スポンサーリンク

箱根駅伝2020【帝京大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

記録会で好記録続出!厚い選手層は、5強と肩を並べる!あとは山とスタートダッシュ

帝京大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【帝京大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
星  岳③28分35秒03≪19:全7区6位、箱10区1位、18:出5区6位、17:予188位≫…今年の箱根駅伝アンカーで2人抜き&区間賞。一時故障していたが、全日本で復帰。1万mのベストも更新した。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
島貫温太④28分30秒52≪19:箱6区5位、18:出6区11位、箱10区15位、17:全6区7位、予87位≫…帝京大スピードランナーの切り札。前回は山下りで好走している。記録は出しているが、状態が合わず前哨戦は欠場している。

遠藤大地②28分34秒88≪19:出2区9位、箱3区3位、18:全4区3位、出1区11位≫…昨年度の大学駅伝で大活躍していた選手。今年は足踏みしていたが、11月セブンヒルズで復調傾向に。

岩佐壱誠④28分46秒39≪19:全4区13位、箱7区6位、18:全3区7位、出3区7位、箱1区16位、17:全1区13位、予12位、箱7区8位、16:全3区13位、出2区8位≫…1年時から、箱根の山以外はどこでも走っているユートリティープレイヤー。秋口は絶不調だったが、現在は復調。箱根2区に強い意欲を見せている。

平田幸四郎④28分52秒31≪19:全2区17位、出1区9位、18:全8区14位、箱5区8位、17:予95位、箱9区8位、16:全8区14位≫…1年時から長い距離で好成績を残し続けている。山登りの実績もある。今季の駅伝は初めて前半のスピード主要区間を任された。

小野寺悠③29分14秒22≪19:全3区9位、出5区1位、箱5区16位≫…今年の箱根5区山登りも失速、一転出雲5区では驚きの区間賞。さらに上尾ハーフで62分少し、大きく走力を伸ばしていることを示した。

小森稜太④29分18秒08≪19:全8区11位、出3区10位、箱9区3位、18:全5区4位、箱9区10位、17:全8区10位≫…2年時の秋、長い距離で一気に台頭して以降、多くの駅伝で出走。後半の長距離区間が多い。全日本はシード権争いの競り合いを制している。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
橋本尚斗②28分52秒73≪19:全5区8位≫…今期の成長株の一人で全日本駅伝5区区間一桁の成績。のちに1万②8分台を出している。

中村風馬②29分13秒58≪19:全6区8位、出6区13位≫…昨年末から長距離ロードで少しずつ成績を残している選手。今季は駅伝デビューをしている。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
田村丈哉④28分48秒91≪19:全1区18位、18:箱8区11位、17:予46位≫…3障が強いスピードランナー。駅伝の主力タイムと同等のタイムを秋に出し、全日本で久々に駅伝出場をしている。

鳥飼悠生③29分13秒50≪18:箱8区9位≫…前回の箱根で初起用。8区で安定した走りを披露した。上尾ハーフはチーム上位ではなかったが、前半攻めている。

吉野貴大④29分17秒30≪17:予63位≫…1年時に競争部昇格、以降多くの大会でエントリーするも中々出走できない。

谷村龍生③29分34秒87≪19:出4区9位、18:全6区9位、出4区5位≫…やや成績に波があるが、大学駅伝で3度出走している。

増田 空③29分38秒38…記録会で少しずつ台頭してきていた。上尾ハーフ63分きりで走力を大きく伸ばしていた。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
日野原智也③29分51秒12…ここまで大きな実績は少なかったが、上尾ハーフで63分少しの好走をしている。

新井大貴①5千14分13秒45…秋になって急成長。三大駅伝すべてでエントリーしている。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:37点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千3位13分58秒9-1万5位28分52秒2-half3位62分47秒7

【過去3年間成績】
95回5位
94回9位
93回11位

 前年度は、三大駅伝すべて総合5位にまとめ、帝京大としては躍進の年となりました。今年は、帝京大課題の序盤の出遅れがありつつも、総合では一桁順位、全日本駅伝は逆転のシード権を獲得しました。チームの持っているポテンシャルはかなり高いはずです。実際タイムの平均は強豪校並みなのですから…

 育成の帝京大だけあって、やはり上級生の主力選手が多い。下級生の頃から駅伝起用されている岩佐・平田選手、他に長い距離を得意とする小森・吉野選手、スピードのある島貫・田村選手ら4年生が中心。彼らの足並みがそろえばバランスのいいオーダーが組める。

 3年生も面白く、大学駅伝で区間賞経験者の星・小野寺選手が好調。鳥飼選手らも怪我から復帰、増田選手ら新戦力も出てきています。2年生は前回3区爆走の遠藤選手のほか、中村・橋本選手が台頭し、徐々に面白くなってきています。

 これだけ見ていると10区間は余ってしまうくらいです。課題になることが多い序盤の区間を、しっかりと強豪校に食い下がることができれば、5強相手にも引けを取らない戦いができる。そんな戦力になっています。

箱根駅伝2020【帝京大学】区間オーダー予想~序盤食らいつけるように

 とはいえ、適材適所を考えると、序盤区間は本当に迷いました。最終的には4年生の力を借りましたが、皆さんどうしましたか?

