スポンサーリンク

2016.12.31までの結果【松戸市・法政大記録会、その他学内記録会】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第93回箱根駅伝直前の記録会になります。
 
 
スポンサーリンク
 
 

2016.12.末第180回松戸市陸上競技記録会

○順天堂大学
藤曲寛人①30分06秒47★
鈴木雄人①30分45秒74 福嶋優人③30分48秒33 宮川慎太郎④30分48秒60 小畠隆太郎①31分03秒08
 藤曲選手が頑張りましたね。順大の今年の1年は1万でもまずまず結果を出してますね!
○中央学院大学
5千
國澤昇平③14分42秒32 川村悠登①14分44秒19
1万
光武 洋②29分49秒20★
城田 航①30分09秒31★ 伊藤 翼④30分20秒69 藤井雄大①30分21秒58
石原圭祐①30分26秒14 須永康幸①30分40秒97 石井 海②30分44秒82 中川 賢②30分51秒06
 1年時にブレイクしかかった光武選手がここにきて復活!来年が楽しみになります。
 
○中央大学
苗村隆広②14分55秒59
 主力候補の苗村選手の復帰レース。これから追いついていきたい。
○専修大学
宮尾佳輔③14分26秒83
 来季の主力!風で自己ベストは阻まれたものの、全体のトップです!
○亜細亜大学
米井翔也②29分55秒47★
古川 舜②30分02秒40★ 上土井雅大①30分07秒02★ 武 雄介②30分24秒97
小室俊貴①31分07秒39★ 梅本龍太②31分27秒47
 春に勢いがあった米井選手が復調してきましたね。また下級生では古川・上土井選手が1万の距離まで対応してきました。2人とも来季飛躍してほしい選手なので良かったです。なお、これで全日本予選出場権獲得に向けて一歩前進しました。20番目ですが平均29分55秒まで上がりました。
 
○関東学院大学
安西佑騎③30分37秒65
 下級生の時に1万30分20秒台を出したことがある安西選手が復調してきています。
 
○流通経済大学
5千
福留大樹③14分47秒03
1万
稲富智希③30分46秒65
龍田優斗②31分13秒29★ 出田優斗③31分13秒57 三輪雄大①31分19秒75★ 小原佑介①31分22秒58
 前回の順大記録会で素晴らしい走りを見せた流経大ですが、今回はちょっと疲れたでしょうか?ただ、稲富・龍田選手が踏ん張りました。
○麗澤大学
藤村 穣③30分19秒91★
大道聖斗③30分52秒44 宮田 僚①31分05秒78 青木章悟④31分17秒23
 来季最上級生で引っ張ってほしかった藤村選手が自己ベスト。あとは青木選手がラストラン、お疲れ様でした。
○筑波大学
5千
小林航央②14分33秒63
1万
森田佳祐③29分44秒14
河野 誉③30分05秒15 武田勇美③30分05秒21★ 吉成祐人(M1)30分08秒22
村上 諄②30分09秒66★ 藤田黎士①30分44秒49★ 池田 親①30分59秒76
川瀬宙夢②31分08秒58★ 齋藤零司①31分28秒43★
 5千14分10秒台の記録を持つで小林選手が復活!来年の1万を走るでしょうから、全日本予選出場に向けて戦力になるはず。その1万は強風の中、記録ラッシュでしたね。エース森田選手は自己ベストなりませんでしたが、全体のトップ!河野・吉成選手は今季ベスト、更にたたき上げの武田・村上選手も30分一桁!武田選手は入学時5千15分50秒台の選手なので凄いです!なお、30分00秒平均になり予選出場ラインにはあと5秒、亜細亜大を追いかけます。
 
○関東その他
1万
加世田雅之(立大2)30分41秒96★
中村亮介(立大1)30分49秒04★
大木康生(慶大3)31分24秒46★
篠崎拓弥(東情2)31分27秒40
 立教大の若手が素晴らしかったですね。加世田・中村選手が次年度引っ張っていくのでしょうね。
○その他
平野恵大(皇学館大)31分05秒71
 皇学館大が積極的に1万に出場していますね。
 

2016.12.24 第20回法政大学競技会

(http://skarube.blog46.fc2.com/blog-entry-833.html)

○帝京大学
5千
小林 誠②14分44秒19 田村丈哉①14分45秒12
1万
幸崎一聖②30分02秒47★
吉田尭紀①30分17秒29★ 井田湧希③30分19秒55 砂賀正輝②30分29秒27
小林万修①30分48秒27★ 大塚瑞季②30分52秒97★

 幸崎選手が頑張りましたね。選手層を厚くしてほしい。
 
 
○創価大学
玉利健志③14分24秒47★
秋山優樹②14分36秒13★
石嵜雅也②14分41秒05
坂野和久②14分41秒98
 玉利選手がチームトップ10に入る記録、秋山選手も頑張りましたね。この時期、結構箱根メンバーに入っていない選手が好記録を出しますね。創価大もいい調子です。
 
○法政大学
5千
木村優志④14分22秒37 篠村政寛④14分48秒19
1万
磯田和也③29分39秒59★
増田蒼馬①29分42秒88★ 佐々木虎一朗①29分47秒93★ 大畑和真②29分49秒05★
狩野琢己②29分55秒13 松澤拓弥①29分59秒42★ 加藤巧記③30分09秒27★
岡田 悠④30分12秒74★ 福田兼士②30分14秒81★
 5千に4年生が出場。14分22秒は自己ベストには届かなかったですが、有終の美を飾れたのではないでしょうか。また、1万にはあと少しでエントリーを逃したと思われる選手たちが出場。磯田選手が29分39秒といい記録を出しました。むしろ外れたのがびっくりな選手です。他には1年生の増田・佐々木・松澤選手が29分台、更に4年生の岡田選手もいい記録!法政波に乗っていますね!
 
