スポンサーリンク

【麗澤大学】箱根駅伝2021へ~新入生情報や戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 大学長距離&駅伝2020-2021新シーズン…開幕していますが、

 新型コロナウイルスの影響で、多くの春のトラックの主要大会や記録会が、

 中止及び延期になってしまいま、寂しい限りです。

 その中で、各チーム見えないところで、走力アップの鍛錬、

 そして箱根駅伝2021へ向けて、まい進しています。

 今一度、各チームの、学年別の主力選手や駅伝成績や新入生情報のまとめ、

 チーム全体の特長や戦力分析、そして…区間オーダー予想的なものもやってみたいと思います。

続いて、悔しい2年連続次点から、本当の勝負年…麗澤大学です。

スポンサーリンク

【麗澤大学】箱根駅伝2020年3月卒業生特集と進路

 まずは卒業生特集からいきましょう。

 ちょうど山川監督に変わってからの世代になってきます。一気に箱根予選の成績が急上昇しましたが、2年連続次点で泣いた世代です。

 とはいえ、学生連合とは言え、4年連続この世代の選手が選ばれて、選ばれた選手2名とも出走にはいたりました。チームで繋げなかった悔しさはあれど、奇しくも山川監督が連合チームの監督の時。チームとしての箱根路は確実に近づきました。

スポンサーリンク

国川恭朗選手

国川恭朗14分00秒87/28分36秒38/62分21秒

高3:14分45秒99/全国5区25位、高校1区46位
大1:箱根補欠、予選134位
大2:予選151位、関東IChalf15位
大3:箱根4区21位相当、予選42位、関東IC1万m
大4:予選58位、全日予選4組30位、関東IChalf7位
進路:SUBARU

 その中で一番成長した選手になりますね。国川選手は、麗澤大入学選手では、数少ない全国経験者で、比較的期待は高かったのかなと思います。

 それでも1年目の箱根予選で134位に入り、学生連合に選ばれているのですから、かなり長距離ロードへの適応は速かったですね。2年時の春には関東インカレハーフで15位に食い込んで確かな走力が確認できました。

 その後、胸郭出口症候群という病にも苦しみ、2年時の箱根予選はやや成績が下降します。それでも年末には1万m29分45秒を記録し、自己ベストをマーク。翌年が楽しみになります。

 チームとしても個人としても大きく上がったの3年時。個人では63分台で全体の42位と大躍進。チームとしても通過したかもありあがった瞬間でした。増枠分含めて次点となりましたが、麗澤大の名前が大きく駅伝ファンに知れ渡りました。

 国川選手も、2度目の学生連合選出。1万m記録会で29分24秒のベストをマーク。主要区間の4区に当日変更で投入されます。ただ、舞い上がって区間21位相当、繰り上げスタートの屈辱も味わうことに…

 最終学年は、春に成果が出ます。関東インカレ2部ハーフで7位入賞!さらに初めて全日本予選に出走。最終組のスピード展開には苦しむも経験を積みます。

 最後の箱根予選は、エースとして上位で戦い続けます。ところが残り5㎞あたりから両脚が痙攣するアクシデント。じわりと順位を下げた影響はいかほどか…前回より僅差の次点で本戦出場を逃すことに…。

 その後、イメージの少なかったトラックで爆発。5千14分00秒、1万28分36秒の大幅自己ベストをマーク!年を越して、都道府県対抗駅伝に出場したのち、丸亀ハーフでも62分台。確かな走力アップがありました。

 就職先は、ニューイヤー駅伝の地元中の地元、SUBARU。強豪選手も多い中、頭角を現してくるのを、楽しみに待ちたい選手です。

宮田 僚選手

宮田 僚14分12秒94/29分20秒72/64分26秒

高3:14分46秒53
大1:予選168位
大2:箱根補欠、予選90位、関東IChalf
大3:予選97位
大4:箱根7区21位相当、予選49位、全日予選3組22位

 もう一人学生連合に選ばれ、出走した選手がいます。宮田選手は2年時・4年時に選ばれています。国川選手は1年時と3年時ですので、交互に選ばれていたのですよね。

 彼も長い距離の順応は比較的早く、1年時の箱根予選168位はまずまず。国川選手に続き、1年生がワンツーだったのですよね。チームの順位は高くありませんでしたが、希望の星でした。

