スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019【東洋大学】戦力分析&区間エントリー予想!~ロードの粘り強さは健在!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

New!区間エントリー掲載用!
全日本大学駅伝2019【区間エントリー発表!当日変更&予想も!】

出雲駅伝2019から、中3週間で全日本大学駅伝2019が行われます。
その間には箱根駅伝予選会もあり、非常にあわただしい日程になっています。

その間に記録会もあまりないので(あっても出れる日程ではない)、
早くから区間オーダー予想をしていきたいと思います。

駅伝やロードになると本当に粘り強い東洋大学

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019:東洋大学・エントリーメンバー紹介&出雲駅伝プレイバック

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

相澤 晃④28分17秒81≪19:箱4区1位、18:全8区1位、出1区2位、箱2区3位、17:全1区1位、出2区6位、16:全3区4位≫
西山和弥③28分35秒72≪19:出1区8位、箱1区1位、18:全2区14位、出2区6位、箱1区1位、17:全3区3位、出1区5位≫
吉川洋次③28分53秒51≪19:箱3区4位、18:出6区1位、箱4区2位、17:全8区4位、出4区4位≫
渡邉奏太④28分59秒77
大澤 駿③29分16秒92≪19:出2区2位、箱10区10位≫
今西駿介④29分17秒37≪19:出5区2位、箱6区3位、18:全3区4位、出5区1位、箱6区5位、17:出5区10位≫
宮下隼人②29分20秒74≪19:出4区4位≫
定方 駿④29分27秒94≪19:出6区3位≫
前田義弘①29分38秒91
蝦夷森章太②29分46秒16
児玉悠輔①29分56秒20≪19:全国1区2位、18:国体4位、IH5000m12位≫
古川 隼①30分11秒78
久保田悠月①30分54秒67≪18:高校6区13位≫
主な欠場者:鈴木宗孝②

出雲駅伝のプレイバックをしながら、メンバー紹介しをします。

出雲駅伝プレイバック

1区西山選手…まだ状態が上がり切っていないなか、駅伝での好走が多い1区に登場します。ローペースから一気に上がる展開の中、何とか残り1㎞までは先頭集団に。勝負所で遅れましたが、最低限にまとめてきたと思います。

2区大澤選手…今回の出走メンバーの中で、MVPの活躍だったと思います。他強豪チームから少し離れた状態で襷をもらいます。最短区間なので、見えていてもそうそう縮まって来なかったと思います。

 それでも何とか2位集団まで追いつこうという懸命の走り。追いつくのはきつかったのですが、見える範囲でタスキを渡したことが、最終的に表彰台にこぎつけた遠因になっています。

3区相澤選手…東洋大のエースですね。出雲駅伝はまだ区間賞がないことから気合も入っていました。最初あまり近づいてこないのを心配していましたが、5㎞で切り替えると一気にトップ集団に襲い掛かりました。10㎞換算28分きりの走りでした。見事に区間賞、これはさすがの走りでしたね。

4区宮下選手…関東ICハーフ表彰台で、駅伝ファンびっくりしたランナーですね。初駅伝はスピードの出雲4区。ここは最後までつくのは難しく少し後退。100m程の差で襷を渡します。

5区今西選手…山下り盟主でもあり駅伝男の今西選手。怪我で出遅れていましたが間に合いました。昨年と同様区間賞の活躍で総合2位に浮上、トップとの差も最終的に少し追い上げます。

6区定方選手…下級生の頃からロードに強いと言われたランナーがついにデビュー。出雲アンカーは力を発揮できるのか疑問だったのですが、素晴らしい走りでしたね。

 スピードでは格上と思われた選手相手に一歩も引かない走り。2位集団になってからも、懸命に優勝の可能性を探っていました。最終的に総合3位となりましたが、トップとの差は僅か。全日本以降は、定方選手の得意距離のはずです。

他の7人のメンバー
ここから2人追加もしくは入れ替わることになります。

復帰間近の主力
 長く故障していた4年渡邉選手がレース復帰していますね。先日の平国大記録会1万mに出場(5千mでレース終了)していました。スタートラインにさえ立てれば、圧倒的なスピードがあります。全日本駅伝で秘密兵器になるはずです

 また、3年吉川選手も全日本優勝に欠かせない存在なのですよね。長い距離での強さは折り紙付き。レースには出ていないですが、全日本終盤区間に合わせてきていると面白い。また2年蝦夷森選手もメンバー候補の一人、ロードの方が強いですが、うまく合わせてくれば力になります

