スポンサーリンク

2016.2.7までの結果【丸亀ハーフ・浜名湖駅伝・埼玉県駅伝など】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

丸亀ハーフ他、各地で駅伝大会などがありました。

学生中心の結果まとめと駅伝ファンとしてのコメントです。

 
 
スポンサーリンク

2016.2.7【結果】丸亀ハーフ

(http://gold.jaic.org/kagawa/2016/70thKMIHM/kyougi.html)

優勝:キフレ(エリトリア)60分49秒

日本人トップ:3位茂木圭次郎(旭化成)60分54秒※日本人歴代6位
他:廣末 香(トヨタ九州)61分58秒
 序盤はそこまで速いペースではなかったのですが、10㎞からキフレ選手がひっぱりだして終盤の上り坂もハイペースになりました。最後まで食らいついた日本人選手は若手のホープ旭化成の茂木選手です!都道府県対抗駅伝7区区間賞を獲得し注目していましたが、61分切りの日本歴代6位はお見事。世界ハーフで世界を体感してほしいですね。
 
以下、学生(トップの選手の成績の良い順※一部は入れ替え)

○山梨学院大学
2位ドミニク ニャイロ①60分50秒★※学生トップ
上村純也③63分40秒★ 市谷龍太郎②63分51秒 古賀裕樹②64分28秒

 全日本・箱根は走っていたものの、個人での長いレースは初となるニャイロ選手は、今回もそのポテンシャルをまざまざと見せつける形となりました。最後までトップ争いを演じ、終盤離されるももう一度追い込み全体の2位、タイムも60分50秒と早くも学生長距離界トップとなってきました。長いほどいいですし、今後の伸びが楽しみでなりません。また、来年4年生、主力となってほしい上村選手が自己ベスト。名乗りを上げる事ができましたね。
 

○駒澤大学
中谷圭佑③61分21秒★※日本人学生トップ、日本人学生歴代4位タイ
工藤有生②61分25秒★
高月智生④63分56秒★

 学生も頑張りました。中谷・工藤選手が途中までしっかり先頭集団に付いた中、61分半を切る好走。中谷選手は昨年の神野選手に並び日本歴代4位の走りとなりました。秒差で箱根2区出走の工藤選手。昨年11月の記録会同様、先輩が意地を見せた形に。また、上尾ハーフで64分00秒を出し、箱根のメンバーに最後まで食いついた高月選手が僅かながら自己ベストを更新する走りを見せました。
 
 

○中央学院大学
塩谷桂大④62分11秒 大森 澪②63分13秒 新井翔理②63分36秒★

 塩谷選手はさすがの走りでしたね。序盤に下りがあるコースは、4年連続出走した箱根3区に通ずるところはあるのかもしれません。今後も楽しみ。大森選手は長い距離は連続して安定できてますね。やや失速した新井選手が今回は良かったです。
 

○日本大学
石川颯真③62分20秒★
高野千尋②63分46秒★ 求 大地①65分28秒★ 山崎一輝②66分40秒

 石川選手が長い距離も結果を残せるようになってきましたね。来年度は柱が減りますが、その柱が強くなってきました。また、今回の箱根を走れなかった高野選手が63分台。このあたりの選手の台頭があれば、選手層の薄さが解消されていきます。
 
○青山学院大学
秋山雄飛③62分29秒★ 中村祐紀②62分35秒★ 田村和希②71分04秒

 秋山隊長は連続して結果を残しましたね。青学大の柱になりつつあると思います。また、箱根苦しんだ中村選手が大幅自己ベスト、信頼を取り戻しにかかります。また、田村選手が脚を引きずりながらゴール。ちょっと心配ですが、ゆっくり直してくれたらと思います。

 

○京都産業大学
寺西雅俊③62分38秒★ 上門大祐④63分28秒★ 奥村杏平②64分11秒★

 それぞれ、全日本8区10位寺西選手、2区10位上門選手、7区12位の奥村選手ですね。特に寺西選手は62分半ばと凄いタイムですね~。さすが長丁場の区間を任されただけありますね。来季、まずはトラックから楽しみ。

 
○創価大学
セルナルド祐慈③62分48秒★ 大山憲明②63分42秒★
 
○専修大学
丸山竜也③62分51秒★
渡辺瑠偉③63分04秒★ 風岡永吉②63分45秒★ 宮尾佳輔②65分58秒
 
○国士舘大学
住吉秀昭①62分53秒★ 石井秀昴③62分54秒★ 三田眞司②67分16秒
 
 予選落ち校の必死さを感じます。箱根2区好走の丸山選手の62分台はさすがといったところですが、これに創価大セルナルド選手と国士大住吉・石井選手が食らいついたのはとても驚きましたし、来季の楽しみを感じます。創価は大山選手がついに覚醒し始めたか、専大の渡辺・風岡選手もいい調子になってきましたね。国士大は三田選手が長い距離安定できれば、当確ランプといきそうな気がします。
 