○國學院大學
5千
芹澤昭紀②14分39秒30
1万
小中駿祐②29分43秒47★ 青木祐人①29分46秒10★ 稲毛暉斗①29分46秒74★ 河野敢太③30分07秒78
 1万に注目ルーキーの青木選手が出場。全日本出走しながら、箱根エントリー外れたので心配していましたが、今回自己ベストの29分台でほっとしました。来季、飛躍したいですね。
○国士舘大学
5千
星野全輝②14分42秒77★
1万
谷村亮太③30分03秒43★
大野 力②30分24秒67 佐藤弥憂②30分30秒62 岩崎俊希③30分54秒30
鼡田章宏①30分55秒13 大西 彰①30分58秒08
 エントリー外れた中から、谷村選手が奮闘しましたね。また、5千星野選手は長い怪我からの復帰レースで自己ベストだったそうで、今後の経過を見守っていきたいですね。
 
スポンサーリンク
 

2016.12.24 第17回 日本体育大学女子長距離競技会

女子なのですが、2組だけ男子も行われているのですよね。
○日本体育大学
重松尚志③14分24秒51★
山口和也①14分30秒05 森崎拓海②14分30秒43 石島一真③14分31秒96
森田諒太①14分37秒78★ 酒匂郁海②14分41秒93 志賀康太②14分43秒29

 過去に箱根予選会を走った事のある重松選手が大幅自己ベストですね。もう一度レギュラーをつかみ取ることができるか。また、ハーフでまずまず走っていた山口選手らも記録出しましたね。やっぱり選手層は厚くなってます。
○松蔭大学
福島研二③14分23秒23★
長瀬順志④14分43秒60 植田一貴③14分44秒41★ 中山 将③14分52秒93 宍戸公紀②14分54秒86
 松蔭大も参加していました。福島選手が全体のトップの成績で大幅自己ベスト!秋口からの活躍は本当にすごい。エースと言える存在がでてきました!
 
 
 
 
 

2016.12.31 第4回早稲田大学長距離競技会(2016漢祭り)

 
○早稲田大学
真柄光佑①30分11秒27
西田 稜②30分19秒76 遠藤宏夢①30分50秒41 尼子風斗①30分51秒62★
河合祐哉③31分02秒82 柄本勲明④32分06秒23 川村裕幹④34分43秒94
 練習が積めていたという真柄選手がチームトップ。次年度の飛躍候補か。西田選手ももう一レベル上に行ける選手です。また4年生から2人出場。柄本選手はメンバー入りにあと一歩までいったこともあります。お疲れさまでした。
 
○中央大学
町澤大雅④29分13秒18
 
舟津彰馬①29分34秒15 竹内大地③29分41秒05 鈴木康太①30分12秒40
江連崇裕③30分19秒76 中山 顕②30分41秒59 石黒和寿①31分03秒30
茂川聖真②31分04秒97 神崎 裕②31分13秒23 蛭田雄大③31分19秒24
苗村隆広②31分40秒20 二井康介①31分54秒36
 4年生エース町沢選手がトラックでの大学生活ラストラン、まずまずの記録でまとめましたかね。これからハーフマラソンで本気でタイムを狙いにいくそうなので楽しみですね。舟津・竹内選手は29分半ばでひとまず安定感ありますかね。竹内選手はギリギリまで町沢選手の前にいた模様。他の選手は厳しいレース。監督ももっと粘ってほしかったようです。
 

2016末学内非公式記録会

 
スポンサーリンク

28.12.24 青学大記録会

橋詰太慧②2923
生方敦也①2926
小野塚隆珠④2930
山田滉介②2937
富田浩之②2946
松田岳大②2951
中根滉稀①2952
大越 望③2955
小田俊平③2956
田村健人④3001
 青学大で箱根エントリーメンバーに入らなかった選手が学内で行われる記録会を走りました。こういうのがあるとメンバーには刺激になりますし、メンバー外の選手のモチベーションも上がりますよね。2年橋詰選手・1年生方選手といった下級生が29分20秒台でワンツーというのは来年に繋がりますね。生方選手は31日に行われた学内3000mでも8分15秒台の好記録。箱根後のロードレースも楽しみですね。
 また、青学大の中では叩き上げの存在の小野塚選手が自己ベストより30秒以上早い記録、厳しいレギュラー争いの中、夢を駆け抜けた4年間でしたね!
 

28.12.31 東海大20000mTT

安藤健太④595733
小松陽平①601926
荒井七海④611570
 学内で行われた記録会で4年生の安藤選手がやりましたね。60分を切るタイムで走り切りました。これは素晴らしい記録ですね。チームも盛り上がります。また1年生の小松選手もよくやりましたね。なお、トップ10の記録は10時間14分で一概には比較できませんが箱根予選で戦えるレベル。本メンバーの10人がどこまでやるか楽しみですね。
スポンサーリンク

フォローする