スポンサーリンク

29.7.1-9の結果【ホクレン北見・国士舘大記録会・東海大記録会】

シェアする

3000mで好結果が出たホクレン北見のほか、先週行われた国士舘大記録会と先日の土日に行われた東海大記録会の結果です。
29.7.1-2 平成29年度 第4回国士舘大学競技会(https://sites.google.com/site/kokushikanrikuzyou/kyougikai/ping-cheng29nian-du-jing-ji-hui/h29-3kyougikai/h29-4kyougikai)
1500mトップ:髙橋勇輝(長野日大高)3分49秒21
 高校生の3分50秒切りが増えてきていますよね。若い世代のスピード化はどんどん進んでいる感じがします。
○国士舘大学
1500m
7組:石川大和③3分56秒60 堂本将希①3分58秒67
5千
4組:曽根雅文①14分47秒79 三田眞司④14分55秒34
5組:ポール ギトンガ①14分16秒34★ 戸澤 奨③14分28秒13
1万
加藤直人①30分29秒46 福田有馬②30分50秒29 山口純平②31分06秒46
鼡田章宏②31分12秒97
 ギトンガ選手がついに渡来前?のベストを更新、一人抜け出してのレースでしたし、これから少しずつでもエースになっていければと思います。1万では加藤選手がまずまず安定していると思います。
○関東その他
5千
5組:笹谷啓太(芝工3)14分43秒68★
 笹谷選手が大学のベスト記録を更新です。主力ランナーがいつになく記録を出しています。
29.7.8-9 第176回東海大学長距離競技会(http://tokai-track-field.shn.u-tokai.ac.jp/東海大競技会/第176回/176回.pdf)
1500m
中谷雄飛(佐久長聖)3分48秒83
3000m
佐久間秀徳(國學院久我山)8分25秒43 鈴木芽吹(佐久長聖)8分28秒17
5千
嶋津雄大(若葉総合高)14分36秒0
 佐久長聖の中谷選手が1500mに出てきましたが、さすがの記録ですね。IHが楽しみな選手です!
○東洋大学
1万
3組:堀 龍彦④30分42秒92
5組:堀 龍彦④30分34秒92★
 スピードランナーの堀選手が1万に2度出場でちょっとびっくり。おそらくベストかな?いいスタミナ練習になってればと思います。
○神奈川大学
5千
11組:杉本康平①14分36秒96 藤村共広②14分40秒25 古和田響②14分46秒48
  森 淳喜②14分48秒54
1万
5組:西田秀人④30分21秒47 徳川稜汰③30分25秒29 田中尚人③30分30秒58
 彼らが記録を伸ばしてくると選手層がさらに分厚くなってきます。
○東海大学
3000m
塩澤稀夕①8分34秒35
1万
3組:中園誠也②30分56秒89 湊谷春紀③31分19秒10
5組:1位垂水 隆④30分19秒30
5千
8組:嘉村大悟③14分54秒54
 塩澤選手と湊谷選手が久々にレース出場、また元気な姿を見たいですね。
○創価大学
1万
5組:姫宮大地④30分30秒58
5千
11組:梅木 陸①14分38秒28 福田悠一①14分42秒38 作田将希③14分46秒10
  二宗広大③14分46秒38★ 竹下和真②14分52秒38 坂野和久③14分54秒48
 創価大の中堅のランナーがずらりと出場しました。梅木・福田選手ら1年生が今回は元気でしたね。
○麗澤大学
4組:瀬尾和輝②31分21秒67
5組:宮田 僚②31分02秒73 渡邉紘也③31分08秒24 大道聖斗④31分15秒12
○関東その他
5千
11組:千葉勇輝(日薬1)14分55秒61★
 麗澤大の主力ランナーが出場、箱根予選でしっかりまとまりたい。日薬大は千葉選手がわずかにベスト更新しました。
29.7.9 2017ホクレン-第3戦・北見-(http://www.jaaf.or.jp/files/upload/201707/09_211915.pdf)
男子1500mB&5000mB-D組
C組:杉本龍陽(札幌日大高)14分25秒78
B組:ムタイ ヴィクター(カネボウ)13分58秒92
  沖守 怜(SGHグループ)14分06秒91
  古賀淳紫(安川電機)14分14秒44
  末上哲平(YKK)14分16秒84
 気温が高かったこともあり、5千に関しては、B組までは記録はなかなかでなかったですかね。カネボウの留学生ランナーが唯一の13分台、日本人は沖守選手が暗いついていましたね。
○早稲田大学
5千
B組:石田康幸④14分17秒08 吉田 匠①14分28秒09 安井雄一④14分31秒71
  太田智樹②14分32秒99 清水歓太③14分46秒49
 早大のランナーがB組に多く出場、1万でベストを出した石田選手が5千でもいい記録を出しました。今一番早大で乗っている選手かもしれません。