○早稲田大学
永山博基①62分55秒★
 
○明治大学
藪下響大③62分56秒★
吉田 楓③64分31秒
江頭賢太郎③65分59秒
 箱根では好対照となった伝統校ですが、それぞれ62分台が出ましたね。早大は将来の有望株・永山選手が62分台、これからもっと力付けると思います。明大は箱根シード落ちの一因となってしまった藪下選手が復活の走り。力あるところを見せてくれましたね。来季のエースといっていいのかもしれません。
 
 
○順天堂大学
栃木 渡②63分00秒★
○日本体育大学
小町昌矢②63分00秒★ 小松巧弥③64分56秒 勝亦祐太④69分45秒
 将来楽しみな2年生がどちらも63分ジャスト。栃木選手は箱根4区の快走を、小町選手は箱根1区での粘りを、再び見せてくれましたね。ところで日体勝亦選手は苦しそうな走りが女子のカメラに映りこみましたが大丈夫だったのでしょうか?
 
○國學院大學
國澤優志②63分05秒★
細森大輔③63分08秒★ 向 晃平②63分28秒★ 稲毛悠太③64分32秒
○東京農業大学
折居卓哉③63分50秒
小山直城①63分54秒★ 原 由幸②66分59秒 茂木洋晃②69分21秒 木山雄生③69分54秒
 國學院が急上昇しましたね。選抜出場の細森選手と昨年末復活してきた向選手は勿論注目していましたが、国澤選手が彼らを上回ってくるとは予想していませんでした。監督が買っておられましたがここまでとは…。東農大は小山選手は安定感ありますね、そして予選では足を引っ張ってしまった折居選手が復調したのがいいニュース。原選手以下は次のレースであげていきたい。
 
 
○東海大学
安藤健太③63分44秒 阿部啓明②64分31秒★
 
○帝京大学
加藤勇也③63分54秒★
 東海大は安藤選手がまずまずの走りでしょうか。また、箱根エントリーに入ってびっくりした阿部選手は伸びているところを見せてくれました。帝京大の加藤選手は箱根予選の時より良い走りでした。ただ、次は4年主力になるのでもう少しいきたかったかな。
 

○法政大学
坂田昌駿③64分39秒

 
○東京国際大学
福田瑠楓①65分00秒★
 
○城西大学
菅 真大②67分03秒
 法大坂田選手は調子を上げてほしいですね。東国大は福田選手が粘り切りました。菅選手はもっといきたかったか。
 
 
○亜細亜大学
工藤隼人③65分06秒 加藤風磨②65分20秒 芝 陽盛②67分19秒★
 
○筑波大学
河野 誉②66分24秒 武田勇美②68分37秒

 復活を狙う亜大・筑波ですが、今回はもう少し乗り切れず。

 
 

○その他
濱野 秀(立命館大)64分33秒
土井森諒(広島経済大)65分16秒
高橋流星(大阪経済大)65分28秒
堀尾和弥(広島経済大)66分39秒
田中雄也(皇学館大)66分51秒
久本駿輔(京都工芸繊維大)67分41秒
米澤 玲(関西大)68分13秒
村上 聡(岡山大)68分45秒
井野口慎之輔(広島大)68分56秒

 立命濱野選手はさすがといったところ。また、土井森・堀尾選手と言った広島経済大の選手が奮闘した印象ですね。
 
 

2016.2.7【結果】中日浜名湖一周駅伝

(http://www.geocities.jp/cr2nag/sokuhou/160207-1.htm)

