スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019【法大・日体大・城西大、その他】戦力分析&区間エントリー予想!~それぞれの想いを胸に

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

New!区間エントリー掲載用!
全日本大学駅伝2019【区間エントリー発表!当日変更&予想も!】

出雲駅伝2019から、中3週間で全日本大学駅伝2019が行われます。
その間には箱根駅伝予選会もあり、非常にあわただしい日程になっています。

こちらでは、有力チームの区間オーダー予想をしていますが、これがラストになります。

法政大学・日本体育大学・城西大学

また、全日本学連選抜・関西学院大学・札幌学院大学の予想も付け加えます。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019:法政大学・エントリーメンバー紹介&区間オーダー予想

スポンサーリンク

エントリーメンバー紹介

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

鎌田航生②28分53秒97≪19:出1区14位、箱8区7位、18:全2区15位≫
青木涼真④28分59秒52≪19:出3区7位、箱5区3位、18:全1区5位、箱5区1位、17:全4区11位、出3区4位、箱8区9位≫
河田太一平①29分06秒76≪19:出6区8位≫
岡原仁志④29分09秒16≪19:箱3区14位、18:全4区5位、出2区11位、箱7区11位、17:全7区12位、16:予307位≫
佐々木虎一朗④29分29秒87≪17:出5区10位相当≫
清家 陸②29分34秒09≪19:出5区10位≫
増田蒼馬④29分38秒33≪18:出6区15位≫
田辺佑典③29分41秒72≪19:出2区10位≫
坪井 慧④29分45秒08≪19:箱6区4位、18:出5区4位≫
久納 碧②29分53秒46
中園慎太郎①29分56秒96≪18:高校4区7位、IH3障5位≫
糟谷勇輝③29分57秒27
人見昂誠②30分19秒99≪19:出4区15位≫
主な欠場者:佐藤敏也④

出雲駅伝出場選手
 主力選手と言える選手で出場したのは4年青木2年鎌田選手の2名です。鎌田選手は初の主将区間1区抜擢でしたが、超スローからの叩き合いの独特の展開に苦しんだか区間14位。青木選手はスピードランナーが集まった3区で、持ち味の安定感を発揮して区間7位でした。佐藤選手が今回もエントリーされなかったので、彼らにはまた大きな負担がかかります。

 残りの区間は初駅伝の選手ばかりでした。とりわけアンカー1年生河田選手が区間8位で走り切ったのが最大の収穫でしたね。全日本も主要区間か。3障が得意な田辺・人見選手、記録会良かった清家選手もデビューしています。

出雲駅伝組以外
 主力選手と言えるのは4年坪井・岡原選手ですかね。坪井選手は出雲から連続、岡原選手は全日本から入っています。彼らがどこかの区間に入るだけでぐっと戦力が増してきます。

 これに4年増田選手と佐々木選手が、過去の三大駅伝経験者。増田選手は出雲記録会で5千⑭分一けたベストと好調、佐々木選手もアベレージがあがってきています。いずれも過去は区間二けたなので、箱根前に好走してほしい気はします。

 三大駅伝未経験者では、3年糟谷2年久納1年中園選手がいますね。このうち中園選手が好調で5千1万としっかり結果を残しています。この調子なら全日本で三大駅伝デビューもありえるかもしれません。

区間エントリー予想&まとめ

 主力の一部の選手の状態が分からないのですよね。なので一部起用している形です。

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)増田蒼馬④
2区(11.1㎞)河田太一平①
3区(11.9㎞)青木涼真④
4区(11.8㎞)中園慎太郎①
5区(12.4㎞)田辺佑典③
6区(12.8㎞)佐々木虎一朗④
7区(17.6㎞)鎌田航生②
8区(19.7㎞)坪井 慧④

1区増田選手…順当なら岡原選手あたりかなぁとも思いきや、秋になって調子が上がってきている増田選手と予想。スピードは結構ある選手なので、うまくラストの争いまで持てばと思っています。

