スポンサーリンク

箱根駅伝2020【早稲田大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

予選下位通過から、全日本駅伝シード権、面白い雰囲気になって来たかも?

早稲田大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【早稲田大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
太田智樹④28分56秒32≪19:全2区4位、予16位、箱2区21位、18:箱2区6位、17:全1区3位、出1区7位、箱8区14位、16:全7区3位≫…2年時から華の2区を務めている早大のエース。今年復活し、全日本駅伝シード権の立役者。ランクが上の選手と並走すると+αが出る選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手

4点:主要区間で区間上位でいける選手
新迫志希④28分55秒78≪19:全7区9位、箱9区9位、18:出4区11位、17:全3区9位、出4区10位、16:全5区2位、出2区12位≫…下級生の頃から駅伝で起用されていたが、箱根駅伝は前回が初。故障に悩まされた大学時代だったが、秋以降は調子が良い

中谷雄飛②28分50秒77≪19:全3区6位、箱1区4位、18:全3区2位、出3区4位≫…トラックで日本トップを狙っている選手だがロードも得意。前年度は三大駅伝で活躍した。秋口に故障があったものの、復調中。

千明龍之佑②29分03秒19≪19:全4区3位、予63位、箱3区10位、18:全1区12位≫…細かな故障が多いが、<主要大会でしっかり走れる時期エース候補の選手。アップダウンが得意で4区を希望している。

吉田 匠③29分58秒90≪19:全8区9位、予103位、17:全7区15位≫…3障が得意なだけでなく、長い距離を淡々と走れるのもポイント。前回は山登り予定も、自転車事故で走れなかった。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
鈴木創士①28分48秒26≪19:全6区6位、予60位、全国5区9位、18:国体5千16位≫…高校・大学と共に安定した結果を残している。1万mベストはチームトップ。

太田直希②28分48秒69≪19:全5区5位、予118位、箱8区10位、18:全4区10位、出5区7位≫…ここまで各駅伝で繋ぎの役割を果たしている。ここにきてぐっと走力が増していることをアピール。

井川龍人①29分42秒03≪19:全1区16位、予44位、18:高校1区4位、国体5千2位、IH5千5位≫…高校時代は世代トップクラスの選手。大学に入っても、各大会まずまずの成績を残している。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
渕田拓臣③30分11秒89≪19:箱6区11位、18:箱6区11位≫…2年連続6区山下りを担当している。怪我していることも多いが、まずまず調整している。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
宍倉健治③29分07秒98≪19:予254位、18:出2区13位、17:全5区20位≫…1年時に勢いがあったものの、故障が続いたこともある。スピードは下級生の頃よりついてきた

半澤黎斗②29分25秒05≪18:全5区14位、出1区19位≫…1500mが得意なスピードランナー。箱根予選・全日本はエントリーがなかった

遠藤宏夢④29分39秒27≪19:予85位、18:全7区16位≫…長い距離で地道に成績を残している。箱根予選で暑い中、二けた順位を記録。

三上多聞④29分46秒49≪19:予160位≫…複数回ハーフ63分台をマークしている。チーム内の評価は高い。

山口賢助②29分50秒71≪19:予115位≫…実績が少なかった中、箱根予選である程度の成績をおさめている。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
尼子風斗④30分10秒14≪19:予172位≫…今年の夏まとまった練習ができたらしい。山登り5区を希望している

住吉宙樹③30分35秒51…上尾ハーフで65分切をして、メンバーに入って来た。

上位10名合計:34点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千4位13分59秒4-1万16位29分07秒7-half16位64分13秒4

【過去3年間成績】
95回12位
94回3位
93回3位

 強いのか弱いのか、でも面白いチームになって来た。今年の箱根駅伝で12年ぶりシード権を喪失。巻き返しを誓った箱根予選では、暑さの中戦略不足もあり、9位と低順位での通過。一転、全日本駅伝は上位争いをキープ、6位でシード権を獲得した。

 原動力となったのは4年太田智選手。駅伝の競り合いに非常に強みを持つ選手、エース区間で+αが出る選手で頼りになる存在だ。期待の2年生も育ってきていて、中谷・千明選手が往路でキーポイントになりそうになって来た。

 他にも同学年の太田直・半澤選手、3年はスタミナ型の吉田選手、スピード型の宍倉選手、下りが得意な渕田選手がいます。ルーキーも井川・鈴木選手がやってくれそうな雰囲気、そして怪我で苦しんだ4年新迫選手も好調になって来た

 層が薄いのが難点だが、叩き上げ4年生三上・尼子・遠藤選手や、2年山口選手が復路あたりで走れそうになって来た。エースがいるだけに流れができれば面白いチームだ。

箱根駅伝2020【早稲田大学】区間オーダー予想~エース太田選手を最大限生かして

1区中谷雄飛②28分50秒77
2区太田智樹④28分56秒32
3区井川龍人①29分42秒03
4区千明龍之佑②29分03秒19
5区吉田 匠③29分58秒90

6区半澤黎斗②29分25秒05
7区鈴木創士①28分48秒26
8区三上多聞④29分46秒49
9区太田直希②28分48秒69
10区新迫志希④28分55秒78

1区中谷選手…箱根予選前にアキレス腱を痛めていた中谷選手ですが、11月になってぐっと調子を上げてきているようですね。

 自分のペースで行ける選手なので3区でもと思いましたが、他校の予想1区を見ると、走力が高い中谷選手で食らいつく必要がありそうだ。昨年並みの勢いまで戻っているとかなりいいスタートになるはず。

2区太田智選手…頼れる早大のエースですね。2年時の箱根2区の走りに驚いた駅伝ファンも多かったでしょう。留学生ランナーらに食いついて、どんどん順位をあげていきました。ある種2区向きですかね。今期強豪校と言われているチームらと競い合えれば。

