スポンサーリンク

【法政大学】箱根駅伝2022へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 新年度…も前半戦が終わりました。当サイトでも、関東大学長距離各チームの2021年度のメンバーの紹介と実績、簡単な戦力分析を再開していきたいと思います。もちろん、新入生も紹介していきます。

 続いて、関東IC得点重ね、全日本予選安定した戦いぶり…久々上位参戦の雰囲気の法政大学です。

他の大学の情報

大学駅伝チーム紹介・成績・戦力分析

※新入生の5000m上位5名ベスト順

スポンサーリンク

【法政大学】箱根駅伝2022へ~新入生情報や戦力分析&持ちタイムなど!

 昨年度は苦しいシーズンでした。箱根予選は、後半勝負と読むも、ギリギリの戦いとなり、薄氷を踏む思いで8位通過。本戦では1区にエースを配置し、見せ場を作るも、2区以降は後退し、総合17位。上位チームのスピードについていくことはできませんでした。

 一転、今季は好調。関東ICは主力選手のみに絞り、各種目で高得点をマークします。その合間の記録会では、中堅選手や故障明けの主力ランナーがまずまずの結果をマークします。

 迎えた全日本予選では、各組非常に安定した走りを披露。主力も、中堅選手も、新戦力候補も全員がしっかりと走り切り、見事に3位通過。数年前、上位争いに食い込んできたときの法政大に戻ってきたような…?陣容をまとめてみます。

スポンサーリンク

新チーム各学年戦力分析

※ベスト記録は、2021年8月15日現在

4年生

鎌田航生④28分30秒61≪21:箱1区1位、20:予15位、箱2区18位、19:全2区8位、出1区14位、箱8区7位、18:全2区15位≫
山本 燎④29分24秒42
清家 陸④29分34秒09≪21:箱4区11位、20:予33位、箱9区7位、19:全5区12位、出5区10位≫
河野祥哉④29分46秒40≪20:予128位≫
久納 碧④29分53秒46≪20:箱1区19位、18:全1区13位≫
齊木淳人④30分07秒02
人見昂誠④30分19秒99≪19:出4区15位≫
守角 隼④30分20秒86
山田直樹④30分25秒84
田中大稀④30分28秒83
中光 捷④30分46秒63

 4年生は、他校に通用するエースとなってきた鎌田選手が有名ですよね。箱根駅伝1区区間賞を獲得し、一躍有名になると、学生ハーフも優勝!タフなレース展開やロードで+αが出てくる選手です。

 最後のトラックシーズンは、関東IC1万m・5千m連闘。1万mで7位入賞で、28分30秒61の自己ベストを出すなど相変わらず勝負強さを発揮。全日本予選は確実に28分台を出して通過に貢献しています。最後の駅伝シーズンは堂々エース区間での戦いを見たいですね。

 続くのは、清家選手。2年時に台頭し、彼もまた長距離ロードで+αが出る印象ですよね。今年の箱根は5区山登りを希望も、チーム事情で4区。難しい流れの中で区間11位で走り切りました。この2人が健在なら、駅伝でチームが引き締まりますね。

 そのほかの選手となると、トラックのスピードのある久納・人見・守角選手らが競っていましたが、ここにきて河野選手が台頭していますよね。前回の予選126位好走。長い距離でまた力になるかもです。

 山対策で隠し玉がいるケースも、法大は結構あるので、最後までこの世代目が離せません。

3年生

松本康汰③28分56秒35≪21:箱3区12位、20:予79位≫
河田太一平③29分06秒76≪21:箱2区19位、20:予124位、箱4区8位、19:全7区13位、出6区8位≫
川上有生③29分06秒97≪21:箱9区17位、20:予109位≫
扇  育③29分43秒48
中園慎太郎③29分56秒96≪21:箱10区15位、20:予158位、箱8区18位≫
山本恭澄③30分18秒86≪20:予166位≫
内田隼太③30分23秒91≪20:予135位≫
徳永裕樹③≪20:予157位≫

 今季の法政大浮沈は、この世代がどこまで本格化するかによりますね。主力は今年の箱根2区3区で繋いだ河田・松本選手です。

 河田選手は、1年時から出雲6区・全日本7区・箱根4区を走るなど長いロードで注目が高かった選手です。今年の箱根2区は苦い思いをしましたが、関東ICハーフで5位入賞するなど復調してきています。箱根予選以降の成長が楽しみ。

 松本選手は、昨年度一の成長株のランナー。予選79位で走り切り、通貨に大きく貢献。その後、1万m28分台を経て箱根3区で奮闘しました。前半戦主要大会は出場できずも、試合に府復帰。秋までに持ち味のスピードに磨きがかかりそうです。

 箱根9区10区で繋いだ川上・中園選手の中堅選手の伸びは大事。川上選手は関東IC1万m・全日本予選3組で健闘。着実にステップアップしています。長身中園選手は、得意の3障で4位入賞。長距離でもさらに伸びてくるか。本戦に出場できれば復路で厚みが増すはずです。