2区河田選手…出雲アンカーで健闘していた1年河田選手を今度は前半の主要区間2区へ。これは面白いオーダーですよ。なお、前年は当時1年の鎌田選手がここでデビュー。その時より走力は上と思いますので、いい勝負になると思います。

3区青木選手…2区まで比較的駅伝経験が薄い選手を起用しました。ここでエース青木選手を持ってきて、流れを作り直してもらいます。一気にシード権内に突入といきたい。

4区中園選手…好調ルーキー中園選手を起用。1年生が頑張っていますよね。3障経験して高校駅伝4区好走しているのでアップダウン比較的行けるかなぁとこの区間で。食らいついてほしい。

5区田辺選手…どうしましょうかね。出雲出走組もう一人起用。出雲2区でやや後方でタスキを受けた田辺選手はもう一度チャンスがあってもいいと思います。今度は比較的負担少なそうな5区で。駅伝経験が少ない3年に結果が出れば。

6区佐々木選手…走れば久々の三大駅伝出場になる佐々木選手、秋の大会はまずまず走れていましたので、もう一度ここで駅伝経験ができればチームにもプラスになるかなと。

7区鎌田選手…長距離2区間は往路主要区間候補の2名。もし、佐藤選手が戻らなければ、彼らが2区3区あたりを走る事になります。鎌田選手は1区はうまくいきませんでしたが、序盤からある程度突っ込んで耐えるというイメージの全日本7区は適性があるのではないかなと。前を追ってほしい。

8区坪井選手…今年山下りで魅せて、さらに30㎞でもいい走りをした坪井選手をアンカー。秋以降記録会に出ていませんが、連続エントリー。ここに合わせてるのかなぁと思っています。

その他のオーダー、まとめ

 あとは岡原選手が間に合っていれば、前回の坂東選手のように6区起用するのかなぁと思っていたり。全日本駅伝の今の区間距離を、うまく法大は利用できていると思います。適切なオーダーが組めれば、シード権確保するところまで浮上できると思います。

全日本大学駅伝2019:日本体育大学・エントリーメンバー紹介&区間オーダー予想

エントリーメンバー紹介

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

山口和也④28分56秒05≪19:予28位、箱2区13位、18:全8区18位、出3区11位、18:箱8区3位、17:出2区9位≫
中川翔太④28分59秒46≪19:予29位、箱10区16位、18:全2区17位、箱10区3位、17:箱8区12位≫
池田耀平③29分13秒11≪19:予23位、箱1区12位、18:全1区13位、出1区14位≫
加藤広之②29分43秒59
冨田真佑④29分44秒63≪19:予271位≫
大内宏樹②29分45秒08≪19:予123位≫
嶋野太海③29分48秒47≪19:予138位≫
佐藤慎巴②29分56秒03≪19:予166位≫
松尾拓実③29分57秒94
野上翔太③30分15秒29
岡嶋 翼②30分22秒93
太田哲朗③30分23秒39≪19:予98位≫
名村樹哉①30分26秒96≪19:予133位≫
主な欠場者:岩室天輝③、廻谷 賢④、濵田 諒④、亀田優太朗③、藤本珠輝①

箱根予選出走者9名
 もっと入れ替わっているイメージでしたが、意外と箱根予選出走者が混ざっています。主力では予選でチーム2番~4番手に入った3年池田選手と4年山口・中川選手がエントリー。駅伝経験も豊富な選手なので頼もしいです。

 あとはほとんど新戦力となってきますかね。予選5番6番がいなくなり、二けた順位は3年太田選手。あとは三桁順位の選手に。スピードのある2年佐藤選手、秋になり初めて名前を聞いた3年嶋野選手、全日本予選通過に貢献した4年冨田・2年大内選手になります。1年生唯一連続エントリー名村選手もいます。状態次第で多くの選手が駅伝デビューとなりそうです。

それ以外の選手4名
 10月日体大記録会に箱根予選以外のメンバーが大量出場しています。その中で上位に入った選手が、全日本大学駅伝にエントリーしています。持ちタイムが一番いいのは、2年加藤選手。おそらくデビューになるかな?

