スポンサーリンク

第93回箱根駅伝オーダーをワイワイ語ろう!~國學院大學編

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
初の全日本&箱根W出場!波に乗ってきた
 
16予選13位、16予選8位、16全日本9位
 
 
 
スポンサーリンク
 

國學院大學~箱根駅伝2017オーダー予想

 
スポンサーリンク

エントリー選手独断ランク付け

5点:エース区間で区間上中位でいける選手
細森大輔④29分07秒20≪16:全1区7位、予14位、箱10区12位相当、15:全1区14位、予28位、箱6区14位、14:予63位≫

4点:主要区間で区間上位でいける選手
蜂須賀源④28分55秒95≪16:全2区12位、予36位、15:箱1区14位、14:予8位、箱8区13位、13:予76位≫

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
熊耳智貴③29分19秒25≪16:全6区6位、予91位≫
土方英和①29分13秒56≪16:全5区4位、予79位≫
内田健太③29分47秒60≪16:予163位、15:全7区11位、予147位≫
2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
稲毛悠太④29分13秒81≪16:全4区12位、予84位、15:全4区14位、予62位、14:予75位≫
磯邊翔太③29分32秒36
國澤優志③29分33秒34
≪16:全8区13位、予102位、15:全6区16位、予150位≫
浦野雄平①29分17秒94≪16:予114位、都5区17位、15:高1区31位、IH3障15位≫
1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
鈴木涼太④29分29秒31
畑中大輝④29分28秒97
軸屋 健③29分36秒22
渡邊 貴③29分43秒67
≪16:予116位≫
江島崚太②29分39秒26≪16:予139位、15:全3区14位、予93位≫
 
0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
市川創史④30分32秒08
松永拓馬③29分48秒76
 
上位10人合計:27点 
(参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
 
5千上位10人平均-1万上位10人平均-ハーフ(20㎞換算含む)上位10人平均
18位14分19秒4-12位29分19秒1-*8位63分43秒1
 
 昨年は直前で走れなくなる選手が相次ぎ、まさかの予選敗退。一転、今年は初の全日本&箱根本戦同時出場を果たした國學院大。ハーフ平均8位以上に分厚い戦力を誇る。箱根予選は8位通過とやや低い位置での通過となったが、全日本で底力をチラリと見せ、過去最高位の9位となった。主力は4年生コンビ細森・蜂須賀選手。細森選手がロードで粘りが効く感じだ。蜂須賀選手は故障から復帰し、ある一定のレベルで安定している。
 
 これに、ハーフでまずまずのベストを持っている稲毛・国澤・内田選手が続く存在だったが、今は新戦力の台頭が出てきている。全日本では熊耳・土方選手が大健闘、他にも浦野選手ら1万でまずまず記録を持っている選手がずらり。戦力に厚みが増した中、箱根本戦に挑む。
 

オーダーを組んでみる

細森大輔④-蜂須賀源④-畑中大輝④-國澤優志③-土方英和①
市川創史④-浦野雄平①-熊耳智貴③-稲毛悠太④-内田健太③

 1区と2区は、逆もあるかもしれないが、もう間違いなくこの2名だろう(順番どうするかは結構悩みましたが…)。全日本と同様、細森・蜂須賀選手が担当すると思う。細森選手の方がスタミナが高いと思いますが、競り合いの中しっかり走れる印象です。蜂須賀選手は自分のペースで走ってくれれば。スタミナが心配ですが71分以内でまとめてレースから離されないようにしたい。前が見えていれば、今年の國學院大は浮上するチャンスある。
 
 3区はちょっと意外かもしれない選手を配置した。中堅・新戦力…とどちらのカテゴリーにもあてはめにくい4年畑中選手。名前は以前から聞いたことがあるだろう。全日本予選1組で活躍している選手だ。大舞台の経験値は高いですし、故障から復帰後は強度の高い練習は積めているそうで、上り調子だ。実は売り出し中の土方選手で予想しようとしたのだが、5区出走と思った上級生がエントリーされず、急きょ配置を変えた。他の主力選手を回さずに3区を乗り切れないだろうか。
 
 さて、コンバートした土方選手。全日本予選からレースでは外さず、かつ少しずつ成長もしている。上り坂もそこそこ得意だそうで、思い切って抜擢。5区の距離短縮も大きい、こういう1年生起用もあるだろう。6区は全く予想外のエントリー選手の市川選手。松永選手とともに一般入試生だが、松永選手は1万で結果を出していたので分かるが、市川選手はあまり試合にも出てなかった。山の候補ではあるはずだ。
 
 残っている区間のうち、主要な区間4区9区10区はしっかり主力を置いておきたい。国澤選手は長い距離から台頭してきて、63分台で走破したこともある。往路4区で勝負してほしい。9区には稲毛選手、箱根予選では毎年二けた順位を確保。一定のペースで刻める区間のほうがいいでしょう。長丁場の9区に予想。アンカーには本来は主力とも言える内田選手。もうブレイクしてもいいだろう。
 
 さて、選手層で勝負する國學院としては、勝負区間となるだろう7区8区。全日本は走っていないものの、直後の記録会1万29分17秒とファンを驚かせた浦野選手を7区。ルーキーが秋になってとてもいいのはチームにいい刺激になっていそう。ぜひ、いい駅伝デビューとしたい。8区には全日本の6区で強かな走りをした3年生熊耳選手。勿論、区間一桁を獲得し、終盤にもつれさせたい。
 
 自分の意見はこんな感じですが、実際誰がどこにくるのかはとても読めないですねぇ。実力の近い選手が多いので、調子の見極めが難しいですが、登り調子の選手を起用できたらいいですね。ここのところ、箱根はややちぐはぐな戦いが続いていましたが、全日本はうまく流れて9位と、箱根ではシード権内の順位。箱根本戦は有利な戦いができるチームのはずだ。
スポンサーリンク

フォローする