スポンサーリンク

【第3戦網走大会・結果】2020ホクレンディスタンス/駅伝ファンとしてのコメントも!

前半シーズンはほとんど中止になるのか…そう思われたのですが、

北海道の各地で行われる「ホクレンディスタンス2020」は開催に踏み切りました。

コロナ渦の影響で、各大会が中止・延期に追い込まれました。北海道もクラスターが2度発生するなど、大変な状況でした。

そんな中、多くの方々がホクレンディスタンスの開催に尽力を尽くしていただき、開催が決定しました。

また、幸運にも、直前に北海道の新規感染者数が、88日ぶりに「ゼロ」の後押しもありました。

武漢肺炎に気を付けながらも、陸上大会開催への流れになればと思っています。

第2戦深川はこちら

第1戦士別はこちら

スポンサーリンク

【第3戦網走大会・結果】2020ホクレンディスタンス/駅伝ファンとしてのコメントも!

参照:https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1531/

スポンサーリンク

タイムテーブル

15時15分 女子3000mB

15時30分 男子5000mE

15時50分 男子5000mD

16時10分 女子3000mA

16時25分 男子5000mC

16時45分 女子1500m

17時00分 女子5000mB

17時20分 男子5000mB

17時40分 男子5000mA

18時00分 ゆめぴりか女子5000mA

18時25分 男子10000mB

19時00分 女子10000m

19時35分 男子10000mA

1500m~10000mまで様々な距離の種目がありますね。

結果

日本陸上競技連盟(日本陸連、JAAF) が動画配信しています。

★ライブ配信★【ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020】第3戦網走大会 7月15日(水)

男子5000mD・E組

5000mE組
1位齋藤 諒14分17秒61 NDソフト
以上14分20秒以内、以下学生のみ
杉崎 翼④14分33秒11 東京国際大
長澤圭馬④14分49秒49 法政大
竹上世那③14分57秒32 流通経済大
森 陽向④14分59秒48 東京経済大

 E組は、大東大OBが上位に来たのですよね。齋藤・大久保選手選手が競っていました。元々スピードがある齋藤選手が制していました。学生は東国大の杉崎選手ら上級生が中心。結果はもう少しだったと思いますが、貴重なレースでしたね。

5000mD組
1位大山憲明13分57秒66 コニカミノルタ
2位監物稔浩13分58秒05 NTT西日本
3位倉田 蓮②14分01秒28★ 大東文化大
4位唐澤拓海①14分02秒87★ 駒澤大
5位土井大輔14分03秒17 黒崎播磨
6位大津顕杜14分03秒55 トヨタ自動車九州
7位大畑和真14分04秒61 安川電機
8位廣瀨大貴14分05秒09 大阪ガス

志水佑守14分05秒22 トヨタ自動車九州
山藤篤司14分06秒72 トヨタ自動車
山岸宏貴14分09秒71 GMO
西澤卓弥14分12秒33 トーエネック
渡邊悠真14分12秒53 トヨタ自動車九州
荒川諒丞14分13秒72 サンベルクス
木田貴大14分14秒02 コモディイイダ
改木悠真14分14秒32 トヨタ自動車九州
青柳達也③14分15秒22 中央学院大
小田部真也14分16秒63 黒崎播磨
岩﨑裕也14分17秒92 大阪ガス
黒河一輝14分18秒15 コモディイイダ
以上14分20秒以内

 ここからぐっと記録が出始めるのですよね。1000m2分49秒、3000m8分33秒とまずまずのペースで通過。ここでペースを上げたのが、なんと駒大1年の唐沢選手!一気に14分00秒前後が狙えるペースになります。

 最後はスピードがあるコニカミノルタ大山選手やNTT西日本監物選手が上位に。さらに大東大注目の2年倉田選手が大幅自己ベストで14分01秒!一気にチームの主力選手に入ってきました。そしてレースを引っ張った唐澤選手もぐっとタイムを短縮する14分02秒!都道府県対抗駅伝で魅せたセンスがまたちらりと見た気がします。駒大はこれで乗っていきましたね。

 その後、黒崎播磨土井・安川電機大畑選手の法大OB同級生も14分一けた。ともにスピード型ではなかったですが、記録伸ばしましたね。他、トヨタ自動車九州勢も目立ちました。大津選手が奮闘しましたね。

