スポンサーリンク

箱根駅伝2020【東洋大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

4年生の柱が心強いチーム、3年生の足並みそろえば、6年ぶり総合優勝も…

東洋大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【東洋大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手
相澤 晃④28分17秒81≪19:全3区1位、出3区1位、箱4区1位、18:全8区1位、出1区2位、箱2区3位、17:全1区1位、出2区6位、16:全3区4位≫…大学駅伝4連続区間賞、3年連続区間新記録の大エース。夏にはユニバーハーフで優勝のも経験している。最後の箱根は2年ぶりエース区間2区か、前回区間新の4区か。

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
今西駿介④29分17秒37≪19:全4区2位、出5区2位、箱6区3位、18:全3区4位、出5区1位、箱6区5位、17:出5区10位≫…駅伝で+αが出る選手。3年生以降の成績は非常に高く安定している。箱根駅伝は2年連続山下り、前回は区間記録に近いタイムで走破している

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
定方 駿④29分27秒94≪19:全7区2位、出6区3位≫…3年間駅伝出場が無かったが、ロードを中心に強かった選手。最終学年で駅伝デビューも、どちらも主要区間で他校のエースと対等の走りを見せている。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
西山和弥③28分35秒72≪19:全5区11位、出1区8位、箱1区1位、18:全2区14位、出2区6位、箱1区1位、17:全3区3位、出1区5位≫…東洋大期待のエース候補だが、少し長い足踏みが続いている。今季の駅伝も股関節の怪我の影響で精彩を欠いている感じ。

吉川洋次③28分53秒51≪19:箱3区4位、18:出6区1位、箱4区2位、17:全8区4位、出4区4位≫…1年時から主要区間を任され、ロードで+αが出る選手。今季は怪我の影響で前哨戦は回避、直近の記録会で29分15秒のタイムを出している。

渡邉奏太④28分59秒77≪19:全1区6位、18:箱7区3位、17:全2区2位、出6区11位、16:全5区7位、出4区12位≫…少し状態を合わせるのが難しいタイプだが、ピークが合うと爆発的な走りをする選手。手術などで長期離脱していたが、全日本駅伝で久々に登場した。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
大澤 駿③29分16秒92≪19:全2区12位、出2区2位、箱10区10位≫…前回の箱根駅伝で初登場、着実に走力を上げてきている。直近の全日本2区はスピード負けしたか。

田中龍誠③29分20秒02≪19:箱5区8位、18:箱5区9位≫…1年時から2年連続山登りを任されている選手。

宮下隼人②29分20秒74≪19:全8区8位、出4区4位≫…今年関東ICハーフ表彰台でびっくりした選手。駅伝でも出走メンバーに選ばれている。2度ともトップから離され悔しい走りに。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
清野太雅①29分16秒78上尾ハーフで63分台、直後の1万m記録会でも大幅にベストを出している。

久保田悠月①29分19秒26≪18:高校6区13位≫…他の1年生より一足早く10月にハーフマラソンを経験。安定した成績を残している。

前田義弘①29分38秒91≪19:全6区9位、全国5区13位≫…春から1万29分台を出して関東ICを経験している。駅伝も全日本でデビューを果たした。

蝦夷森章太②29分46秒16…関東ICハーフ入賞で期待の若手選手。前哨戦は調子が合わせきれなくて出走ならなかった。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
山田和輝①29分20秒43…直前の記録会で29分20秒、メンバーに入ってきた

古川 隼①29分49秒07…秋口に大きく自己ベストを伸ばしていた選手

及川瑠音①30分26秒76≪19:全国1区19位、18:高校3区16位≫世田谷ハーフで65分台で走っている。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:41点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千8位14分03秒1-1万13位29分03秒7-half13位63分45秒36

【過去3年間成績】
95回3位
94回2位
93回2位

 11年連続箱根駅伝3位以内に入り続けている東洋大。今年も優勝候補に挙がってくるのはさすが、ですが、優勝はもう5年も遠ざかっている。大エース相澤選手を初め、今西・定方・渡邊選手ら4年生が揃っている今年こそ、総合優勝を成し遂げたい

 鍵は3年生主力選手になるだろう。故障などの影響で本来の走りから遠ざかる西山選手。欠場が続く吉川選手、全日本主要スピード区間で苦しんだ大澤選手、他校の登りの役者に対抗できるか田中選手…彼らが力を揃えたときに、東洋大の歯車が回り始めるはず。

 これに関東ICハーフ入賞から名を上げている宮下・蝦夷森選手ら2年生、前田・久保田選手ら6人もエントリーされた1年生も気になるところ。大エースが作るだろう流れを活かす戦力は徐々に整ってきている。

箱根駅伝2020【東洋大学】区間オーダー予想~今西選手を6区にできるか

 詳しく言うと、往路優勝したうえで、今西選手を6区に残せる状態にできるかと言うこと。非常にきわどいと思っていて、敢えてぶっ飛んだオーダー予想にします。

1区西山和弥③28分35秒72
2区相澤 晃④28分17秒81
3区今西駿介④29分17秒37
4区定方 駿④29分27秒94
5区田中龍誠③29分20秒02

6区大澤 駿③29分16秒92
7区渡邉奏太④28分59秒77
8区宮下隼人②29分20秒74
9区吉川洋次③28分53秒51
10区蝦夷森章太②29分46秒16

1区西山選手…7月の疲労骨折の影響が残っていた出雲・全日本駅伝は全く本来の走りと行きませんでした。試合に出ずに調整して、状態はだいぶ上向いてきていますかね?

