スポンサーリンク

2019.9.28結果速報【第6回順天堂大学競技会・第41回法政大学競技会・第5回筑波大記録突破競技会】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

※9/30追記:結果にコメントを記載しました。

世界陸上真っただ中ですが、箱根駅伝&大学駅伝ファンとしては、見逃せない記録会が多いですね。

2019年9月28日(土)はいくつか記録会が行われます。
ここでは

・第6回順天堂大学競技会
・第41回法政大学競技会
・第5回筑波大記録突破競技会

の結果と駅伝ファンならではのコメント記事を記載します。

スポンサーリンク

【結果】2019.9.28第6回順天堂大学競技会

順天堂大学競技会【公式ページ】
2019年度第6回順天堂大学競技会【競技日程】
2019年度第6回順天堂大学競技会【エントリー】

【競技日程(長距離抜粋)】
11時15分女子3000m2組
11時45分男子3000m2組

14時30分女子1500m1組2組
14時45分男子1500m1組~3組

15時10分男子3000mSC1組2組
15時40分男子5000m1組

16時00分男子10000m1組
16時40分男子5000m1組~7組

スポンサーリンク

TOP・実業団・市民ランナー結果

【全結果】第6回順天堂大学競技会

一般
5000m
7組
OPチャールズ ロキア13分56秒06 ケニア
田中佳祐14分06秒68 富士通
佐藤佑輔14分20秒48 富士通
久我和弥14分26秒23 富士通
石井秀昂14分27秒07 富士通
大森 澪14分57秒33 富士通

ケニアのロキア選手がレースメイクしていたようですね。実業団勢は富士通の選手が多く出場。スピードのある田中選手が5千m良かったです。佐藤選手以下は、少しずつ仕上がってくるでしょうか。

高校生
5000m
6組
小野隆一朗14分23秒97 北海道栄
7組
馬場園玲生14分08秒37 藤沢翔陵
佐藤真優14分11秒22 東洋大牛久
伊東卓駿14分27秒75 藤沢翔陵

 高校生も参加、結構記録が出ましたね。馬場園選手の14分08秒、佐藤選手の14分11秒とそれぞれ収穫がありました。これから駅伝モードに入っていきますね。

大学生結果(順天堂大学のみ)

5000m
5組
出口航輝②14分48秒56
真砂春希③14分49秒66
宮田諄一③14分49秒93
6組
鈴木尚輝②14分27秒24★
野田一輝④14分27秒94
内山将志③14分28秒58
鈴木雄人④14分29秒44
近藤亮太②14分29秒58
榎本大倭②14分31秒08
北村友也③14分33秒41
人見隆之②14分34秒97
津田将希②14分36秒23
多久和能広③14分39秒65
四釜峻佑①14分50秒69
森 優太④14分57秒64
森下舜也③15分02秒91

少しずつ伸びてきている2年生の鈴木選手が自己ベスト。長い距離でも見てみたい。3年内山、4年鈴木選手も味が出てきそう。唯一主力で出場した野田選手もまずまずまとめてきました。じっくり仕上げてきそうかな?

7組
野口雄大③13分48秒83★
藤曲寛人④13分56秒31★
小島優作②13分57秒15★
橋本龍一④14分01秒83
野村優作①14分07秒84★
澤藤 響③14分09秒84★
伊豫田達弥①14分13秒88
矢野直幹③14分14秒69★
原田宗広③14分15秒03★
難波皓平④14分18秒45
小畠隆太郎④14分20秒83★
西澤侑真①14分24秒58★
荒木勇人①14分57秒77
清水颯大③15分11秒39

 主力選手が出場した7組は非常に面白い結果になりましたね。夏前に”13分台未遂”だった野口選手が、一気に大台となる13分40秒台をマーク!やはりスピードは抜群ですね。これなら出雲・全日本大学駅伝は主要区間でもおかしくないでしょう。伊豫田選手も収穫です。

 主力ではエース藤曲選手が総合力の充実と言える13分台。出雲から対応できそう。橋本・澤藤選手も順調にきています。難波選手もまずまず、清水選手だけが不調ですが、6人の頭数は揃っています。さて出雲駅伝2019の関東地区の出場校はどこのチームも面白いかも?