1区(9.2㎞)
1位横山 諒(スズキ浜松)27分46秒
2位小島大明(中央発條)27分51秒
3位竹下 凱(帝京1A)28分01秒
OP中西玄気(静岡大)28分07秒
4位皆浦 巧(明大2)28分11秒
5位渡辺貴裕(帝京2C)28分12秒
2区(12.4㎞)
1位キザエ ミッチェル(スズキ浜松)37分20秒
2位畔上和弥(帝京1A)38分24秒
3位宮﨑勇将(日体A1)38分29秒
4位田中祐次(帝京2C)38分48秒
5位櫻井亮太(中央発條)39分25秒
3区(9.2㎞)
1位中村泰之(スズキ浜松)26分59秒
2位鈴木柊成(中央発條)27分27秒
3位細渕大雅(帝京3A)28分08秒
4位佐藤諒太(帝京2C)28分43秒
5位竹山直宏(明大1)29分01秒
4区(9.7㎞)
1位相場祐人(中央発條)29分20秒
2位山田 学(スズキ浜松)29分44秒
3位新関友基(帝京1C)30分08秒
3位酒匂郁海(日体1A)30分08秒
5位小手川智紀(帝京A2)30分09秒
5区(11.0㎞)
1位坂井俊介(中央発條)33分54秒
2位高田翔二(スズキ浜松)33分57秒
3位瀬戸口文弥(帝京3A)34分46秒
4位林田元輝(日体1A)34分47秒
OP三郷一輝(麗澤4)35分04秒
5位濱川 駿(帝京1C)35分07秒

総合:1位スズキ浜松AC、2位中央発條、3位帝京大A、4位帝京大C

  スズキ浜松ACはさすがの走りでしたね。留学生も強い。学生では帝京大が良かったですね。竹下・畔上選手のルーキーはさすが良い走り、その畔上選手が走った2区では、日体1年の宮崎選手が肉薄しました。日体大も全体的いい走りをする選手が多かったです。

 
 
 

2016.2.7【結果】第83回埼玉県駅伝競走大会

(http://sairiku.net/xoops/newinfo/kekka/2016/H280207r.pdf)

 

1区(6.595㎞)
1位鈴木大貴(東国3)19分47秒
2位平塚祐三(新電元工業)20分10秒
3位長沼大智(城西1A)20分13秒
4位賀澤拓海(平国1)20分18秒
5位桜庭宏暢(日薬2)20分24秒
7位青山拓朗(城西1B)20分38秒
8位増田勇太(芝工2)20分43秒
10位轟木亜門(立大1)20分46秒
11位竹内 真(城西1)20分47秒

2区(3.1㎞)
1位山中章弘(東国2)9分16秒
2位佐藤穏空(城西3A)9分17秒
3位中島公平(城西1B)9分20秒
5位島袋マイキ(武蔵1)9分32秒
6位木下峻輔(平国3)9分33秒
7位舘脇勇助(城西2C)9分36秒
3区(12.1㎞)
1位照井明人(東国3)37分11秒
2位川内優輝(埼玉県庁)37分36秒
3位柴田拓真(平国3)37分47秒
4位大石 巧(城西1A)38分11秒
5位山田幸輝(埼大3)38分23秒
6位安部智輝(武蔵1)38分26秒
8位鈴木勝彦(城西1B)38分50秒
9位矢澤健太(芝工2)38分52秒
10位工藤来輝(城西2C)39分05秒
10位大西政徳(立大3)39分05秒
4区(3.9㎞)
1位中村南斗(東国1)12分07秒
2位坂本圭輔(城西1)12分26秒
3位土屋天地(新電元工業)12分31秒
4位神戸 巧(日薬1)12分32秒
5位守屋 樹(芝工3)12分35秒
6位高橋健太(城西C)12分38秒
7位佐藤史弥(城西2B)12分40秒
5区(10.5㎞)
1位鈴木博斗(東国2)33分45秒
2位石原 洸(新電元工業)34分05秒
3位佐藤孝則(城西2)34分40秒
4位佐々木良章(平国3)34分41秒
5位皆川尚人(立大3)35分02秒
7位金子元気(城西1)35分40秒
8位中村隆樹(東洋2部)35分42秒
9位小野寺涼(埼大2)35分45秒
11位小野雄大(武蔵1)35分57秒
6区(6.0㎞)
1位服部潤哉(城西1A)18分00秒
2位石井辰樹(東国3)18分14秒
3位東山知弘(平国3)18分42秒
4位今井竜之介(東洋2部)18分44秒
5位佐竹和也(城西2C)18分46秒
6位山本寿真(武蔵1)18分47秒
7位寺澤 望(日薬3)18分50秒
総合:1位東京国際大、2位城西大A、3位平成国際大、4位新電元工業
 東京国際大がダントツの優勝。箱根7区8区で悔しさを味わった鈴木大・山中選手が良いスタートを切ると、その後も乗りました。石井選手だけは惜しくも区間2位で完全優勝はなりませんでした。2位城西は長沼選手や佐藤選手、3位平国大は賀澤・柴田選手が良かったです。また、芝浦工業や武蔵野学院の選手がちょくちょく上位に顔を出していたのもポイントです。
スポンサーリンク

フォローする