男子5000mB・C組

5000mC組
1位藤木宏太③13分50秒01★ 國學院大
2位山谷昌也②13分52秒34★ 東京国際大
3位赤﨑 暁13分53秒49 九電工
4位花尾恭輔①13分54秒38★ 駒澤大
5位楠 康成13分55秒64 阿見AC
6位赤津勇進①13分56秒37★ 駒澤大
7位酒井亮太②13分56秒67★ 駒澤大
8位林 奎介13分57秒14 GMO

9位小山裕太13分58秒02 トーエネック
10位國行麗生13分58秒03 大塚製薬
11位八巻雄飛14分00秒83 SGHグループ
12位岡原仁志14分05秒77 中電工
橋本 峻14分07秒11 GMO
高橋尚弥14分09秒30 安川電機
小林 巧14分19秒54 セキノ興産
以上14分20秒以内

 3000m8分24秒、4000m11分12秒と13分台が狙えるペースでレースが進みますが、駒大勢などかなりの人数が残っていました。4000mを過ぎてからスパートをかけたのが國學院藤木選手!箱根1区で見せたスパート、今度は突き抜けましたね。最後の1000mは2分42秒で上がって13分50秒の自己ベスト!どんどん頼もしくなります。

 さらに東国大の若手、2年の山谷選手が13分52秒のベスト!藤木選手に最後まで食らいついたのは非常に良いレースだったかと。東国大は出雲駅伝で初出場初優勝を狙っていますが、このくらいの走力のランナーがどこまで出てくるか。また拓大卒業したばかりの赤崎選手が13分台!最初のホクレンはあまり結果出ませんでしたがしっかり修正。これからが楽しみ。

 さて、大学駅伝ファンがさらにざわついたのがそのあと。駒大の若手3選手が13分台!学内TTで13分台の話があった1年赤津選手だけでなく、同じく1年の花尾選手、さらに2年酒井選手も記録を出しました。チームとして元々5000mは記録が出てましたが、凄いですね!若手が一気に順応しているのもポイントです。

5000mB組
1位中西大翔②13分42秒24★ 國學院大
2位中西亮貴13分42秒82 トーエネック
3位鈴木芽吹①13分43秒38★ 駒澤大
4位菅原伊織④13分44秒71★ 城西大
5位一色恭志13分45秒22 GMO
6位米満 怜13分46秒32 コニカミノルタ
7位太田智樹13分47秒09 トヨタ自動車
8位鈴木勝彦13分47秒73 SGHグループ

9位坂東 剛13分53秒87 大阪ガス
10位神戸駿介④13分55秒99★ 駒澤大
11位渡邉利典13分57秒79 GMO
12位鈴木祐希13分58秒97 カネボウ
13位堀尾謙介14分00秒03 トヨタ自動車
14位島貫温太14分04秒11 GMO
15位石井一希①14分04秒90 順天堂大
16位椎野修羅③14分05秒38 麗澤大

高畑祐樹14分05秒59 トーエネック
辻横浩輝14分06秒55 大阪ガス
橋爪孝安14分07秒82 SGHグループ
大塚祥平14分08秒74 九電工
中川翔太14分14秒62 安川電機
有村優樹14分18秒06 旭化成

 PMのケモイ選手が飛ばしていき、3000m8分12秒で通過するハイペース。縦長にはなりましたが、ここまでは結構なランナーがついていたようですね。4000m10分58秒で通過するころにはさすがに絞られてきましたが、駒大1年鈴木選手が積極果敢に食らいつきます!これを中西選手や菅原選手が追っかける展開!

 最終的に勝ったのが、國學院大期待の2年中西大選手!なんと13分42秒と國學院大記録を更新するスーパーランに!C組の3年藤木選手をもタイム上で上回って来たのは本当にびっくり!強力な柱が育ってきましたよ。

 さらにスピードを鍛えるトーエネック中西選手も13分42秒、実業団ではマラソン開花し始めたGMO一色選手が13分45秒と好調。創価大で有名になったコニカミノルタ米満選手も非常にいいデビュー。早大卒業したばかりのトヨタ太田選手も13分40秒台。強豪実業団でも充分レギュラーになっていきそう。

 さて、学生は中西選手以外にも凄い事になりましたね。PMの真後ろに食らいついた鈴木選手が13分43秒と1年生として非常にハイレベルのパフォーマンス。確かに高校時代トップクラスでしたが、これは凄い!城西4年菅原選手もさすがスピードランナー。得意分野をどんどん鍛えていますね。

