スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019【帝京大・中央学大】戦力分析&区間エントリー予想!~出雲より有利になるチーム!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

出雲駅伝2019から、中3週間で全日本大学駅伝2019が行われます。
その間には箱根駅伝予選会もあり、非常にあわただしい日程になっています。

その間に記録会もあまりないので(あっても出れる日程ではない)、
早くから区間オーダー予想をしていきたいと思います。

不完全燃焼の出雲駅伝から、リベンジを狙う帝京大・中央学院大学です

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019:帝京大学・エントリーメンバー&区間オーダー予想

スポンサーリンク

エントリーメンバー紹介&出雲駅伝プレイバック

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

島貫温太④28分30秒52≪19:箱6区5位、18:出6区11位、箱10区15位、17:全6区7位、予87位≫
遠藤大地②28分34秒88≪19:出2区9位、箱3区3位、18:全4区3位、出1区11位≫
平田幸四郎④29分09秒32≪19:出1区9位、18:全8区14位、箱5区8位、17:予95位、箱9区8位、16:全8区14位≫
岩佐壱誠④29分11秒41≪19:箱7区6位、18:全3区7位、出3区7位、箱1区16位、17:全1区13位、予12位、箱7区8位、16:全3区13位、出2区8位≫
星  岳③29分12秒09≪19:箱10区1位、18:出5区6位、17:予188位≫
中村風馬②29分13秒58≪19:出6区13位≫
小野寺悠③29分14秒22≪19:出5区1位、箱5区16位≫
吉野貴大④29分17秒30≪17:予63位≫
小森稜太④29分18秒08≪19:出3区10位、箱9区3位、18:全5区4位、箱9区10位、17:全8区10位≫
谷村龍生③29分34秒87≪19:出4区9位、18:全6区9位、出4区5位≫
田村丈哉④29分41秒49≪18:箱8区11位、17:予46位≫
橋本尚斗②29分44秒44
新井大貴①30分35秒08
主な欠場者:主な欠場者:鳥飼悠生③

出雲駅伝のプレイバックをしながら、メンバー紹介しをします。

出雲駅伝プレイバック

1区平田選手…中盤以降の長距離区間のイメージがあった平田選手が、初の大学駅伝1区。ラストで急激に上がる展開でしたが、区間一桁は粘ったといえますかね?全日本以降に期待が持てます。

2区遠藤選手…事前の記録会から復活期待したのですが…中々難しいですね。同時スタートの東洋大と競り合えれば良かったですが、付けませんでした。全日本で復調の兆しを掴めれば…。

3区小森選手…今回は3区にエース選手が集結しました。長距離型の小森選手にとっては、中々上位進出は難しい展開でした。この選手も全日本以降の方が期待できるはず。

4区谷村選手…ここまで総合10位ながらも大混戦。前回好走している谷村選手が一つ順位を上げましたね。最も、昨年よりも高レベルで区間9位だったのが悔しいところです。

5区小野寺選手…びっくり!このあたりは帝京大の選手層を活かせるかなとは思いましたが、5㎞換算13分台の好タイムでの区間賞は驚きました。一気に3人抜き、総合6位進出。このまま駅伝に強くなると助かります。

6区中村選手…ロードでするする伸びてきた中村選手がついに駅伝デビュー。いきなりアンカーでしたが、ややホロ苦でしたかね。中盤に立命館大に捉えられてから、一気にペースダウンした模様。31分オーバーは本来の実力ではないはずです。

他の7人のメンバー
ここから2人追加もしくは入れ替わることになります。

主力組・復活なるか
 本来なら出雲駅伝から出走メンバーになってほしい選手に、4年岩佐選手、3年星選手がいます。岩佐選手は本来はどこの区間でも走れる選手。ただ、直前の記録会で振るわなかったこともあり出走ならず。全日本であげてこれるか

 星選手は、箱根10区区間賞獲得した期待のエース候補。ただ、夏に故障してしまったようで、出雲はメンバー漏れ。全日本駅伝でメンバーに入ってきましたが間に合うかどうかです。

秘密兵器の3人の4年生
 選手層は非常に厚い帝京大。出雲に登場しなかった4年生で起用してみたい選手が3名います。直近記録会で13分台を出せる状態でしたが、エントリーに入らなかった選手が2名います。

 島貫・田村丈選手が入ってくるとかなり戦力が高くなるはずです。島貫選手は箱根6区の好走もあるスピードランナー。短めの区間のどこかで登場するはず。田村丈選手は2年時に箱根出走経験あり。それ以来気合が入るはず。

 もう一人、楽しみな選手が吉野選手。長い距離に長けていて、1年時から箱根出走メンバーに選ばれていました。そこから足踏みしていましたが、10月ハーフで63分強。長距離区間でついに目途が立つ成績です。登場あるか?

