啓②30分53秒83
橘田大河③31分30秒28
初田龍星③32分19秒80
7組
岩谷 翼③DNF

 山学大はレギュラーを狙うメンバーが出場。全体的に記録が伸び悩む中、3年小野寺選手が30分11秒まずまずかな。橘田選手がここにきてうまく走れなかったのが気がかり。

神奈川大学
8組
高橋銀河②28分57秒71★
落合葵斗④29分13秒94
横澤清己④29分19秒87
宇津野篤②29分32秒00
小林政澄②29分50秒35

 神奈川大は主力選手の一部が出場しています。2年髙橋選手が28分台自己ベストは収穫ですね。今年こそ主要区間で好走できるか。

 4年落合・横澤選手もベストに近いタイムで仕上がってきています。前回6区山下りの宇津野選手も何とかまとめてきました。

駿河台大学
4組
松本圭悟③30分15秒42
加藤亮太①30分35秒54
賀来葵伊①31分03秒17
古澤拓樹③31分05秒82
榊原嵩史④31分19秒98
松岡龍生③31分38秒34
5組
佐々木匠太④30分42秒78
6組
池原悠月①30分02秒16★
永井竜二③30分10秒27★
生田目大輔④30分46秒03
出仙龍之介③30分50秒67
金 悠斗②32分24秒56
小泉 謙③32分32秒15
8組
新山舜心②30分32秒23
9組
町田康誠③30分46秒29
清野太成③DNF

 駿河台大も大量に出場してきました。若い組では松本選手がベストに近い30分15秒でメンバー争い名乗り。

 6組からは、出走候補選手が出場。箱根予選は出走できなかった池原選手が30分02秒ベストで名乗り。永井選手も良かったですね。

 ただ、他の選手は苦しみましたね。町田・新山選手が30分オーバー、清野選手DNF。箱根本戦通過して、疲れもあると思いますが…。うまく仕上げられるか。

国士舘大学
2組
渡辺大喜①30分26秒39★
中島弘太①30分34秒78
野中創太②30分49秒60
齋藤正剛①30分56秒54
安達京摩②31分47秒75
4組
遠入 剛②30分05秒85★
田中佑樹③30分07秒65★
宮元雄大③30分19秒97
山本雷我②30分29秒81
鈴木伸弥①30分32秒09★
佐久間裕己④32分21秒89
所 倖平③32分29秒59
5組
望月 武③30分02秒64★
小早川寛人④30分23秒81
山本龍神②30分29秒58
清水悠雅③30分34秒58
島村広大④30分40秒13
佐藤悠貴也②30分42秒28
6組
西田大智①30分08秒44★
正木 楓①30分37秒58
松井遼太①30分48秒89
美谷佳輝①31分16秒37
7組
福井大夢③29分17秒51★
8組
ライモイ ヴィンセント④PM約28分40秒ペース
清水拓斗④28分50秒63★
荻原陸斗④29分11秒54
三代和弥④29分28秒76
綱島辰弥③29分43秒06
長谷川潤④30分34秒04
中西真大②31分08秒10
9組
木榑杏祐④28分52秒76★

 国士大もかなり多く出場してきました。若い組では、新戦力候補他、今は状態が落ちている主力選手も出場しています。収穫は4組で悩める大器遠入選手が30分05秒自己ベストマーク。少しずつでも長い距離が走れるようになれば。

 あとは望月・田中選手が30分一桁でまとめています。5組は小早川・山本・清水選手といった出走候補選手が30分半ば。ここから上がってくるかどうか?6組は1年生のみの出場。春先好調だった、西田選手が浮上してきて30分08秒ベストです。

 7組はまだ箱根未経験の福井選手が29分17秒自己ベスト。これなら出走メンバーに食い込めるか?8組はヴィンセント選手が、最終盤まで28分40秒PM。

 うまくついていったのは、清水選手で28分50秒自己ベスト!荻原・三代選手までまずまず。そのあとは明暗が分かれたか。9組木榑選手も28分52秒自己ベスト。やや差がありますが、主要区間候補の4年生がしっかり走れたのは収穫ですかね。

