スポンサーリンク

箱根駅伝2022予選会【展望&戦力分析③】トップ通過するのはどこか!?

箱根駅伝2022予選会のエントリーも発表され、日に日に緊張感が高まってきています。

当サイトでも、6つに分けて、
各大学の紹介や戦力分析をしていこうと思っています。

続いて、強化中堅校の箱根本戦出場もしくは連合挑戦の応援企画になります。

非強化&強化下位校の応援企画
強化中堅校の本戦&連合出場応援!
③トップ通過するのはどこか!? ☜
④連続出場繋げられるか!?
⑤常連校の復帰はあるのか!?
⑥初出場or伝統校復帰は!?

スポンサーリンク

箱根駅伝2022予選会【展望&戦力分析③】トップ通過するのはどこか!?

なお、展望&戦力分析するにあたり、

ハーフマラソンの狙えるタイムに分けた

独自のランキングを行っています。

ランキング
JOKER(10点)~60分19秒(97回1位、84回1位)

SSS(9点)60分20秒~60分59秒(97回2-4位、95回1位)

SS(8点)61分00秒~61分39秒以内(97回なし、96回1-2位)

S(7点)61分40秒~62分19秒(97回5-23位、95回3-8位)

A(6点)62分20秒~62分59秒(97回24-60位、96回3-5位、95回9-15位)

B(5点)63分00秒~63分39秒(97回61-130位、96回6-10位、95回16-43位)

C(4点)63分40秒~64分19秒(97回131-204位、96回11-24位、95回44-79位)

D(3点)64分20秒~64分59秒(97回205-246位、96回25-49位、95回:80-129位)

E(2点)65分00秒~65分39秒(97回247-289位、96回50-97位、95回:130-180位)

F(1点)65分40秒~66分19秒(97回291-326位、96回98-140位、95回:181-222位)

G(0点)66分20秒~66分59秒(97回327-360位、96回141-193位、95回:223-248位)

上位10名得点:

参考:過去3年間(97回、96回、95回)
トップ通過:63点、27点、54点
10位通過:49点、14点、31点
※97回周回コースで超高速、96回は暑くなりました。

 ここ数年の記録などを参考にして、主が独自に、その選手がターゲットにできそうなタイムを当てて、点数化することで、戦力分析をしています。

 他の人と違う予想をしていることも多いと思いますので、ご理解と意見の受け止めお願いいたします。

スポンサーリンク

[前回本戦11位]明治大学

明治大学体育会競走部公式ウェブサイト

【過去3年間の成績】
97回箱根本戦11位
96回予選4位10:51:42⇒本戦6位
95回予選5位10:41:06⇒本戦17位

ランキング
JOKER(10点)~60分19秒(97回1位、84回1位)

SSS(9点)60分20秒~60分59秒(97回2-4位、95回1位)

SS(8点)61分00秒~61分39秒以内(97回なし、96回1-2位)

S(7点)61分40秒~62分19秒(97回5-23位、95回3-8位)
鈴木聖人④28分09秒24/21:関東IC2部1万m4位、箱5区9位、20:全8区5位、箱5区5位
手嶋杏丞④28分13秒70/21:関東IC2部1万m7位、箱7区11位、20:箱3区7位、19:予9位

A(6点)62分20秒~62分59秒(97回24-60位、96回3-5位、95回9-15位)
小澤大輝③28分38秒63/21:関東IC2部half5位、19:予47位

B(5点)63分00秒~63分39秒(97回61-130位、96回6-10位、95回16-43位)
櫛田佳希③28分19秒77/21:箱4区7位、20:全4区6位、箱8区8位
児玉真輝②28分22秒27/21:箱1区16位、20:全1区5位
漆畑瑠人③28分53秒09/21:関東IC2部half15位
丸山幸輝④28分58秒13/21:関東IC2部half12位
加藤大誠③29分08秒05/21:箱2区17位、20:全7区8位、箱2区10位