 そうなのであれば、なおのこと3年連続1区に行くべき!今回はある程度のハイペースもあり得るとのこと、コースを知り尽くしている彼に、しっかりトップが射程圏内に捉えられる位置に付けたい。

2区相澤選手…4区希望ともありますが…箱根史上に残りそうな大エース相澤選手。最後の箱根は2区でどんと勝負をしてほしい。目標は日本人最高タイムを上回る66分30秒。今の勢いなら狙って出してしまいそう、そんな予感もします。このタイムなら留学生含めても区間賞ありえます。

3区今西選手…基本的にはトップに立っていると考えます。5強と言われる中では前でしょう。他の大学はエース級を3区に置くことができ、おそらく追い上げ返しといくはずです。

 3区4区で他校の野望を粉砕するには、こちらも出し惜しみできない。ということで、今西選手3区の禁じ手オーダーを予想してみます。前半突っ込めるし下れる。63分切りは射程圏内のはずで。一番相澤選手の流れを引き継げそうなのですが、どうでしょうか。

4区定方選手…今年一番の成長株の4年定方選手。まさかエース区間で戦えるとは…。彼が3区も一瞬考えたのですが、山登りの前に勢いをつけたいことを考えるとやはりここかなぁと。区間記録はきついですが、62分前半以内なら、そうそう詰められないはずだ。

5区田中選手…基本的には田中選手の路線なのでしょうね。他の強豪校に70分台以内で上りそうな選手がいるのが気になりますが、彼も昨年72分後半は出しているのですよね。72分前半をターゲットに。往路優勝はきわどいでしょうか。

6区大澤選手…今西選手平地の場合の6区は分からないのですが、ある程度どの区間をこなせそうな大澤選手で予想しておきます。今西選手以外なら59分前半くらいはターゲットか。

7区渡邊選手…うまく流れを作れたなら、7区以降でまた勝負。復路は昨年よりは埋まるはず。復活したスピードランナーの渡邊選手に思い切って走ってもらいましょう

 多少足に痛みが残っている中での秋の大会のようですが(汗)、手術なども乗り越えて戻ってきた彼に、何とか最後の箱根駅伝で好走してもらいたい。

8区宮下選手…宮下選手は5区山登り強い希望があるようですね。平地も走れるので8区予想ですが、72分以内でいけそうなら彼が5区も??8区ならまずは64分台が目安となりそう。

 出雲・全日本はトップと離されてしまい、納得できない走りでしたが、この区間なら面白いのではないでしょうか。

9区吉川選手…ロードの切り札吉川選手をここまで温存しておきます。出雲全日本どちらも回避は気になります。往路間に合うかはきわどい、復路の長丁場で何とか間に合えばと思っています。とはいえ、これならきわどくトップ争いに絡んでいけるか?

10区蝦夷森選手…いよいよデビューとなるでしょうか。関東ICハーフ入賞トリオ最後の選手。全日本は調子が合わず起用が見送られました。9区希望ですが、10区で秘密兵器面白いかも?自慢のスタミナを見せてほしい。

 こう見ると、今西選手6区にするほうが、往路優勝するか否かでなく戦いやすいかもなぁ。吉川選手が3区か4区を担える状態になっているなら、回すことができるはず。

箱根駅伝2020【東洋大学】まとめ

・6区今西選手は動かさないほうがいいか
・吉川選手往路担えるなら心強い
・復路は昨年より選手が集まるかも?

 予想しておいて言うのもなんだけど、基本的には2区相澤6区今西選手にするのが戦いやいですね(あと4区定方選手)。もしくは1区から3区絶好調なら西山・定方・吉川選手なら、4区相澤選手にすることができるかもです。

 こうみると、吉川・渡邊選手の復調が本当に大事だなぁと思います。彼らが走れるだけでかなりオーダーが心強くなりますし、10区まで戦える選手でオーダーを組むことができます。

 4年生が頑張った全日本、箱根は3年生以下も全学年力を合わせていければ、6年ぶり総合優勝も手が届くかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    私の考えたオーダーは渡邊ー相澤ー西山ー定方ー田中、今西ー吉川ー前田ー宮下ー大澤です。

    渡邊選手を1区にしたのは、今のコンディションなら首位から大きく離れずに相澤選手に渡して2区で首位、万全なら3区西山選手で更に突き放すプランもありかなと。復路はやっぱり今西選手で主導権を握り、7区決着で吉川選手を投入で8~10区を逃げ切るというのが、私が勝手に考える東洋優勝のシナリオです。