出雲に続きエントリーの若手
 2年橋本・1年新井選手は続けてエントリーしていますね。10月日体大記録会だけでなく、出雲記録会でもまずまず好走。好調をキープしています。主力選手の状態が落ちた時に、繋ぎ区間でしっかり走ってくれそうです。

区間オーダー予想&まとめ

出雲がもう一つだったのは序盤区間で乗り切れなかったからと思います。今思うと、昨年の出雲も全日本もユートリティープレイヤー横井選手のお陰で躍進したかも。どう流れを作るべきでしょうか

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)島貫温太④
2区(11.1㎞)小野寺悠③
3区(11.9㎞)遠藤大地②
4区(11.8㎞)田村丈哉④
5区(12.4㎞)小森稜太④
6区(12.8㎞)谷村龍生③
7区(17.6㎞)吉野貴大④
8区(19.7㎞)平田幸四郎④

1区島貫選手…スターターは彼が一番いいかな。スピードありますし、寒いコンディションの箱根6区で好走しています。トラックは5000mも10000mもチームトップの成績。あわよくば、昨年の1区みたいにトップに近い位置にいければ…。

2区小野寺選手…悩んだ2区は小野寺選手。調子上がっている選手で凌ぐしかないよなと思います。初の主要区間を楽しんで走れれば。前が見えている位置なら、3区以降は前回の躍進メンバーを並べています。

3区遠藤選手…昨年好走、遠藤選手の名を一躍駅伝ファンに轟かせた区間ですね。前回程とはいかなくても感覚を思い出すことが出来れば。全体としても、流れを掴みにかかる区間になれば。

4区田村丈選手…5千m13分台を出したばかりの田村選手も起用したいですね。3障の脚力もありますし、箱根8区経験。少しですが上っているこの区間が適任かなと。粘りの走りができれば。

5区小森選手…今年の実力なら7区かなぁとも思いましたが、経験と流れを重視。地元出身なので特に気合が入る区間、前回区間3位の好走していますが、さらに伸びれば。

6区谷村選手…星選手が戻っていればこの区間ですが、ひとまず昨年の経験者谷村選手。前年は出雲好走からの流れでしたが、うまく走れませんでした。今年は昨年以上の走りを見せて、成長しているところを見せることができれば。

7区吉野選手…箱根で戦力になる可能性があり、まだ大学駅伝の経験がない4年吉野選手を一度起用したい。長距離ロード一本で調整していますので、起用するなら終盤区間。粘りの走りができれば。

8区平田選手…前回は繋ぎの8区でしたが、今年は勝負しに行く区間になるはずです。流れが読みにくいですが、仮にシード権争いに巻き込まれていても抜け出すこともできるはずです。

まとめ

・課題の序盤をどう凌いでいくか
・出雲出なかった秘密兵器の4年生は大きなカギ
・中盤以降順位を上げていける選手層はあります

 島貫選手はともかく岩佐選手が調子が上がってこないのでメンバーのやりくりがしにくいのですが、言っても仕方ない。落ち着いて走っていれば徐々に流れは帝京大にいく、それだけの選手層は帝京大にはあります。

 そうしながら、田村丈・吉野選手など、調子はあがってきているけど、駅伝経験が比較的少ない選手を、うまく起用できれば、全日本も、そして箱根にも繋がっていくと思います。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019:中央学院大学・エントリーメンバー紹介&区間オーダー予想