1区島貫温太④28分30秒52
2区岩佐壱誠④28分46秒39
3区星  岳③28分35秒03
4区小野寺悠③29分14秒22
5区平田幸四郎④28分52秒31

6区橋本尚斗②28分52秒73
7区遠藤大地②28分34秒88
8区中村風馬②29分13秒58
9区小森稜太④29分18秒08
10区吉野貴大④29分17秒30

1区島貫選手…前回山下りで好走、トラックも帝京大一のスピードランナーと言える島貫選手で予想しておきます。とはいえ、10月頭に仙骨を疲労骨折し、ほぼぶっつけになるのも確かですが…。それでも調子さえあえば面白い選手なのは確か。とにかく、気負いすぎず、まずは上位と差が付きすぎない様に、でしょうか。

2区岩佐選手…帝京大の中心選手ですね。貧血に陥って秋は絶不調でしたが、回復していれば相当な走力と経験がある選手。2区の中では突き抜けてはいないですが、うまくしのげるはずです。

 勿論、1区と2区を出雲・全日本未出場の選手にするのはやや博打ですが、状態さえよければ適任者なのは確か。帝京大は箱根の序盤は、基本的に4年生で凌いでいる印象もあります。他の4年生はここならと思う区間があるので、この2人なら理想です。

3区星選手…とはいえ、序盤は激流。帝京大だからということではなく、どうなっているか読みづらいのは確か。万が一遅れたとしても、帳消しにできそうな選手を3区に起用。3年星選手が今年は面白そう。

 本来は、一定のリズムで刻む復路型の選手ですが、今の調子なら3区でガンガン飛ばしていく走りも可能っではと思います。前半にあるくだりが終わってからの伸びに期待です。

4区小野寺選手…秋になってから絶好調の小野寺選手はこの区間に配置します。帝京大は基本的にこの区間は難しいということで重要視します。前回5区はうまく力を出せなかったとはいえ、アップダウンが得意な小野寺選手が適任かなと考えます。出雲で見せた走りを再び。

5区平田選手…流れもできているところで、満を持して、平田選手を2大会ぶりに5区山登りにするという予想。今季は序盤の主要区間が続いていますが、主力選手が揃わなかったから。揃えば中盤以降でしょう。2大会前区間8位で走り切っている山登り5区、走力が磨かれた今年どこまでいけるか非常に楽しみです。

6区橋本選手…前回好走の島貫選手を1区にしたので、ここだけ分からないのですよね…。中野監督も基本的にあまり山特化はさせないそうですね(汗) とにかく今年伸びてトラックのスピードもある選手で、と思い橋本選手にしました。走力は高くなってきていますので、うまく59分台で凌げれば。

7区遠藤選手…前回大活躍した遠藤選手。今年は苦しんでいますが、試合には継続して出ていますし、練習は積んでいるはず。往路は回避しましたが、7区へ。6区が読みにくいですので、流れを作り直す区間とできれば。

8区中村選手…さらに同学年の中村選手を続けます。セブンヒルズもしっかりと走ってロードは安定感が高いですね。その安定感を、遊行寺坂のある8区で活かせるのではないかと思います。このあたりから帝京大の選手層がどんどん前面に出てくるはず。

9区小森選手…2大会前区間8位、前回区間3位の小森選手を、しっかりと残してあります。前哨戦でもエース区間起用など、戦力として役割が上がっています。5強のオーダーが読めませんが、3年連続の9区。区間賞を目標にしていってもいいでしょう。序盤がうまくいっていれば、非常に面白い位置に浮上できるはずです。

10区吉野選手…最後、いろんな選手が候補になりますが、最初で最後となる吉野選手、ついに登場なるのではないでしょうか。トラックのスピードは他の選手に及ばないものの、10月札幌ハーフで63分少し、箱根駅伝のようにタフな10区間の中では10番目に入るはずです。1年時も候補に挙がった10区、3年越しの登場…過去最高の順位でゴールさせたいです。