 さらに新戦力として2年小島選手が13分台、1年野村選手が台頭し14分一けたの自己ベスト!これなら出雲駅伝で4区5区あたりで起用する流れになるかもしれません。

【結果】2019.9.28第41回法政大学競技会

こちらに載っています
http://www.iuau.jp/jigyo/2019/3jigyo.html

トップ・箱根駅伝2020シード校結果

一般
5000m
大久保誠吾14分33秒79

東洋大学
10000m
3組
柏 優吾①30分05秒77★
安川元気①30分30秒36
及川瑠音①30分39秒37
清野太雅①30分46秒12
柏木滉平①30分58秒20
松田優人①31分15秒78
長尾大輝①31分19秒09
前島一穂①31分33秒98
小倉知也③31分42秒83
土壁和希④31分49秒54
中野創也④31分54秒43
田中智也①32分10秒11
4組
宮下隼人②29分20秒74★
前田義弘①30分07秒26
古川 隼①30分11秒78★
杉村宗哉③30分44秒76
荒生実慧①31分01秒79

3組4組に1年生やレギュラーを狙う選手が大量出場!これは驚きましたね。東洋大はある程度力を付けていないとあまり走らせないイメージでした。ひとまずの現状確認の意味合いもあるでしょうか?

 3組は柏選手が一人大きく抜けた成績。ここまではあまり名前を聞いていない選手でしたがいいアピールです。4組はそれより上のレベルの選手。関東インカレ1部ハーフ2位でびっくりした宮下選手は1分半ベストを更新。トラックのスピードも少しずつついてきているかな?

 また一部の1年生も出場。関東インカレも頑張った前田選手に、古川選手が食いつきました。秋になってさらに伸びてくるかもしれませんね。

帝京大学
5000m
7組
元永好多朗①14分30秒17★
大花将太①14分38秒87★
安田優登①14分43秒75
吉岡尚紀①14分46秒94
渡辺悠斗③14分48秒48

 帝京大はルーキーが5000mに出場。元永選手らしっかり走れたのではないでしょうか。夏の成果が早くも出ています。

法政大学
5000m
1組
糟谷勇輝③14分55秒03
守角 隼②14分55秒28
松永裕希①15分00秒19
2組
長澤圭馬③14分29秒21★
扇  育①14分35秒93
久納 碧②14分40秒48
松本康汰①14分40秒52
河野祥哉②14分42秒37
須藤拓海③14分47秒86
土屋勇樹④14分50秒38
徳永裕樹①14分51秒73
中光 捷②14分51秒80
森 隼也④15分05秒09
児玉天晴③15分07秒26

10000m
1組
齊木淳人②31分49秒40
2組
川上有生①30分34秒42
奥山智広③30分50秒67
鈴木 快③30分54秒79
遠藤和之③31分34秒49
4組
鎌田航生②28分53秒97★
青木涼真④28分59秒52★
河田太一平①29分06秒76★
清家 陸②29分34秒09★
田辺佑典③29分41秒72★
佐々木虎一朗④29分52秒86
中園慎太郎①29分56秒96★
増田蒼馬④30分04秒73
人見昂誠②30分19秒99★

 5000mは基本的に2軍選手の出場。1組糟谷・守角選手が出走していました。彼らは夏うまく過ごせなかったかも?焦らずに11月以降をみていきたい。2組は長澤選手がベスト。扇・久納選手もひとまず走れているようです。

 4組に出場した主力選手に大収穫。鎌田選手が何度もレースを引っ張ったうえで全体トップとなる28分53秒!これは相当強くなっているかもしれませんね。青木選手もしっかり28分台。3障もやりながらなので、中々本気で記録を出す機会が少ないですが、13分台&28分台のランナーになりました。

 そして新戦力候補が出てきましたね。韮山高時代に話題になった河田選手がなんと29分06秒!ここまで走れるのなら出雲駅伝でも器用の方向になってきそう。また2年清家、3年田辺選手も自己ベスト。秋の大きな収穫です。4年佐々木・増田選手は焦らず全日本駅伝に向けて上がってくれば。

