スポンサーリンク

箱根駅伝2020【國學院大學】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

前回からの目標、出雲駅伝優勝は達成!箱根駅伝でも歴史を作り出すことはできるのか

國學院大學箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【國學院大學】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

8点:ジョーカー的存在の選手
浦野雄平④28分25秒45≪19:全2区2位、出3区3位、箱5区1位、18:全2区3位、予7位、箱1区2位、17:全1区8位、予30位、箱6区17位、16:予114位≫…國學院大を超えて、大学長距離界の顔の一人。トラック・平地ロードは勿論、山登りで区間記録も持つ。今年は本格的に準備して、大幅な更新を目指す

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
土方英和④28分44秒28≪19:全8区5位、出6区1位、箱2区7位、18:全7区6位、予27位、箱4区3位、17:全4区12位、予31位、箱3区18位、16:全5区4位、予79位≫…下級生の頃から駅伝・ロードで強さを発揮していた選手。箱根駅伝はずっと往路の主要区間を走り続けている。出雲では大逆転優勝のゴールテープを切った。

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
青木祐人④28分44秒01≪19:全5区1位、出4区5位、箱3区6位、18:全3区11位、予132位、箱3区5位、16:全3区10位≫…3年時までは箱根の時期のみめっぽう強い選手だったが、今年は秋から全開。全日本駅伝で5区区間賞。箱根はこれまで3区を走っている。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
藤木宏太②28分46秒41≪19:全3区12位、出1区5位、箱1区10位、18:全4区6位≫…昨年度秋からスルスルと伸びてきた選手。競り合いに強く序盤区間が多い。全日本は気負いすぎて珍しく失速。

中西大翔①29分34秒81≪19:全4区4位、出2区3位、全国1区15位、18:IH5000m14位≫…國學院大期待のルーキー。出雲駅伝で優勝に貢献、全日本も悪い流れを断ち切る走りをしている。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
茂原大悟④29分27秒84≪19:全7区17位、出5区5位、箱4区14位、18:全6区8位、予65位≫…3年時から台頭、長いロードを一定のペースで走り続けるのが得意。全日本は初のエース区間で苦しかった。

中西唯翔①29分31秒19≪19:全6区5位、全国5区20位≫…中西兄弟の片割れ、秋になってぐっと力をつけて、全日本駅伝でデビューを果たした。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
島崎慎愛②28分46秒83≪19:全1区12位≫…春に一気に台頭してきた選手、一時故障していたが、全日本駅伝でデビューを果たした。

藤村遼河③29分28秒02…長い距離で少しずつ成績を残してきた。上尾ハーフでチームトップ。

木付 琳②29分38秒64…甲佐10マイルで好走。一気に復路候補になってきた

高嶌凌也③29分38秒94…長い距離で少しずつ成績を残してきた。上尾ハーフは63分半ば

殿地琢朗②29分43秒64≪19:箱8区12位≫…前回箱根でやや驚きのデビュー、長距離ロード特化型の選手

河東寛大③29分43秒89…トラックで目立っていた選手だが、三大駅伝すべてでエントリーに

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
臼井健太③29分30秒96≪18:全1区19位、予51位、箱6区19位、17:全5区9位≫…一時はレギュラーを掴んだ選手。11月に1年ぶりにレース復帰、1万30分ほどで走っている。

川崎康生①29分55秒61…三大駅伝すべてでエントリーしている1年生。上尾ハーフ64分きり

田川良昌③29分55秒62…下り候補と言われていたが、上尾ハーフ64分少しで平地の力も上げてきた

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:39点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千11位14分08秒1-1万14位29分05秒9-half5位63分17秒2

【過去3年間成績】
95回7位
94回14位
93回16位

 今年の大学駅伝で台風の目になる…夏前から言われていたことが、本当に実現した。これまで上位候補にも挙がったことがなかった國學院大が、有言実行の出雲駅伝優勝!強豪校になりあがった瞬間だった。全日本駅伝は気負いもあり失敗したが、箱根駅伝に向けて再び整えてきている

