スポンサーリンク

【結果】2021九州実業団毎日駅伝/上位8チームがNY駅伝へ!

ニューイヤー駅伝(男児実業団駅伝)2022に向けて、
各地区で予選が始まりましたね。

2021年11月3日(水)に九州実業団毎日駅伝が行われました。

九州地区にはニューイヤー駅伝に8枠与えられています。
16チーム(+2チーム)で争われました。

スポンサーリンク

【結果】2021東日本実業団駅伝/上位12チームがNY駅伝へ!

九州実業団陸上競技連盟

九州実業団毎日駅伝2021【要項】

九州実業団毎日駅伝2021【コース図】

九州実業団毎日駅伝2021【区間オーダー】

スポンサーリンク

動画・全結果情報

2021九州実業団毎日駅伝 実況入りダイジェスト配信

動画:RKB毎日放送公式チャンネル

上記チャンネルで、1区間ごと・1号車2号車のノーカット版も配信されているようです。選手の走りを詳しく見られたい方はどうぞ。

NY駅伝2022出場上位8チーム

1位旭化成A3時間48分11秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 2位 相澤 晃 36分41秒 2位 13秒
2区7.0㎞ 2位 マゴマベヌエル モゲニ 19分19秒 2位 2秒
3区10.9㎞ 1位 市田 孝 30分37秒 1位  
4区9.5㎞ 1位 茂木 圭次郎 27分07秒 1位  
5区13.0㎞ 1位 小野 知大 37分06秒 1位  
6区10.9㎞ 1位 鎧坂 哲哉 31分24秒 1位  
7区16.0㎞ 1位 大六野 秀畝 45分47秒 1位  

 やっぱり、旭化成強いですね。1区相澤選手こそ2番でしたが、3区市田選手で先頭へ。あとは、小野・鎧坂・大六野選手と連続で区間新記録を出して、気づけば圧勝でした。まだ予選ですが、エンジン全開でした。タスキリレーで多少のハプニングがあったようですが、ご愛敬です(笑)

2位三菱重工3時間51分55秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 3位 井上 大仁 36分45秒 3位 17秒
2区7.0㎞ 2位 クレオファス カンディエ 19分19秒 3位 6秒
3区10.9㎞ 2位 的野 遼大 30分44秒 2位 11秒
4区9.5㎞ 3位 吉岡 遼人 27分29秒 2位 33秒
5区13.0㎞ 4位 定方 俊樹 37分54秒 2位 1分21秒
6区10.9㎞ 5位 林田 洋翔 32分19秒 3位 2分16秒
7区16.0㎞ 2位 山下 一貴 47分25秒 2位 3分44秒

 途中まで善戦してましたね。井上・カンディエ・的野選手がトップと小差で食い下がっていましたが、徐々に開いてしまいました。アンカー最長区間山下選手区間2位が収穫でしょうか。

3位黒崎播磨3時間52分34秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 1位 田村 友佑 36分28秒 1位  
2区7.0㎞ 4位 ジョエル ムァゥラ 19分41秒 4位 11秒
3区10.9㎞ 3位 土井 大輔 30分47秒 3位 19秒
4区9.5㎞ 5位 田村 友伸 27分43秒 4位 55秒
5区13.0㎞ 3位 細谷 恭平 37分46秒 3位 1分35秒
6区10.9㎞ 2位 中村 優吾 31分47秒 2位 1分58秒
7区16.0㎞ 10位 長倉 奨美 48分22秒 3位 4分23秒

 1区田村選手が強かったですね。後続を突き放しての区間賞獲得です!その後も3区土井選手や5区マラソンの細谷選手が区間3位。6区中村選手区間2位で一時2位に浮上する見せ場もありました。

4位九電工3時間54分28秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 6位 中村 信一郎 36分52秒 6位 24秒
2区7.0㎞ 1位 ベナードコエチ 19分06秒 1位  
3区10.9㎞ 4位 大塚 祥平 31分06秒 4位 26秒
4区9.5㎞ 4位 安田 共貴 27分33秒 3位 53秒
5区13.0㎞ 9位 赤﨑 暁 38分50秒 4位 2分37秒
6区10.9㎞ 9位 吉田 亮壱 32分49秒 4位 4分02秒
7区16.0㎞ 9位 原富 慶季 48分12秒 4位 6分17秒