エントリーメンバー紹介&出雲駅伝プレイバック

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

髙橋翔也③28分36秒40
≪19:出3区11位、箱2区16位、18:全1区6位、出3区8位、箱4区10位、17:全6区6位、出5区6位≫ 川村悠登④28分39秒39≪19:出1区7位、箱1区14位、18:出1区4位≫
小島慎也①28分42秒41≪19:出2区5位、全国1区16位≫
城田 航④29分05秒83
有馬圭哉④29分08秒76≪19:箱4区6位、18:全8区11位、箱8区10位、17:全7区7位≫
石綿宏人③29分11秒06≪19:箱10区9位、18:全6区10位、出6区8位≫
栗原啓吾②29分11秒79≪19:出5区20位、箱3区13位、18:全3区9位、出2区9位≫
青柳達也②29分14秒65≪18:出5区10位≫
藤井雄大④29分18秒77≪18:全6区13位≫
武川流以名①29分24秒13
長山瑞季④29分25秒67≪19:出6区11位≫
畝 歩夢③29分33秒70
吉田光汰②29分39秒41≪19:出4区7位、箱7区16位、18:全4区14位、出4区6位≫
主な欠場者:横川 巧④、加瀬蒼一郎②

出雲駅伝のプレイバックをしながら、メンバー紹介しをします。

出雲駅伝プレイバック

1区川村選手…復調してきた川村選手を、再度得意の1区へ。彼が入ると安心感ありますね。昨年ほどではありませんでしたが、区間7位は役割果たしましたかね。競り合いになると強くなる面が出たと思います。

2区小島選手…バッチリテレビに写っていましたね!優勝候補だらけの2位集団に懸命に追いつこうとしていた姿は印象的です。このメンバーでの区間5位は、やはり期待のルーキーです。

3区髙橋選手…区間11位は関東地区の選手の中で最下位の成績で無念。序盤東洋大のエース選手に付いていったのはオーバーペースだったでしょうか。何とか後ろの集団に追いつかれなかったのが救いです。

4区吉田選手…将来の主力候補吉田選手でひとまず仕切り直しになりましたね。後ろの集団からは抜け出して、追いつてきた選手をギリギリ振り切りました。ここから少しでも前へ行けそうな感じでした。

5区栗原選手…ところが駅伝で無類の安定感を誇っていた栗原選手が区間20位の大失速…。原因が分からないですが、少しでも早く回復してくれればと思います。

6区長山選手…難しい流れの中で、4年にして駅伝初出走の長山選手。混戦の中、懸命に粘りますが、一つ順位を落とし、まさか関東地区最下位でのゴールとなりました

他の7人のメンバー
ここから2人追加もしくは入れ替わることになります。

復調間近の主力選手
 9月日体大1万mで出雲駅伝出走選手と同じ組で走っていた4年有馬3年石綿選手ですね。ともに今年の箱根駅伝を経験していて、特に有馬選手が4区で流れを掴んでいます。石綿選手は、前年度終盤区間で三大駅伝すべて起用でした。

 記録会では前半から飛ばしていく展開の中、最後まで持ちませんでしたが、長距離ロードなら味が出てくる選手。全日本駅伝のシード権獲得のキーになる選手たちのはずです。

積み上げてきた上級生
 まず4年生で勢いある選手が2名いますね。4年城田・藤井選手になります。共に9月日体大1万mで自己ベストをマーク。特に城田選手は29分05秒と爆発!この記録なら全日本駅伝でメンバー入ってもおかしくないかと。藤井選手も前回6区以来なるかですね

 また、3年畝選手もじわりじわりと記録を伸ばしてきていますね。メンバー内でベスト記録は決して高くはないですが、外さない印象です。

勢いある若手
 2年青柳選手は昨年出雲5区走っているのですよね。その時はいい結果とはなりませんでしが、今年一回り以上も成長しています。選手層で出雲は入れませんでしたが、全日本はメンバーに入るか

 そして記録会で話題になった1年武川選手が再度エントリー。陸上を始めて半年強の選手、勢いあるうちに一度起用してみたいと思わせる選手です。

区間オーダー予想&まとめ

ひとまず、出雲失速の栗原選手は外して予想。箱根で万全で出てきてほししい選。あとは新戦力候補で試したい選手もいますので、そのあたりでメンバー入れ替えながら、全日本シード権狙いに来るのではと予想します。

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)髙橋翔也③
2区(11.1㎞)川村悠登④
3区(11.9㎞)小島慎也①
4区(11.8㎞)吉田光汰②
5区(12.4㎞)青柳達也②
6区(12.8㎞)藤井雄大④
7区(17.6㎞)城田 航④
8区(19.7㎞)石綿宏人③

