スポンサーリンク

【箱根駅伝】2015年度卒業生&2016年度へ向けて~神奈川大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
新たな新入生と共にリスタート
 
 
スポンサーリンク
 

神奈川大学~2015年度卒業生&2016年度へ向けて

スポンサーリンク

2015年度主な卒業生

我那覇和真④28分46秒08≪4年:箱1区15位、全8区14位、予27位、3年:箱1区6位、全2区12位、予11位、2年:箱2区19位、予7位、1年:箱7区1位、全2区8位、予62位≫⇒実業団志望
西山凌平④28分44秒88≪4年:箱5区11位、全4区9位、予30位、3年:箱4区5位、全4区9位、予23位、2年:箱3区9位、予20位、1年:箱2区11位、全1区14位、予45位≫⇒トヨタ紡織
渡辺慎也④30分28秒68≪4年:箱8区12位、全6区13位、予69位、3年:箱5区18位、1年:予110位≫⇒引退
永信明人④29分59秒85≪4年:箱4区17位、全3区13位≫⇒引退
木藤伸明④29分54秒58⇒引退
南 俊輔④30分01秒74≪1年:予168位≫⇒引退
 
 我那覇&西山選手は、入学した当初から大変期待が高かったですね。全日本予選で、西山選手が3組、我那覇選手が4組で早くも主力扱い。しかも1万29分30秒台で走り、予想していなかった全日本出場に貢献。箱根駅伝では西山選手が風邪を引いた我那覇選手の代わりに2区を走り区間11位の健闘、比較的負担の軽い7区に回った我那覇選手はなんと区間賞獲得。神大としては9年ぶりで大いに盛り上がりました。彼らがいるうちに何とかシード権の復活をと多くの駅伝ファンが思ったのではないでしょうか。
 
 結果的には、彼ら個人だけでなくチーム全体にも山でブレーキが出たり、直前の怪我で対応が間に合わなかったり不運もあり、獲得できなかったのは心残りですかね…。我那覇選手は2年時は2区を任されますが非常に苦しい走り、一転して3年は1区区間6位の好走。やや波がありながらも主力として働きます。西山選手は何度も5区山登りのうわさをされながら、直前に小さな故障があり、2年時は3区、3年時は4区、それでも区間一桁で走り切り実力はあるところは見せました。
 
 最終学年になり、いよいよ走る区間へエントリー。1区我那覇、5区西山選手と組むことができました。しかし、箱根の神様は微笑んでくれませんでした。我那覇選手はハイペースの中、後半に順位を落とす走りに、西山選手は序盤を慎重に入り過ぎ、区間11位に留まってしまいます。チームでも彼らが在籍した4年間で最高の順位となりますが、シード権は残せず。個人としては1万28分台となった彼らの、実業団でのリベンジを応援します。
 
 その他では渡辺選手が駅伝に3度出走していますね。1年目から箱根予選を走り、その後出走なりませんでしたが、3年時に箱根5区大役を任されます。登りは良好も下りに入って急激にペースダウン、最後はフラフラになる厳しい走りとなりました。4年時は箱根8区でしっかり走り切っています。4年時に駅伝デビューした永信選手は全日本予選も出走あり。木藤選手は最後の半年で1万29分台出すなど伸びた選手。また、南選手は下級生の頃主力候補に挙がりましたが、その後故障。マネージャーとなり、チームの裏方に徹しました。
 
 
 

2016年度新戦力分析

【1万持ちタイム上位10人】
鈴木健吾②28分53秒67≪2年:箱2区14位、全1区8位、予9位、1年:箱6区19位、全3区9位、予44位≫
大塚 倭②29分22秒18
大野日暉②29分29秒28
≪2年:箱9区13位、予40位、1年:箱8区9位、予101位≫
大川一成②29分33秒43≪2年:箱10区8位、予104位、1年:箱3区18位、全5区8位、予68位≫
中神恒也③29分39秒27≪2年:箱10区11位、予157位、1年:予134位≫
山藤篤司①29分43秒02≪1年:箱3区12位、全2区14位、予120位≫
中平英志③29分52秒42≪3年:箱7区8位、予38位≫
鈴木祐希②29分57秒89≪2年:箱6区15位、予35位≫
西田秀人②29分59秒23
朝倉健太③30分06秒72≪3年:予234位≫
1万上位10人平均:16位神大29分39秒1※箱根予選出場校7位
 
【その他】
石橋健③30分07秒74≪3年:予183位、2年:全6区13位、予76位≫
枝村高輔②30分09秒57≪2年:予156位≫
松浦大志③30分13秒71≪3年:全7区15位≫
秋澤啓尚②30分17秒64
浅利宗一郎②30分17秒76

多和田涼介①30分44秒69≪1年:全7区15位≫
東 瑞基③30分41秒29≪2年:全8区13位、予44位、1年:箱6区20位、予77位≫
 
【新入生】
越川堅太14分14秒26
宗 直輝14分14秒44
≪都1区17位、高4区1位≫
荻野太成14分15秒59≪都5区15位、高4区4位、IH千五10位・3障2位≫
安藤 駿14分17秒31≪都1区18位、高4区10位≫
安田共貴14分18秒31≪高3区31位≫
藤村共広14分26秒14
日野志朗14分34秒76≪高7区19位≫
猪尾賢基14分37秒69
柳 拓麻14分40秒51
辻岡啓吾14分44秒12
 
【区間オーダーを考えてみる(4区延長、5区短縮したとして)】
山藤-鈴木健-宗-東-大野  荻野-中平-枝村-大川-鈴木祐
  2本柱が抜けました。また、5千14分14秒を持つ越川選手や宗・荻野選手といった高校駅伝の主要区間で一ケタ順位を残している選手等今までより幾分実力の高い新入生が入ってきます。鈴木・山藤選手のようにこれから核となるだろう選手はいますが、基本的には一からチームを作り直しになりますかね。
 
 その鈴木選手や山藤選手は主要区間の2区3区を乗り切りましたし、今後の伸びは注目ですね。また、今年の予選で伸びた鈴木祐・中平選手や箱根9区10区の襷りレーで話題になった大野・大川選手は今後しっかり成長させてほしいですね。下級生の頃に伸びかけてその後伸び悩む選手が神大は少し多いのが気になってます。石橋・中神選手はまだか。主将になった東選手も神奈川マラソンでひとまずレースに出場。今後上がってきてくれればと思ってます。
 
 選手層としてはもう少しですかね。全日本予選での活躍がある浅利選手や箱根予選を走った多和田選手、また枝村・秋澤選手も次のシーズンが楽しみな選手ですね。エース力や選手層、いわば総合力を高められる可能性は充分あるように見えます。大後監督及びコーチがしっかり育て上げられるかどうかかなと感じます。
スポンサーリンク

フォローする