箱根駅伝予選会2019出場校

早稲田大学
10000m
1組
河合陽平②31分20秒52
3組
遠藤宏夢④30分30秒36
鈴木創士①30分54秒30
小指卓也①30分55秒34

 早大は一部の選手が出ましたが、どうしましたかね…。ルーキー鈴木・小指選手が31分近くかかったのはどう見ればいいのかな?うまく仕上げてほしいです。

大東文化大学
5000m
小林裕輝①14分48秒55
土井壮一郎③14分51秒73
塩田祥梧①14分54秒25
木山 凌①14分59秒54

10000m
3組
蟹江翔太①30分04秒40★
稻留涼斗③30分35秒46
土本剣太郎③30分53秒51★
北川慎一郎②30分59秒44
4組
奈良凌介④29分19秒90
片根洋平②29分23秒60
豊田紘大④29分35秒35★
吉井龍太郎③29分42秒36★
倉田 蓮①29分43秒52★
川澄克弥④30分17秒56
井田 春①30分48秒85★
金田龍心①31分01秒03
佐藤弘規④31分01秒47

 大東大が2週続けて出場。今度は1万mですね。箱根予選で中堅・10番手付近になるだろう選手の中では、片根選手がまずまず。じっくり力を付けてきた豊田・吉井選手が何とか戦力になりそうでしょうか。

 あとはルーキー倉田・蟹江選手もまずまずでしょうか。10番手前後はここからもうちょっとあがってほしいところです。

亜細亜大学
10000m
1組
高橋幸嗣①31分38秒86★
深澤空良③31分39秒22
中川侑斗③31分57秒62
3組
大城義己③30分03秒49★
竹井祐貴②30分04秒77★
山元創太②30分27秒60★
一瀬達也②30分29秒71★
立石拓海④30分34秒33
古川大翔①30分47秒27★
千田悠人③30分48秒25★
兼次祐希③30分49秒38
倉淵大輔②31分24秒17
小室俊貴④31分24秒67
森木優摩③31分45秒77
西澤広太④32分55秒15
4組
上土井雅大④29分32秒30
田崎聖良④30分33秒43

 亜大もまずまず仕上げてきましたかね。主力組では上土井・竹井・立石選手がまずまず走れていますかね。田崎・兼次選手がもう少し上がってくればというところ。

 そして新戦力候補がずらりですね。大城選手が一気にあげてきて30分03秒、山元・一瀬選手も30分20秒台で2年生の選手層がじわりと厚くなりました。ルーキーでは古川選手も箱根予選メンバー候補に。なんだかんだ仕上げてきているのかなと印象づきました。

創価大学
10000m
2組
米満 怜④29分16秒70
ムソニ ムイル④29分16秒97
嶋津雄大②29分22秒99★
石津佳晃③29分36秒90★
葛西 潤①29分45秒15★
福田悠一③29分46秒24★
フィリップ ムルワ①29分50秒96
鈴木ニムラ④29分51秒29
上田結也④29分57秒47
横山魁哉①30分15秒67★
永井大育②30分15秒79★
大澤智樹③30分17秒36★
麻生 樹②30分33秒49★
中武泰希②30分36秒28★
鈴木大海③30分54秒49
三上雄太②30分55秒40
甲斐治輝①30分59秒81
新家裕太郎①31分18秒92
桜木啓仁③31分27秒37
村田海晟①31分32秒81
西村拓海②31分47秒06
築舘陽介④31分50秒07
中村智哉①32分07秒91
松田爽汰①32分21秒02

 創価大は大きな収穫がありましたね。ムイル・米満選手は順調にワンツー。彼らの箱根駅伝が1度になるとは思いたい区内。これに嶋津・石津・葛西・福田選手が29分後半で続きましたね。4年上田選手もまずまず。

横山・永井選手らもぐっと上向きの30分15秒と戦力になれそうかな?3年鈴木、4年築館選手の成績がやや心配ですが、集団の中で引っ張る役割とかあったのであればいいでしょうかね。

