スポンサーリンク

【結果・記録】令和3年度第1回世田谷陸上競技会(6月12日)大学駅伝チーム別まとめ

先日行われた記録会を、まとめていきたいと思います。

今度は、駒澤大がまた記録ラッシュに沸いた
令和3年度第1回世田谷陸上競技会です。

スポンサーリンク

令和3年度第1回世田谷陸上競技会(6月12日)大学駅伝チーム別まとめ

世田谷陸上競技会公式サイト

競技日程&エントリー

男子長距離抜粋

16時15分:男子3000m1組2組
17時05分:男子5000m1組2組3組
18時05分:男子3000m3組
18時20分:男子5000m4組
18時40分:男子5000m5組

3000mと5000mはいい記録が出ています

【全体の競技結果】

スポンサーリンク

実業団&市民ランナーまとめ

3000m
1位相澤 晃7分49秒66 旭化成
3位茂木圭次郎7分52秒47 旭化成
5位荻野太成7分55秒17 旭化成
6位大六野秀畝7分56秒50 旭化成
山本修二8分22秒65 旭化成

 3000mは旭化成勢が出場したのですよね。多くの選手が7分台を記録する当たりやはりレベルの高いチームです。

 その中で、10000mで東京五輪代表が内定している相澤選手が7分49秒66の好記録で日本歴代6位の記録!素晴らしい脚ですね。

 5000mでも日本選手権に出場するそうです。こちらの種目でも、日本No.1になるのでしょうか!?

 茂木・荻野・大六野選手もまずまず。旭化成が個人種目で巻き返しに来ています。

5000m
4組
富田遼太郎14分18秒32 スズキ
鈴木浩風14分20秒50 自衛隊体育学校
森井勇磨14分21秒17 ひらまつ病院
5組
3位天野誠也14分04秒47 自衛隊体育学校
福村拳太14分13秒90 石川陸協
村本一樹14分19秒95 住友電工
熊谷拓馬14分22秒65 住友電工

 自営体育学校の天野選手が、各大会安定していますね。市民ランナーとなった福村選手もひとまず順調です。

駒澤大学

5000m
3組
宮城珠良①14分43秒79
4組
高橋 海①14分37秒19
5組
1位篠原倖太朗①13分55秒59★
庭瀬俊輝①14分11秒30★
吉本真啓①14分25秒43
花崎悠紀④14分38秒11

 駒澤大は、今年もルーキーが凄いですね。先日期待が高かった佐藤選手が13分台を出していましたが、2人目の13分台が誕生しました!

 なんと高校時代5千m14分36秒だった篠原選手が一気に13分台!入学して僅か3か月での大幅走力アップに沸き立ちました。

 ひとまず短い距離の出雲駅伝などでメンバー入りを狙っていくということですが、さてどうなるか。

 続いた庭瀬選手も順調に伸びていて14分11秒。庭瀬選手の伸び方でも早いのですが、時代がちがいますね。

 他では、山下りの花崎選手が試合に出れるようになりました。駒大のいい流れは続いています。

帝京大学

5000m
3組
大花将太③14分35秒77★
近田達矢②14分38秒35
末次海斗②14分41秒90
4組
大吉優亮②14分25秒00★
寺嶌渓一④14分25秒01
5組
2位橋本尚斗④13分57秒93★

 帝京大は、前半の組でもしっかり自己ベストが出ましたね。じわじわ成長している大花選手がベスト。また、大吉選手も14分25秒、この世代の台頭が欲しかったのでうれしいベスト。

 主力では、橋本選手が出場。全体2位となる13分57秒で自己ベスト!駅伝シーズン、必ず彼のスピードが必要になります。

明治大学

3000m
2位手嶋杏丞④7分49秒76
4位鈴木聖人④7分54秒19
漆畑瑠人③8分00秒93
大西理久④8分24秒03

5000m
3組
安部柚作②14分31秒98
田村 圭④14分34秒29
植田雅弘④14分34秒97
4組
杉彩文海②14分55秒02

 明治大は3000mに主力選手が出場。手嶋・鈴木選手の4年生がスピードに磨きをかけました。特に手嶋選手は7分50秒を切る、7分49秒76!力をつけていますね。

 鈴木選手の7分54秒もレベル高い!10000mでも高いパフォーマンスを見せていましたし、彼も覚醒の年になっています。

 また、駅伝未経験の漆畑選手も8分00秒。下からの突き上げも、チームのレベルアップとなります。

専修大学

3000m
安達勇人③8分22秒07
中山敦貴②8分22秒50
千代島宗汰①8分25秒36※
有本 逸①8分27秒59
山城弘弐②8分27秒80
増田悠希③8分34秒80
辻 優輝①8分36秒08※
鎌田明日翔①8分37秒05

 専修大は、3000mに出場。※マークを付けた、千代島・辻選手は、のちに全日本予選を出走ししているのですよね。千代島選手ここではまずまずだったのですが…。

 このほか、安達・中山選手が8分20秒台前半。スピード強化が少しでも実れば。

湘南工科大学

3000m
齊藤 元④8分28秒05
藤田康平④8分29秒48
熊澤諒哉②8分31秒85
鎌田虎太郎②8分38秒43

 湘南工科大が3000mに多く出場。斎藤・藤田・熊澤選手ら3名が8分30秒前後にまとめてきたのは、他のトラックのベストからするとまずまずでは?

 特に、強化生ではないはずの4年生世代が走力で引っ張れているのはいいですね。

その他の大学

3000m
野中拓海③8分28秒1 関東学院大
坂田陽朗③8分39秒10 立正大

5000m
3組
山崎颯太②14分44秒68★ 立正大
小池 彪③14分45秒73 東京経済大

 立正大も何人か出場。山崎選手が5000mで14分44秒ベストでした。


スポンサーリンク