スポンサーリンク

【結果】第205回東海大学長距離競技会(2021年9月25日26日)【大学駅伝チーム別まとめ】

9月末、記録会が続いて、いよいよ駅伝シーズン到来を感じますね。

今度は、
2021年(令和3年)9月25日(土)26日(日)に行われる
第205回東海大学長距離競技会となります。

当初は、26日(日)のみの予定でしたが、
コロナ禍による密を避けるために、急遽2日間の開催となりました。

とはいえ、1日目に行われる10000mのメンツの濃さを見ると…
2日間に分けたのは納得です!

特に、箱根駅伝予選会で出場権を争うだろうチームの参戦の多さ!

それぞれ状態を確認しながら、チーム内の選考、他校も意識しての記録会になります!

※下部に山学大記録会を追記します。

スポンサーリンク

【大学駅伝チーム別結果まとめ】第205回東海大学長距離競技会

東海大学長距離競技会【公式サイト】

第205回東海大学長距離競技会【要項】

1日目日程 2日目日程

エントリー

日程【男子長距離抜粋】

9月25日(土)
12時00分:男子10000m1組
12時45分:男子10000m2組
13時30分:男子10000m3組

14時40分:男子3000m1組2組3組
16時00分:男子3000m4組

16時30分:男子10000m4組
17時10分:男子10000m5組
17時50分:男子10000m6組
18時30分:男子10000m7組

9月26日(日)
11時55分:男子1500m1組2組3組
12時25分:男子1500m4組

13時00分:男子5000m1組~4組
14時40分:男子5000m5組6組7組
15時50分:男子5000m8組9組

17時20分:男子5000m10組
17時40分:男子5000m11組
18時00分:男子5000m12組
18時20分:男子5000m13組
18時40分:男子5000m14組

男子長距離種目は2日間に分けて行われます。

25日(土)は女子3000m、
26日(日)は男女800m、女子1500m・5000mもありますね。

スポンサーリンク

TOP・実業団・高校生まとめ

現在はエントリーです。

twitter速報もあるので、そちらで結果をまとめるかもしれません。

男子10000m7組

東海大記録会 10000m7組(最終組) 森凪也(中大)28分台復活! 2021.9.25

動画:7716chuo 様

男子5000m14組

東海大記録会 5000m14組(最終組) 2021.9.26

動画:7716chuo 様

大学駅伝チーム別結果まとめ

東海大学

10000m
3組
DNF喜早駿介②
DNF梶谷優斗①
4組
市村朋樹④30分17秒56
本間敬大④30分24秒61
竹村拓真③30分24秒83
佐伯陽生②30分24秒98
川上勇士③30分25秒18
入田優希②30分25秒45
水野龍志①30分25秒70
佐藤俊輔③30分25秒98
杉本将太③30分26秒40
宇留田竜希③31分23秒00
五十嵐喬信①DNF

5000m
3組
岸本琉生弥②15分00秒32
牛澤昂大④15分06秒53
丹羽祐太②15分07秒07
5組
金子鉄平②14分45秒90
岸本琉生弥②14分53秒87
丹羽祐太②14分58秒39
6組
折口雄紀②14分45秒47
永洞和希②14分45秒73
金澤有真③14分46秒08
丸山真孝②14分46秒35
吉富裕太④14分46秒74
吉井来斗②14分59秒50
8組
丸山真孝②14分19秒17
金澤有真③14分24秒16
折口雄紀②14分24秒35
吉富裕太④14分24秒60
永洞和希②14分38秒23
吉井来斗②15分01秒11
14組
溝口 仁②13分58秒56
神薗竜馬②14分23秒63

 東海大はがっつりペース走をしていましたね。1万mでは市村・本間選手といった4年生を中心に、30分20秒台でずらりと並んでいます。佐伯・川上選手らもしっかり走れているようでよかったです。
 
 5000mは、かなり多くの選手が2度出走。前回の記録会良かった吉冨・金澤選手以外に、2年生丸山・折口選手もしっかり走れました。最終組では、溝口・神薗選手が記録に挑戦!出雲を狙う溝口選手が13分台と状態を上げてきました。

國學院大學

5000m
9組
吉田 鍾①14分47秒03
12組
日高龍之介②14分19秒41★
三潟憲人①14分22秒17
永谷連太郎③14分22秒39★
鶴 元太①14分25秒70

 國學院大は、レギュラーを狙う選手たちが出場していますね。2年日高選手がチームトップの14分19秒で自己ベスト。そのほかの選手も三潟・永谷・鶴選手が14分20秒台でまとめていて、まずまずでしょうか。

中央大学

10000m
7組
森 凪也④28分58秒59

5000m
13組
山口大輔①14分11秒64★
羽藤隆成②14分25秒43
小木曽竜盛③14分29秒04
梶山林太郎③14分33秒10
川田 涼①14分56秒65

 中大は収穫多かったですね。1万mでは4年森選手が全体2位となる28分58秒!前半戦は不調にあえいでいただけにほっとする結果です。

 5000mでは、1年生山口選手が自己ベスト14分11秒!夏前の記録会から頭角を現していましたが、どんどん注目度高くなってきます。3年生小木曽・梶山選手がそこそこ走れたのも収穫です。