武蔵野学院大学
5000m
宮崎 翔①14分54秒41★

10000m
1組
タイタス ワンブア④30分16秒82
原田宗市②30分17秒16
下田季矢③30分23秒77
木下雄斗③30分27秒09
木村純一郎③30分37秒80★
竹内嵩人③30分46秒43
黒澤 明30分49秒62★
田村剣心③30分56秒86
武田裕督③30分57秒51★
友村俊介②31分00秒50
佐藤 颯③31分02秒43★
森 竜也④31分11秒94
辻野大輝①31分33秒49
佐藤茂哉③31分36秒80★
2組
船田圭吾②29分58秒38

 全日本予選に初出場した武蔵野学院大もまとめてきましたね。1組はワンブア選手がペースメーカーの中、原田・下田選手がまずまず。竹内・田村・友村選手まで何とかまとめてきたか。新戦力候補として木下・木村・黒澤・武田選手。彼らも箱根予選選ばれるかも?

 2組はただ一人出場した船田選手が29分台。このあたり安定して走れているのは収穫。こちらも過去最高の成績が出せるかどうか引き続き注目です。

【結果】2019.9.28第5回筑波大記録突破競技会

2019年度筑波大学陸上競技会

第5回筑波大記録突破競技会

筑波大学結果

金丸逸樹④29分50秒21★
猿橋拓己③29分53秒99★
山下和希③30分30秒65★
小林竜也①30分32秒27★
岩佐一楽①30分33秒46★
伊藤太貴②30分33秒53★
児玉朋大③30分34秒71
相馬崇史③30分58秒43
杉山魁声②31分06秒07
田川昇太③31分10秒51★
渡辺珠生③31分11秒40
深澤 陸②31分20秒67★
川瀬宙夢⑤31分34秒66
西 研人③31分37秒53
山本尊仁②31分37秒76★
永山龍吉①31分56秒39
大土手嵩③31分58秒86

 おお、トラックが苦手だった金丸選手が、猿橋選手との一騎打ちを制して29分50秒全体トップ!しかも一番勢いがあった1年生の時の記録を3年ぶりベスト!これは最終学年楽しみ。3年猿橋選手も飛躍候補。同じ学年山下選手もついに上がり始めました。

 また2年生以下の選手に台頭が多かったですね。1年小林・岩佐選手、2年伊藤選手が30分半ばにまとめたのはチームに大きな刺激になりそうです。

 半面、相馬・西・杉山・川瀬選手ら主力選手がやや失速しましたが、合宿の疲労がまだ抜けていない感じなのかな?彼らがかみ合えば、ボーダーラインもかすかに見えてくるはずです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. アオ より:

    法政の青木選手はあくまでもPMだったらしく、おそらくですが「29分フラットのペースだったらいつでも走れる」と言うレベルになっているみたいですね。
    二大エースの相棒、佐藤選手が合宿以降を姿を見せていないのが気になりますが、法政の大黒柱として青木選手の存在感は余計に増しそうですね。

    • hakonankit より:

      >アオさん
      情報ありがとうございます!青木選手、鎌田選手両選手は絶好調とみていいのかもしれませんね。出雲駅伝は佐藤選手ら残念ながら一部の選手が欠場となりましたが、法大も大いに盛り上がりそうですよね。

  2. たけぽっぽ より:

    東洋大学の宮下選手は、管理人さんの仰るとおり関東インカレを含めて成長の最中だと感じています。全日本で5、6区で駅伝を経験して、他の大学ほど目立たないですが確実に計算できる選手になれれば箱根で7、9区あたりで勝負できる可能性は十分にあるかなと思います。

    最後に法政の鎌田選手と順天堂の野口選手には出雲でぜひ1区、全日本は2区で他チームのエース級と勝負した上で、箱根1区に登場を期待したいです。両チームとも1区を確立させたい(今回はシード校については1区候補が揃っている?)ことを考えると、この2人はチームにとってもポイントになると捉えています。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      宮下選手は秋シーズンもますます楽しみになってきそうですね。出雲駅伝出走するかどうかはわかりませんが、前哨戦どこかでは起用しそうですね。

      法大鎌田、順大野口選手は、出雲駅伝一つ注目ですね。箱根駅伝も野口選手は1区かなぁと思っています。それぞれ他校のエースとどこまでやれるか!?