スポンサーリンク

【箱根駅伝】2015年度卒業生&2016年度へ向けて~東洋大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
タイムを伸ばしてパワーアップを!
 
 
 
スポンサーリンク

東洋大学~2015年度卒業生&2016年度へ向けて

スポンサーリンク

主な卒業生

服部勇馬④28分09秒02≪4年:箱2区1位、全1区1位、出2区3位、3年:箱2区1位、全2区1位、出3区、2年:箱2区3位、全2区4位、出5区1位、1年:箱9区3位、全8区6位、出3区2位≫⇒トヨタ自動車
上村和生④28分35秒96≪4年:箱1区7位、全8区4位、3年:箱3区6位、2年:箱9区4位≫⇒大塚製薬
高橋尚弥④29分06秒60≪4年:箱9区5位、全5区2位、出1区12位、3年:箱6区8位≫⇒安川電機
寺内将人④29分13秒88≪3年:箱9区9位≫⇒愛知製鋼
渡辺一磨④29分31秒01≪4年:箱10区3位、3年:全5区5位、出4区≫⇒安川電機
長谷川直輝④29分36秒33⇒セキノ興産
五郎谷俊④29分57秒52≪92回:箱5区3位、91回:箱5区11位≫⇒コモディイイダ
湯田晟旭④29分44秒91⇒トーエネック
 服部勇選手は入学直後から非常に楽しみな存在でしたね。その彼が更に強くなる起点となったのが1年時全日本。まさかのアンカー担当でした。淡々と走っていましたが、さすがに力不足。1分あったリードを守り切れず逆転負けを喫しました。それから急成長を遂げていきますね。1年時の9区は自信持って23㎞を走り切り、その後3年間はエース区間の2区。2年時は相手に決定打を打たせない走りで総合優勝に貢献、3年からは完全にエースとなりました。2年連続67分台で走り切り、しかも久々の2年連続区間賞でした。非常に価値がありますね。4年時は夏から秋に少し故障していましたが、さすがの走りです。2月初挑戦となる東京マラソンは必見です。
 
 他のランナーはじっくり台頭してきましたかね。その中で唯一2年時に出走したのは上村選手。9区エントリーは当て馬かと思われましたが、69分前半の区間4位快走を見せ、後ろを寄せ付けませんでした。その後も長い距離を走る事が多かったですね。4年時全日本は見事に逃げ切って優勝、箱根もハイペースの中踏ん張ったと思います。高橋選手はハーフマラソンから地道にタイムを伸ばしてきました。3年時にデビューし箱根6区担当、4年時に一気に主力ランナーとなり、任された出雲1区で大失敗、遅れた上にコースを間違えてしまいました。ただ、全日本でも使われたのは信頼の証、5区で相手を前に出さない走りを見せました。独特のフォームもしっかり覚えています。
 
 他にも上級生になって駅伝デビューした選手が多いですね。寺内選手は3年箱根を走りました。その後関東ICハーフで入賞する活躍をしています。箱根は8区の予定も直前の体調不良で無念の欠場になりました。逆に渡辺選手は10区で立派な走りを見せましたね。3障のイメージが強かったので驚きの長丁場の安定感でした。長谷川・湯田選手はエントリーまで来ましたが惜しかったですね。湯田選手は上尾ハーフの意地も印象に残っています。
 
 感動的な走りになったのは五郎谷選手。本当は前回卒業してたが、箱根5区で力を出し切れなかった悔しさのあまり留年を決意。1年越しのリベンジは見事に区間3位で強風の中79分台の好タイムをマークしました。留年を許可した後、動脈性乖離で亡くなった父親に捧げる走りとなりました。
 
 

新チーム陣容

【在校生1万持ちタイムトップ10】
服部弾馬③28分55秒31≪3年:箱3区3位、全2区1位、出3区2位、2年:箱7区3位、全1区10位、出1区、1年:箱7区1位、出2区6位≫
小笹 椋①29分12秒05≪1年:箱4区6位≫
山本修二①29分12秒72≪1年:箱8区9位≫
口町 亮③29分13秒64≪3年:箱6区4位、全3区1位、出4区1位、2年:出2区≫
野村峻哉②29分16秒42≪2年:全6区2位、出5区3位≫
櫻岡駿③29分25秒10≪3年:箱7区2位、全4区5位、出6区5位、2年:箱4区4位、全3区6位≫
山本采矢③29分25秒31
橋本澪③29分26秒39
牧浦聖士③29分36秒30
山本信二③29分38秒64

1万上位10人平均:7位東洋29分20秒1
 
【他、戦力候補】
小早川健②29分41秒93
渡辺大貴③29分43秒15
竹下和輝②29分47秒48
菅原勇聖①29分51秒38

高森建吾②30分26秒56
堀 龍彦②≪2年:全7区1位≫
吉村光司③
 
【新入生】
相澤 晃13分54秒75≪都4区4位、高4区14位≫
中村 駆14分02秒85≪都1区34位、国体5千2位、IH千五4位≫
渡邉奏太14分08秒63≪都4区9位≫
今西駿介14分08秒91≪都5区12位、高3区6位、国体5千13位、IH5千15位≫
小室 翼14分14秒37≪都1区19位、高7区46位、IH千五8位≫
大西晴己14分24秒07
揚原  佑14分26秒39
福井勇仁14分26秒43
中尾聡志14分28秒80
≪高7区39位≫
定方 駿14分35秒22
【区間オーダーを考えてみる(4区延長、5区短縮したとして)】
堀-服部弾-小笹-櫻岡-口町  竹下-橋本-今西-野村-山本修
 新チームは平均タイムは低め。まあ、これは9月以降ほぼ出走していない事が非常に大きいのですが、もう少しいきたいのは正直なところですかね。タイムを伸ばすのもそうですが、レースに積極的に参戦していく事も必要になってくるかなと思います。箱根経験者もやや少なくなりそうですしね。
 
 エースは勿論、服部弾選手。長い距離の安定感はもう少しですが、日本IC5千優勝のスピードは抜群、更に強い姿を見れると思う。同じ4年の櫻岡・口町選手も順調に成長していけるだろうと思う。また、小笹選手や山本修選手、それから残念ながら箱根は故障で欠場したが、野村・堀選手もパワーアップして戻っていく事と思う。
 
 後は、まだ以前のような選手層を構築できていないところが、今後の課題ですかね。まだ箱根出走者が出ていない新3年の突き上げがほしいかなと。小早川・竹下・高森選手らが思い他伸びていないのですよね。彼らが上がれば面白くなってくる。新入生はスピードのある相澤・中村選手、駅伝主要区間で一ケタ順位の今西選手あたりが今のところ面白そうか。もう一度チーム全体をパワーアップさせて、優勝戦線に戻ってきたい。
スポンサーリンク

フォローする