 あとは29分台を出した3年松尾選手、30分少しの野上・岡嶋選手。どう采配になるか分かりませんが、箱根予選出走者のコンディション次第では、おおく選手を入れ替えてくるかもしれません。

区間エントリー予想&まとめ

 主力選手は何とか頑張ってもらうとして、あとは分からないですねぇ。比較的予選で上位に入った選手は起用となるのでしょうか。

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)池田耀平③
2区(11.1㎞)中川翔太④
3区(11.9㎞)佐藤慎巴②
4区(11.8㎞)大内宏樹②
5区(12.4㎞)嶋野太海③
6区(12.8㎞)松尾拓実③
7区(17.6㎞)山口和也④
8区(19.7㎞)加藤広之②

1区池田選手…ここは安心のスターターですね。他の区間を経験させてもいいのですが、主力を多く外して臨むのであれば池田選手が1区を務めるのではないかなと。

2区中川選手…スピードのある中川選手も、前年同様の2区。連戦になりますが、何とか粘って流れを作ってもらえれば。

3区佐藤選手…5000mの記録は主力選手に引けを取らない佐藤選手を3区に。箱根予選はやや苦戦してしまいましたが、この距離なら持っている力を出せるのではないかと思っています。

4区大内選手…全日本予選で貢献した大内選手もこの区間で。スピードはもう少しな印象ですが、全日本予選の時のように、他校の選手に食らいついていければ

5区嶋野選手…色々迷いましたが、距離という事を考えて、比較的1万mの持ちタイムがいい選手を並べていきます。秋の成長株嶋野選手を起用と予想。記録会の時の感じで走れれば。

6区松尾選手…距離が長くなってきますので、箱根予選メンバー以外も。記録会で1万29分台を出した松尾選手に粘ってもらうのがいいかなと思います。

7区山口選手…主力選手を一人温存。長距離区間はさすがにどちらかは走ってもらわないときつい。山口選手に負担がかかりますが、箱根2区走れる選手ですので、何とか粘ってくれれば。

8区加藤選手…箱根予選出走者以外で、走力が一番高い加藤選手をアンカーで予想。いきなりエース区間になりますが、思い切って勝負出来れば

その他のオーダー、まとめ

 廻谷・藤本選手までオーダー外していますので、どうやってオーダーを組めばいいのか迷いつつ(汗) もしかして1区に佐藤・加藤選手らトラックのスピードがある選手を起用し、池田・山口・中川選手を2区7区8区なのかもしれません。

 これだけメンバーの入れ替えが可能なのは、選手層が分厚い日体大らしい采配。シード権争い加われるかは微妙ですが、元気な選手を起用していって、大きな経験を積めればと思います。

全日本大学駅伝2019:城西大学・エントリーメンバー紹介&区間オーダー予想

エントリーメンバー紹介

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

荻久保寛也④28分37秒66≪19:予6位、18:全2区1位、出1区3位、箱10区9位、17:予115位、16:予188位≫
西嶋雄伸④28分44秒15≪19:予300位、19:箱4区15位、18:全1区16位、出2区12位、箱1区18位、17:全2区18位、予37位、16:予396位≫
菊地駿弥③28分47秒25≪19:予31位、18:箱6区17位≫
菅原伊織③29分16秒50≪19:予84位≫
大里凌央③29分28秒67≪19:予46位、19:箱10区4位、18:全3区12位≫
中原佑仁④29分33秒40≪19:予318位、箱9区15位、18:全5区12位、箱9区15位、17:全7区10位、予94位≫
松尾鴻雅②29分39秒53≪19:予34位、箱6区21位≫
宮沢真太④29分45秒12≪19:予176位≫
野上亮祐③29分46秒69≪19:予210位≫
雲井崚太③29分48秒13≪19:予280位、箱7区22位≫
田部雄作③30分06秒87≪19:予208位≫
志賀颯太②30分09秒78
熊谷 奨①30分31秒95≪19:予337位≫
主な欠場者:藤井正斗①

