スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019【國學院大學】戦力分析&区間エントリー予想!~出雲駅伝優勝!”4強崩し”もう一度

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

出雲駅伝2019から、中3週間で全日本大学駅伝2019が行われます。
その間には箱根駅伝予選会もあり、非常にあわただしい日程になっています。

その間に記録会もあまりないので(あっても出れる日程ではない)、
早くから区間オーダー予想をしていきたいと思います。

出雲駅伝で大学駅伝初制覇!國學院大學です

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019:國學院大學・エントリーメンバー紹介&出雲駅伝プレイバック

エントリーメンバー

出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝、国:国体、IH:インターハイ

浦野雄平④28分25秒45≪19:出3区3位、箱5区1位、18:全2区3位、予7位、箱1区2位、17:全1区8位、予30位、箱6区17位、16:予114位≫
土方英和④28分44秒28≪19:出6区1位、箱2区7位、18:全7区6位、予27位、箱4区3位、17:全4区12位、予31位、箱3区18位、16:全5区4位、予79位≫
藤木宏太②28分46秒41≪19:出1区5位、箱1区10位、18:全4区6位≫
島崎慎愛②28分46秒83
青木祐人④28分50秒98≪19:出4区5位、箱3区6位、18:全3区11位、予132位、箱3区5位、16:全3区10位≫
茂原大悟④29分27秒84≪19:出5区5位、箱4区14位、18:全6区8位、予65位≫
藤村遼河③29分28秒02
中西唯翔①29分31秒19≪19:全国5区20位≫
中西大翔①29分34秒81≪19:出2区3位、全国1区15位、18:IH5000m14位≫
森 秀翔③29分42秒65
殿地琢朗②29分43秒64≪19:箱8区12位≫
河東寛大③29分43秒89
川崎康生①29分55秒61
主な欠場者:

上位8人平均29分00秒1

出雲駅伝のプレイバックをしながら、メンバー紹介しをします。

出雲駅伝プレイバック

1区藤木選手…今年大きく飛躍した選手ですね。夏前に1万m28分台を出し、満を持して箱根に続き1区。ローペースの難しい展開の中、得意と言うスパートの力で区間5位!区間2位とは6秒差にとどめ、しっかり流れの中で上位を争える展開に。いいスターターですね。

2区中西大選手…この段階で、早くも4強+國學院大の争いに絞られていったのですよね。その中、5000m13分台を出して実力をつけた中西大選手、しっかりと戦い抜きました。2位争いの中、流れを継続させる走りでした。

3区浦野選手…まず柱の1人目登場となりましたね。初の出雲駅伝でしたが、臆せずにどんどん集団を引っ張っていったのは浦野選手らしい。インカレで留学生に食らいついたのを思い出しました

最も引き離せなかったのは、浦野選手としては悔しいかな。さすが4強と言われている大学の主力選手は、簡単には突き放せませんでした。脚使った中でトップと秒差の2位にとどめたのは意地だったと思います

4区青木選手…優勝を狙うのにはギリギリの戦力の中、暑さが苦手な青木選手が、9月から調子良かったのは助かりましたね。先頭からは少し遅れましたが、今後の駅伝に期待が持てる走りでした。

5区茂原選手…長距離型の茂原選手がどこまで踏みとどまれるか大きなポイントでしたが、区間5位の走り。トップとはギリギリ視界に入る37秒差はよくやったと思います。単独の走りでも崩れないところは本当に長所ですね。

6区土方選手…さて、一躍時の人となった土方選手。3位争い、途中から2位争いとなった中、徐々に先頭が近づいてくると、一気にスパートをかけます!

残り1㎞の地点でついに秒差へ。本当に苦しかったそうですが、優勝したい、との思いでもう一度スパート。残り700mを切ったところで単独トップへ!5位までが視界に入る大混戦の最中、國學院大史上初の大学駅伝優勝のゴールテープを切ります!

高校生の時は強豪校の中で補欠でしたが、大学1年の時から主要大会とロードの強さはチームで際立っていたのですよね。最近はトラックも強くなり総合力もついてきていましたが…この場で区間賞(しかも歴代日本人最速記録)を獲得するメンタルの強さは、凄いですね!

他の7人のメンバー
ここから2人追加もしくは入れ替わることになります。

ブレイク候補
 主力と変わらない10000mの持ちタイムを持つ2年島﨑選手がついにエントリー。夏前に先の藤木選手らと一緒に28分台を記録。出雲駅伝で秘密兵器になるかなと感じたものの、この時はエントリー漏れ。

 状態が分からないですが、全日本駅伝にはひとまずエントリーしてきて、ホッとしたファンも多いと思います。試合には出ていないですが、持っているポテンシャルを発揮できる状態なら面白い選手です。

ロード型の選手
 ロードになるとぐっと上がってくる選手が、3年藤村・2年殿地選手です。殿地選手は、今年の箱根でやや驚きの出走、8区で区間中位でまとめています。秋はトラックの記録は目立っていないですが、それでもエントリーはロードへの信頼が厚いのかなと思います。

 藤村選手は、ハーフマラソンで64分台経験で、一定の戦力の目途が立っている選手です。先日は1万mでも29分半ばと好調をアピール。3年生世代は駅伝経験者が少ないですが、出走チャンスを迎えています。

新たなルーキー
 國學院大は中西大選手以外にもルーキーが2人エントリー。出雲駅伝に引き続き、中西唯・川崎選手がエントリーに入っています。中西唯選手は、出雲市記録会で5000m14分15秒。10秒以上自己ベストを更新し、14分15秒へ。9月には1万m29分半ばまで伸ばしていますので起用の目途が立ってきたかな?