 ベナード選手強いですね!24秒差の6位で襷を受け取りましたが、トップでのリレーなりました。その後、五輪補欠だった大塚選手などが走りましたが、その後は少し順位を下げましたかね。4区安田選手区間4位がまずまず収穫です。

5位トヨタ自動車九州3時間54分50秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 5位 藤曲 寛人 36分49秒 5位 21秒
2区7.0㎞ 8位 ジョン ムリツ 20分15秒 6位 1分06秒
3区10.9㎞ 5位 今西 駿介 31分44秒 5位 1分11秒
4区9.5㎞ 2位 右田 綺羅 27分28秒 5位 2分32秒
5区13.0㎞ 5位 今井 正人 38分16秒 5位 3分42秒
6区10.9㎞ 7位 今井 篤弥 32分35秒 5位 4分53秒
7区16.0㎞ 5位 大津 顕杜 47分43秒 5位 6分39秒

 今回は大きく目立たたずでしたかね。ほぼずっと総合5位で走ることになりました。その中で、創価大OBルーキー右田選手が区間2位好走していたのが収穫。また、現役最年長レベルになってきた今井選手もまだまだ健在です。

6位安川電機3時間55分57秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 7位 北島 寿典 37分22秒 7位 54秒
2区7.0㎞ 11位 岡田 浩平 20分53秒 8位 2分17秒
3区10.9㎞ 8位 加藤 風磨 31分54秒 8位 3分32秒
4区9.5㎞ 7位 山瀬 大成 28分00秒 8位 4分25秒
5区13.0㎞ 2位 古賀 淳紫 37分29秒 7位 4分48秒
6区10.9㎞ 8位 山口 晟弥 32分43秒 7位 6分07秒
7区16.0㎞ 4位 大畑 和真 47分36秒 6位 7分46秒

 留学生が今回も起用できなかった安川電機はどうしても苦戦気味でした。4区までボーダー。5区古賀選手が流れを変える区間2位で7位に進出、アンカー大畑選手も区間4位奮闘で、総合6位まで浮上しました。

7位西鉄3時間56分59秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 8位 大保 海士 37分23秒 8位 55秒
2区7.0㎞ 4位 ダニエル キプケモイ 19分34秒 5位 59秒
3区10.9㎞ 7位 甲斐 翔太 31分53秒 6位 2分13秒
4区9.5㎞ 6位 河東 寛大 27分44秒 6位 2分50秒
5区13.0㎞ 10位 東 森拓 38分56秒 6位 4分40秒
6区10.9㎞ 6位 山口 武 32分30秒 6位 5分46秒
7区16.0㎞ 7位 久保 和馬 47分59秒 7位 7分48秒

 昨年予選落ちとなった西鉄が新たなメンバーも交えて7位復活です。大保・河東選手といった大卒ルーキーも起用しながら流れを作りました。終盤区間の山口・久保選手もまずまず。ひとまずほっとする結果です。

OP実業団混成チーム3時間56分17秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 9位 江島 崚太 37分34秒 8.5 1分06秒
2区7.0㎞ 7位 横田 玖磨 20分07秒 7.5 1分43秒
3区10.9㎞ 9位 小田部 真也 31分58秒 6.5 3分02秒
4区9.5㎞ 9位 舟津 彰馬 28分15秒 6.5 4分10秒
5区13.0㎞ 7位 吉田 裕晟 38分30秒 7.5 5分53秒
6区10.9㎞ 4位 伊東 颯汰 32分04秒 7.5 6分14秒
7区16.0㎞ 6位 目良 隼人 47分49秒 6.5 8分06秒

 こんなことできるんですね。九州実業団勢で、補欠の選手で構成された混成選抜チーム。6区伊東選手が一番良い区間4位の区間順位でした。順位的にもまずまずなのかな?