箱根駅伝2020【帝京大学】まとめ

・課題の序盤は適材適所で4年生がいい
・星&小野寺選手が大きなアクセントか
・復路の選手層は非常に豊富

 復路候補の選手は多いですよね。実力者では鳥飼選手を入れるかどうか最後まで悩みましたが、自分の中では11番目かなぁ。上尾ハーフ62分台の増田選手あたりもどこかで走らせたい。1万28分台で8区経験者の田村丈選手もスーパーサブのはずだが…。

 復路は余るけど、往路序盤をどうするかだけは、本当にギリギリの調整をした上で、のことでしょうね。理想は先ほども書いたように、1区島貫2区岩佐選手、そのほか好調選手はできればそのあとの区間に置きたいです。

 もし序盤が、完ぺきとはいかなくても差が付かないくらいでいって、星・小野寺・平田選手と往路を繋いでいければ…、かなり復路面白い戦いになっていくはずです。3年間箱根の成績はぐんぐん上がっていっていますが、さらにあげていけば、過去最高順位更新となります。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ライオンズファン より:

    遠藤—岩佐—小野寺—星—島飼
    島貫—橋本—中村—小森—平田

    1区遠藤選手は予想よりも個人的に見たいという希望です笑。多分遠藤選手の1区はないでしょうが、調子が上がって来ているなら、1区の区間賞争いを見たいと思いました。
    山は平田選手を考えましたが、今年の起用を見るとちょっと微妙な感じもしたので、ここも変化球予想の島飼選手にしました。
    これまで今一つ状態が上がっていないように見えますが、底力に関しては5強に引けを取らないと思うので、箱根での爆走が見れればいいですね。

  2. たけぽっぽ より:

    難しい選択ですが、遠藤ー星ー島貫ー岩佐ー平田、田村ー橋本ー小野寺ー小森ー中村です。

    1、2区は例年凌ぐ区間のため、12~13位で島貫選手から往路の反撃開始で、往路終了時点で6~8位にいる可能性はあると思います。1区遠藤選手は管理人さんと同じように悩みましたが、超高速レースにならなければ去年の竹下選手レベルの役割を務めることができるのでは、と感じています。
    復路は6、7区を攻略できれば、8~10区は優勝争いの大学を除けばトップクラスの陣容だと思うので、ここで順位を1つでも多く上げることができればと思います(理想は数年前に4位になった時の順天堂の甲斐、聞谷、作田選手)。

    大エースはいないものの、いぶし銀の活躍ができる選手がたくさんいるのと、もはや恒例の中野マジックが炸裂すれば、今年も楽しいファイヤーレッドが箱根路を沸かせてくれそうです。

  3. ごん より:

    3年生の2人を中心に、残りを経験者優先で組んでみました

    岩佐-星-遠藤-小野寺-平田
    島貫-橋本-鳥飼-小森-中村

    層が厚いので、前もって決めるより調子良い選手を起用することになると思いますが…

  4. wataru-6519 より:

    島貫ー岩佐ー星ー小野寺ー平田
    橋本ー遠藤ー中村ー小森ー増田
    オーダーが中々読みにくいですが、層が厚かったり、一部に故障明けが出ていたりと当日変更も難しいです

  5. デルピッポ より:

    島貫-星-小野寺-遠藤-平田
    橋本-岩佐-中村-小森-増田

    星、小野寺、遠藤で4区終了段階では上位もあり得ますね。
    復路は前回7区と9区でそれぞれ好走した岩佐、小森を再度起用、ハーフで好記録を出した増田を10区で見てみたい。

  6. ジャングルブギウギ より:

    遠藤-星-小野寺-岩佐-中村-島貫-橋本-増田-小森-平田
    、と予想します。個人的には総合優勝しても不思議ではないよなぁ
    まず1区は復調した明治阿部にくわえ、東国ヴィンセントが走りそうな気がするんです。そこにこちらも調子戻した西山、田澤、塩澤…ということを仮に想定すると、”凌げる選手”では弾き飛ばされそうです。そう考えると勝負と計算、両方できるスピード型エース遠藤くんを1区投入としていきたいです。そこに帝京が誇るロード型エースを立て続けに2区・3区に起用して3~5位につけれたら理想ですね。
    5区は平田くんが順当かも知れませんが、アップダウンの激しいコースで好走した中村くんに掛けたいです。ここでハマるかハマらないかがポイントでしょう。
    そしてやはり復路の帝京、前回魅せてくれた9区10区に、昨年以上の好走が期待できる選手を配置。 前哨戦、主要区間で揉みくちゃにされた平田くんには、アンカーで締めていただきましょうという所存です。

  7. 山本シイタ より:

    岩佐→星→中村→小野寺→平田
    橋本→遠藤→田村→小森→谷村
    と予想させていただきます。島貫選手抜きで予想させていただきました。