C(4点)63分40秒~64分19秒(97回131-204位、96回11-24位、95回44-79位)
杉彩文海②28分59秒16
杉本龍陽③29分34秒80
尾崎健斗①29分40秒89/20:高1区2位

D(3点)64分20秒~64分59秒(97回205-246位、96回25-49位、95回:80-129位)橋本大輝④29分40秒32
新谷紘ノ介①30分25秒66/20:高4区13位
甲斐涼介①5千m13分58秒86

E(2点)65分00秒~65分39秒(97回247-289位、96回50-97位、95回:130-180位)

F(1点)65分40秒~66分19秒(97回291-326位、96回98-140位、95回:181-222位)

G(0点)66分20秒~66分59秒(97回327-360位、96回141-193位、95回:223-248位)

上位10名得点:53点

参考:過去3年間(97回、96回、95回)
トップ通過:63点、27点、54点
10位通過:49点、14点、31点
※97回周回コースで超高速、96回は暑くなりました。

 持っているトラックのタイムや、その実績から、力が抜けているのではと言われている明治大。一部主要大会で実績のある選手がメンバーから外れましたが、春シーズン怪我で出場できなかった選手が復活エントリーしています。

 4年生の鈴木・手嶋選手の2人がエースです。今年度になって一気に伸びました。5千m13分30秒前半、1万m28分10秒前後のベストタイムをマーク。関東IC2部1万mで2人とも入賞し、日本選手権でもともに戦いました。

 スピードでどんどん乗っていく手嶋選手と、箱根5区のようなタフなコースで光る鈴木選手とタイプは違いますが、良きライバルですね。十分日本人トップ集団で戦っていく力はあると思います。

 トップ通過できるかどうかは、それに続く選手がどこまで入ってくるかですかね。今年の箱根往路を走っている3年櫛田・2年児玉選手が復帰。春先以降試合に出れなかったが、予選には間に合ったようだ。まずは63分切りできる状態なら。

 続いて、2年連続箱根2区を走っている加藤選手、今季の成長株小澤選手の両3年生がどこまでいけるか。小澤選手は2大会前の予選でも好走、しばらく故障していましたが、パワーアップして復帰しています。加藤選手はロードで安定する選手ですね。万全なら62分台は充分です。

 これに関東IC2部ハーフで入賞ラインに迫った4年丸山・3年漆畑選手が新戦力候補。1万も28分台を経験しています。条件が良ければ63分きりを目指していけるはずです。

 これに同じく1万m28分台をマークしている2年杉選手、7月ホクレンで1500m3分45秒を出すスピードを見せた3年杉本選手、前年暮れの高校駅伝で1区2位の好走を見せたルーキー尾崎選手あたりも流れに乗れれば面白そうな存在。このあたりで総合力の底上げができれば。

 同じくルーキーの新谷・甲斐選手も、ポテンシャルは高い選手。夏で化けているか。大学の実績少ない中でエントリーの4年橋本選手も注目。

 明治大はどうしても数年前の予選落ちの悪夢が過りますが、その時よりは高いチーム力と思っています。山本監督になってから、予選への調整も外してはないかなと思います。しっかり、良い成績で通過して、全日本・箱根へ向けて弾みをつけたいところです。

[前回本戦12位]中央大学

中央大学駅伝応援サイト

【過去3年間の成績】
97回予選2位10:26:13⇒箱根12位
96回予選10位10:56:46⇒箱根12位
95回予選8位10:42:55⇒箱根11位

ランキング

SS(8点)61分00秒~61分39秒以内(97回なし、96回1-2位)

S(7点)61分40秒~62分19秒(97回5-23位、95回3-8位)
三浦拓朗④28分20秒13/21:全予4組13位、箱8区7位、20:予25位、箱3区12位

A(6点)62分20秒~62分59秒(97回24-60位、96回3-5位、95回9-15位)
中澤雄大③29分00秒40/21:箱7区5位、20:予58位
手島 駿④29分08秒91/21:全予1組7位、箱9区7位、20:予51位