 他にも駒大4年主将の神戸選手が何気に13分55秒更新。ロードでの飛躍に期待が高まります。14分一けたでは順大ルーキー石井選手と、麗澤大カギを握る椎野選手。彼らの動向に注目です。

女子3000m・女子1500m

女子3000mB組
1位ゼイトナ フーサン9分12秒60 デンソー
2位兼友良夏9分14秒41 京セラ
3位ブカ デスタ フルカ9分16秒17 デンソー
以上9分20秒以内
女子3000mA組
1位MBAIRE Cynthia Njeri8分56秒05 神村学園高
2位黒川円佳9分14秒54 神村学園高
3位鍋島莉奈9分14秒86 日本郵政G
4位久保心優9分17秒21 神村学園高
5位信櫻 空9分18秒09 パナソニック
6位武田千擦9分19秒73 パナソニック
以上9分20秒以内

 神村学園のシンシア選手が1000m2分56秒でぶっ飛ばして、鍋島選手ら他の選手は3分04秒ペース。シンシア選手はそのまま8分台でゴール。鍋島選手はペースをキープ、ただ、ラスト神村学園の黒川選手が2位へ。神村学園の勢いを感じましたね。

女子1500m
1位卜部 蘭4分14秒94 積水化学
2位高松智美ムセンビ4分18秒87 名城大
3位陣内綾子4分19秒84 九電工

 有名な選手が上位を占めましたね。この種目引っ張っている九電工陣内選手に、名城大スピードエースの高松選手、さらに積水化学卜部選手が上回りました。

女子5000mA・B組

女子5000mB組
1位阿部有香里15分54秒74 しまむら
2位佐藤奈々15分55秒24 スターツ
3位山﨑夢乃15分56秒77 佛教大

女子5000mA組
1位田中希実15分02秒62 豊田自動織機TC
2位ヘレン エカレラ15分03秒09 豊田自動織機
3位キプケモイ ジョアン15分04秒32 九電工
4位萩谷 楓15分05秒78 エディオン
5位ジェロティッチ ウィニー15分14秒84 九電工
6位矢野栞理15分29秒93 デンソー
7位清水真帆15分30秒04 ヤマダ電機
8位矢田みくに15分32秒36 デンソー

9位山口 遙15分34秒02 AC・KITA
10位薮下明音15分42秒24 豊田自動織機
11位西原加純15分44秒31 ヤマダ電機
12位中原海鈴15分45秒42 京セラ
13位菅田雅香15分47秒13 日本郵政G
14位筒井咲帆15分48秒28 ヤマダ電機
15位石澤ゆかり15分49秒87 エディオン
16位内藤早紀子15分50秒60 パナソニック
17位小笠原朱里15分51秒00 デンソー
18位田崎優理15分51秒30 ヤマダ電機

 田中選手に大きな注目が集まりましたね。プレッシャー、そして連戦ということもあってか、セカンドベストになりましたが、それでもここまでハイレベルなタイムを維持し続けるのはとてもすごいことだと思います。

 最初の1000mが2分59秒、ただそこから集団のペースが落ちて4000m通過は12分12秒でした。それでもそこからラスト1000mを2分50秒まであげるのですから、これは今まで日本人ランナーが中々できなかったことをやっています。

 瀬古リーダーが「ヨーロッパなら14分30秒台」といつもの調子で発言してみますが、確かに環境とレース展開に恵まれれば、彼女なら日本記録を出せそうな感じはします。とはいえ、とらわれすぎずに世界に勝つことをおそらく目指していきそうかな?

 そして、彼女の陰に隠れて話題になりませんが、エディオンの萩谷選手も15分05秒とオリンピックに出場できるレベルのタイムを出してきましたね。レース展開は良かったと思いますが、彼女もさらに注目ランナーになることでしょう!

