スポンサーリンク

【結果】世田谷246ハーフマラソン+α(2021年11月14日)/箱根駅伝ファン必見!

2年ぶり開催ですね!

世田谷246ハーフマラソン
2021年11月14日(日)に開催されます。

箱根駅伝ファンとしても、本当にうれしいです。

全日本大学駅伝から日が浅いですが、
一部の大学駅伝チームの参戦も決定しています。

高低差30m以上、
特に15㎞~17㎞で20m以上の上りがある難コースです。

箱根駅伝を狙う選手に向けて、大きな試金石になります。

上位結果と
大学駅伝チーム別のまとめを掲載します。

スポンサーリンク

【結果】世田谷246ハーフマラソン

世田谷246ハーフマラソン【公式サイト】

2021年(令和3年)11月14日(日)8時30分スタートです。

スポンサーリンク

上位速報・結果

🥇田中悠登①62分38秒 青山学院大
🥈中倉啓敦③62分44秒 青山学院大
🥉唐澤拓海②62分45秒 駒澤大
4位緒方貴典③63分01秒 創価大
5位宮坂大器③63分05秒 青山学院大
6位ルカ ムセンビ③63分14秒 東京国際大
7位大澤佑介③63分15秒 青山学院大
8位目片将大③63分16秒 青山学院大

【全体の結果】

大学駅伝チーム別速報

駒澤大学
🥉唐澤拓海②62分45秒
円 健介③64分14秒
新矢連士④64分20秒
田丸 颯①64分30秒
小野恵祟③65分38秒
庭瀬俊輝①66分35秒
青柿 響②66分48秒
赤星雄斗②68分48秒
東山静也③68分49秒
安原太陽②68分50秒
白鳥哲汰②69分27秒
赤津勇進②69分32秒

 駒大は唐澤選手が62分45秒で3位!全日本駅伝走ってないので心配しましたが、世田谷ハーフに合わせていた感じでしょうかね?スタミナに不安あるということですが、アップダウンが多い世田谷ハーフ62分台は、一つ目途が立ってきましたかね。一つ駒大の戦力アップ!

 あとは円選手や新矢選手といった叩き上げ組が64分台。控えの候補のところくらいか。諦めずに頑張りたいところ。

創価大学
4位緒方貴典③63分01秒
13位石井大揮②63分58秒
本田晃士郎③64分12秒
小野寺勇樹④64分21秒
中武泰希④64分40秒
山森龍暁②65分12秒
桑田大輔②65分17秒
横山魁哉③65分17秒
吉田悠良②66分33秒

 長距離ロードが得意の緒方選手がさすが好記録。表彰台の次となる4位63分01秒の記録を出しました。往路もありえそうかな?また石井選手が63分台になったのも収穫。本田・小野寺選手ら全体的に上級生がいい記録でしたが、下級生からの台頭はいいですね。

東洋大学
10位村上太一②63分33秒
12位奥山 輝②63分46秒
熊崎貴哉②64分27秒
荒生実慧③64分27秒
藤城裕大④65分54秒
菅野大輝②66分07秒
小林亮太①66分54秒
兼原尚也②69分09秒
及川瑠音③70分30秒

 村上・奥山選手が63分台好記録!村上選手は全日本惜しいところで出走なりませんでしたが、箱根に向けてロードのいいアピールかな。出雲は知っている奥山選手も良かったですね。また、全日本6区で脚を痛めていた菅野選手も無事走っています。

青山学院大学
🥇田中悠登①62分38秒
🥈中倉啓敦③62分44秒
5位宮坂大器③63分05秒
7位大澤佑介③63分15秒
8位目片将大③63分16秒
14位鈴木竜太朗②63分59秒
湯原慶吾④64分06秒
白石光星①64分11秒
倉本玄太②64分13秒
山内健登②66分25秒
中村唯翔③70分50秒
志貴勇斗②70分50秒

 部内選考もかねているだろう青山学院大は、今年も大量出走。全日本外れたメンバーで62分台は凄いですね。ルーキー田中選手が、”迷ったら攻める”を実践して62分38秒好記録で優勝!インタビューで「原監督、箱根の出走メンバーに入れてください」猛アピールも注目。箱根アンカーの中倉選手もさすが62分台。

 さらに、まだ駅伝未出走の宮坂・大沢選手も63分少し、出雲出走した目片選手もすぐ続きました。なんだかんだ3年生が中心になってきましたね。

東海大学
9位長田駿佑④63分19秒
11位佐藤俊輔③63分44秒
神薗竜馬②65分28秒
入田優希②65分30秒

 良かった。昨年度の成長株の長田選手が復活!アップダウンあるコースで63分19秒なら、復路で十分攻めることができそう。全日本5区当日変更だった佐藤選手も63分44秒まずまず。全日本出走の神薗・入田選手も中1週間ならまずまず。

早稲田大学
辻 文哉②64分12秒
諸冨 湧②65分54秒

 箱根メンバー入りを狙う2年生2人出走も明暗。辻選手は64分少しでメンバー入りの可能性残しましたが、諸冨選手はもう少しというところでした。

國學院大學
阿久津佑介③64分07秒
松延大誠④64分49秒

 記録ラッシュが続く國學院大も2名出走。阿久津選手らが懸命にアピールしています。

東京国際大学
6位ルカ ムセンビ③63分14秒
冨永昌輝①64分48秒
牛 誠偉①66分01秒
奥村辰徳③66分05秒
三浦瞭太郎④66分38秒
善田修平③68分04秒