箱根予選出走者12名
 まさかの箱根予選惨敗となった城西大。中1週間で心身を立て直して、全日本本戦に臨みたい。なお、メンバーは全く入れ替えはないです。

 エース荻久保選手、主力の菊地・大里選手、さらに急成長の松尾選手にスピードのある菅原選手。彼ら5人はしっかり箱根予選で走れていたのですよね。100位以内に5名入れていました。

 ただ新戦力候補や一部の主力選手が大きく崩れた結果に…。駅伝未経験者の4年宮沢・3年田部・3年野上選手が比較的地チーム上位。67分前後で粘っていました。1年熊谷選手も一つ経験。

 そこから駅伝経験者の3年雲井選手、主力選手の4年西嶋・中原選手が大幅に遅れ300位オーバーはさすがに予想できませんでした。ここから起用があるかはわかりませんが、何とか一矢報いる活躍をしたい。

それ以外1名
 あとは2年志賀選手になりますね。予選出走者の状態次第では、起用もあるでしょう。経験の場にするか、シード権を目指すかそこが気になりますね。

区間エントリー予想&まとめ

 ただ、箱根予選出走者でも大学駅伝未経験の選手が複数人いますので、繋ぎ区間でどんどん新戦力投入となりそうです。

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)菅原伊織③
2区(11.1㎞)荻久保寛也④
3区(11.9㎞)大里凌央③
4区(11.8㎞)野上亮祐③
5区(12.4㎞)宮沢真太④
6区(12.8㎞)田部雄作③
7区(17.6㎞)松尾鴻雅②
8区(19.7㎞)菊地駿弥③

1区菅原選手…順当なら、学生連合に選ばれるはずの菅原選手。大学駅伝は未出場なので、一つ経験をさせられるのはいいこと。トラックのスピードがありますので、ひとまず1区起用がいいかなと思います。

2区荻久保選手…前年区間賞獲得者なのですよね。並みいる強豪選手を抑えての走りはびっくりしました。今年も箱根予選で日本人2番手で更に磨きがかかっています。調子次第で2年連続区間賞を狙ってほしい。

3区大里選手…主力をつぎ込んでいきます。この1年で大きく飛躍した大里選手に前半の3区を任せます。他校の主力選手にも食らいつける実力があるはず。

4区野上選手…箱根予選で比較的上位で、大学駅伝経験が少ない選手を投入していきます。トラックで1万29分台の経験がある野上選手を、4区に。少しでもスピードを活かす走りができれば。

5区宮沢選手…駅伝経験の無い宮沢選手を起用。ただ、箱根予選チーム6番手に入ったのなら、どこかで走らせてもいいのではと思っています。毎回惜しいところで出走メンバーにならなかった選手でもあります。

6区田部選手…確か、桜美林大で学生連合の選手として箱根出走した選手の弟さんですよね。順当なら全日本で駅伝デビューできるはず。持っている力を出してもらえれば

7区松尾選手…急成長の松尾選手を主要区間抜擢します。一関ハーフでも良かったですが、ここに繋がりました。来季のチームの主力選手中心になってくるはずですので、他校のエースと戦う場を設けたい。

8区菊地選手…長距離ロードでぐっと力を付けてきている菊地選手をアンカー。もうシード権を取りに行く布陣です。駅伝経験も含め、来季を見据えての配置です。

その他のオーダー、まとめ
 この距離なら西嶋選手を入れるべきかなぁとかとも思いましたが…繋ぎ区間になるなら箱根予選結果を出した選手かなぁ。とにかく、全日本駅伝は今の城西大のチームに合っていると思いますので、少しでも心身立て直して走ってくれれば。流れ次第では面白い結果になるはずです。