女子10000m

女子10000m
1位ローズメリー ワンジル モニカ30分38秒18 スターツ
2位一山麻緒31分23秒30 ワコール
3位佐藤早也伽32分05秒31 積水化学
4位小林成美32分08秒67 名城大
5位安藤友香32分12秒24 ワコール
6位川口桃佳32分15秒88 豊田自動織機
7位大西ひかり32分17秒12 日本郵政G
8位松田瑞生32分28秒27 豊田自動織機
以上32分30秒以内

 有力ランナーが並びましたね。PMより速いタイムで、モニカ・一山・松田選手が進んでいきます。5000mはモニカ選手が15分25秒と驚異的なペースで独走、15分33秒で一山選手、15分55秒で松田選手、PMの集団は16分14秒程となっていました。

 モニカ選手は8000m24分37秒で通過後、さらにギアチェンジ。1000m3分を切るペースで走り30分38秒と日本記録より速いタイムでゴール。このあたりはさすがの走力ですね。

 日本人は一山選手がペースを保ち続け31分23秒の好記録!マラソンで結果を残したスピードランナーなだけありますね。3位争いは松田選手が後ろの集団に飲み込まれた後、積水化学の佐藤選手が抜け出してきました。最後のペースアップは魅力の一つ。

 学生の小林選手が健闘の4位32分08秒、ワコール安藤選手も好調キープ、川口・大西選手もここ最近の好調さが結果にも出ていますね。松田選手は今回は終盤失速。また次の機会、記録に挑戦してほしいです。

男子5000mA組

男子5000mA組
1位コエチ ベナード13分11秒77 九電工
2位イエゴン ビンセント②13分20秒39★ 東京国際大
3位長谷川 柊13分28秒30 カネボウ
4位ケイタニー キプトム13分31秒49 トヨタ紡織
5位ドミニク ランガット13分32秒03 コニカミノルタ
6位モゲニ ベヌエル マゴマ13分32秒55 旭化成
7位浦野雄平13分37秒28 富士通
8位田中秀幸13分37秒83 トヨタ自動車

9位吉田圭太④13分37秒96★ 青山学院大
10位市川孝徳13分38秒36 日立物流
11位木津晶夫13分39秒52 カネボウ
12位竹内大地13分41秒18 トーエネック
13位大池達也13分43秒46 トヨタ紡織
14位西山雄介13分45秒60 トヨタ自動車
15位ジョン ムリツ13分49秒68 トヨタ自動車九州
16位中谷雄飛③13分52秒37 早稲田大

17位照井明人13分54秒42 NDソフト
18位ルカ ムセンビ②13分54秒66 東京国際大
19位伊藤和麻13分55秒81 住友電工
20位岡本雄大13分57秒40 サンベルクス

 カロキ選手がPMを務め、1000m2分40秒、3000m8分06秒のハイペースで引っ張ります。これを上回るペースで進んだのがコエチ・ヴィンセント選手などの留学生。1000m2分37秒、3000m7分55秒の非常にハイペースで推移。日本人ランナーはこれにはつけず。

 コエチ・ビンセント選手は激しい叩き合いの末、コエチ選手に軍配。13分11秒や13分20秒、中々日本人ランナーには出すのが難しいタイムです。そんな中、落ちてきた留学生ランナーを抜いていったのがカネボウ長谷川選手。13分28秒で3位とこれはびっくりな成績!カネボウの歴代スピードランナーに肩を並べるタイムは自信になりそう。

 また日本人2番手争い(7位から11位)が13分37秒~13分39秒に固まり、富士通浦野選手がさらにベスト更新、トヨタ田中選手に日立物流市川選手はさすがのスピード、カネボウ木津選手も13分39秒はちょっとびっくりでしたね。

 学生は青学大スピードエース吉田選手がこの争いの中に食い込み13分37秒の自己ベスト。パフォーマンスがさらにあがってきているようで何より。早大中谷選手はやや失敗レースだそうで、ラストのホクレンに向けてもう一度調整です。

男子10000mB組

男子10000mB組
1位吉田祐也28分26秒49 GMO
2位藤曲寛人28分26秒87 トヨタ自動車九州
3位田村友佑28分29秒37 黒崎播磨
4位野中優志28分31秒27 大阪ガス
5位髙橋翔也④28分32秒30★ 中央学院大
6位中村祐紀28分40秒38 住友電工
7位松村陣之助28分47秒02 コモディイイダ
8位野田一貴28分47秒69 大塚製薬

9位物江雄利28分50秒51 カネボウ
10位青木 優28分55秒69 カネボウ
11位藤原直樹28分56秒46 山陽特殊製鋼
12位栗原啓吾③29分00秒86 中央学院大
13位杉保滉太④29分01秒02 麗澤大
14位竹下 凱29分13秒80 SGHグループ
以上29分20秒以内、以下学生のみ
中山雄太②29分29秒98 日本薬科大
白川大地②29分53秒31★ 桜美林大