 川崎選手も秋になって大きく成長したルーキー。10月に初1万m出走し、29分台をマークしています。それぞれ伸び盛りの世代です。

全日本に引き続き
 國學院大は1万mのベストが29分後半~30分少しの選手の選手層は比較的厚い方ですが、その中で3年河東・森選手が、出雲駅伝から連続してエントリーしています。何かしら首脳陣からの評価を得ているのかもしれません。サプライズの出走あるでしょうか。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2019:國學院大學・区間エントリー予想

浦野・土方選手を終盤に取っておくか、それとも浦野選手を序盤に回すか最後まで悩みました

区間エントリー予想

1区(9.5㎞)中西大翔①
2区(11.1㎞)浦野雄平④
3区(11.9㎞)藤木宏太②
4区(11.8㎞)中西唯翔①
5区(12.4㎞)青木祐人④
6区(12.8㎞)藤村遼河③
7区(17.6㎞)土方英和④
8区(19.7㎞)茂原大悟④

1区中西大選手…今回は1区を変えました。1年生の中西大選手を大抜擢です。出雲の1区は主要区間ですが、全日本の1区は全区間の中で最短距離。誰にするか難しいところですが、1年生に経験させるのもいいかなと。

 出雲2区での集団の走りや最後のスパートは良かったです。その時の走りができればうまく区間上位の流れで繋いでいけるはずです。

2区浦野選手…悩みに悩んで、最終的に浦野選手は序盤に配置しました。選手層と言う面では少し不安がありますので、主力選手を分散させるほうがチームとして戦いやすいのではないかと思いました。

 浦野選手も昨年はやや出遅れたチームをぐっと立て直す走りをしながらも区間3位。同じ区間で区間賞を目指すという点でも、いいモチベーションになるかなと思いました。今度こそしっかりトップに立ちたい。

3区藤木選手…ここからは走力の高い選手をどんどんつぎ込んでいく形になると思います。ずっと1区をしている藤木選手を、あえて違う区間へ。このオーダーならいい位置で強豪校と渡り合っているはず。その流れの中でどんな走りになるか、いい経験になるはず。あわよくばスパートでトップキープ

4区中西唯選手…お兄さんの方の中西選手も全日本でついに走るのではないでしょうか。5000mも10000mもどんどん記録更新して調子が上がっています。まだ混戦模様の中と思いますが、他校の主力選手と思い切って戦いきれば。

5区青木選手…力的には3区か4区なのですが、あえてこの区間。途中少し下りあって平坦が続くので、青木選手が得意とする箱根3区のコースに近いのですよね。秋になって調子も上がってくるでしょうから、ここで一つ流れを作り替えることが出来れば。

6区藤村選手…國學院大は3年生の世代が中々苦戦しているのですが、ここにきて伸びる気配がある藤村選手を抜擢したい。ハーフで64分台のタイムがありますが、トラックも伸びてきました。一つ上の学年の茂原選手がデビューし、そこからレギュラー定着しています。生稲軸いい駅伝デビューになればと。

7区土方選手…さて、浦野選手を前半に起用した場合は、土方選手は7区。ここを攻め区間にします。前回は初シード権獲得時は、7区土方選手の好走が決め手になりました。

 今回の4強でとびぬけたエース選手を、終盤2区間にとれることはあまりいないのではと思っています。是非ともここで、優勝はともかく、表彰台に向けて大きく前進させる走りとなればと思います。

8区茂原選手…残った最長区間には4年生茂原選手が最適かなと思ってます。前年の6区でデビューして以降、確実に自分の力を出し切っているのですよね。特に箱根4区、出雲5区と中々前の選手が近づいてこない中でも、うまく走り切っています。堅実にゴールまで走れるのではと。

 ちなみに、1万m28分台を持っている島崎選手が、もしかなり状態が上がっていて、4区あたりに入れるというのなら、思い切って7区土方8区浦野選手にして、総合優勝を狙ってもいいのかもしれません。中西大-藤木-青木-島崎-中西唯-茂原-土方-浦野が個人的に思う理想です。

全日本大学駅伝2019:國學院大學・戦力分析まとめ

・浦野&土方選手を両方終盤か、片方前半にするかで戦法が大きく変わる
・個人的には、島崎選手がいけるなら、両選手とも終盤区間
・出雲からの追加選手は、中西唯、藤村or島﨑選手の予想

 区間が増えると4強チームは基本的に有利になってきます。エース選手は國學院大も負けませんが、選手層という面も含めて”4強”と言われています。その中でどう戦っていくか。

 7区8区終盤区間に土方・浦野選手を残して、他校にプレッシャーをかけ、それまでの選手に希望を持たせる戦略もあり、浦野選手を前半区間に起用し、優位にレースを進めていくのもあり。

 個人的には終盤区間2人にするなら、スピードがある島﨑選手が復活していれば面白いかもと思っています。

 出雲駅伝優勝で周囲が浮足立つと思いますが、その中でいかに自分たちの走りを貫くか、力はついているのは確かなので、出雲同様精いっぱい4強に食らいつきたい。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. かず より:

    ダブルエースを残すなら僕なら7区浦野、8区土方にします。
    出雲アンカーからの全日本8区の流れは多いのでそうするかなあと思います。
    タイム的には出雲の感じからいくと57分30秒くらいまでなら可能なはず。
    この二人残すなら6区終了時点で2分半負けてもなんとかなるでしょう。
    浦野4区土方8区の昔留学生2人いたころよくやってた配置もありですね。