スポンサーリンク

箱根駅伝2020【日本大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

昨年度主要区間を走った選手を軸に、復活シード権を獲得する事はできるのか

日本大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【日本大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
チャールズドゥング①28分18秒22≪19:予4位≫…小森コーポレーションからやってきた留学生。爆発力は少ないが、各大会安定した成績で走り切っている。

5点:エース区間で区間中位以上いける選手

4点:主要区間で区間上位でいける選手
樋口翔太①28分43秒88≪19:予33位、全国1区35位、18:国体5千11位、IH1500m2位≫…日大期待のルーキー。箱根予選でスケールの大きい走りを見せ、どんどん伸びている選手

横山 徹③28分44秒31≪19:予24位、箱1区17位、18:全1区7位≫…過去2度の駅伝は1区を担当。競り合いで+αが出ている選手。秋を超えて走力もかなりつけてきた。

武田悠太郎③29分03秒9119:予41位、箱4区8位、18:全2区12位、17:予119位≫…入学時から期待されている選手。少しずつ成長している。予選は本調子ではなかったが、調子を上げてきた。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
廣田全規④28分58秒33≪10:予104位≫…最終学年になって大きく飛躍した選手。直近の記録会で1万28分台を出した

松木之衣④29分37秒48≪19:予198位、箱8区11位、18:全5区18位、17:予110位、16:全7区14位≫…長距離ロードになるとトラックの持ちタイムよりいい走りをする選手。

宮崎佑喜③5千14分13秒15≪19:箱6区16位≫…前回の箱根で山下り担当。箱根予選は走ってないが、記録会で絶好調。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
野田啓太③29分07秒48≪19:予244位、箱3区20位、18:全3区17位、17:予168位≫…トラックでは、全日本予選でも上位組で戦える選手。ロードでは中々その威力を発揮できていない。

松岡竜矢①29分11秒82≪19:全国4区30位≫…11月になって上がってきたルーキー。上尾ハーフで65分きり。

岩城亮介①29分12秒69≪18:高校7区22位≫…直近の記録会で1万m大幅ベスト。メンバーに滑り込んだ。

若山 岳①29分24秒90≪19:全国5区33位、18:高校3区23位≫上尾ハーフで65分台だったがメンバー入り。山登り代役候補?

金子智哉④29分42秒20≪19:予129位、箱10区17位、17:予195位、16:予220位≫…1500mからハーフまでこなすことができる。箱根予選の成績は毎年上げてきている

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
山本起弘②29分33秒77…直前で調子を上げてきた。

橋口大希②29分35秒68≪19:予231位≫…箱根予選で出走を果たしている。

疋田和直②29分39秒62…直前の記録会で自己ベストを出した。

八木志樹①29分41秒85≪19:予274位、全国1区6位、18:高校1区8位、国体5千10位≫…高校時代高い実績を持っている。大学入学以降、ここまでは目立ってはいない

上位10名合計:26点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千15位14分10秒7-1万m9位29分01秒9-half19位64分22秒36

【過去3年間成績】
95回14位
94回不出場
93回19位

 復活シード権へ向けてチームを再建中だったが、やや暗雲が立ち込めている。箱根予選7位通過は、主力が抜けていた中、決して悪い数字ではなかった。ただ、本戦にもエントリーされず、さらに今期箱根予選を含めて各大会安定していた選手もエントリー漏れ

 代わりに、直前の記録会で好記録が続出していた若手を大量エントリー。1年生松岡・岩城選手が29分10秒台、29分20秒台で若山選手など。高校時代駅伝実績のある八木選手もエントリーに入って来た。若手の台頭が例年より早いのは、日大としてはいい事。

 勿論、彼らに負担がかかるようではならない。好調な主力選手数人でまずは攻めたい。実業団を経由して日大に入学したドゥング選手、前回往路3年生横山・武田・野田選手はトラックでベストを出した。

 これに長い距離で渋い走りをする4年松木・金子選手、今年になって大幅に記録を伸ばした4年廣田・3年宮崎選手ら、そしてここにきて注目を集めつつあるルーキー樋口選手も。彼ら主力がしっかりと他校と戦い抜いて貯金を作る活躍をしたい。

箱根駅伝2020【日本大学】区間オーダー予想~昨年を踏襲しつつ

 多分最初の4区間はほとんどの方が同じ予想だと思います。5区からどう予想しましたか?