※西湖ハーフトライアル
1位吉居大和②
2位中澤雄大③
3位阿部陽樹①
山平怜生①
田井野悠介③
湯浅 仁②
東海林宏一①
矢萩一揮①
など
タイムは非公開も、上位者は63分~64分台だそうです。

 また、インスタグラムで、学内で行われた西湖ハーフトライアルの結果が公表されていました。昨年はここで中澤選手が好走して、箱根予選会に繋げていたのですよね。

 中澤選手は今年も好走していましたが、吉居選手がそれを上回ったようです。今年は不調時期が長かったですが、少しずつあがってきているようでなにより。

 そして、阿部・山平選手ら1年生も頑張りましたね。関東インカレハーフ出場の田井野・湯浅選手を上回ったのですから、また層が厚くなっていますね。今年の中大は楽しみです。

日本体育大学

5000m
13組
岡嶋 翼④14分16秒66★
續木日向④14分29秒88★

 日体大の選手が、東海大記録会に出場してきました。4年生の岡島・續木選手が自己ベスト。次に繋げたい。

拓殖大学

10000m
6組
山崎晃志郎④29分51秒31
根岸 賢②30分07秒41
原田大希③30分19秒16
小林大祐①30分54秒24
安村零音①31分40秒14
7組
佐藤広夢④29分03秒72★
合田 椋④29分10秒97
工藤 翼③29分11秒73★
江口清洋③29分18秒74★
竹蓋草太④29分36秒39
新井遼平④30分53秒07

 拓殖大はおそらく箱根予選出走するであろうメンバーを中心に出場。6組では昨年も出場した山崎選手が29分51秒まずまず記録。2年根岸選手も結果を出しましたね。

 7組では、現在の主力選手が出場。佐藤選手の29分03秒が一番良かったですね。合田選手もまずまず。3年工藤・江口選手の成長もあり、収穫が多かったです。ロード型の竹蓋選手もまずまず。新井選手が上がってくると、万全に近くなります。

城西大学

10000m
5組
山中秀真②29分34秒02★
藤井正斗③29分36秒72
砂岡拓磨④29分38秒00
平林 樹①29分39秒23★
宮下璃久④29分41秒48
野村颯斗②29分44秒65
小島 拓③29分44秒73
木村吉希③30分19秒93★
熊谷 奨③30分35秒65
堀越大地②30分40秒39
中田侑希②30分44秒18★
成田龍之介②30分55秒15
山本 樹②31分22秒54
村山 健①31分42秒13
片渕大晴①DNF

 城西大は砂岡選手ら主力選手をPM29分40秒ほどで、ペース走を行っていました。前半戦勢いあった山中・平林選手がしっかりと自己ベストをマーク。前半戦途中から欠場していた宮下選手もまずまずですね。

 そのあと、29分44秒の3年小島選手のあとが、少し離れましたかね。木村・熊谷選手ら、1人でも上がってくると戦いやすくなるはずです。

上武大学

10000m
4組
千原憂晟②30分19秒31★
諏訪大樹②30分22秒44★
鍋野涼雅①30分43秒39★
八島優汰②30分44秒46★
後藤大志①30分56秒45★
吉田祐貴①31分23秒14★
坂本凌太郎①31分24秒25★
甲斐拓人②31分32秒35★
5組
湯本 樹④29分41秒66
西村 暉④29分45秒73
上田陽向②29分47秒97★
小川圭斗④29分52秒07★
青山 澪②29分53秒51★
石田竜也③30分06秒69
上本青空③30分17秒89★
山林レオ②30分19秒49
源川竜也④30分21秒17
正木 誠④30分27秒40★
岩田楽也①30分42秒26★
米林悠斗②30分58秒92★
菅原美紀②31分36秒73★
6組
海村 蓮①29分36秒32★
7組
村上航太③29分27秒55
渡辺一輝④29分30秒52
鉄川 歩③30分34秒05
額賀稜平②31分03秒17

 上武大が何気に収穫が多かったのではないでしょうか。4組千原・諏訪選手が30分前半のタイムをマークすると、5組では29分40秒台~30分少しで多くの選手が雪崩れ込みました。

 ロード力のある湯本・西村・小川選手が上がってきて、2年生成長途上の上田・青山選手が29分台ベスト。3年も石田・三林選手がまずまずで、上本選手が大幅ベストでした。

 さらに6組単独エントリーとなった海村選手が、初1万m29分36秒ベストで一気に主力に!最終組は少し差が出てしまいましたが、11か月ぶりレースとなった村上選手が29分27秒とチームトップ!ひとまず間に合いそうでよかったです。

慶應義塾大学

10000m
4組
森田剛史③30分27秒65
大木啓矢②30分45秒81★
内藤拓海④30分49秒75
鳥塚健太①30分58秒74★
6組
木村有希①29分48秒01★
田島公太郎①30分05秒34
前原裕磨③30分14秒21
安倍立矩①30分26秒48
貝川裕亮③30分40秒10
黒澤瑛紀②31分05秒21
7組
清水拓哉④30分16秒64