全日本大学駅伝2019:全日本学連選抜・エントリーメンバー紹介&区間オーダー予想

エントリーメンバー紹介

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

長谷川柊④28分32秒76専修大 関東1≪19:予11位、18:予14位、箱2区21位相当、17:予36位≫
川田裕也④29分05秒89東京農業大 関東2≪19:予42位、18:予101位、17:予104位≫
吉里 駿③29分14秒05駿河台大 関東3≪19:予32位、18:予101位、17:予104位≫
古川大晃(M1)29分38秒86九州大 九州1≪18:全6区15位、17:全5区12位≫
富田遼太郎③29分43秒58大阪経済大 関西1≪18:全7区17位、出3区15位≫
冨田直樹④29分52秒67龍谷大 関西2
松浦崇之④29分53秒08東北大 東北1≪19:出1区12位、18:全1区23位、出1区17位、17:全1区26位、出1区18位、16:全3区23位≫
横山裕介③30分14秒07山口大 中四国1
若澤新也(M1)30分31秒79新潟医療福祉大 北信越1≪19:出6区14位、18:全8区22位、16:出2区19位≫
酒井洋明④30分43秒03北海道大 北海道1≪19:出2区14位、17:全1区21位、出2区13位、16:出2区15位≫
大坂祐輝③30分46秒10大阪体育大 関西3
河北竜治(M1)30分46秒14広島大 中四国2
板東健志③30分50秒93信州大 北信越2≪19:出4区13位≫
安藤貴信④30分56秒96北九州市大 九州2

関東地区3名、関西地区3名
 関東地区からは3名、予選直後に選ばれた専大長谷川選手の他に、農大川田選手と駿河台吉里選手が選ばれています。くしくも箱根予選敗退校ですね…。なお吉里選手は箱根の選抜選手に選ばれる予定、長谷川・川田選手は規定により、箱根の選抜には選ばれません。

 関西地区からも3名です。予選で健闘していた大阪経済大富田選手の他にもは、龍谷大の冨田選手と大阪体育大の大坂選手が選ばれています。なお直近の1万mに3選手とも出走していて冨田・大坂選手が29分台をマークしています。

北信越地区2名、中四国2名、九州地区2名
 北信越地区は2名ですね。出雲駅伝でも出走メンバーだった信州大の板東選手と、新潟医療福祉大の若澤選手になります。出雲駅伝でアンカーだった若澤選手の方が評価としては上になるのかな?

 中四国からは予選のクロスカントリーコースで30分20秒前後を出していた山口大の横山選手と広島大の河北選手が選ばれています。トラックのタイムは横山選手がよくて悩みどころ。

 九州からは、熊本大から進学した九州大院の古川選手と、北九州立大の安藤選手が選ばれています。直近では古川選手が5千14分10秒台をマークしています。

北海道地区1名、東北地区1名、北信越地区1名
 北海道大の酒井選手は、出雲駅伝2区出走。1区の選手の貯金もあり、終始トップをひた走った選手です。注目は東北大の松浦選手。出雲駅伝で1区12位の大健闘し、直近1万で29分台を記録。調子を上げてきています。この14名から8名が選ばれます。

区間エントリー予想&まとめ

以前は各地区1名以上の縛りがありましたが、最近はなくなってきているようです。いろいろと考えながら配置してみました。

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)川田裕也④ 東京農業大 関東
2区(11.1㎞)長谷川柊④ 専修大 関東
3区(11.9㎞)古川大晃(M1) 九州大 九州
4区(11.8㎞)冨田直樹④ 龍谷大 関西
5区(12.4㎞)河北竜治(M1) 広島大 中四国
6区(12.8㎞)若澤新也(M1) 新潟医療福祉大 北信越
7区(17.6㎞)富田遼太郎③ 大阪経済大 関西
8区(19.7㎞)松浦崇之④ 東北大 東北