関東学生連合
7組
辻野大輝③29分22秒12★ 武蔵野学院大
古川大晃(D1)29分30秒41 東京大大学院
桐山 剛④DNS 拓殖大
8組
福谷颯太③29分41秒53 筑波大
厚浦大地④30分08秒16 関東学院大
9組
中山雄太③28分39秒64★ 日本薬科大
村上航太③29分11秒00 上武大
竹井祐貴④29分41秒60 亜細亜大

 やはりこの記録会には多く出場してきていますね。7組は現時点では10番手以降の選手の出場。武蔵野学院大の辻野選手が29分22秒まずまず。東大大学院の古川選手は、激坂王から連続出走ながらまとめていますね。

 8組は予選のタイムではトップだった筑波大福谷選手が出場。29分41秒とベスト届かなかったのが気がかりですが、ここからまた上がっていくか。厚浦選手は2度出走もベスト届かずとなっています。

 9組は主力として期待されている選手ですね。日本薬科大中山選手が積極的なレースで28分39秒64と高パフォーマンス!これは2区中山選手ありあえるか?村上選手・竹井選手も最低限まとめてきました。

 レース後は、16名揃って記者会見など。立教大斎藤選手が主将と発表されました。

箱根駅伝チーム別結果(それ以外)

拓殖大学
1組
林 優利①31分15秒54
入沢世良①31分34秒76
6組
佐々木虎太郎③29分34秒42
7組
小山晴空①29分30秒41

 拓殖大は、先週から連戦になりますね。その中で、佐々木・小山選手が頑張ったと思います。

筑波大学
3組
塚田萌成②31分06秒53★
永山龍吉③31分18秒05★
長谷川嵩汰②32分23秒26
4組
吉田海渡①30分18秒39★
7組
平山大雅②29分50秒24★
皆川和範②30分14秒89
國井辰磨③30分21秒92
8組
福谷颯太③29分41秒53
小林竜也③30分06秒04

 筑波大は若い組で自己ベストが多く出ましたね。4組では、高校時代まで中距離が主戦場だった吉田選手が30分18秒大幅ベスト。今後化けてくるかも??

 主力が出場した7組8組は自己ベストにもう少し届かない選手が多かったですかね…。その中で、平山選手が29分50秒といい走りをしたのが収穫です。

東京経済大学
1組
下津開生①31分43秒62★
9組
大川歩夢③28分33秒02★

 東京経済大は、エース大川選手がビッグパフォーマンス!最後まで先頭争いに残り、28分33秒の大幅自己ベストで大学記録をマーク。前回の箱根本戦に出場してからも、どんどん成長を続けていますね!

 大川選手の高校時代の5千mベストは15分台だったということですので、凄い成長率です!なお、決まるのはまだ先ですが、全日本予選初出場の可能性が出てきています。

日本大学
1組
山内大地②31分28秒41
大橋 優①31分25秒47★
桜庭啓真①31分51秒97
高木勇作①31分47秒87
中野春希①32分06秒89
早瀬乃亜①30分47秒00
2組
小倉竜路①31分29秒25
大川拓図①31分56秒69
大野雅也①32分09秒89
泉龍之介①DQ
4組
髙貝 瞬②30分57秒87★
原田愛星②31分07秒89★
早見英晃①31分13秒02★
5組
安藤風羽①30分09秒07★
7組
下尾悠真②29分19秒55★
谷口 賢②29分35秒62★
西村翔太②29分39秒44★
若山 岳③29分58秒80

 小川監督に、新たに武者コーチが復活する体制となった日本大。主力候補の選手が出場しましたが、ひとまずは結果が出ましたかね。若い組では、1年生安藤選手が30分09秒がまずまず結果。