 2年時、関東インカレハーフの経験を経て躍進!箱根予選で61分05秒の個人90位と大健闘。チーム1番手で、当時の連合チームに選ばれます。トラック1万mはまだ30分台でこの時は僅かに出走に及びませんでした。

 3年時も100位以内。安定した走力はキープしていました。それでもチーム4番手になったのは、チームの底上げが進んだからですね。その後の記録会で初の29分台となる29分39秒を記録。総合力があがってきました。

 4年時は春先やや不振も、全日本予選にまず合わせてきていて、3組22位の健闘がありました。箱根予選は4年目で最もよい成績となる49位の成績。2年連続次点のチームの無念を背負っての連合出走へ。

 ただ、調子が合わず7区最下位相当だったのは無念。それでも4年間確実に成長したのは、いいモデルになれたはずです。

河内宏太・鬼頭直己・瀬尾和輝

河内宏太14分19秒87/30分09秒54/67分11秒

高3:15分台
大1:関東IC3障
大2:関東IC3障
大3:予選補欠、関東IC3障12位
大4:予選203位、関東IC3障

 他に、主要大会経験がある選手が3名いますね。特に河内選手は4年連続関東インカレ3障で出走しているので名前を知ってい方もいるかな?

 特に3年時は決勝進出しています。ロードのイメージが強い麗澤大の中で個性光る存在でした。自己ベストは、4年時の記録会の9分06秒ですかね。

 長い距離の対応にはやや時間がかかりましたが、3年時に箱根予選の14人のメンバーに選ばれています。その後、世田谷ハーフで67分台の成績を残していますね。

 最終学年は、当日初出走。チーム12番手とはなりましたが、67分11秒で203位は暑さの中自己ベストとなるものでした。その後、得意のトラックで大幅自己ベスト。12月に入ってから5千14分19秒、1万30分09秒。最後まで走力向上を身をもって示しています。

鬼頭直己14分47秒76/31分41秒48/67分07秒

高3:14分47秒76
大1:
大2:関東IC3障
大3:
大4:

 3障でインカレ出場した選手はもう一人いるのですよね。2年時に鬼頭選手が出場しています。しかも関東インカレ予選本番で9分11秒の好タイム。予選通過まであと僅かに迫っているのですよね。

 長い距離でも下級生の頃に67分少しでは走っていて、これからと言う感じでした。ただ、3年時以降はほとんど試合で姿を見ることはありませんでした。

瀬尾和輝14分54秒64/30分57秒25/67分56秒

高3:14分54秒64
大1:予選325位
大2:
大3:
大4:

 そして、もう一人箱根予選を経験している選手がいます。瀬尾選手が1年時に予選を走っています。この時は完全に失敗レースと言う感じで325位でした。

 その後の12月に30分57秒の1万mベストを出します。ただ、この記録を中々突破できませんでしたね…。試合には出ますが31分オーバーが続いてしまいます。

 最終学年も記録を伸ばすことが出来ず、1年時の箱根予選が最初で最後の主要大会出場となりました。

【麗澤大学】箱根駅伝2021へ向けて~戦力分析や新入生情報等!

 卒業生は少数精鋭でした。ここ2年の健闘のカギを握っていたのが一つ下の世代でもありました。その世代が最終学年となっています。

主な新4年~2年生メンバーと主要大会実績

杉保滉太④28分53秒19≪19:予83位、18:予181位≫
難波 天④29分10秒41≪19:予107位≫
水野優希④29分21秒34≪19:予145位、18:予124位≫
植田陽平④29分35秒18≪19:予76位、18:予90位、17:予206位≫
早川朋輝④29分52秒96≪18:予178位≫
加藤立誠④30分08秒87
萩原 新④30分11秒55≪19:予162位、18:予146位、17:予186位≫
竹内奨真④30分15秒98≪19:予101位、18:予200位≫
小林琢人④30分19秒81≪19:予202位≫
山本将輝④30分32秒74
河野拓実④30分33秒43

椎野修羅③29分09秒41≪19:予69位、18:予162位≫
山本蒼弥③29分51秒58≪19:予165位≫
廣田海心③30分19秒69
大野裕貴③30分27秒57
柴田太尊③30分29秒80