B(5点)63分00秒~63分39秒(97回61-130位、96回6-10位、95回16-43位)
吉居大和②28分08秒61/21:箱3区15位、20:日本5千3位、予10位
森 凪也④28分22秒28/21:箱2区16位、20:予20位、19:予15位
助川拓海③28分49秒58/21:全予1組6位
中野翔太②28分58秒80/21:全予3組11位

C(4点)63分40秒~64分19秒(97回131-204位、96回11-24位、95回44-79位)
田井野悠介③29分34秒90/21:関東IC1部half14位
湯浅 仁②29分35秒10/20:予179位
倉田健太④29分42秒98/21:関東IC1部half8位
山平怜生①29分47秒09/20:高4区2位、19:高4区4位
阿部陽樹①30分02秒73/20:全予2組2位、高1区21位

D(3点)64分20秒~64分59秒(97回205-246位、96回25-49位、95回:80-129位)
東海林宏一①29分24秒19/21:全予3組35位
矢萩一揮①30分58秒88

E(2点)65分00秒~65分39秒(97回247-289位、96回50-97位、95回:130-180位)

上位10名得点:51点

参考:過去3年間(97回、96回、95回)
トップ通過:63点、27点、54点
10位通過:49点、14点、31点
※97回周回コースで超高速、96回は暑くなりました。

 エントリーでやや波乱があったのが中央大。前半戦で、久々の全日本予選通過に貢献した選手や、1万m28分台のランナーが外れました。そのうち、2年エース候補園木選手は長期離脱のようで…。とにかく残ったメンバーで、しっかり上位通過を決めたいところ。

 今季エースとして頑張っているのは4年三浦選手。スピードランナーで下級生時から中心的な存在でしたが、全日本予選4組で28分台で、しっかり他校のエースと戦いました。前回予選62分半ばからも、しっかりあげてくるでしょうか。

 朗報なのは、前半戦苦しんだ4年森・2年吉居選手が調子を上げてきていること。森選手は、今年の箱根2区エース区間を走るような存在です。春シーズンは記録が上がりませんでしたが、秋口に1万m28分台。状態を戻しつつありますね。

 吉居選手は、昨年はトラックでも箱根予選でも大活躍。ただ、その疲れが出てか、春シーズンは試合に出るのも苦しみました。ただ、学内TTでロード安定している選手に勝利するなど、かなり戻してきていること。まずはともに63分切りまでいければというところ。

 予選上位通過となると。ロードで頼りになる選手がまた大事になります。前回予選で台頭して、箱根復路で区間一桁で走っている、4年手島・3年中澤選手あたりはカギ。しっかり63分以内でまとめられれば、心強いですね。

 あとは新戦力候補ですね。全日本予選で健闘していた3年助川・2年中野選手らスピードある選手、関東ICで好走した4年倉田・3年田井野選手らロードで手堅い選手もいます。彼らがしっかりまとまっていけるか。

 1年生も4人エントリー。全日本予選出走している東海林・阿部選手は勿論注目ですが、全国区の駅伝で活躍している山平選手あたりの長距離ロードも見てみたい気も…。出走メンバー争いも熾烈ですね。

 メンバー的には、上位通過しても申し分ないほど戦力は整っています。今年の箱根往路で勝負できなかった悔しさから、例年以上に強さを求める藤原監督に応えたいところです。

[前回本戦14位]日本体育大学

日本体育大学 駅伝部

【過去3年間の成績】
97回予選6位10:30:49⇒本戦14位
96回予選3位10:54:29⇒本戦17位
95回箱根本戦14位

ランキング

SS(8点)61分00秒~61分39秒以内(97回なし、96回1-2位)
藤本珠輝③28分08秒58/21:全予4組7位、関東IC1万m4位、箱1区8位、20:予22位、19:予16位

S(7点)61分40秒~62分19秒(97回5-23位、95回3-8位)

A(6点)62分20秒~62分59秒(97回24-60位、96回3-5位、95回9-15位)