 7組では、今季の成長株下尾・西村選手が本格的に1万m出走。下尾選手が29分19秒まずまずベスト。これに同学年の谷口選手が29分35秒と間に入ってきたが良かった。まずはベスト出たことにほっとしますね。

亜細亜大学
6組
河村 悠④30分06秒78
吉岡祥希③30分3秒98
山田蓮太②31分49秒44
7組
一瀬達也④29分47秒57★
8組
片川祐太①30分17秒81
9組
竹井祐貴④29分41秒60

 亜細亜大は主力選手を中心に出場。連戦の選手もいましたかね。4年生の選手が頑張って、河村選手が何とか30分06秒、7組一瀬選手が頑張り29分47秒をマークしています。

日本薬科大学
4組
福永一聖②31分55秒59
7組
中野魁人③29分39秒03★
波多江陸人①30分41秒32
9組
中山雄太③28分43秒83★

 エース中山選手に続く選手が出てくるかどうか。今回は中野選手が大幅ベストで29分39秒好記録!やはりこの世代ですね。久々に全日本予選出場したい。

関東学院大学
1組
森川凛太郎①30分37秒94
山口大雅①32分38秒13★
平川豪流②DNF
3組
田中龍之介④30分23秒54
北島辰也③30分47秒23
森屋源太③31分05秒94
8組
厚浦大地④30分08秒16

 連戦の選手もいたような気がします。条件もそれほどよくなかったようですし、さすがに自己ベストには届かなかったかな。

桜美林大学
1組
都 翔②31分39秒17
秀島大聖②31分58秒93
池田 聖③31分59秒60
米谷 哲④32分23秒71
2組
稲葉勇介①30分30秒79★
須田大志③30分44秒06
盛重完英③31分43秒20
5組
白川大地③29分54秒74

 2組で稲葉選手が30分30秒自己ベストを出したのが収穫。後の選手はもう少しずつだったかな。

明治学院大学
1組
高見智志②31分57秒41
水口翔太①31分59秒92
2組
箱田優馬①30分38秒99★
竹原俊太郎②30分43秒78★
飯塚 歩②31分29秒30
榎本晃大①31分42秒97
4組
安田隼人③30分02秒55★

 2組では箱田・竹原選手ら今後の主力選手が30分半ばベスト。4組では復活した安田選手が30分02秒自己ベスト!今年は背局的に記録会に出場しますね。

平成国際大学
4組
山口貴士④31分02秒58
6組
穴澤友崇③30分45秒02

その他の大学
2組
岡部翔真④30分58秒38★ 国際武道大
松本啓岐(D2)31分47秒32 東京大大学院
柴田瀬允③31分57秒57 東京工大
安田有佑④32分14秒68 東京外大
中根美七海③32分19秒87 東京大
加藤悠生④DNF 東京大
3組
丸山翔太郎④30分22秒65★ 東京理科大
伊藤颯吾④30分48秒38★ 東京工大
藤田康平④31分03秒25 湘南工科大
竹岡 大(M1)31分15秒73★ 東京工大院
奥谷研祐③31分17秒47 湘南工科大
蒲生弘毅④31分53秒32★ 横浜国立大
道岡 聖④32分15秒85 東京大
瀬川京祐(M2)33分01秒37 横浜国立大院
瀬川莉玖③DQ 東京大
7組
阿部飛雄馬(M2)DNF 東京大大学院
9組
今江勇人(M2)28分58秒82 千葉大大学院

 多くの選手が出場。2組では国際武道大の岡部選手が30分58秒!直近5千m14分40秒出したばかり。秋になってから本当に大会出場が多い。

 3組では東京理科大丸山選手が30分22秒!数日前の5千mに続き、いい記録連発していますね。同組、東工大伊藤選手も30分48秒、東工大大学院の竹岡選手は31分15秒好走。東工大関係者も頑張っています。、

 そして最終組チャレンジの千葉大大学院今江選手が、最後まで粘り切って今季複数回となる28分台!この安定感は凄いですね!全国的に大学院生の活躍が増えていますね!