 まずは4年生のチーム。5区山登り区間記録保持者の浦野選手が、さらなる区間記録を目指して調整中。前回2区・3区の主要区間を担った土方・青木選手も走力アップしている。4人目の茂原選手も出雲駅伝優勝メンバーに入り、主力の一角となっている。目標の総合優勝に必須の選手たちだ。

 これに味のある下級生がいる。エース候補藤木選手に、期待の中西兄弟のルーキーズ、さらにスピードのある島崎選手や秘密兵器になりそうな木付選手ら、面白そうな選手が増えてきた

 3年生がやや出遅れていたが、藤村・高嶌選手がロードでいい成績を残してレギュラーに、さらに臼井選手がここにきて復活してきた。総合3位以内に向け懸念だった選手層の薄さがかなり改善された。箱根駅伝でさらなる旋風を巻き起こしそうな気配だ。

箱根駅伝2020【國學院大學】区間オーダー予想~往路優勝へ大勝負!

1区藤木宏太②28分46秒41
2区土方英和④28分44秒28
3区青木祐人④28分44秒01
4区中西大翔①29分34秒81
5区浦野雄平④28分25秒45

6区島崎慎愛②28分46秒83
7区中西唯翔①29分31秒19
8区藤村遼河③29分28秒02
9区茂原大悟④29分27秒84
10区木付 琳②29分38秒64

1区藤木選手…前回の箱根駅伝で1区10位でまとめた藤木選手は再度1区起用でいいと思います。走力も上がって、さらなる上積みが望めます。またハイペースでも対応できる力がついてきていますね。全日本の失敗は気にしすぎなくていいと思います。再度スターターとして輝けるはず。

2区土方選手…スタミナ型のランナーでしたが、前回の箱根2区好走から一気に総合力がついてきていますよね。トラックのスピードもついてきて、出雲駅伝でのアンカーの逆転劇にもつながったかな。2度目の華の2区、67分中盤以内は十分ターゲットにできるでしょうか。しっかりと上位争いの流れに乗せれます。

3区青木選手…おそらく3年連続3区出走になるのではないでしょうか。この区間になると+αが出る選手なんですよね。最終学年の今年は秋からかなり走れていて、全日本5区区間賞はびっくり。この流れで62分台半ば以内で走れると、いよいよ首位争いもあるのかな?

4区大翔選手…出雲・全日本ともに活躍しているルーキーですね。特に全日本駅伝は悪い流れを止める大きな活躍でした。大翔選手ならもう往路を上位で争う力はついているのではと思います。大事な5区の前、しっかり流れを加速させるのではと思います。

5区浦野選手…大きく注目を集める5区区間記録保持者。下りが得意な選手なのですが、走力で区間記録を取ったのですよね。走力アップ+箱根5区の本格強化のトレーニングも行っているそう。70分台の前回からさらに上乗せすることができれば…初の往路優勝のゴールテープは手中に収めることが可能になってくるはずだ。

6区島崎選手…さて、全日本駅伝終了後に、前田監督は6区まではすぐに選手に通達したといいます。山下りは國學院大としてはあまり得意ではない区間。復路のスタートとして、僅差となっている駅伝では大事な区間だ。

 田川選手は勿論候補なのですが、試合に出ていないスピードランナーがいます。2年島崎選手を予想してみました。故障明けで短い距離全日本、一度はハーフ・もしくは10マイルを入れるかなと思ったのですが、出てこない。もしかするとありえるのかなと。59分台で来るかなと思いますがどうでしょうか?