B(5点)63分00秒~63分39秒(97回61-130位、96回6-10位、95回16-43位)
大畑怜士④28分41秒93/21:全予4組15位、関東IC1万m9位
名村樹哉③28分46秒96/21:全予3組、箱10区17位、20:全6区11位、19:予133位
大内宏樹④28分48秒95/21:箱8区17位、20:予85位、19:予123位
盛本聖也③29分02秒98/21:全予1組16位、20:予280位、19:予66位
加藤広之④29分23秒81/21:全予2組9位、関東IC1部half12位
村越凌太③29分24秒47/21:箱5区16位、20:予134位

C(4点)63分40秒~64分19秒(97回131-204位、96回11-24位、95回44-79位)
佐藤慎巴④29分05秒17/21:関東IC1部1500m
分須尊紀①29分07秒26/21:関東IC1部3障10位
九嶋大雅③29分15秒59/21:全予3組23位、関東IC1部3障12位
漆畑徳輝②29分19秒26/21:全予1組18位、関東IC5千m
岡嶋 翼④29分33秒43/20:予142位

D(3点)64分20秒~64分59秒(97回205-246位、96回25-49位、95回:80-129位)
谷口貴亮③29分44秒85
大森椋太②30分17秒75

上位10名得点:50点

参考:過去3年間(97回、96回、95回)
トップ通過:63点、27点、54点
10位通過:49点、14点、31点
※97回周回コースで超高速、96回は暑くなりました。

 じわじわと評価が上がってきているのが日体大ですね。前年の予選は6位通過、本戦は4年生中心に奮闘するも14位にとどまりました。ただ、エース選手の確立・記録会で多くの選手が自己ベスト、激戦の全日本予選も最後の切符をもぎ取りました。

 頼れるエースになったのが3年藤本選手。関東IC1万m・全日本予選4組はともに日本人トップ!本人もびっくりの”出来すぎ”とのことでしたが、楽ではないチーム状況の中、躍動していると思います。

 箱根予選は、過去2年ともに20位前後にまとめています。下級生時から期待の選手でしたが、特に相性がいい大会です。日本人トップグループなら勿論、留学生にチャレンジすることもあるのか…?

 続くランナーたちの総合力が、予選通過のカギでしたが、かなり厚くなってきているように見えます。トラックシーズン突如第2のエースとして活躍した4年大畑選手以外にも出てきています。

 2度駅伝を経験し1万m28分台の名村選手、過去2度の箱根予選手堅く走っている4年大内選手、長距離で安定してきた4年加藤選手、前回の予選から台頭してきた3年村越選手は充分63分台は可能。

 注目の存在になってきたのは3年盛本選手。彼も2年連続予選出走していて、1年時に66位の好走があります。足踏みの時期もありましたが、今季は全日本予選1組でまずまず走ると、直近の大会1万m29分02秒チームトップ。ロード適性はあると思うのでどこまでいけるか。

 このあたりのランナーが、しっかりと集団走で63分前半以内にまとめていければ、通過はだいぶ近くなってくると思います。

 あとは、トラックタイプの選手がどこまでまとまるか。関東IC1500m出場の4年佐藤選手、3000m障害出場の3年九嶋・1年分須選手、5千m出場の漆畑選手あたり。直近の大会で1万mのタイムの伸びで自信はついたでしょうか。

 前回予選を経験している岡嶋選手や、その他ペースを刻める主力ランナーの一人が、ペースメーカーをするかもしれませんね。このあたり、74年連続74回目の出場を逃すわけにはいかないので、手堅いはず。

 予選の戦い方は、比較的心得ているチームだと思います。全日本・箱根に向けて、自信がついていく通過ができれば。

[前回本戦15位]拓殖大学

拓大箱根駅伝いれこみページ

【過去3年間の成績】
97回予選9位10:33:46⇒本戦15位
96回箱根本戦13位
95回箱根本戦9位

ランキング
JOKER(10点)~60分19秒(97回1位、84回1位)
ジョセフ ラジニ③27分25秒65/21:全予4組3位、箱2区5位、20:予1位、箱2区2位

