スポンサーリンク

第93回箱根駅伝オーダーをワイワイ語ろう!~神奈川大学編

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
1万記録ラッシュ!スピードで対応へ!
 
15箱根17位、16箱根13位、16予選5位
 
 
スポンサーリンク

神奈川大学~箱根駅伝2017オーダー予想

スポンサーリンク

エントリー選手独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手
鈴木健吾③28分30秒16≪16:予3位、箱2区14位、15:全1区8位、予9位、箱6区19位、14:全3区9位、予44位≫
6点:エース区間、山をしっかり任せられる選手

5点:エース区間で区間上中位でいける選手
山藤篤司②28分29秒43≪16:予10位、箱3区12位、15:全2区14位、予120位≫
4点:主要区間で区間上位でいける選手
3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
東 瑞基④29分03秒60≪16:予65位、14:全8区13位、予44位、箱6区20位、13:予77位≫
中平英志④29分21秒78≪16:箱7区8位、15:予38位≫
鈴木祐希③28分52秒99≪16:予53位、箱6区15位、15:予35位≫
 
2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
中神恒也④29分39秒27≪16:予57位、15:箱10区11位、14:予157位、13:予134位≫
大川一成③29分15秒83≪16:予138位、箱10区8位、15:予104位、箱3区18位、15:全5区8位、予68位≫
大野日暉③29分18秒49≪16:予96位、箱9区13位、15:予40位、箱8区9位、14:予101位≫
越川堅太①29分20秒85≪16:予63位≫
1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
朝倉健太④29分49秒51
大塚 倭③29分22秒18
佐久間勇起②29分32秒83
宗 直輝①29分16秒83
 
0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
西田秀人③29分30秒64≪16:予203位≫
阿比留和弘②30分05秒37
安藤 駿①29分52秒64
≪16:予140位、都1区18位、15:高4区10位≫
 
上位10人合計:33点
(参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
5千上位10人平均-1万上位10人平均-ハーフ(20㎞換算含む)上位10人平均
13位14分12秒5-*8位29分05秒2-10位63分44秒3
 
 予選終了直後は決して評価は高くなかった。勿論、58分台を出した鈴木健選手と伸び盛りの山藤選手のエースの走りは痺れたし、今後への期待がとても高まった。ただ、8番手以下が思うようにいかなかった。ここ数年、どこかの区間が脚を引っ張り、結果シード争いから脱落していることを考えると気になる点だった。
 
 ところが、予選後の記録会で鈴木祐や大川や中神選手といった中堅、越川・宗選手といった新戦力、更に東・中平選手が復活し、監督「1万平均29分20秒へ」より遥かに上回るスピードを身につけた。山も大野選手らが控えており、穴がない10区間を組めそうな状況になってきたのだ。
 

オーダーを組んでみる

山藤篤司②-鈴木健吾③-鈴木祐希③-東 瑞基④-大野日暉③
大塚 倭③-中平英志④-越川堅太①-大川一成③-中神恒也④

 もう攻撃的に走っていいと思います。1区2区は走るごとに成長が見える2人、まずは山藤選手に託したい。夏を超え一皮むけ、さらに先日の記録会で28分29秒までタイムを伸ばし、学生長距離界の中でも期待の若手になってきた。振り絞る走りでトップに限りなく近い位置で。2区は勿論押しも押されぬエース鈴木健選手。インカレから各大会強さを見せていた。1万28分30秒のスピードもあるし、ロードでは後半の強さが売り。2区は打ってつけだ。68分前半あわよくば67分台で、大きなスタートダッシュを決めたい。

 
 さて、繋いでいく3区以降は上級生にしたい。3区には6区候補に挙がっている鈴木祐選手にした。予選で復調し1万28分台と上り調子、特別下りに適性があるように思えないので、この3区でしっかり刻んでいく走りをする方がいいと思います。そして4区に鮮やかな復活を遂げた東主将。予選では一時チーム3番手、攻めた上で61分強は驚きました。その積極性で準エース区間4区を攻略したい。
 
 山はまずは区間中位で繋ぐことを意識することになるか。5区には、前回残り5秒で繰り上げで注目を浴びる形になってしまった大野選手。その時に走るシーンを見るに、登りは割といけそうに思います。しっかり10位以内で運びたい。6区は、鬼門になりつつある苦手区間、鈴木祐選手をギリギリまで考えて上尾ハーフを最後にレースに出ていない大塚選手。1万は1年生の頃から記録は出して、ついにハーフも走れた。登場あるのではないでしょうか。61分前半以内で繋げれば。
 
 7区以降は神大が密かに楽しみな区間。2区間に職人?がいる。7区前回区間一桁で走った中平選手だろう。予選後に復活を果たしている。過去にもこういう起用の仕方があったのでおそらくそうだろう。10区は2大会前に好走を見せている中神選手。秋になって復調を果たしておそらく準備しているとみる。この2区間はシードラインからプラスになれるはずだ。
 
 さて、残りの2区間はだれをあてるか。8区は複数エントリーされた1年生から、越川選手。初20kmの予選でしっかりまとめており、その後の記録会も安定していた。難しい8区でも大丈夫とみる。9区には前回8区の大川選手をスライド。予選での走りは気になるが、少なくともその時よりは状態は上向きだろう。しっかり合わせていきたい。
 
 いつになく楽しみなチームに仕上がってきましたね。エースの楽しみもあり、いぶし銀の走りをしそうな4年生もいるし、上昇気流に乗っている選手も多いです。過去は直前にバタバタがあったり、思わぬ落とし穴があったりもしたが、今年はどうか。序盤から流れに乗れれば、12年ぶりシード権は手中に入ってくるはずだ。
スポンサーリンク

フォローする