5000m
8組
前田大河④14分57秒71★

 慶大は新戦力台頭してきましたね。6組で1年生木村選手がびっくり29分48秒!田島・安倍選手合わせて29分台3人は慶大としては早い!4組で鳥塚選手も30分台乗せてきましたね。

 また、前半戦途中から欠場の森田選手が試合に出れました。30分27秒ですがひとまずほっとするところ。全日本予選エントリーの大木選手も大幅ベスト30分45秒です。主力~中堅選手は、ここでは大人しめでしたが、ここからどれだけ合わせていけるか。

亜細亜大学

10000m
3組
中原胡太郎①31分37秒06
6組
稲森優翔①30分48秒99★

 亜細亜大は1年生が多く出ていましたね。箱根予選の出場権を得るためでしょうか。稲森選手が30分48秒で一番いい成績でした。

流通経済大学

10000m
3組
宮下資大④30分27秒47
中根翔也④30分27秒66
森川蒼太①30分28秒48★
竹上世那④30分55秒57
芳口悠太②31分15秒22
長谷川瑠①31分25秒20★
大場麻央④31分27秒71
熊田翔太④31分37秒26
小島 准①31分44秒02★
高橋登也④31分52秒99
宮下意大④31分53秒21
小野悠人④32分01秒20
鎌形駿也②32分01秒95
中川裕斗③32分06秒03
池澤将汰③32分50秒67

 流通経済大の選手が、先週の5000mに引き続き、今度は10000mでペース走を行いました。宮下・中根選手の4年生に、1年生森川選手が食らいつき、30分28秒ベスト。予選に向けて好材料です。

 竹上選手以降が31分オーバーしてしまいましたが、このあたりが、予選までにどこまで動きがよくなるか。

立教大学

10000m
4組
安藤圭佑①29分57秒12★
山口史朗①30分17秒15★
金城 快③30分59秒22
黒田航世③31分20秒06
稲塚大祐①31分25秒47★
石鍋拓海④31分34秒26
髙木晃瑠①31分58秒60★
中田紫音①32分12秒05★
富田 翔①32分14秒93
6組
斎藤俊輔④29分06秒77★
服部凱杏②29分23秒31
中山凛斗②29分27秒34
林虎太朗①29分46秒89
山本罹生①30分17秒43★
忠内侑士②30分21秒04
市川大輝②30分51秒90
内田賢利②31分06秒14
後藤謙晶①31分07秒72
白瀬賢也②31分19秒05
中西洸貴①31分25秒80
上野裕一郎監督DNF

 立教大は収穫も多いですね。4組で安藤・山口選手が29分57秒・30分17秒とそれぞれ自己ベスト好走すると、6組も主力選手が頑張りましたね。エース格斎藤選手が29分06秒と好走!一人抜け出していますね。

 それ以降も服部選手がほぼベストの29分23秒、中山選手も春先よりは調子が上がる29分27秒。高校時代29分台ベストの林選手も走れるようになっていました。

 それ以降差が離れましたが、夏合宿の疲れもある中ですかね。課題の総合力も少しずつついていると思います。

皇學館大學

5000m
8組
中川推斗①14分39秒56
9組
毛利昴太①14分42秒49★
岩島昇汰①14分53秒62
鵜飼一颯②14分59秒92
12組
柴田龍一③14分34秒39★
笹竹陽希③14分37秒01
矢田大誠②14分47秒61★
上杉泰伸①14分56秒53
13組
佐藤楓馬②14分33秒70
鈴木翔也④14分40秒91
松野颯斗②15分13秒96

 皇学館大は収穫が多かったように思います。多くの選手が自己ベストか、それに迫る成績でした。1年生はもともとタイムを持っている中川選手が14分39秒、毛利選手が14分42秒ベストでした。

 また、柴田・鈴木選手ら上級生も踏ん張りました。日本インカレは失敗レースだった佐藤楓選手が、ここからどれだけあがっていけるかです。

関西学院大学

10000m
3組
今井由伸③31分17秒68

5000m
11組
水口 涼④14分58秒04
12組
舩津一帆③14分27秒16★
中尾心哉①14分29秒94★
13組
佐藤良祐②14分28秒89

 関西学院大も何名か出場していました。12組で舩津・中尾選手が14分30秒切って自己ベスト。13組佐藤選手もまずまずのタイムでした。この大学の仕上がりも楽しみです。

その他の大学

10000m
3組
丸山翔太郎④31分03秒98 東京理科大

山梨学院大学記録会

ポール オニエゴ④29分04秒53
松倉唯斗④29分06秒89
木山達哉③29分10秒73

 山学大は、学内で記録会を開いたようですね。オニエゴ選手PMで、松倉・木山選手が29分10秒付近で走り切ったようです。条件は決して良いわけではないので、まずまずかな。

 総合力、この後ろが気になりますが、箱根予選エントリー時に自己ベストが出ているかどうかでわかるかもですね。