4人の1年生
 さて、注目は4人の1年生がエントリーされている事ですかね。それぞれ8番目の争いの渦中です。一番近いのは10月日体大記録会で14分13秒で走り切っていた児玉選手。ここは出雲走ったランナーと変らないタイム。そして14分15秒で走っていた成長株の古川選手も起用してみたい選手。秋に大幅に自己ベストを出しています

 また、春先に勢いがあり、関東IC1万mを出走した前田選手も再度浮上の気配、そして10月の札幌ハーフに出走し、65分少しで走り切った久保田選手は秘密兵器。中盤以降どこでも登場しうるでしょう

全日本大学駅伝2019:東洋大学・区間エントリー予想

 出雲駅伝後の平国大記録会では、酒井監督から「故障者」が出ているというコメントが…。いろいろ悩んだ末、秋以降記録会に出場した選手のみで構成しています

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)西山和弥③
2区(11.1㎞)大澤 駿③
3区(11.9㎞)相澤 晃④
4区(11.8㎞)今西駿介④
5区(12.4㎞)渡邉奏太④
6区(12.8㎞)児玉悠輔①
7区(17.6㎞)宮下隼人②
8区(19.7㎞)定方 駿④

1区西山選手…スピードのある渡邉選手の予想もありましたが、西山選手の状態も気になりますね。出雲より少し距離が長くなりますが、少し負担は軽くなるだろう全日本1区で一つ結果を残してくれれば。

2区大澤選手…出雲で成長をアピールした大澤選手。ロードや駅伝でより力を発揮できるようになってきています。出雲2区より激しい区間になると思いますが、競り合いの中+αが出てくれば。

3区相澤選手…ちょっと区間配置捻ります。3区にエース相澤選手を配置。ここまで先頭が見えているかどうかというところだと思います。前半4区間で一番距離が長い3区でアドバンテージを取れればと思いますが、どうでしょうか。

4区今西選手…エース選手直後畳みかけます。駅伝で+αが出てくる今西選手を4区へ。アップダウンも比較的あるコースで今西選手向きだと思います。この2区間で一気にトップを奪うことができればと思います。

5区渡邉選手…さて、渡邉選手をこちらに投入。スピードがあるので1区と迷いましたが、平坦な区間へ。回復していれば2年前の全日本2区のような快走があるだけに、面白い選手。ここでさらに流れを加速することができれば

6区児玉選手…1年生は一人は起用していきたい。児玉選手が一番出走メンバーに近いですかね。先輩たちと同じようなタイムで走れているので、自信をもってくれれば

7区宮下選手…もし吉川選手が間に合っていればここですかね。そうでなければ宮下選手ですかね。出雲より距離が長くなり、らしさが出せると思います。長丁場での強さが出せれば

8区定方選手…もう一人、長いロードに強い定方選手を、もう一度アンカーへ。出雲の走りが再現できれば、59分台は十分狙えるはず。しっかり走ることができれば。

 もし、吉川選手が7区に入れれば、2区相澤選手の正攻法でいってもいいですかね。3区大澤・4区今西選手でガンガントップを突っ走ることができれば。

全日本大学駅伝2019:東洋大学・戦力分析まとめ

・故障者の回復次第で相澤選手の配置が変わる
・渡邉選手は1区か5区あたりか
・4人いる1年生のデビューもあるか

 故障者がいるという情報があるので、何とも予想するのが難しい。3日前の事前エントリーの段階でも難しさがあるかもしれません。昨年も吉川選手が終盤区間と思いきや、当日区間変更で外れましたし…

 それでも相澤・今西選手らが健在なら、選手層が厚くなってきているので、前半からある程度勝負ができますかね。楽しみな新戦力もいるし、4年定方選手が終盤区間をやれそうなのも大きいです。オーダーを練り直して、トップを突っ走りたい

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 捕虜 より:

    大澤―西山―今西―児玉―渡邊―吉川―相澤―定方で予想します。

    1区は西川君以外にも経験させたいので、出雲の好走をいかして大澤君で無難に
    2区はやっぱり期待してしまいます。西山君に昨年のリベンジを果たしてほしいです。
    3区は西山の調子もよくわからんので今西にフォローさせる意味合いも込めてしました。
    4区あたりで1年生デビューさせたいので児玉君に託したい。
    5区以降はある程度管理人さんと考えだと思います。吉川くん8割程度ならアンカーかなあと思います。7区相澤でトップに立ちたいですね。

  2. デルピッポ より:

    本命は駒澤と思いますが東洋も十分優勝候補。怪我人アリは厳しいですが、層の厚さでカバーしてほしいです。
    西山-大澤-今西-児玉-吉川-宮下-相澤-定方