スポンサーリンク

2017.2.5-12の結果【浜名湖一周駅伝・かながわ駅伝・唐津10マイル・印西ハーフなど】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

最近の大会の結果です
 
 
スポンサーリンク
 

2017.2.5 第41回中日浜名湖一周駅伝競走大会

(http://www.geocities.jp/cr2nag/seibu/170205-1.htm)

1区(9.2㎞)
1位竹下 凱(帝京2)27分22秒
2位鈴木 忠(スズキ浜松AC)27分29秒
3位小澤洸太(トーエネック)27分30秒
4位佐藤諒太(帝京A3)27分30秒 5位廻谷 賢(日体B1)27分32秒
6位中川翔太(日体A1)27分33秒 8位松井駿佑(愛工大)28分10秒 9位清水鐘平(山学2)28分16秒
2区(12.4㎞)
1位濱川 駿(帝京2)37分07秒
2位キザエ マイケル(スズキ浜松AC)37分33秒
3位室伏穂高(日体A2)37分45秒
5位井田湧希(帝京A3)37分51秒 6位小縣佑哉(日体B1)37分53秒
7位宮地大輔(山学1)38分24秒 9位植松達也(愛工大)38分57秒
3区(9.2㎞)
1位中村泰之(スズキ浜松AC)27分17秒
2位須崎大輝(トーエネック)27分19秒
3位平田幸四郎(帝京A1)27分53秒
4位三原卓巳(日体A2)28分01秒 5位幸崎一聖(帝京2)28分11秒
6位白永智彦(日体B1)28分43秒 8位太田裕也(山学)29分21秒 8位平野恵大(皇學館A)29分21秒
4区(9.7㎞)
1位横山 諒(スズキ浜松AC)29分41秒
2位森田諒太(日体A1)29分56秒
3位吉田尭紀(帝京1)30分01秒
5位島貫温太(帝京1)30分04秒 7位好 貴久(日体B1)31分02秒
8位阿久津良太(山学2)31分12秒 9位山下大地(皇學館A)31分54秒
5区(11.0㎞)
1位岩佐壱誠(帝京1)32分56秒
2位高田翔二(スズキ浜松AC)33分00秒
3位湯田晟旭(トーエネック)33分45秒
4位志賀康太(日体A2)33分48秒 6位田村岳士(帝京A1)34分27秒
7位関川大悟(山学1)34分55秒 10位武藤光治(札幌学院)36分25秒
総合記録
1位スズキ浜松AC2:35:00
2位帝京大2:35:40
3位トーエネック2:36:22
4位日本体育大A2:37:03
5位帝京大2:37:42
6位日本体育大B2:40:21
 総合優勝はスズキ浜松ACがさすがに実業団の意地を見せましたね。鈴木忠選手の復調や横山選手の台頭がありました。学生は帝京大が大健闘、竹下・濱川選手と往路メンバーを並べた1区2区とトップを突っ走りました。アンカーの岩佐選手も良かったですね。他、日体大の廻谷・森田選手らの健闘がありました。
 
 

2017.2.5 第67回大澤駅伝競走大会

1区(10㎞)
1位荒井七海(東海4)30分06秒 アキバプロジェクト
2位橋本 澪(東洋4)30分09秒 関東クラブ連合
3位才記壮人(筑波4)30分41秒
2区(3㎞)
1位山崎和麻(日大4)9分17秒 アキバプロジェクト
3区(8.1075㎞)
1位上村純也(山学4)24分37秒 アキバプロジェクト
5位勝谷徳仁(筑波4)25分14秒
4区(8.0875㎞)
1位石川颯真(日大4)23分58秒 アキバプロジェクト
6区(5.0㎞)
1位大野雄揮(S.C.R)15分07秒
10位桐原翔太(東海4)16分21秒 アキバプロジェクト
7区(5.0㎞)
1位滋野聖也(道都2)14分26秒 アキバプロジェクト
アキバプロジェクトで多くの4年生の出走があったようですね。石川選手はさすがですが、荒井・上村選手も良かったですね。

 
 

29.2.5 第84回 埼玉県駅伝競走大会

(http://sairiku.net/xoops/newinfo/kekka/2017/H290205r.pdf)

1位日本薬科大、2位武蔵野学院大A、3位城西大(中舎優也③選手出走!)
 日本薬科大が優勝を飾りました。箱根初出場へ向け、勢いが増せば。常連校では城西大の中舎選手が1年近くぶりにレースに出場、記録はまだ思わしくありませんでしたが、これから一歩ずつあがってこれれば。