 そして、ここにきて台頭してきたのが、扇・内田選手。ともに入学時代から期待されていましたが鳴かず飛ばずでした。それがレース復帰まもなく全日本予選参戦。1組でコンビを組み、29分40秒台で組10位前後!夏スタミナがつけば、駅伝でも戦力になるはずです。

 他にも山本・徳永選手が、前回の箱根予選に出場。やはりこの世代はカギとなる。

2年生

宗像直輝②29分32秒38
松永 怜②29分42秒59
細迫海気②29分51秒52
稲毛祟斗②30分19秒54≪20:予139位≫

 2年生はまだ頭数多くないですが、面白そうな選手が出てきましたね。トラックでは宗像選手が、関東IC5000mに出場。全日本予選は調子落ちで出場ならずも、少しずつ安定感が増してきていますね。

 そして、長距離ロードでは稲毛・細迫選手が面白いそうですね。得稲毛選手は、昨年ルーキーながら予選にも登場。復路8区9区あたりの候補になるほどのスタミナの持ち主だそうで。細迫選手は全日本予選2組5位と大健闘しています。

 夏合宿の30㎞TTでは、稲毛・細迫選手がかなり健闘していたとのこと。箱根予選以降、間違いなくダークホースになるのではないでしょうか。非常に楽しみです。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

※新入生5000mベストは4月1日時点にしています。

宮岡幸大①14分08秒62≪20:高3区42位≫
小柴田頸志①14分15秒88
小泉 樹①14分16秒32/29分51秒17≪20:高3区11位≫
高橋一颯①14分35秒53
安澤駿空①14分36秒04
5000m上位5名平均:17位14分22秒4
夜久幸之助①14分39秒21
永島悠平①14分39秒17
武田和馬①14分40秒58≪20:高5区17位≫
上仮屋雄太①14分43秒16≪20:高5区9位≫
横井嵩洋①14分48秒75
加藤幸一郎①14分53秒32
富山大智①14分56秒18
下山 翼①15分15秒00

 一番5000mの持ちタイムが早いのは、宮岡選手の14分08秒。関東IC5000mに早速出場していましたね。15分かかり、ちょっと本調子ではなかったですが、大学のスピードを間近で体感できたのは今後に活きると思います。

 その宮岡選手に、高校駅伝3区で区間順位で上回っている小泉選手が非常に面白い存在になっていますね。5月下旬記録会で、1万m29分51秒のベストを出すと、全日本予選に登場。2組3位と大きく貢献。早くも主力として期待が高まっています。

 そのほかの選手は武田選手が1万mを経験しているなどありますが、まだあまり試合には出てきていないですかね。とはいえ、法政大は例年じっくり育成します。来年の今頃には、また大きく情勢が変わっているでしょう。

【法政大学まとめ!】箱根駅伝2022へ向けて

4年生:エース鎌田選手と清家選手はロードで魅せる
3年生:スタミナ河田選手とスピード松本選手ら、カギになる世代
2年生:稲毛・細迫選手は、秋シーズンのダークホース
1年生:小泉選手がいきなり期待の存在に

 それぞれの学年盛り上がってきていますよね。エースとなった4年鎌田選手に、清家・河田選手の3本柱は、昨年と同じも、間違いなくパワーアップしています。

 これに3年生がどこまで迫れるか。スピードのある松本選手に、川上・中園選手ら箱根出走者が着実に主要大会での実績を積みあげています。内田・扇選手も戦力になり始めていますし、彼らが選手層を大きく上げていきます。

 下級生はまだまだ少数精鋭ながら、2年稲毛・細迫選手に、1年小泉選手が一気に上がってくる気配です。

 箱根予選はこれからですが、出場することができれば、面白い雰囲気。エース格の選手もいますし、周囲を固めるランナーにもそれぞれ個性があり、長い距離で粘りを発揮できそうな選手がいます。駅伝で力を発揮できるチームになりつつありますね。


スポンサーリンク

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    箱根予選会は鎌田選手がタイムを稼げるだけ稼いで、日本人トップ争いの次のグループに清家、松本、河田選手あたりがどれだけ上位でゴールできるかがかなり大きいと捉えています。あとはロードに強いタイプの大学でないだけに、チームの7~10番手がどれだけ粘ることができるか?

    全日本は扇ー鎌田ー松本ー清家ー内田ー小泉ー河田ー川上を期待込みで。
    箱根は松本ー鎌田ー扇ー河田ー清家、人見ー内田ー小泉ー川上ー中園で。
    個人的にはエース鎌田選手の快走と、ルーキー小泉選手の起用の2点に期待したいです。特に箱根駅伝の8区は将来のエースへの登竜門(青木選手、鎌田選手)的な位置付け?感があるので、ぜひ将来の法政の主力に。
    そしてエース鎌田選手には、チーム内で唯一3年連続シード権を獲得したメンバーとたすきを繋いでいる(全日本、箱根)だけに、是非力強い走りで後輩に他の大学のエース級と戦う姿を見せてほしいです。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      今年の法政大は、走力が格段に上がり、自信を深めていると思います。しっかりと集団走の作戦を立てて、後半までしっかりと走れるように計算していくのかなと思っています。その中で、鎌田選手は、日本人の先頭集団で戦う姿を見れたらいいなと思っています。