A(6点)62分20秒~62分59秒(97回24-60位、96回3-5位、95回9-15位)
合田 椋④28分58秒72/21:全予3組12位、箱1区11位

B(5点)63分00秒~63分39秒(97回61-130位、96回6-10位、95回16-43位)
佐藤広夢④29分03秒72/21:全予3組27位、箱4区16位
新井遼平④29分03秒90/21:全予1組11位、箱3区18位、20:予98位
吉村 陸③29分11秒64/21:全予4組28位、箱7区16位、20:予122位
工藤 翼③29分11秒73/21:全予2組20位、箱10区13位
江口清洋③29分18秒74/21:箱8区13位
竹蓋草太④29分26秒14/21:全予2組13位、箱9区15位、20:予231位、箱1区17位

C(4点)63分40秒~64分19秒(97回131-204位、96回11-24位、95回44-79位)
小山晴空①29分09秒01/20:高7区9位
富永悠生①29分20秒06
桐山 剛④30分03秒85/20:予37位

D(3点)64分20秒~64分59秒(97回205-246位、96回25-49位、95回:80-129位)
山田拓人③29分53秒57/21:関東IC2部half23位
山崎晃志郎④29分50秒61/20:予243位

E(2点)65分00秒~65分39秒(97回247-289位、96回50-97位、95回:130-180位)
根岸 賢②29分55秒41

F(1点)65分40秒~66分19秒(97回291-326位、96回98-140位、95回:181-222位)

G(0点)66分20秒~66分59秒(97回327-360位、96回141-193位、95回:223-248位)

上位10名得点:54点

参考:過去3年間(97回、96回、95回)
トップ通過:63点、27点、54点
10位通過:49点、14点、31点
※97回周回コースで超高速、96回は暑くなりました。

 拓殖大が逞しくなってきていますね。昨年の予選は終盤に急落するものの薄氷の想いで9位通過。そこからメンバーの入れ替わりがありなががら本戦15位。下馬評決して高くなかった今年の全日本予選は安定して4位通過。

 そして、夏を超えてエースがパワーアップ。3年ラジニ選手が、9月日体大で27分25秒65のビッグパフォーマンス。日本学生歴代トップに君臨しました。なお、昨年も60分13秒全体トップ…気象条件次第では見れるのか!?箱根予選で59分台!!

 日本人主力選手もしっかりエントリー。昨年秋から覚醒した4年生エース合田選手に、1万m29分一桁べストの佐藤・新井選手、得意のロードにスピードが生かせそうな竹蓋選手ら、4年生の選手がしっかり成長してきています。

 さらに3年生の選手も台頭してきましたね。今年の箱根復路を担当した吉村・江口・工藤選手が伸びています。吉村選手は全日予選4組で戦い抜き、江口・工藤選手は直近1万m29分10秒台。状態が上がってきています。4年生主力選手と集団で行く力は十分あり。

 他にも、前回予選でびっくりした桐山選手が久々エントリー。故障が非常に多い選手ですが、昨年の大爆発の再現なるか!?ロードで堅実な4年山崎・3年山田選手も控えています。

 下級生も、1年生小山選手が29分09秒、富永選手29分20秒を出して勢いに乗っていますね。主力・中堅・新戦力としっかり上がってきていると思います。

 前回は、終盤急落したとはいえ10㎞地点3位、今年は当時よりもチーム状況は良いように見えます。十分、上位・トップ通過は狙えるチームです。

[前回本戦17位]法政大

 Karube BLOG

【過去3年間の成績】
97回予選8位10:33:31⇒本戦17位
96回箱根本戦15位
95回箱根本戦6位

ランキング
JOKER(10点)~60分19秒(97回1位、84回1位)

SSS(9点)60分20秒~60分59秒(97回2-4位、95回1位)