8位戸上電機製作所3時間57分39秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 10位 大坪 桂一郎 37分43秒 9位 1分15秒
2区7.0㎞ 6位 サイモン カリウキ 19分54秒 7位 1分39秒
3区10.9㎞ 11位 吉山 侑佑 32分21秒 7位 3分21秒
4区9.5㎞ 8位 渡邊 太陽 28分06秒 7位 4分20秒
5区13.0㎞ 8位 岩室 天輝 38分39秒 8位 5分53秒
6区10.9㎞ 9位 北村 宙夢 32分49秒 8位 7分18秒
7区16.0㎞ 8位 金丸 逸樹 48分07秒 8位 9分28秒

 最後の一枚の切符を取ったのは戸上電機製作所。とはいえひとまず安定していましたかね。難しい最初の3区間大坪・カリウキ・吉山選手で7位。その後安川電機に交わされるも。区間8位か9位にまとめて、後続チームの追い上げは許しませんでした。

OP旭化成B3時間58分59秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 12位 山本 修二 38分01秒 10.5 1分33秒
2区7.0㎞ 10位 吉村 大輝 20分49秒 10.5 2分52秒
3区10.9㎞ 10位 荻野 太成 32分00秒 9.5 4分13秒
4区9.5㎞ 11位 安藤 大樹 29分01秒 9.5 6分07秒
5区13.0㎞ 6位 齋藤 椋 38分28秒 8.5 7分29秒
6区10.9㎞ 3位 有村 優樹 31分57秒 8.5 8分02秒
7区16.0㎞ 11位 國司 寛人 48分43秒 8.5 10分48秒

 間に、旭化成Bチームが入ります。マラソンの吉村選手が外国人区間に入ったり、3障の荻野選手もいましたね。5区6区選手層がものをいう区間で、斎藤・有村選手が区間6位・3位好走しています。

以上、NY駅伝出場

それ以外のチーム

9位ひらまつ病院4時間03分29秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 13位 上田 結也 38分09秒 11位 1分41秒
2区7.0㎞ 9位 ワークナー デレセ 20分27秒 10位 2分38秒
3区10.9㎞ 6位 梶原 有高 31分48秒 9位 3分47秒
4区9.5㎞ 10位 関口 海月 28分54秒 9位 5分35秒
5区13.0㎞ 11位 坂本 佳太 39分36秒 9位 8分04秒
6区10.9㎞ 11位 森井 勇磨 33分34秒 9位 10分14秒
7区16.0㎞ 18位 雲井 崚太 51分01秒 9位 15分18秒

 残念ながら連続出場にならず。1区上田選手やや出遅れ気味、2区デレセ3区梶原選手が区間9位6位で追い上げますが、ボーダーに届かず。そこから巻き返すチーム力がなかったですね。また出直しです。

10位京セラ鹿児島4時間08分33秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 4位 中村 高洋 36分47秒 4位 19秒
2区7.0㎞ 15位 中村 六田 21分47秒 9位 2分36秒
3区10.9㎞ 14位 米藏 亮 33分47秒 10位 5分44秒
4区9.5㎞ 12位 石井 凌 30分13秒 10位 8分50秒
5区13.0㎞ 16位 永谷 勇介 41分43秒 10位 13分27秒
6区10.9㎞ 13位 竹下 慎太郎 34分41秒 10位 16分44秒
7区16.0㎞ 13位 吉留 悠介 49分35秒 10位 20分22秒

 中村高選手はまだまだその実力健在ですね。トップ争いをして19秒差です。また出場のチャンスがあればいいな。

11位日置市役所4時間09分39秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 11位 三垣 貴史 37分53秒 10位 1分25秒
2区7.0㎞ 18位 別府 魁人 22分30秒 12位 4分25秒
3区10.9㎞ 16位 徳永 涼人 34分15秒 11位 8分01秒
4区9.5㎞ 18位 市来原 潤 31分11秒 12位 12分05秒
5区13.0㎞ 12位 川口 竜也 39分56秒 11位 14分55秒
6区10.9㎞ 18位 外山 雅之 36分28秒 12位 19分59秒
7区16.0㎞ 3位 飛松 佑輔 47分26秒 11位 21分28秒

 専修大卒の市来原選手がこちらにおりました。自分のペースで陸上楽しんでくれれば。なお、アンカー飛松選手が大爆走の区間3位!九州の市民ランナーも注目選手増えてきましたね。