 夏まで桜美林大に残るキサイサ選手がPMで引っ張りますが、5000m14分22秒とそこそこのペース。これには一団で多くのランナーがついていきますかね。7000mから8000mが2分48秒と一気にペースが上がり、田村・野中・藤曲・高橋・吉田選手と一気に絞られていきます。

 最後のスパート争いを制したのはGMO吉田選手!ホクレン1戦目で見せた好調さはやはり本物!28分26秒と自己ベスト更新です。さらにトヨタ自動車九州ルーキー藤曲選手も大幅ベストで同じく28分26秒!ともにロードのイメージがありますので、この走力アップは今後が楽しみですね。

 また黒崎播磨の田村選手もしっかりと28分30秒を切り、成長を示します。大阪ガスの野中選手も元々トラックが得意ですがこれも走力上げてきましたね?住友電工中村選手も、弟に刺激を受けたか28分40秒と頑張りました。

 学生ではここに中学大の髙橋選手が食い込みました!箱根は故障欠場でしたが、自己ベストで完全復活といってよさそう!栗原選手に麗澤大杉保選手も29分少しと悪くないタイム。選ばれてびっくりした桜美林大白川選手も最下位ながら29分53秒は大幅ベスト。今後に注目です。

男子10000mA組

男子10000mA組
1位ジョナサン ディク27分23秒47 日立物流
2位アレクサンダー ムティソ27分44秒37 NDソフト
3位キムニャン リチャード27分49秒35 日立物流
4位服部勇馬27分56秒32 トヨタ自動車
5位エノック オムワンバ28分02秒29 MHPS
6位ボニフェス ムルワ②28分08秒10★ 山梨学院大
7位丸山竜也28分10秒59 八千代工業
8位延藤 潤28分12秒37 マツダ

9位河合代二28分13秒04 トーエネック
10位村山紘太28分13秒84 旭化成
11位倉田翔平28分13秒84 GMO
12位湊谷春紀28分18秒14 DeNA
13位大石港与28分18秒43 トヨタ自動車
14位井上大仁28分19秒13 MHPS
15位中山 顕28分19秒44 Honda
16位中村大成28分20秒22 富士通

17位聞谷賢人28分23秒24 トヨタ紡織
18位菊地賢人28分34秒56 大阪ガス
19位神野大地28分50秒65 セルソース
20位桃澤大祐29分00秒17 サン工業
21位相葉直紀229分34秒62 中電工
以上、全結果

 A組の入りのタイムはすさまじかったですね。3000mでPMは8分26秒、これも決して悪くないタイムですが、オムワンバ・井上・服部・相葉・中山・中村選手が8分17秒、ディク・キムニャン・ムティソ選手にいたっては8分10秒と超高速レースで推移。

 ディク・キムニャン・ムティソ選手は5000m13分35秒で通過後、ディク選手がさらにペースアップで独走!27分23秒と日本記録より速いタイムでレースを終了。ムティソ・キムニャン選手も27分40秒台でした。

 さてその後ろが注目。27分台を狙えるペースでオムワンバ・服部・ムルア選手がついていきます。最終的に服部選手が抜け出して27分56秒と、東洋大時代のベストを更新!マラソン練習の最中、非常に自信になる結果ではないでしょうか?後ろ、山学大新旧留学生対決はオムワンバ選手が僅かに前。ムルワ選手もベストで成長を示しました。

 その後ろの日本人争いが凄かった。28分10秒から28分20秒で10選手も雪崩れ込みました。一時単独で前を出ていた延藤選手を直前で丸山選手が交わしてともに大幅ベスト。丸山選手は実業団に復帰してからどんどん力を増していてすごいですね。延藤選手もスピードランナーの第一人者としてさすが。

 さらにマラソンも走れる河合選手、復調途上の日本記録保持者村山選手、好調GMO倉田選手まで28分13秒台以内、28分18秒から20秒程に、DeNA湊谷選手、トヨタのベテランになりつつある大石選手、さらにマラソンの井上選手、Hondaでついにベスト更新の中山選手、何気に富士通ルーキー中村大成選手も28分20秒は大幅ベストです。

 これ以降のタイムは悪くないですが霞んでしまいますかね…。29分00秒桃澤選手は、密かに同級生の井上選手を倒すことを目標していますが気負ったかなぁ。セルソース神野選手は足踏み、この高速化をプロランナーとしてどうとらえるか気になるところです。