1区横山 徹③28分44秒31
2区チャールズドゥング①28分18秒22
3区樋口翔太①28分43秒88
4区武田悠太郎③29分03秒91
5区廣田全規④28分58秒33

6区宮崎佑喜③5千14分13秒15
7区野田啓太③29分07秒48
8区若山 岳①29分24秒90
9区松木之衣④29分37秒48
10区金子智哉④29分42秒20

1区横山選手…日大のスターターといえば、横山選手。今回走れば大学駅伝3度目の1区だ。昨年は中盤からのペースアップに対応しきれず区間17位。今年は1万28分台まで走力アップ。しっかりと他校の主力と最後まで戦い抜く力がついているはずだ。

2区ドゥング選手…小森コーポレーションよりやってきた留学生。ここまでの印象は爆発力はそこまでではないが、確実に走ってくれそうな印象を持っています。まずは67分台が目安でしょうか。上位の流れに乗せていきたい。

3区樋口選手…日大課題の区間。留学生が稼いだ直後のブレーキで流れを止めてしまう事があるが…。今回は自信をもって送り出したいルーキー樋口選手。1万m28分台のスピードと勢いで21.3㎞しっかり走りきりたい。箱根予選は暑さでやられての個人33位。良い条件でどこまでいけるか楽しみなルーキーだ。

4区武田選手…前回区間8位と好走を見せている武田選手も連続で同区間起用でいいのかなと思います。箱根予選は故障明けで無難な走りとなりましたが、本戦までには整えてくるはず。前回からの上積みが必ずあるはず。ここまでで一桁順位は確保したい。

5区廣田選手…経験者がエントリーできなかったこの区間。悩み泥子で、1年生若山選手の名前も多く上がってますかね?悩んだ末、4年目に花開いた廣田選手を予想。箱根予選はやや失速しましたが、1万m28分台の走力がついていたのはびっくり。懸命に駆け上がってほしい。

6区宮崎選手…前回の経験者。箱根予選は走っていないものの、上尾ハーフで63分台など絶好調。実は平地に降ろす案もあったのですが、5区がやや未知数だということ、復路手薄なので、勢いと貯金を作った方がいいと判断です。59分台は少なくとも出したいところだ。

7区野田選手…勝負をかけます。上尾ハーフ64分台の松岡選手と悩みに悩んだ末、野田選手のスピードに託します。トラックは他校の主力と戦えるのですがロードが…。前回急遽の3区とはいえ、大きく順位ダウンしてしまいました。何とか持ち前のスピードを活かしたい。

8区若山選手…山登りに推す声が非常に多いルーキーですね。自分は主力で貯金を、と思ったので、遊行寺の上り坂がある8区に予想します。記録会でタイムはまだ主力までもう少しですが、彼の持つ適性にかけたい。

9区松木選手…前回8区で粘りの走りを見せていた松木選手を、9区でスライド予想。トラックよりロードで結果を出す選手。最終学年でトラックも少し記録が向上。総合力で長丁場の9区勝負に出たい。シード権内にうまくとどまることができているかどうか。

10区金子選手…前回もアンカーの金子選手を2年連続起用するのではないかと予想します。箱根予選の成績は毎年確実に向上、区間17位だった前回からどれだけ区間順位が上がってくるか。ゴールする総合順位も14位からどれだけ浮上しているかだ。

箱根駅伝2020【日本大学】まとめ

・4区まで累計は昨年以上
・山登りの候補をだれにするか
・6区までにシード権ラインに貯金を

 ひとまず最初の4区間の累計はおそらく前回よりかなりいいはず。横山選手はレベルアップ。武田選手は少なくともキープ、2区は少し落ちるかもですが、3区は今回は自信をもって送り出せるはず。4区終了時、シード権ラインに絡むことは可能なはずだ。

 前回経験者が抜けた5区が心配、走力の高い上級生に託すか、台頭してきた下級生に適性のある選手がいれば、手薄な復路に戦力を回すことができる。

 ただ、基本的に復路は、宮崎選手が入るだろう6区以外での貯金は少し厳しいと感じる。しっかり6区終了時までにシード権ライン以内に逃げ込んでおく。日大の復活シード権はこのあたりが鍵となりそうだ。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. wataru-6519 より:

    横山ードウングー樋口ー武田ー若山
    宮崎ー松岡ー松木ー廣田ー金子
    復路にも少し、余裕があるように廣田9区、野田を補欠登録しました。おそらく、5区がポイントでしょう。

  2. take より:

    武田-横山-樋口-松岡-ドゥング
    宮崎-岩城(橋口、疋田)-松木-廣田-野田
    2区で上位に行き過ぎると3区4区でオーバーペースとなり失速がパターン。前回シード獲得時は4区まで10位前後でよくつなぎ、キトニー不調ながらも往路10位。復路頑張ってシード獲得。今回5区に10位以内で襷がくれば・・・。安全策はなし、7区、10区で賭けないとシード獲得はありえないか・・・。

  3. たけぽっぽ より:

    今年はシードは難しいですが、12位あたりは十分狙える陣営だと思います。今年の経験を来年の箱根でのシード権獲得に繋げることができれば。

    オーダーは横山ードゥングー樋口ー武田ー松木、宮崎ー廣田ー若山ー金子ー岩城と希望込みで。往路は例年通りシード圏内でゴールして、復路でシード権争いから弾き飛ばされる展開は恒例ですが、樋口、若山、岩城の1年生がどれだけ走れるか。特に岩城選手は昨年の全国高校駅伝でも単独走を強いられながらも豊川高校の入賞に貢献しているだけに、来年以降の主力候補になってもらいたい選手です。

    最後に来年は鈴木選手が5区を担当して、野田選手が安心して7区を任せられるだけの戦力が整えば、久しぶりのシード権も現実的な目標になるかもしれません。