SS(8点)61分00秒~61分39秒以内(97回なし、96回1-2位)

S(7点)61分40秒~62分19秒(97回5-23位、95回3-8位)
鎌田航生④28分30秒61/21:全予4組12位、関東IC1部1万7位、箱1区1位、20:予15位、箱2区18位

A(6点)62分20秒~62分59秒(97回24-60位、96回3-5位、95回9-15位)
河田太一平③29分06秒76/21:全予4組26位、関東IC1部half5位、箱2区19位、20:予124位、箱4区8位

B(5点)63分00秒~63分39秒(97回61-130位、96回6-10位、95回16-43位)
内田隼太③28分58秒65/21:全予1組12位、20:予135位
川上有生③29分06秒97/21:全予3組19位、箱9区17位、20:予109位
小泉 樹①29分13秒48/21:全予2組3位、20:高3区11位
細迫海気②29分24秒60/21:全予2組5位
清家 陸④29分28秒24/21:全予3組13位、関東IC1部half9位、箱4区11位、20:予33位、箱9区7位

C(4点)63分40秒~64分19秒(97回131-204位、96回11-24位、95回44-79位)
松本康汰③28分56秒35/21:箱3区12位、20:予79位
中園慎太郎③29分24秒58/21:関東IC3障4位、箱10区15位、20:予158位

D(3点)64分20秒~64分59秒(97回205-246位、96回25-49位、95回:80-129位)
守角 隼④29分25秒18
宗像直輝②29分25秒43/21:関東IC5千m
山本恭澄③29分56秒55/20:予166位

E(2点)65分00秒~65分39秒(97回247-289位、96回50-97位、95回:130-180位)
武田和馬①30分17秒88/20:高5区17位
高須賀大勢②31分29秒62

F(1点)65分40秒~66分19秒(97回291-326位、96回98-140位、95回:181-222位)

G(0点)66分20秒~66分59秒(97回327-360位、96回141-193位、95回:223-248位)

上位10名得点:49点

参考:過去3年間(97回、96回、95回)
トップ通過:63点、27点、54点
10位通過:49点、14点、31点
※97回周回コースで超高速、96回は暑くなりました。

 粘り強く、主要大会に強い法政大が帰ってきましたよ。前年度はエース選手以外はスピード不足で上位校に太刀打ちできませんでした。

 それが、今年は関東ICで主力が上位入賞、もしくはそれに近い成績を残します。全日本予選では、中堅選手&新戦力選手もしっかりと好走し、見事3位通過。選手も凄いですが、坪田監督一気にチームを対応させましたね。

 エースは4年生鎌田選手。今年の箱根1区鮮烈の区間賞は駅伝ファンみんな驚いたことでしょう。その後も活躍を続けていています。前年は前半抑えましたが…今年は日本人先頭手段には付いていくかな?

 続く選手は、4年清家・3年河田選手なのですが…、戦力が高くなってきましたよ。このうち今年は河田選手が好調、関東ICハーフ入賞し全日予選も4組で戦いました。ロードが得意なので、十分62分台は狙えるのではないでしょうか。

 63分前半以内は狙いたい選手では、昨年から活躍している3年川上選手以外に、直近1万m28分台と一騎波に乗ってきた内田選手、スルスル伸びてきたルーキー小泉選手、ロード得意と言われる2年細迫選手とどんどん出てきましたね。

 これに直近の大会ではもう少しだった4年清家・3年松元選手が、しっかりまとめていければ、高い総合力を持って予選に臨めることになります。調子はどうでしょうか。

 あとは3障のスピードがある中園選手、やはりトラックが得意な宗像選手、前回の予選経験者山本選手、最終学年に開花しそうな守角選手らが、どれだけ10番手あたりまとめられるか。

 昨年の予選は、前半は完全に圏外、ヒヤヒヤの後半になった予選会。今年は㎞3分でしっかり刻んだうえで、余裕を持って後半に臨める、そのくらいのチーム力になってきていると思います。