工藤郁也②29分49秒19
松元 響②30分14秒50
山口裕司②30分31秒46
宇都木秀太②30分38秒38

1万m上位10人平均:25位29分36秒3

戦力分析~各学年主力選手とチームの特徴

 2年連続次点から…今年は勝負の年なのですよね。4年生の頭数が非常に多くなっています。チーム内で唯一1万28分台を誇っている杉保選手。トラックが得意な難波選手。

 さらに3年連続して予選に出場している植田・萩原選手。特に植田選手は2年連続二けた順位でキーになる選手の一人。他にも安定感のある水野・竹内選手、2大会前に予選に出場している早川選手もレース復帰しています。

 これに1万mの持ちタイムは追いついてきた加藤・小林選手も最後の予選で力になるはずです。なお、小林選手は3障も得意種目です。最大で9名の選手が箱根予選出走の可能性があります。うまくピークを合わせ、100位以内・150位以内に選手を送り込みたいところです。

 3年生以下はまだ頭数は少ないのですが、エースは3年生椎野選手。予選の成績69位は、在校生の中で最高成績。トラックも5千13分台は素晴らしいスピード。トラックもロードも総合的に高い選手は非常に貴重な存在ですね。

 3年生ではこのほか、山本選手が前回の予選を経験し1万29分台をマークしています。2年生は予選エントリーの宇都木選手のほかに、工藤選手が大きく成長し29分台。松元選手らも続きます。

 1万m30分以内は8名、平均タイム29分36秒で25位。どちらかというとロード重視のチームの中でだいぶ上がってきている印象です。ハーフでの63分・64分台を増やすための走力アップはしていきたいですね。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

宮本大也(宇和島東)14分38秒59
小山陽生(美方)14分43秒15
若田宗一郎(文星芸術大附属)14分48秒94
奥田捺睴(明誠)14分50秒51
大橋 陸(駒澤大高)14分55秒82
5000m上位5名平均:28位14分47秒40
鴨志田遼太郎(八千代松陰)15分03秒41
今野 純(東北)15分04秒18
大澤巧使(島田)15分05秒22
今野元揮(東北)15分06秒59
神之田真紘(鶴翔)15分15秒56
小倉聖海(八海)15分18秒19

 新入生に関しては、毎年同じような感じですかね。トップでも14分40秒切るか切らないか。全体では28番目の平均タイム。3年時の主要大会経験者はいませんでした。

 持ちタイム上は、宮本選手がトップ14分38秒、ついで14分43秒の小山選手などとなっています。ただ、ロードの育成力に長けている麗澤大で誰が化けていくかはわかりませんね。

今から考える三大駅伝関連オーダー予想

全日予選:1組水野④工藤②、2組萩原④竹内④、3組杉保④植田④、4組椎野③難波④

箱根:杉保④-椎野③-難波④-植田④-荻原④ 小林④-竹内④-山本③-水野④-工藤②

 昨年健闘していた全日本予選もまた見てみたいですよね。トラックに自信がありそうな選手がちょうど4名。3年椎野、4年難波・植田・杉保選手がいて、3組4組戦えます。1組2組も竹内選手ら前年より選手層厚いのではないでしょうか。力はついています。

 箱根予選は椎野選手が上位で稼ぎ、難波・植田・杉保・竹内選手が確実に100位以内。その他、チーム10番手までが150位以内で入れれば、通過が見えてくるはずです。

【麗澤大学まとめ!】箱根駅伝2021へ向けて

・4年生に主力が多い今年は勝負の年
・エースは3年椎野選手
・150位以内に10名を!100位以内でも5名以上を!

 とにかく新4年生に、箱根予選の経験者が多いですよね。2年連続次点で辛酸も舐めていますが、200位以内やもしくは100位以内を経験している選手も複数人います。

 なお、前回の10番手は165位、前々回の10番手は181位。足りなかったあと一歩、まずはここの底上げですよね。箱根予選経験者が10名います。彼らが力を合わせれば10番手を150位以内にするのは充分狙えるラインです。

 そしてトップも大事。4年生中心ですがエースは3年生椎野選手。トラックもロードも逞しい。前回の箱根予選は15㎞から凄まじい順位アップもしていて、冷静にレースを作ることもできます。気象条件が良ければ、63分切りを視野にできれば…。

 そのほかの選手も、前回76位~107位の植田・杉保・竹内・難波選手は確実にアップ。水野・萩原ら他の選手からも100位以内が出てくると心強いはず。充実した練習が積めていれば、今度こそ箱根路に手が届くはずです。

スポンサーリンク

フォローする