    管理人さんの考える3区今西選手は確かに究極のカードだと思います。個人的には6区を走ってもらいたいですが、おそらく区間エントリーでは補欠で相手の出方しだいかもしれません。そう考えると、ある意味相澤選手並みの存在感かもしれません。

  2. よっしー より:

    主様がおっしゃるように吉川、西山の調子次第だと思いますが好調なら
    西山ー定方ー吉川ー相澤ー田中
    今西ー渡邉ー宮下ー蝦夷森ー大澤

    1区から3区はとりあえず大崩れしなければいいかなー。定方を主要区間で使えるようになったのは大きいと思います。

    4区は相澤で先頭に追いついてなおかつ貯金を作る。4区終わって青学、東海、(帝京)より前にいないとキツイですね。

    5区は3年連続田中で。ここで相澤の貯金を使うことになるかな?國學院には負けてもいいと思いますが往路優勝が理想です。

    6区も3年連続今西で更に貯金を作りたい。区間新も狙えると思います。

    7区からは貯金を削りながら粘って総合優勝出来ればいいかな。

    西山の調子が戻らなければ渡邉とチェンジすることになるかな?

    余談ですが、定方選手って89回大会で五区を走った定方選手の兄弟とかですか?

    • 山本シイタ より:

      西山→相澤→渡邉→定方→田中
      今西→吉川→宮下→蝦夷森→大澤
      で復路小田原まで前回と同じ展開を狙いあとは安定感を大事にするかなと思います。

    • ノジ より:

      弟さんですね♪

  3. 山本シイタ より:

    ごめんなさい。またもタブレットの不具合で返信する形になってしまいまして申し訳ないです。

  4. ライオンズファン より:

    西山—相澤—吉川—定方—田中
    今西—渡邉—前田—宮下—大澤

    管理人様の仰る通り、東洋の場合、総合優勝を狙うには多少の賭けに出ないと可能性がないので、私もちょっと勝負に出た予想をしました。
    まずは西山選手と吉川選手が往路の主要区間で戦える状態であるか、西山選手は過去2年の箱根1区の相性の良さ、吉川選手は怪我の復調具合に賭けた感じです。復路も勝負区間が必要なので、2年前に7区経験者の渡邉選手で貯金を作り、そこから逃げ切りたいです。
    総合優勝するにはこれらの不確定要素に託すしかないですが、これが全部吉となったら、東海以上に優勝の可能性は高いと思います。来年以降相澤選手が抜けて戦力ダウンが懸念されるので、今年は一つ大事な年かもしれません。

  5. wataru-6519 より:

    西山ー相澤ー渡邊ー定方ー田中
    今西ー吉川ー宮下ー大澤ー蝦夷森
    渡邊は復調していますが、吉川の状態が気になります。戻ってなければ、1年生あたりと交代と見ています。

  6. 39 より:

    予想がつきませんが
    東海にミスが出た場合に食う可能性は大いにあると思います
    私の意見として
    西山君、吉川君を1.3区で起用できるくらい復調しているか(吉川君は9区も)
    相澤君は2区で留学生並みの走りを
    5区は宮下君もあるのでは
    1年生で7.8あたりで清野君は
    などかなぁと

  7. なかじ より:

    よっしーさんの意見に賛同します。
    西山-定方-吉川-相澤-田中で往路優勝し、6区今西、7区渡邊で逃げ切りを図ります。
    西山選手を3区で活かす考えをお持ちの方もいますが、ケガもあり活かす状態にないので成功体験のある1区かと。スローペースで六郷橋勝負なら粘れると思います。ただ、東京国際のヴィンセント選手が1区となると西山選手が万全でなければ、7区へ周り、渡邊選手が1区と予想。西山、渡邊両選手は補欠登録されると思います。
    相澤選手は往路優勝がマストなら4区じゃないと厳しいかと。2区の日本人最高記録も観たいですが、他校とのタイム差をつけるなら、1分差の2区よりも、2分差以上が見込める4区が有力だと予想します。初の59分台も価値があります。キーマンの定方選手が1時間08分前半でつなぎの2区を果たせば、4区相澤選手で逆転し、2位と1分30秒差以上で5区田中選手へ。往路優勝もしくは、國學院の浦野選手に抜かれ、2位の可能性もありますが、東海、駒澤、青学には先着できるでしょう。
    前回大会のレースを東洋大はすすめると思います。しかし、総合優勝は厳しく、1枚足りないかな。往路優勝して9区に定方選手が置ければベストなんですが、東海大に比べると層が薄い。8区や9区で逆転される可能性がありますが、先手必勝で逃げ切りを目指すしかありません。

  8. ko より:

    僕は西山―相澤―渡邊―定方―田中 今西―大澤―宮下―吉川―蝦夷森でいきたいです。

    1区次第ですがこれが理想かなあ。相澤君4区なら2区定方3区吉川9区渡邊かなあ。

    鈴木君がいないので枚数的に余裕はないが先行逃げ切りの東洋が見たいです。