スポンサーリンク

【3区】第91回箱根駅伝を振り返る

第91回箱根駅伝2015を振り返っています。

続いて3区です

スポンサーリンク

第91回箱根駅伝2015【3区定点間分析】

定点間色分け:1位 2位3位 4位5位6位 7位8位 15位16位17位 18位19位20位

【遊行寺坂5.4㎞】
3位中谷(駒大)15分22秒①
4位上村(東洋)15分24秒①(2分51秒9)
1位有村(明大)15分14秒③0:09(2分49秒3)
7位渡辺(青学)15分31秒③0:09
11位井戸(早大)15分41秒⑤1:32
15位廣田(東海)15分50秒⑥1:57
16位大川(神大)15分57秒⑥1:57

5位平塚(大東)15分28秒⑧2:03
9位藤井(中大)15分35秒⑧2:03(2分53秒1)
10位横田(城西)15分37秒⑧2:03
2位塩谷(中学)15分16秒⑪2:05
12位東島(拓大)15分43秒⑫3:21
18位三宅(順大)16分09秒⑫3:21
13位加藤(日体)15分44秒⑭4:54
6位杉山(帝京)15分30秒⑮5:08
OP堀合(国士)15分41秒(15)5:24
20位塚本(國學)16分22秒⑯5:37(3分01秒9)
19位蟹澤(創価)16分10秒⑰6:14
14位竹ノ内(日大)15分49秒⑱6:16(2分55秒7)
17位坂本(上武)16分04秒⑲7:01(2分58秒5)
7位井上(山学)15分31秒⑳7:11

駒大・中谷選手がダッシュをかけて東洋・上村選手を引き連れるようにトップへ。ただ、定点では3位を走っている明大・有村選手が追い上げている状況。また、3年連続3区中学・塩谷選手が飛ばしている。4強の中ではマイペースだが絶好調で投入された青学・渡辺選手が引き離されている。

5位争いは早大・井戸選手と東海・廣田選手、神大・大川選手がここまではローペース。後ろの大東・平塚選手ら8位集団が追い上げている。

【茅ヶ崎14.5㎞-遊行寺坂5.4㎞=9.1㎞】
1位中谷26分09秒①(2分52秒4)
2位有村26分11秒②0:11
5位上村26分31秒③0:22
5位渡邉26分31秒④0:31

8位井戸26分41秒⑤2:04
4位塩谷26分30秒⑥2:26(2分54秒7)
11位廣田26分48秒⑦2:36
10位横田26分46秒⑧2:40
13位平塚27分06秒⑨3:00(2分58秒7)
15位藤井27分31秒⑩3:25(3分01秒4)
17位大川27分50秒⑪3:38(3分03秒5)
14位東島27分09秒⑫4:21
18位三宅28分09秒⑬5:21
7位杉山26分32秒⑭5:31
12位加藤26分57秒⑮5:42
OP堀合27分15秒(16)6:30
9位竹ノ内26分45秒⑯6:52(2分56秒4)
3位井上26分15秒⑰7:17
16位坂本27分43秒⑱7:35
19位蟹沢28分17秒⑲8:22(3分06秒4)
20位塚本29分16秒⑳8:44(3分13秒0)

この間に中谷選手が単独トップへ。区間賞ペースの有村選手よりこの間は早い。上村選手は苦しく3位に後退していった。また、6位には中学・塩谷選手が躍進。抜かれたチームはばらけて廣田選手と城西・横田選手らが踏ん張り、逆に中大・藤井選手らがやや息切れしている。後ろでは日大・竹ノ内選手やエース登場となった山学・井上選手が順位アップ。逆に順大・三宅選手と創価・蟹沢選手がじわじわ後退、そしてどうしてしまったか、この間でダントツタイムが遅く、一気に最下位に國學・塚本選手が転落している。

スポンサーリンク

【湘南大橋18.1㎞-茅ヶ崎14.5㎞=3.6㎞】
1位中谷11分26秒①(3分10秒6)
4位有村11分31秒②0:16
6位渡邉11分39秒③0:44
10位上村11分48秒③0:44
5位井戸11分37秒⑤2:15(3分13秒6)
2位塩谷11分29秒⑥2:33
9位横田11分46秒⑦3:00
11位廣田11分50秒⑦3:00(3分17秒2)
14位平塚12分08秒⑨3:46(3分22秒2)
15位藤井12分11秒⑩4:10
18位大川12分27秒⑪4:39(3分27秒5)
13位東島11分59秒⑫4:54
8位杉山11分44秒⑬5:49
11位加藤11分50秒⑭6:06
16位三宅12分15秒⑮6:10
OP堀合11分46秒(16)6:50
7位竹ノ内11分43秒⑯7:09
2位井上11分29秒⑰7:20
16位坂本12分15秒⑱8:24
20位蟹澤12分41秒⑲9:37(3分31秒4)
19位塚本12分32秒⑳9:50

中谷選手がよく見せる苦しい表情だけど粘りある走りを展開。有村選手をじわじわ引き離し区間賞争いが非常に激しくなってきた。3位には渡辺選手が上村選手が追いつき併走。ギリギリ第1中継車から見える位置だ。

7位争いは横田選手が調子良く走る。後ろでは帝京・杉山選手がいい走りを見せていて日体・加藤選手らを交わして13位へ浮上。更に前を狙っている。

【平塚中継所21.4㎞-湘南大橋18.1㎞=3.3㎞】

3位中谷9分43秒①
4位有村9分45秒②0:18
5位渡邉9分48秒③0:49
8位上村9分51秒④0:52
5位井戸9分48秒⑤2:20
5位塩谷9分48秒⑥2:38(2分58秒2)
10位横田9分55秒⑦3:12
12位廣田10分02秒⑧3:19
14位平塚10分11秒⑨4:14
18位藤井10分26秒⑩4:53
13位東島10分09秒⑪5:20
19位大川10分46秒⑫5:42(3分15秒8)
10位杉山9分55秒⑬6:01(3分00秒3)
9位加藤9分53秒⑭6:16
15位三宅10分15秒⑮6:44(3分06秒4)
2位竹ノ内9分42秒⑯7:08
OP堀合10分01秒(17)7:08(3分02秒1)

1位井上9分41秒⑰7:18(2分56秒1
20位坂本10分58秒⑱9:39
16位蟹澤10分19秒⑲10:13
17位塚本10分19秒⑳10:26

激しい区間賞争いは最終的には中谷選手が獲得。有村選手もしっかり前が見据える位置はキープし、まだ次の区間次第で逆転の希望は持てた。3位争いは最後は渡辺選手が制し、東洋は結局3つ落とすこととなった。

なお、最後のこの3.3㎞で良かったのは1区2区悪い中、追い上げた竹ノ内選手と井上選手が凄かった。選抜・堀合選手も悪くなかったが巻き込まれて最後に順番を落とした。終盤に苦しい走りとなった上武・坂本選手らも落としてしまった。

5位争いは井戸・塩谷選手がやや抜けた格好。7位争いは横田選手、廣田、平塚選手ら、藤井選手と大川選手は厳しく拓大・東島選手や杉山選手らが強かに追い上げた。