1区川田選手…まず農大川田選手からスタート。適正では駿河台大吉里選手ですが、彼は箱根での選抜出走候補、川田選手はチームが予選落ちし、個人でもチーム内2番手ということで選出されず。これしかない。この1年で農大の中だけでなく、他校の主力とも渡り合った川田選手をしかと見ようではないか。

2区長谷川選手…本人が狙っていたという選抜での全日本大学駅伝出場。このチームでも完全にエースですね。スピードエースということもあり、2区に置きたいですね。箱根予選後ですが、持ち味を生かして区間上位を狙っていきたいところ。関東の緑組でまずは沸かそうではないか。

3区古川選手…ここからは他地区ですが、いつになく強いですよ。古川選手は九州大院にいってからも走力に磨きがかかっています。1万m29分台だけでなく、5千で14分10秒台に。スピードが上がってきたところ、3区で頑張ってほしいです。

4区冨田選手…彼を起用すると、関東・関西地区が2人ずつになり、他の地区が泣くのですが、29分台出したばかりの彼を起用しない手はないと思っています。順調なら関東地区の最後尾付近か。少しでも食らいつく走りができれば

& なお、北海道地区の酒井選手を外しています。出雲駅伝で酒井選手他何人か出走していますが、現時点ではもっと力がありうそうな選手がいたということで。その選手を5区以降に並べます。

5区横山選手…続いて5区は広島大の河北選手。全日本予選はクロカン10㎞で30分10秒台。昨年も選ばれていましたが、残念ながら走れず。もう一人の選手も走力ありますが、何とかもぎ取りたい。

6区若澤選手…新潟医療福祉大の選手ですね。出雲駅伝は6区14位とまずまずの成績。地区枠の争い、最後まで懸命に追いかけていました。その時の走りができればいい結果が出るはず。

7区富田選手…関西地区のエースですね。本人は関西学院大の石井選手にあこがれて1区希望とのことですが、スタミナ型の印象のある大阪経済大で、前年チームで7区を走っている選手。やっぱりここで起用したいなぁと思ってしまいます。順調なら繰り上げは回避できるはず。

8区松浦選手…過去6度の大学駅伝を経験している東北大松浦選手。しかもほとんどが1区でしたね。出雲駅伝も1区12位の好走を見せています。先日は1万29分台をマークしたばかり、ここでアンカーで締めてもらうのは如何でしょうか。持ち前の安定感が出れば。

その他のオーダー、まとめ

 そういえば、一番若い選手で学部の3年生なんですね。時間をかけてじっくり力をつけてきた選手が多いですね。しぶといレースを期待したい。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019:関西学院大学・エントリーメンバー紹介&区間オーダー予想

エントリーメンバー紹介

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

石井優樹④28分50秒48≪19:出1区18位、18:全1区1位、17:全1区19位、出1区10位≫
川田 信③29分08秒03≪19:出3区14位、17:全5区17位、出2区14位≫
上田颯汰①29分25秒78≪19:全国4区45位≫
川島貴哉④29分35秒61≪19:出4区10位≫
藤井大輔④30分08秒98≪19:出6区16位、17:全7区19位≫
志摩銀河③30分14秒47
藪野正大③30分22秒82≪19:出5区7位≫
沖見史哉③30分24秒97≪19:出2区11位≫
佐々木達平③30分48秒42
村田 惇③31分06秒94≪17:全6区22位≫
藪田一志③31分12秒88
水口 涼②31分40秒62
舩津一帆①5千14分39秒95≪19:全1区41位、18:高4区15位≫
主な欠場者:

出雲駅伝出走メンバー
 有名なのは4年石井選手ですが、出雲では万全ではなく区間18位だったのですよね。ただ、そこから3年沖見・川田選手が悪い流れを止めて、4年川島3年藪野選手が区間10位と7位と好走し、一気に出場枠内に浮上。4年藤井選手が粘って関西の出場枠を勝ち取りまりした。4区5区は関東地区のチームに新戦力候補を起用したところはありましたが、見事な流れでした。

それ以外の有力選手
 記録会で好調なのは1年上田選手で1万mを29分25秒の好記録!また3年志摩選手も自己ベストを更新。それ以下は1万m31分前後あたりまで落ちてきますので、できれば出雲組+上田・志摩選手になるのがベストですかね。

区間エントリー予想&まとめ

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)石井優樹④
2区(11.1㎞)上田颯汰①
3区(11.9㎞)沖見史哉③
4区(11.8㎞)川島貴哉④
5区(12.4㎞)藪野正大③
6区(12.8㎞)志摩銀河③
7区(17.6㎞)藤井大輔④
8区(19.7㎞)川田 信③

基本的には出雲駅伝の順番。エース石井選手は調子が戻るかどうかギリギリですので、前年区間賞を取っている1区が戦いやすいのではないでしょうか。

 また、出雲3区でのちに1万29分08秒と好記録を出した川田選手を8区へ。そして2区は未来のエース候補1年上田選手を大抜擢。その後力をつけた上級生で繋ぐので自信をもって、他校と勝負してくれればと思います。

 出雲駅伝から調子をキープできていれば、区間15位付近にまとめられる選手も多くなってきます。そうなってくると、関西地区枠は勿論、打倒関東の達成は可能になってくるかもしれません。

全日本大学駅伝2019:札幌学院大学・エントリーメンバー紹介&区間オーダー予想

エントリーメンバー紹介

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

ローレンス グレ②28分27秒16≪19:出1区1位、18:全2区18位、出1区10位≫
宇野 翔③30分14秒34≪19:出3区13位、18:全4区24位、出4区16位≫
幸谷玲弥②30分30秒30≪18:全7区27位≫
佐々木祐介④30分37秒48≪18:全3区24位、出2区15位≫
野村隼斗③30分40秒51≪19:出4区14位、18:全8区25位、出6区18位≫
松坂栄輝③30分47秒69
岩本元汰③30分55秒53≪18:全5区22位≫
木村一輝①31分04秒56
中里 航①32分02秒50
千菅 諒②32分49秒48
工藤 真②33分15秒63≪18:全6区23位≫
下畑柊真①33分50秒29
田中佑典③5千14分37秒41≪18:全1区24位、出3区18位≫
主な欠場者:

出雲駅伝出走メンバー
 北海道選抜で3名出走、グレ選手のぶっ飛ばしから始まりましたよね。今年になってメキメキ力をつけてきています。一人でガンガン飛ばしていく能力が身につければ、本当にこれからが楽しみです。

 日本人も3区宇野4区野村選手出走。宇野選手は抜かれ役になりましたが、持ちタイム通りの走りはできたように見えます。野村選手は関東の最後尾に懸命に食らいつくシーンがありました。

それ以外の有力選手
 それ以外の選手もいうつになく有力選手が集まっています。中距離専門の田中・佐々木選手のうち、佐々木選手が1万m30分半ばまで対応。さらに前年経験者の幸谷・岩本選手が30分台、新戦力候補の松坂選手も30分台、1年生も早くも伸びてきています。彼らが順調なら、地区枠争いは盛り上がるはずですよ。

区間エントリー予想&まとめ

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)ローレンス グレ②
2区(11.1㎞)宇野 翔③
3区(11.9㎞)佐々木祐介④
4区(11.8㎞)松坂栄輝③
5区(12.4㎞)岩本元汰③
6区(12.8㎞)木村一輝①
7区(17.6㎞)幸谷玲弥②
8区(19.7㎞)野村隼斗③

