スポンサーリンク

【箱根駅伝】2015年度卒業生&2016年度へ向けて~駒澤大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

どんどん更新してきます
 
3本エースに続く選手の台頭を!
 
 
スポンサーリンク
 

駒澤大学~2015年度卒業生&2016年度へ向けて

スポンサーリンク

主な卒業生

馬場翔大④28分37秒21≪4年:箱8区2位、全6区1位、出4区5位、3年:箱5区17位、全8区5位、出6区、2年:箱5区3位、全6区1位≫…関東ICハーフ2年連続3位⇒NTT西日本
二岡康平④28分55秒62≪4年:箱9区2位≫⇒中電工
其田健也④29分04秒79≪4年:箱1区13位、全4区4位、出2区2位、3年:箱9区3位、出4区、2年:箱10区2位≫⇒JR東日本
宮下紘一④29分29秒02≪4年:箱6区10位≫…関東IC3障1位⇒引退
小山裕太④29分29秒60…関東IC1500m決勝進出在り⇒トーエネック
井上拳太朗④29分38秒67…関東IC3障2年連続入賞⇒安川電機
高月智生④half64分00秒⇒トヨタ紡織
 この世代注目を集めたのは、馬場選手と其田選手でしたね。特に馬場選手はロードの走りで期待が高かったです。1年時は故障で駅伝シーズン棒に振りましたが、2年時に全日本で駅伝初参戦。区間賞でデビューを飾ると、箱根は満を持して山登りを担当、ここで79分台の好タイムを叩き出すも、トップからは引き離されてしまい号泣。リベンジに注目が集まった3年、ここで大きくクローズアップされることに。途中まで順調だったのですが、低体温症に陥り、ゴール前で何度も手をついてしまうほど苦しい走りに。何とかゴールには辿り着きましたが、大きく先頭から離されました。
 
 陸上を辞めようかとまで思い悩んだそうですが、母親に後押しされ、徐々に立ち直ります。全日本で再度区間賞を獲ると、最後の箱根は8区。見事遊行寺の坂を乗り越え区間2位、迎えた其田選手と喜びを分かち合いました。その其田選手は4年時の箱根は1区出走で苦しい走りになってしまいました。ただ、彼は復路のように一人でペースメイクが出来る選手。2年時に10区・3年時に9区を担当し、共に区間2位にまとめあげています。出雲や全日本も4年時にデビューを飾っています。
 
 その他のランナーは関東ICで目立った選手が多かったですね。宮下選手は昨年の関東IC3障でトップ、その脚力が買われてか最後の箱根で6区山下りを任されました。井上選手も3障が得意な選手で、入賞は2度しています。小山選手はハーフを何度も戦っていますね。最後の秋シーズンにトラックでも自己ベストを出してメンバー争いに絡みました。
 
 ハーフマラソンといえば、2年時の二岡選手の台頭にはわくわくしました。最近の駒大はスピードランナーが多くいるも、スタミナ型が少なかったのですが、こういう選手がもっと出てきてほしいと思ったのですよね。その後故障などもあり駅伝は厳しいかなと思われたのですが、最後の箱根に9区出場、区間2位の快心の走りをみせました。他、高月選手も上尾で64分ジャストをマークし、メンバー入りなるかと大いに沸かせてくれました。
 
 

新チーム戦力分析

【在校生1万持ちタイムトップ10】
中谷圭佑③28分17秒56≪3年:箱3区2位、全1区4位、出3区1位、:2年:箱3区1位、全2区2位、出1区、1年:箱4区1位、全5区1位、出2区2位≫
工藤有生②28分23秒85≪2年:箱2区4位、全2区2位、出3区4位、1年:箱4区2位、全5区2位≫
大塚祥平③28分34秒31≪3年:箱5区4位、全8区3位、出6区4位、2年:箱8区2位、1年:箱8区6位≫
西山雄介③28分58秒01≪3年:箱7区4位、全3区10位、出5区1位、2年:箱7区2位、全6区1位、出2区、1年:箱7区3位、全2区9位、出5区2位≫
高本真樹②29分11秒68≪2年:箱4区9位、全7区9位≫
川戸拓海②29分14秒97
中村佳樹③29分26秒17≪3年:箱10区12位≫
紺野凌矢②29分39秒27
浅石祐史③30分17秒87

吉田理人③30分20秒47
1万上位10人平均:4位駒大29分14秒4
【他、戦力候補】
下 史典①half63分50秒≪1年:全5区8位≫
伊勢翔吾①half64分15秒
堀合大輔①half64分27秒

中西亮貴②half64分31秒
昆  充②half64分40秒

広瀬 匠③half65分29秒
片西 景①half65分50秒
【新入生】
中村大聖14分03秒48≪都5区18位、高3区21位≫
佐々木聖和14分12秒31≪都1区43位、高1区16位≫
中村大成14分15秒26≪高1区15位≫
大坪桂一郎14分16秒02≪都5区20位、高1区38位、IH5千16位≫
原嶋 渓14分25秒33
山下一貴14分31秒59≪高3区28位≫
平松亮介14分42秒93
 
【区間オーダーを考えてみる(4区延長、5区短縮したとして)】
西山-工藤-下-中谷-大塚  川戸-伊勢-紺野-高本-堀合
 さて、来年は3本柱と言ってもいいでしょうね。箱根2区前半から突っ込んだうえに68分04秒と好記録を出している工藤選手、それを自己ベスト’1万28分17秒、今日の丸亀ハーフで61分21秒)で上回る中谷選手、長いロードで強さを見せ今回箱根5区出走した大塚選手。この3選手はかなり強力な駒になるのでは?往路優勝争いは沸かせられる選手たちと思います。
 
 ただ総合優勝を考えると、4番手がもう少し上がってほしいのですよね。トラックのスピードのある西山・下・川戸・浅石選手、ハーフで記録を残しつつある高本・伊勢・堀合・中西選手らがどのくらいあがってこれるか。特に西山選手は最後の年に主要区間で戦えるようになってほしいし、駅伝経験した下・高本選手は先ほどあげた選手を引っ張ってほしいところ。
 
 新入生では高校駅伝で区間一桁の選手は今回はいないか。現状では名前ネタ(読み:ナカムラタイセイが2人)が先行でしょうか(笑) それでも5千持ちタイム上位の選手はさすがに何度も全国舞台を経験しており、大学に入ってからの飛躍を期待したくなりますね。選手数はしっかりいますので、どの区間でもやれる総合力を見つけたい。そして今年度届かなかった総合優勝の奪還といきたい。
スポンサーリンク

フォローする