 東国大はレギュラーを狙う選手が出走。ムセンビ選手は先頭を引っ張りましたが63分かかって6位。ちょっと伸び悩んでるかなぁ…。他、冨永選手が64分台以外は、奥村選手ら66分台。巻き返すチャンスはあるかどうか。

明治大学
15位佐久間秀徳④64分01秒
新谷紘ノ介①64分37秒
東原豪輝①65分53秒
丸山幸輝④66分06秒
杉本龍陽③66分09秒
島田 拓①66分13秒
曳田道斗①66分20秒
漆畑瑠人③66分46秒
松尾尚輝④68分12秒
鈴木祐太①68分42秒
下條乃將③70分08秒
金橋佳佑④70分51秒

 1500mが主戦場の佐久間選手が、ハーフマラソンひとまず攻略!アップダウンもあるコースで64分01秒はいい記録です。16人は見えてきたかな?他、新谷選手もまずまずこなせたのは収穫です。

 また、激坂王から下條選手連闘。金橋選手も70分オーバーながら出場。これから仕上げていくところ、間に合うか!?

日本体育大学
九嶋大雅③64分23秒
田中槙梧②64分39秒
高濵大志②64分57秒
中田 仁④65分05秒
西槇駿祐①66分00秒
奥山恵親③66分06秒
谷口貴亮③66分26秒
續木日向④67分10秒
松浦凛太郎③67分28秒
坂口 仁④67分54秒

 日体大も多く出ていますね。九嶋・田中選手が64分中盤でゴールしたのは収穫ですかね。箱根復路あたりなら目途が立ってきます。

神奈川大学
桑山稔隆③65分57秒
中西良介①66分06秒
石口大地①66分30秒

 先日5000mの記録会出てたメンバーかな?ひとまずハーフマラソン経験しています。

法政大学
久納 碧④64分31秒
田中大稀④67分42秒
守角 隼④68分10秒
齊木淳人④68分46秒

 最後を狙う4年生が出場。一昨年1区を走っている久納選手が64分半ばとまずまずの記録。メンバー入りの可能性を残しました。

専修大学
冨永裕憂③65分27秒
藤野隼也②66分01秒
中山敦貴②66分03秒
増田悠希③66分32秒
寺井 望③66分49秒
山城弘弐②66分56秒
長尾健斗③69分02秒
足立龍星③69分07秒
粟江倫太郎②70分12秒

 2大会連続出場の専修大。予選メンバー以外ということを思うとまずまずかな。冨永選手の65分台が収穫です。

国士舘大学
望月 武③64分53秒
田中佑樹③66分01秒
鈴木伸弥①66分07秒
所 倖平③66分52秒
島村広大④67分03秒
正木 楓①67分39秒
美谷佳輝①68分58秒
福士陽都③72分01秒

 国士大もレギュラーを狙う選手たちですね。望月選手が一人64分台と抜け出した格好です。

東京農業大学
大和李成②67分27秒
宮副雅生①68分23秒
西  樹①70分23秒
釜谷芽空①70分26秒

日本大学
西村翔太②64分03秒
濱田祐知③65分32秒
土井拓実②65分41秒
下尾悠真②65分59秒
大倉真亜玖④66分31秒
早見英晃①66分49秒
大川拓図①67分20秒
安藤風羽①67分26秒

 箱根予選から連続でハーフマラソンに出走している選手が多いですね。予選でも良かった西村選手がさらに短縮してきました。濱田・土井・下尾選手らこれから主力になる選手も65分台でまとめています。

亜細亜大学
吉岡祥希③65分50秒
吉岡竜希③66分08秒
横山隼人③67分28秒
佐藤 颯③68分22秒

 亜大は吉岡兄弟が66分前後と自己ベスト。まずまずの記録ですね。まだまだ伸びるはず。

立正大学
遠山和希②66分51秒
木實優斗①67分36秒
西川優斗①67分42秒
山本 樹①68分16秒
伊藤 優③69分02秒
渡辺大仁①70分05秒
平松幸記③71分29秒
牛崎竜空①71分29秒

 立正大も強化を進めていますね。今回は遠山選手の66分台が収穫。木實・西川・山本選手らルーキー楽しみ。強化直前の3年生世代もまだまだ頑張っていますね。

【結果】第35回宮古サーモン・ハーフマラソン

一般財団法人 宮古市体育協会

岩手県宮古市で行われるハーフマラソン大会。
毎年青山学院大学の選手が出場します。

結果
🥇太田蒼生①62分27秒
🥈関口雄大③62分38秒
🥉能島 翼④62分51秒
4位西川魁星③62分54秒
5位横田俊吾③63分06秒
佐々木塁②63分25秒
畦地貴斗③63分29秒

 青学大も毎年出場する大会ですね。こちらでもルーキーが活躍。太田選手が62分27秒で優勝。関口選手、さらに最初で最後を狙う能島選手まで62分台。出雲アンカーの横田選手で63分06秒で5位とレベルの高い争いでした。非公認だそうですが、こちらから箱根メンバー選ばれるかも注目です。

追記:東洋大
8位大沼 翼③64分49秒
十文字優一②65分33秒
下山田稜①65分57秒
渡辺亮太②67分18秒

 山下り希望の大沼選手が64分台マーク。及川選手らとの争いが熾烈になりそうです。