2017.2.11? Husky Classic 3000m

1位Abdi Hassan8分00秒84
6位關 颯人(東海1)8分04秒65
9位阪口竜平(東海1)8分08秒07

 東海大の1年生の一部の選手が遠征、しかもこの時期に短い距離、とても珍しいことですね。このあたりは両角監督らしい強化の仕方かも。それにしても1500mが専門の阪口選手に、關選手が3千でも勝てるとは、凄いです。
 

2017.2.12 第70回市町村対抗「かながわ駅伝」

(http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/864010.pdf)

2区(9.7㎞)
1位小町昌矢(日体3)27分47秒
2位池田紀保(プレス工業)28分21秒
3位越川堅太(神大1)28分24秒
4位滋野聖也(道都2)28分40秒 5位石井秀昴(国士4)28分41秒
6位長谷川淳(専修大監督)28分44秒 7位川口賢人(日大3)29分03秒
8位福島研二(松蔭3)29分19秒 11位小坂太我(日大1)29分41秒
3区(8.2㎞)
1位三田眞司(国士3)25分30秒
6位安藤龍馬(防衛4)26分29秒 7位越智文弥(駿河4)26分41秒
5区(7.2㎞)
1位宮尾佳輔(専大3)22分05秒
3位星川賢二郎(国士3)22分50秒
6区(10.7㎞)
1位大川一成(神大3)33分36秒
2位原 由幸(道都3)33分44秒
2位苅田広野(拓大3)33分44秒
4位佐藤雄基(専大2)33分50秒 6位宮坂俊輔(専修大コーチ)34分20秒
8位稲毛暉斗(國學1)34分22秒 10位五十嵐大己(拓大2)34分34秒
13位辻田拓真(国士3)34分47秒 16位二井康介(中大1)35分21秒
7区(10㎞)
1位藤江千紘(国士2)29分59秒
2位小笠原柊(東海4)30分05秒
3位鈴木康太(中大1)30分32秒
4位加藤大地(農大2)30分41秒 5位濱野優太(専大4)30分53秒
6位大西 彰(国士1)31分02秒 7位岡田慶一朗(日大2)31分13秒
9位大塚達矢(日大2)31分19秒 11位中山 将(松蔭3)31分25秒 12位佐藤大悟(神大)31分28秒

 この大会、結構箱根駅伝に縁があるランナーが出場するのですよね。小町選手が2区で貫禄の区間賞。6区では大川選手が見事区間賞、続いた苅田選手に同タイムで道都大の原選手が同着する健闘を見せました。アンカーでは国士大の藤江選手が唯一の29分台区間賞。駅伝でいいところなかったので、こういうところでも結果が出たのは良かったです。
 また、専修大関連の方も多く出走、何と監督とコーチが出走し、6区では宮坂コーチと教え子の佐藤選手が並走する場面もあったとか。他、専大は5区で宮尾選手が会心の走りを見せています。
 
 

2017.2.12 愛媛マラソン

1位川内優輝(埼玉県庁)2時間9分54秒
2位鈴木洋平(早大4)2時間14分56秒
3位中村佳樹(駒大4)2時間18分37秒

 地方のアップダウンもそれなりにあるマラソン、途中からは完全に単独走の中、川内選手が見事にサブテンを達成…。凄いですね…。粘りだけでなく、力強さも以前のように戻ってきているように思います。
 学生も健闘し、早大の4年鈴木選手がハーフまで川内選手と並走、30㎞以降足のマメが潰れてペースダウンしましたがそれでも2時間15分を切ったのはいいですね。暫くはマラソン封印、彼の場合はトラックの記録も楽しみですね。駒大で駅伝メンバーから外れていた中村選手もびっくりの好走です。
 

 

29.2.12 第1回印西スマイルマラソン

(http://www.tecnoplan.co.jp/tecnet/result/search.php?id=848)

今年から始まった大会です。今回は強風のコンディションだったようです。
○順天堂大学
小林 聖②66分19秒
新 涼太③66分23秒 續木悠也②66分38秒 鈴木雄人①66分45秒
飯野汰一③66分49秒 甲斐大貴④66分53秒 福嶋優人③66分57秒