7区唯翔選手…10番手が横一線になってきていて迷いますが…、4区で大翔選手が好走していれば彼の起用でいいのかなと思います。兄弟そろって好走することが多いジンクスもあるらしい。上尾ハーフ失敗しましたが、彼は必ず次の大会でぐっとあげてきます。出走はあると思います。

8区藤村選手…前回経験者の殿地選手と非常に迷いましたが、勢いということで3年藤村選手の初起用と思っています。ハーフの距離で安定感はありますので、遊行寺坂のある8区はあっているのではと思っています。堅実なリレーができれば。

9区茂原選手…前回の箱根は4区、全日本は7区を任されていますが、適性はこの区間かなぁと思っています。スタミナや単独走が大事になってくる可能性が高い区間でなら、しっかりと区間上位に食い込んでくるのではないでしょうか?目標の総合3位以内に向けて大事な区間です。

10区木付選手…秘密兵器になっていそうな選手。秋になってトラックで1万29分台を出して、16人目の候補の一人かなぁとか思っていたのですが、甲佐10マイルで覚醒し、主力の藤木選手とそれほど差がなくゴール。比較的平地なこの区間に温存してきそうな気も??鍛えてきたロードのしたたかさを見たい。

箱根駅伝2020【國學院大學】まとめ

・まずは往路優勝をかけて大勝負
・6区山下りも基本的には決まっている
・7区から10区、横一線のレギュラー争いも注目

 往路に関しては、オーダー予想はだいたい同じような感じでしょうかね。特に2区3区5区は余程のことがない限りは前年度と同じ選手だと思います。それぞれパワーアップしています。1区と4区もおそらく上積みがあると思います。他の大学も強いですが、往路優勝候補なのは間違いない。狙ってどこまでいけるでしょうか。

 往路優勝と総合3位は、前回の箱根駅伝が終了直後に掲げた目標、復路は他の4強よりは選手層は薄いものの少しずつ層が厚くなりました。6区山下りも例年より期待が持てるようです。うまく流れを活かせる選手を選び抜きたい。

 全日本駅伝は、監督が「他校を気にしすぎた」と反省も。自分たちのやりたい駅伝はある程度固まっています。やりきれれば、非常に面白い結果になるはずです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. wataru-6519 より:

    藤木ー土方ー青木ー中西大ー浦野
    島崎ー木付ー中西唯ー茂原ー藤村
    7区以降のオーダーのオーダーでもでも9区茂原選手は決まりかなと見ています。後は、分からないので、自分のやりたいオーダーで決めました

  2. ライオンズファン より:

    藤木—土方—青木—茂原—浦野
    島崎—中西大—中西唯—木付—藤村

    往路は前回と同じ陣容で予想しましたが、管理人様の仰る通り、状態が良ければ中西大翔選手を往路にするかもしれませんね。基本的に往路は攻めて、復路は粘って往路優勝総合3位以内を達成してほしいです。
    あと私情になりますが、個人的に大学駅伝で特定の大学を応援しているわけではありませんが、ライオンズファンとして、木付選手には是が非とも頑張って欲しいと思います笑。

    • 紫紺 より:

      源田選手ですね。
      ライオンズは来年こそは日本一になれたらいいですね。 松坂選手も入ってくることですし

    • なかじ より:

      僕もライオンズファンです。

  3. なかじ より:

    國學院、往路優勝で戦国駅伝を盛り上げてほしいです。ポイントは4区。茂原、中西大両選手が有力ですが、ニッチな区間配置でいきます。
    藤木-土方-中西大-青木-浦野という往路のオーダーを組んでみました。 4区のコースは20.9キロと短いですが、気温の変化が大きく、後半3キロは難しい準エース区間。ここに3本柱の青木選手を配置して、勢いをもって5区の浦野選手に繋ぎます。3区に中西大選手を配置。前回大会の帝京の遠藤選手のような1年生らしい勢いを期待します。
    ニッチな区間配置で可能性は低いですが、私は4区を各校が誰を配置し、どう走るかに注目しています。

    今日28日のミーティングで各校の区間配置が決まっていると思います。青学原監督は戦術駅伝とコメントしていました。明日29日の区間エントリーが楽しみです。