もう1回グレ選手で逃げたいなぁ。最短区間で勿体ないけど、エースが集まる出雲1区であれだけ引き離せたのですから、そうではない全日本1区でも逃がしてくれると思うのですが…。次に日本人エースの宇野選手を惜しげもなく投入。うまくいけば結構トップで逃げれるはずですよ。

 その後も持ちタイムの高い選手から順番に投入します。ただ、昨年7区8区出走の幸谷・野村選手はそのまま。幸谷選手も30分30秒まで上がり、野村選手は10月札幌ハーフ67分台で走破。アンカー準備万端じゃないですかというところです。繰り上げ回避、そして北海道枠を狙えるはずです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. アオ より:

    法政大学は高島平で15kmまで先頭争いをしていた久納選手も起用するのでは無いかと思います。
    敬称略で、15km付近まで、鎌田、久納の両者が最終的に上位の選手と走り、そこから佐々木、田辺、増田の3名が追走。で、この5人に出雲好走の青木、河田と走れるなら坪井。駄目なら出雲でそこそこだった清家か今シーズンハーフで安定して居る糟谷が候補かと思います。(ただし、糟谷は高島平で失速しているので微妙です)

    個人的な予想はこうですかね。
    久納-鎌田-河田-増田or佐々木-田辺-佐々木or清家-青木-糟谷or増田

    初出場の久納を鎌田、1年生の河田を増田or佐々木の4年生でカバーして、青木に繋げる中盤を田辺と清家。もしくは4年生の佐々木耐える。
    で、法政は坪田監督になってからの3回とも箱根9、10区候補の選手を起用しているので、関カレハーフに出場している2人のどちらかになるのでは無いかと思っています。
    坪井選手が万全で出走可能なら7区に入って、青木選手は2区で久納と河田に挟まれて、鎌田選手は4区か6区で去年の岡原、坂東選手のような立て直し役になるかな?とも思いますね。

  2. たけぽっぽ より:

    法政は大エースの佐藤選手の状況が読みにくいだけに、箱根に出場しないことを想定してオーダーを考えました。

    青木ー河田ー坪井ー岡原ー清家ー田辺ー鎌田ー増田としてみました。1区青木選手でほぼトップに近い位置で河田選手に渡し、河田選手が去年の鎌田選手のように成長できれば。3、4区は安定感があるので、河田選手が仮にブレーキになってもある程度リカバリーできるかなと。ポイントは5、6区でここが目処が立てば、箱根でもかなり有利になるはず。7区鎌田選手は管理人さんの仰るとおり、2、3区の可能性もあるので果敢に他のチームのエースと勝負してもらいたい。アンカー増田選手は、復路のポイントになってくれたら。

    結論としては、シード権には少し厳しいかなと捉えています。しかし、箱根でシード権を獲得すれば、順天堂と拓殖のように推薦で出場権をもらえるチャンスもあるだけに、前半で駅伝の流れを作って後半も駅伝ができれば、箱根に向けていい流れができると思います。
    (これで佐藤選手が万全な状態で箱根に登場すれば、山下り以外はかなり楽しみになりそうです。)

  3. おかし より:

    佐藤離脱、坪井・岡原の状況が心配されるだけにやはり下馬評は低いですね。。

    個人的には高島平を鎌田と共に好走した久納のデビューに期待したいです。

    オーダー予想は下記です
    1区:久納 持ち味のスピードに期待
    2区:青木 もし1区遅れても取り戻す
    3区:坪井 昨年も合宿怪我明け佐藤を3区起用
    4区:河田 出雲好走に続き
    5区:田辺 地元での好走に期待
    6区:蒼馬 もう1つの出雲好走
    7区:鎌田 やはり長い距離のビルドアップが向いてる気がする
    8区:佐々木 長距離が得意、箱根10区想定

    ですね、もし岡原が調子良ければ4区に入れて河田を8区もいいかも。
    ずっとハーフで結果を出してた糟谷も見たいですが高島平の失速が気になります。。