3区井川選手…高校時代から有名なランナーですね。高校駅伝で活躍していました。スピード面は、再び充実し始めています。序盤の流れをしっかりと繋いでいきたい。

4区千明選手…主要大会である程度計算が達なランナーですが、いよいよポイントゲッターになりそうか。全日本4区でしっかり順位を上げていました。前年度から希望しているアップダウンのある4区で、どんな走りをするか楽しみです。

5区吉田選手…ある種一番注目かもしれませんね。昨年も期待されて山登りを走る予定…だったのですが、直前で自転車事故で骨折してしまった。

 今期は3障の脚力がかなりの向上、長距離ロードも全日本アンカーでしっかり走れるところまできた。適性があると言われる山登りどこまでいけるか、非常に興味がある。ハマれば往路結構いけるはず。

6区半澤選手…ちょっと賭けに出る予想です。2年連続出走している渕田選手が今回もエントリー。ある程度の目途は立っていると思います。ただ、起用の明言がないのですよね…。

 他に、スピードがあって起用してみたい選手を探して、1500m関東IC入賞の半澤選手ってどうなのだろうと思いました。ハマったら、凄い事になりそうなのですがどうでしょうか?ちょっと思い切った予想です。

7区鈴木選手…復路は予想が分かれそうですね。選手層的にはギリギリです。その中でかなり面白そうなのが、1年生鈴木選手。全日本は身体が重い中でも堅実さを発揮。もう一度調整しなおしたなら、かなり走れそうです。復路の2区流れを引き寄せたい。

8区三上選手…復路は1つの区間は、実績の少ない選手を起用することになりそうなのですが、この区間にします。上りが得意と明言があり、チーム内で評価が高い4年三上選手。叩き上げ組のスタミナの見せ所のはずだ。

9区太田直選手…前回8区の太田直選手をこの区間で予想。くしくも往路兄貴が走った区間だ。単独走はまだ少し疑問符ですが、1万mチーム2番手まで伸びた太田直選手に頑張ってもらいたい。復路の要、大事な区間だ。

10区新迫選手…スピードのある主力選手をアンカーに残します。4年間ずっと1区希望していましたが、チーム内の競争も激しいかな?

 区間的には1区の裏、そして比較的単独走もこなせるようになっているのもあります。10区は面白いのではないでしょうか。高校時代も3年時アンカーで優勝のゴールテープを切っている彼。大学最終学年、もう一度輝けないか。

箱根駅伝2020【早稲田大学】まとめ

・2区太田選手で一気に浮上できるか
・選手層はギリギリ、故障者は出したくない
・全日本で得た手応えを自信に

 前年の箱根駅伝は2区と5区の選手が整わずに、シード権より上に浮上できませんでした。今年はそこは面白うなのですよね。特に2区太田選手が絶好調なら、前の流れに乗っていけるはず。5区吉田選手もある程度行けそうなので、一けた順位で戦える雰囲気になってきました。

 復路も少し攻めることはできそうかな?とはいえ、持ちタイムなどを見る限り選手層はギリギリなので、シード権以上は一人も故障者が出せない形ですかね。ここは例年以上に気を付けたいところ

 箱根予選はやや油断もあって苦戦。切り替えた全日本駅伝は上位、とはいえ目標の3位が視界に入る場面もありながら6位に悔しさも。箱根駅伝に向けての流れはよくなってきているので、うまくいけば、面白い位置に、そういう雰囲気は出てきています。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 早稲田ファン より:

    上位10人の点数は34点ではなく、37点だと思います。

  2. 早稲田ファン より:

    最初に見た時より井川と中谷と千明が1点ずつ下がっていますね。

  3. remm.so より:

    太田の評価が高いですね。

    5点評価の東海塩澤、青学吉田圭、岸本あたりよりも上ってことですか。

    個人的には良くて5点、普通に考えれば4点くらいが妥当かと。

  4. remm-so より:

    今年の早稲田は5強+帝京以外であれば、どの大学にも勝つチャンスがある一方、昨年並か、それ以下になる可能性も同じくらいありそう。

    今年の早稲田は良くも悪くも平均ちょい上の選手が多い。前で競り合えば力を発揮出来るかもしれないが、後ろから大きく追い上げられるようなゲームチェンジャーは中谷以外見当たらない。

    その意味で1区の中谷は賛成。中谷が上位で繋げれば一桁順位で粘れるかも。逆に中谷が崩れたらそこまで。

    厳しい戦いが予想されますが、なんとかシード目指して頑張って欲しい。

  5. 北の旅人 より:

    お久しぶりです。
    いつも楽しみに見させてもらいます。
    太田智が引っ張っているので高校時代の実績からいくと中谷&井川がもっと能力を発揮して欲しいです。あと集中練習が終わって故障者がいないといいですね。

     *Yahoo!ブログからアメブロに移行しました。よろしくお願いします!

  6. wataru-6519 より:

    中谷ー大田智ー井川ー千明ー吉田
    渕田ー大田直ー鈴木ー新迫ー三上
    大田直選手は競り合い得意なので、7区、鈴木選手は単独走もできるので8区と予想。下りは渕田選手の方が安全策だとおもいますが

  7. ライオンズファン より:

    中谷—太田智—井川—千明—吉田
    渕田—新迫—太田直—鈴木—三上

    戦力的には微妙ですね。とはいえ、上手くいけば全日本のような結果を残せますから、選手だけでなく首脳陣の手腕も問われるところだと思います。流石に2年連続シード落ちは色々とヤバそうなので、今年は調整と区間配置ミスなく、万全の状態で本番に臨んでほしいです。
    太田智樹選手には昨年の屈辱を晴らす走りを期待したいです。