スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~大東文化大学

 
 
 
16箱根18位、16予選1位、16全日本15位、17箱根13位
 
 
 
 
スポンサーリンク

大東文化大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて

スポンサーリンク

2016年度主な卒業生

北村一摩28分58秒81≪16:予113位、箱10区19位、15:全2区17位、出1区14位、箱7区17位、14:全3区10位、13:全5区13位、予160位≫⇒DeNA・RC
下尾一真29分25秒23≪17:箱3区6位、16:全3区8位、予20位、箱3区15位、15:全3区16位≫
鈴木太基29分33秒54≪17;箱7区9位、16:全7区4位、予56位≫⇒ラフィネ
鴇沢駿介29分44秒70≪17:箱6区6位、16:予61位、箱6区8位、15:全5区9位≫⇒埼玉医科大学病院
中野 光29分58秒61≪15:全6区18位、出5区13位≫
石橋優哉29分28秒86
ひらまつ病院
 この世代で下級生の頃から目立っていたのは北村選手なんですよね。1年生の頃から全日本予選・箱根予選に出走、駅伝も走っています。駅伝は1年時の全日本がデビュー、箱根も2年時に7区で出走しシード権獲得のメンバーに。共に区間二桁でしたが、上級生での成長曲線が期待されました。3年生になりトラックの持ちタイムがチームトップレベルになり、いざ主要区間に臨みますが跳ね返されます。どうしてもロード、特に長い距離がうまくいきませんでした。
 
 最終学年では選手層が厚くなり残念ながら駅伝メンバーには入れませんでした。ただ、得意のトラックでは1万28分台とチームトップの記録をマーク、スピードでチームを引っ張り続けました。
 
 後の選手は3年生になってから一気に伸びてきましたね。先にデビューしたのは3障で頑張っていた中野選手。出雲と全日本の両駅伝に出走しています。結果は残せず、残念ながら大学駅伝はこれが最後になりましたが、3障はやりました。4年時の関東ICで8分50秒の好タイムで3位表彰台へ。得意分野で花開きました。
 
 3年時全日本で同時デビューとなったのは下尾・鴇沢選手。この時は1区が大きく出遅れた中のレースでしたが、鴇沢選手の好走が光りました。鴇沢選手は合計3回駅伝を走りますが全て区間一桁でチームに貢献、残りの2回は箱根の山下りの6区、特に最終学年は59分台を出すなど粘りを見せました。後半のペースアップは計算だったのでしょう。下尾選手は主力に上がるのでしょね。箱根3区で粘走を見せると、箱根予選で20位とチーム2番手に。全日本3区で前回より7つ区間順位をあげると、最後の箱根も2年連続3区で前回より9つ順位を上げる区間6位、大東大を一時シード権内に引き上げる力走を見せました。実業団に行かないのが惜しまれます。
 
 鈴木選手は4年生になって開花しましたね。それまではもう少しというところでメンバーを逃していましたが、全日本予選でチャンスをつかむと1組8位の好走、これでひとかわむけました。箱根予選のトップ通過のメンバーになると全日本で駅伝デビュー、7区4位の快心の走り、箱根も7区で区間一桁と粘りを見せました。その他、石橋選手が最終学年に伸びてきて1万29分28秒、箱根の16人のエントリーメンバーにも入り、チームを盛り立てました。
 
 

2017年度新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】

前田将太④28分59秒86≪17:箱1区12位、15:出2区11位≫
原 法利④29分08秒16≪17:箱2区12位、16:全1区18位、予9位、箱9区10位、15:全1区27位、出3区9位、箱4区16位≫
齋藤 諒③29分09秒92≪16:予126位≫
川澄克弥②29分11秒21≪17:箱4区17位、16:全4区20位、予39位≫
奈良凌介②29分12秒01≪17:箱5区19位、16:全2区16位、予73位≫
谷川貴俊③29分20秒09≪17:箱9区6位、16:全8区11位、予32位≫
山本翔馬④29分29秒72≪17:箱10区16位、16:全6区14位、予55位、15:全8区17位≫
新井康平③29分33秒40≪16:全5区20位、予68位、箱1区19位≫
林 日高④29分36秒58≪17:箱8区8位、16:予70位、箱5区19位≫
中神文弘③29分40秒89≪16:箱4区19位≫
在校生1万上位10人平均10位29分20秒1

【その他、有力在校生】
渡辺拓巳③29分52秒68
牧田侑大④29分52秒89

大久保陸人③30分00秒09
奈須智晃③30分12秒05

須田博己④30分21秒58
山崎 光③30分34秒86

立石 悠③30分46秒07
 
【新入生】
藤岡謙蔵①14分39秒69
稻留涼斗①14分39秒95
≪16:高6区7位≫
吉井龍太郎①14分53秒44
松尾晃汰①14分57秒86
三ツ星 翔①14分58秒25

新入生5千上位5人平均28位14分49秒8
 
【今から考える箱根駅伝オーダー予想】
前田-原-川澄-谷川-奈良  斎藤-新井-中神-林-山本
 箱根は惜しいところでシード権を逃しましたが、メンバー自体はまだまだ多く残っているのですよね。1区2区で他校と戦った前田・原選手と長い距離でメキメキ力を付けてきている谷川選手がまずは主力、この3選手はしっかり戦えそうですよね。原選手はすでに20㎞59分台で走る力ありますし、谷川選手は安定、スピードランナーのイメージの前田選手も箱根でやりましたよね。また、記録が出やすかったとはいえ上尾で62分台、箱根も頑張った林選手も次年度さらに力強く走りそうだ。
 
 成長を期待したいのが、川澄・奈良の新2年生のコンビ。2人とも持ちタイムは主力選手とそん色はないのですが、駅伝で全日本・箱根どちらも結果を残せませんでした。彼らが逞しくなる事は大東大の復活シード権にはとても大事だ。他にも、1年時の箱根を走り、箱根予選も戦力になったがその後に調子を落とした新井選手、スピード魅力だがまだ駅伝未出場の斎藤選手、3度の駅伝全て区間二桁の山本選手、彼らがステップアップできるかどうかも戦力アップに不可欠だ。
 
 新入生の勧誘は今年はかなり苦戦してしまった。ただ、大東大は卒業生を見ても分かる通り、毎年確実にレベルアップしていく風土ができているので、いずれ戦力になる選手が何人か出てくるはず。チーム全体をみても、少し選手層が薄い感じですが、次年度の戦力アップ、新たな選手の台頭はあるはず。現時点では、全日本と箱根の予選通過は充分可能性は高いですが、更に上のステージを目指していきたい。