スポンサーリンク

第93回箱根駅伝オーダーをワイワイ語ろう!~拓殖大学編

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
エースが躍動した全日本、予選7位から逆襲!
 
16箱根16位、16予選7位、16全日本8位
 
 
 
スポンサーリンク
 

拓殖大学~箱根駅伝2017オーダー予想

スポンサーリンク

エントリー選手独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手
ワークナー デレセ タソ②28分19秒16≪16:全2区3位、予6位、箱2区11位、15:予2位≫
6点:エース区間、山をしっかり任せられる選手

5点:エース区間で区間上中位でいける選手
宇田朋史④29分12秒99≪16:全4区2位、予17位、箱3区10位、15:予20位、箱8区18位、14:出2区、箱8区17位、13:予91位≫
4点:主要区間で区間上位でいける選手
西 智也③29分27秒53≪16:全8区7位、予71位、15:箱4区11位≫
3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
馬場祐輔②29分06秒71≪16:全1区14位、予111位、箱5区15位、15:予45位≫
2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
新井裕祟④30分18秒55≪16:全6区9位、予64位、15:箱7区20位、14:出5区、13:予142位≫
苅田広野③29分47秒57≪16:予54位、15:予225位≫
土師悠作③30分06秒69≪16:全3区9位、予98位≫
戸部凌佑②29分52秒44≪16:箱7区15位、15:予63位≫
赤﨑 暁①29分55秒76≪16:全5区11位、予72位、都4区10位≫
1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
大中亮矢④30分19秒38≪16:全7区16位、予121位、箱6区19位≫
中井槙吾①30分07秒96≪16:予165位≫
 
0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
脇本 将③30分21秒59
今滝春彦②30分53秒84
鈴見侑大②30分34秒73
≪16:予162位≫
峠 亮平②30分10秒03
藤井拓実①30分36秒12≪16:予313位≫
 
上位10人合計:30点
(参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
 
5千上位10人平均-1万上位10人平均-ハーフ(20㎞換算含む)上位10人平均
19位14分20秒4-19位29分36秒6-15位64分06秒9
 
 今シーズンは拓大の躍動が目立つ。全日本予選を9年ぶりに突破は誰も予想していなかったし、箱根予選は下位通過だったものの、全日本は8位と大健闘。1区でやや出遅れたものの、2区ワークナー選手が流れを引き寄せると4区宇田選手が会心の走りで区間2位、東海大や東洋大らと激しいシード権争いを演じて大いに部員は盛り上がったとか。復調したアンカー西選手も粘りの走りを見せた。主要区間がこれだけ好走したのはチームにも勇気が湧くのでは?
 
他にも苅田・土師選手の成長、新井・戸部選手がケガから脱出し仕上がってきた。ルーキーも赤崎選手を中心に勢いが出てきている。苦手のトラックもワークナー選手の28分19秒だけでなく、記録を伸ばす選手が増えてきている。あとは、エース候補と言われた馬場選手の復調待ちか。シード権を獲得する力はありそうだ。
 

オーダーを考える

馬場祐輔②-ワークナー デレセ タソ②-赤﨑 暁①-宇田朋史④-苅田広野③
土師悠作③-戸部凌佑②-中井槙吾①-西 智也③-新井裕祟④

 勢いよくいきたいが1区はすごく悩んだ。1区をやれそうな馬場選手が中々上がってこない、西選手は勿体ない、宇田選手は勿体ない上に一斉スタートは苦手という。他の選手は実力がもう少し…じゃあやっぱり馬場選手かと。どうなるか分からないが何とか踏ん張ってほしい。最も、2区以降に少し自信があるのは確か。名実ともにエースに成長してきたワークナー選手が再度2区。全日本でもしっかり前を追い上げており、駅伝の走りも出来ているようだ。区間5位以内では走って、流れを作りたい。

 
 3区には力のある上級生…ではなく、あえて1年生を起用。復路型が多いのと、いくと思った選手がどうやら6区候補らしい。そこで赤崎選手に踏ん張ってもらう。20㎞は既に対応しているので、ここは拓大らしく後半に粘っていく走りができれば。4区は、2区で見てみたくなった宇田選手。前回大会から駅伝の成績が急上昇してきた。チームの順位を押し上げる走りができるはずだ。
 
 5区は予選好走ながら全日本はエントリーからも外れていた苅田選手で予想。元々、最上級生の選手だったそうだが、エントリーに入らなかった。準備する選手が変わったと見る。平地の走力は上がっているので粘っていきたい。さて、2年連続で大失敗している6区だが、今回は適性がある選手がいるようだ。全日本3区の土師選手がその選手で、準備を進めている。少なくともいきなり流れを断つ事はないと思いたい。
 
 7区8区は、9区と10区に残したい上級生2人以外でいきたい。7区は昨年も走っている戸部選手。故障で秋シーズンは出れなかったが、1万29分台をマークできるところまで上がってきた。昨年より速いタイムで走ってくれると思う。8区は大中選手の3度目の正直…を狙わせるかどうか悩んで、上尾ハーフで64分半ばを出した1年生中井選手を抜擢したがどうだろう。他の1年生や峠選手も面白い素材で10番手の争いは結構激しそうな予感、勝ち上がった選手の好走を願う。
 
 9区はもうこの選手しかいない西選手。というかこの選手を9区に越しておいた上でシード権争いに加われるチーム状況にしてほしい。過去2度の大学駅伝は完全に持ちタイムからすると予想より上の成績を取っていた。特に全日本8区はなかなかのレベル、是非ともこの区間で勝負をかけたい。10区は4年生の新井選手。2年時の箱根は悔しい思いをし、その後は故障が続いた。復帰してきた今シーズン箱根予選・全日本ともに粘りの走りを見せた。最後はシード権のゴールテープを切ってほしいところだ。
 
 どうでしょう。6区に自信があるのであれば、もっと往路に駒を集中させて確実に往路一桁に入るよう、西選手を往路に回してもいいかも。流れに乗れさせすれば、これまで名前を聞かなかった選手でも走ってくるのが拓大の特徴です。拓大のチーム力をもう一度見ることになるかもしれませんね。
スポンサーリンク

フォローする