1区髙橋選手…出雲少し失敗した髙橋選手。前回区間6位と好走している全日本再び1区へ。今回は2区3区にエース級を起用していますので、うまく上位につければ面白い戦いになります

2区川村選手…競合いの強さを買われ、ずっと1区起用だった川村選手を2区予想。箱根への起用の幅が広がりますし、一ついい経験になるはず。調子が保っていれば十分順位を上げ区間になるはずです。

3区小島選手…楽しみなルーキー小島選手で。出雲も厳しい流れの中で区間5位。1万m28分台なので距離が伸びるのは問題ない。上位の流れに乗っていければと思います。

4区吉田選手…吉田選手を2年連続4区での予想となります。前回は区間14位と失速してしまい、流れを断ってしまいました。ここはひとつ成長を見るところとなればと思います。

5区青柳選手…今年の成長株の青柳選手ですね。密かに好走楽しみな選手です。終盤区間へ向け、流れを作り直す区間になれれば。

6区藤井選手…前年秋にぐっと伸びてきて全日本5区出走も区間13位と悔しい結果になった藤井選手。記録会で転倒しながらも29分20秒きり、箱根に向けてもう一度チャンスがあっていいはずです。

7区城田選手…一人ここで初駅伝の選手を試しましょ。記録会で絶好調だった4年城田選手。下級生の頃から記録会で頑張っていましたがついにあがってきました。

 なお、昨年は釜谷選手がここでデビュー、箱根で起用されました。単純な持ちタイムで言えば、城田選手のほうが上。いいデビューになればいいなと思います。

8区石綿選手…前年度は全て三大駅伝に出場。出雲6区、全日本6区、箱根10区は全て終盤の区間。長い距離や気温あたりの評価が高いのかなと思います。復調したところですが、満を持して8区でいいと思います。シード権内まで浮上なるか

あとは有馬選手を起用するかどうか悩んだり…。前回8区で粘りの走りを見せていますが、調子の上がっている選手がほかにいるなら、箱根まで温存もありかなと思います。

まとめ

・出雲からメンバーを入れ替えて流れを掴みに
・昨年のリベンジ、新戦力候補をうまく使い分ける
・流れをつかめれば充分復活シード権はいける

 出雲駅伝も少し誤算があったとはいえ、6位は十分いけたはずなのですよね。”5強”を倒すのは少し厳しいでしょうが、残り3枠のシード権は十分に確保できる戦力です

 順番は入れ替えても川村・髙橋・小島選手は序盤区間、長丁場の経験がある石綿選手らを終盤。勢いある新戦力候補を中盤区間に起用。アクシデントなければ十分いい戦力のはずです。結果を残して自信をつけたい。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. デルピッポ より:

    帝京今年は勝負の年だと思ってましたけどなかなか厳しそう…
    シード権も難しい感じでしょうかね
    島貫-遠藤-小野寺-小森-星-谷村-吉野-平田

  2. シセン より:

    帝京大の区間予想
    島貫-遠藤-小野寺-田村丈-中村-吉野-小森-平田

    簡潔に1区の選手から順に紹介します。島貫選手を箱根を見据えてかつ、他校の穴となる区間で前に出たいので起用したいので1区、箱根6区は下りはもちろん、登りもあって区間5位なので全日本1区も対応できるんじゃないかな〜?小野寺選手は絶好調でアップダウンに強いので主要区間の次に重要な3区に。遠藤選手は調子次第なところもありますが2区有力候補の岩佐選手の調子が1ヶ月で上がるのは厳しいので遠藤選手のスピードに賭けて2区に。4区は箱根駅伝8区経験者で好調の田村選手、出雲で苦戦した中村選手は走りやすい5区にしました。吉野選手はハーフで名を挙げた選手ですが全日本の長距離区間に強い選手が集まりそうなのでつなぎの6区に、10000mの持ちタイムもいいのでしっかり戦えると思います。そして7、8区に小森、平田選手でどうでしょうか?

    不調の岩佐選手、怪我明けの星選手を順当に外し、6区の距離で吉野選手と谷村選手を比較し谷村選手を外しました。前半区間がうまく進めれば上位でゴールできるのではないでしょうか?