山田 航②67分20秒 森 優太①67分26秒 小林哲平①67分27秒

遠藤太貴③67分28秒 髙林遼哉①67分56秒 吉岡幸輝②68分00秒
香月翔太①68分08秒 金原弘直②68分09秒 花澤賢人③73分23秒
 今回は若手や主力入りを狙う選手が出走、小林選手が奮闘しましたね。金原・花澤選手はまた春に元気な姿をみたいところ。
 
○法政大学
1位矢嶋謙悟②65分07秒
3位鈴木亮平②65分10秒 狩野琢己②65分33秒 増田将也③65分34秒
増田蒼馬①65分46秒 松澤拓弥①65分56秒 坪井 慧①66分08秒
福田兼士②66分24秒 大畑和真②67分43秒
 法政大が65分台複数でましたね。箱根で当日変更になった矢嶋選手が優勝、秋に急浮上した鈴木・狩野選手もまずまず。強風でこれくらい出せるのなら、やっぱり法政大勢い付いていますね!

○山梨学院大学
比夫見将吾③67分16秒
 
○日本大学
金子智哉①65分48秒 沢登 豊②66分03秒 新関涼介③66分38秒
野田克哉②67分05秒 成田悠汰①67分37秒 石井健登③68分47秒 豊田昴暉③69分01秒
 日大の金子選手が大健闘と言えるタイムを出しましたね。持ちタイムが近い1年生が他にもいますが、まずはこれくらい安定して出せるようになっていきたい。

○専修大学
2位岩田拓海③65分10秒
伊藤健太③65分24秒 近藤 勇③68分13秒
 来季、主力の一人となる岩田選手がいい順位で入りましたね。伊藤選手もぐっと伸びたと思います。
 

 

2017.2.12 唐津10マイルロードレース

(https://runnet.jp/record/userRaceTopShowAction.do?raceId=137633)

1位鬼塚翔太(東海1)46分36秒
2位東 遊馬(九電工)46分39秒
3位山下 洸(NTN)46分43秒
————————
4位松尾淳之介(東海1)46分44秒
7位館澤亨次(東海1)47分04秒
11位平 和真(早大4)47分27秒
12位高田凜太郎(東海1)47分34秒
17位堀尾謙介(中大2)47分42秒
19位高園真徳(東海2)47分48秒
20位廻谷 賢(日体1)47分55秒
安井雄一(早大3)48分02秒 小松陽平(東海1)48分14秒

小縣佑哉(日体1)49分07秒 中川翔太(日体1)49分13秒 伊東航己(東海1)49分16秒
荒井七海(東海4)49分31秒 森田諒太(日体1)49分32秒 井上広之(山学1)49分32秒
川戸拓海(駒大3)49分32秒
 実業団ランナーが結構出場している中、東海大の1年生鬼塚選手が制しました。持ち前の爆発力を活きるようになってきていますね!今の東海の1年生の中では一番順調かも?東海大は他にも多く出場、松尾選手も力のあるところを見せましたし、舘澤選手も長い距離に対応しつつあり、高田選手も頑張りました。新戦力として高園選手にも注目か。
 他の大学では箱根以来となった平選手がまずまずか。堀尾選手も長い距離で少しずつ伸びるようになってきたように思います。
 

2017.2.12 富士宮駅伝

(http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/citizen/iiosmo0000002waw-att/iiosmo0000002wg0.pdf)

東農大が学年別でチームを組んでました。
なお、正式結果は1年生のチームのみのようです

1区(5.4㎞・上り101m)
1位板垣辰矢(三島走友会)17分14秒
鈴木開登②17分14秒
3位高田悠太①17分26秒
茂木洋晃③17分33秒
2区(4.9㎞・上り90m)
小山直城②15分34秒
高橋悠平③16分08秒
1位吉田蒼暉①16分30秒
3区(5.2㎞・上り179m)
田中健祐②18分37秒
1位高木才叶①18分38秒
山舘湧真③18分46秒
4区(6.8㎞・下り191m)
1位三須健之介(韮山高校)19分49秒
本和也③19分56秒
2位今井優作①19分59秒
永久隆史②20分09秒
5区(5.0㎞・下り78m)
高良綾太郎③14分50秒
鈴木広親②15分10秒
1位西野匠哉①15分36秒
6区(5.4㎞・下り101m)
関 樹道③15分47秒
1位川田裕也①16分11秒
安田圭吾②16分18秒
 オープンを含めると3年生・2年生・1年生の順番だったようですね。チームの主力といえる小山・高良選手はかなり突き放していてさすが、スピードランナーの関選手も良かったですね。
スポンサーリンク

フォローする