12位大分選抜4時間11分48秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 16位 十川 裕次 40分11秒 14位 3分43秒
2区7.0㎞ 14位 佐藤 黎治 21分42秒 13位 5分55秒
3区10.9㎞ 17位 財前 大志 34分24秒 16位 9分40秒
4区9.5㎞ 12位 桑原 良輝 29分44秒 13位 12分17秒
5区13.0㎞ 13位 中村 雄人 40分28秒 12位 15分39秒
6区10.9㎞ 14位 後藤 航大 34分44秒 11位 18分59秒
7区16.0㎞ 16位 三笘 天義 50分35秒 12位 23分37秒

 4区の桑原選手や5区中村選手あたり区間順位で健闘していますね。6区で11位に伊地知浮上しています。

13位国分自衛隊4時間12分23秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 15位 末満 博也 40分10秒 13位 3分42秒
2区7.0㎞ 16位 和田 渉夢 21分48秒 15位 6分00秒
3区10.9㎞ 15位 奥平 仁 34分10秒 15位 9分31秒
4区9.5㎞ 17位 狩集 凌 31分01秒 16位 13分25秒
5区13.0㎞ 15位 池田 智史 41分18秒 15位 17分37秒
6区10.9㎞ 12位 新牛込 崇史 34分24秒 13位 20分36秒
7区16.0㎞ 12位 立元 翔悟 49分33秒 13位 24分12秒

 6区新牛込選手7区立元選手が区間12位で健闘しています。総合順位もそこで13位に浮上していますね。

14位旭化成延岡4時間13分19秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 17位 副島 将平 40分24秒 15位 3分56秒
2区7.0㎞ 17位 黒木 俊輔 21分58秒 16位 6分24秒
3区10.9㎞ 12位 関 穂崇 33分21秒 14位 9分06秒
4区9.5㎞ 13位 山本 翔大 29分56秒 11位 11分55秒
5区13.0㎞ 17位 牧野 光留 42分22秒 14位 17分11秒
6区10.9㎞ 16位 平田 龍輝 35分40秒 15位 21分27秒
7区16.0㎞ 14位 田邉 雄也 49分38秒 14位 25分08秒

 ボーダーをかすめることもある旭化成延岡ですが今回はちょっと厳しかった。その中で、日本文理卒の関選手が区間12位健闘しています。アンカーの田邉選手は皇學館大卒かな?順位を上げています。

15位IBUSUKI.R.B4時間14分12秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 18位 吉鶴 実 40分27秒 16位 3分59秒
2区7.0㎞ 13位 橋口 俊彦 21分29秒 14位 5分58秒
3区10.9㎞ 13位 轟木 太郎 33分35秒 13位 8分54秒
4区9.5㎞ 16位 吉原 一幸 30分51秒 15位 12分38秒
5区13.0㎞ 14位 前田 伯 41分00秒 13位 16分32秒
6区10.9㎞ 17位 末吉 祐太 35分59秒 14位 21分07秒
7区16.0㎞ 17位 髙田 真樹 50分51秒 15位 26分01秒

 政令指定都市の指宿(いぶしき)市のランニングクラブですね。2区橋口選手と3区轟選手が区間13位好走。轟木選手は山梨学院大卒ですね。

16位佐賀陸協選抜4時間14分26秒

区間距離 区間順位 名前 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区12.9㎞ 14位 嘉村 大悟 38分50秒 12位 2分22秒
2区7.0㎞ 12位 副島 孝輝 21分09秒 11位 4分01秒
3区10.9㎞ 18位 三原 叶雅 35分18秒 12位 8分40秒
4区9.5㎞ 15位 上田 翔斗 30分47秒 14位 12分20秒
5区13.0㎞ 18位 森 太一 43分12秒 16位 18分26秒
6区10.9㎞ 15位 吉田 翔 35分02秒 16位 22分04秒
7区16.0㎞ 15位 松本 隆佑 50分08秒 16位 26分15秒

 最下位となりましたが、序盤は結構良かったのですよね。東海大卒の嘉村選手1区、2区副島選手の時点で11位でした。アンカー、10月に1万m30分02秒を記録した松本選手が頑張りましたが、最下位脱出まであともう一歩でした。