○日本体育大学
5千
C組:住田優範④14分25秒79 大崎 遼④14分44秒59 岩室天輝①14分47秒93
  森崎拓海③14分52秒31 池田卓矢④15分05秒72
B組:冨安 央④14分18秒34 林田元輝③14分36秒68 酒匂郁海③15分14秒70
 日体大も多く出場しましたね。C組は住田選手が踏ん張りましたね。B組では主力の富安選手が調子をあげてきました。夏前に少しずつ整ってきましたかね。
○駒澤大学
1500mB
中西亮貴④3分48秒02
○東海大学
1500mB
小松陽平②3分50秒72
5000m
D組:河野遥伎②14分42秒84(組トップ)
B組:廣瀬泰輔④14分20秒69
 駒大の中西選手が非常にいい記録を出しましたね。5千で伸びてきましたがやはりスピードは駒大の中でもかなりあるようです。東海大は全日本予選1組出走した小松選手がいい記録を出したようですね。廣瀬選手も好調をキープしています。
○日本大学
C組:川口賢人④14分27秒89★ 金森純丸④14分41秒41 加藤拓海③14分43秒44
  高野千尋④14分45秒67 横山 徹①14分56秒31 武田悠太郎①15分05秒95
  成田悠汰②15分12秒50
B組:岡野佑輝④14分36秒20
 川口選手が頑張って自己ベストを出しましたね。これから調子があがってくれればと思います。金丸・高野選手もまずまず、加藤選手もひとまず試合に出られるようになったというところでしょうかね。岡野選手もひとまず状態キープ、夏合宿に向けて戦力は整ってきています。
○国士舘大学
1500mB
石川大和③3分47秒80(B組トップ)
5千
B組:多喜端夕貴③14分19秒69 
 石川選手がB組トップ!見事な走りでした。来年の関東ICで主役になりたいですね。多喜端選手もしっかりついていきました。
○東京農業大学
5000m
D:今井優作②14分58秒29 工藤 颯①15分12秒97 徳永晃希④15分13秒62
 農大もD組に多く出場、今井選手が何とか14分台とちょっと厳しいタイムでした。
○日本薬科大学
1500mB
及川雄大②3分52秒56
5千
D組:土屋祐太②15分12秒94
C組:桜庭宏暢④14分46秒42
 及川選手が1500mで健闘しましたね。主力もひとまず名前を見る感じで、ここから箱根予選に向けてあげていきたいですね。
○関東その他
1500mB
八重樫一也(武蔵1)3分55秒20
村上聖和(関学4)3分56秒59
5千
D組:外山正一郎(上智大4)14分59秒71
C組:根岸祐太(慶大3)14分31秒23★
 八重樫選手が連戦ですね。前よりタイムを伸ばしました。上智大は外山選手が連続14分台、今回は価値が高いのでは?慶大の根岸選手もここで自己ベストを出したのは自信になりそうですね。
○その他
1500mB
原田 響(札幌学院大)3分55秒80
5千
C組:松舘悠斗(星槎道都大)15分10秒49
B組:奥村杏平(京都産業大)14分22秒54
 全日本予選では3番手となった京都産業大ですが、奥村選手がベストに近いタイムを出して盛り立ててます。
男子1500mA
1位荒井七海(Honda)3分42秒70
2位楠 康成(小森コーポレーション)3分43秒01
3位木村理来(東海大2)3分43秒13
4位前田恋弥(明治大3)3分43秒37
5位小林航央(筑波大3)3分43秒78
6位岡崎達郎(大阪ガス)3分44秒25
7位松田佑太(SGHグループ)3分44秒39
8位監物稔浩(NTT西日本)3分44秒49
上村純也(SUBARU)3分44秒66 LEE, KANG CHEOL(韓国電力)3分45秒32
神谷天地(関西学院大)3分46秒71 駒山魁都(日薬4)3分46秒96
小野友生(東北高)3分46秒97 松本葵(大塚製薬)3分47秒93
小笠原柊(日立物流)3分48秒01 宮平健太郎(日薬3)3分48秒69
以上3分50秒切り
 これは記録ラッシュでしたね。3分47秒が確か標準切りですがかなりの人数になりましたね…。てかこれだと標準上がるかな?ひとまず、Hondaに入社した荒井選手がトップ!かつての日本選手権王者が調子を上げてます!これにベテランの楠・岡崎・松田選手らに一気に実力を上げた木村・小林選手、中距離専門の前田選手も良かったですね。他、学生は関東ICで活躍した日本薬科大の選手も自己ベストを出しています。
Prj-A 男子3000m
1位鎧坂哲也(旭化成)7分52秒70
PMエバンス ケイタニー(トヨタ紡織)
2位市田 孝(旭化成)7分54秒11
3位遠藤日向(住友電工)7分54秒79(ジュニア日本新)
4位中川智春(トーエネック)7分56秒05
5位松本 稜(トヨタ自動車)7分58秒00
6位西澤佳洋(小森コーポレーション)8分00秒85
7位早川 翼(トヨタ自動車)8分03秒40
8位服部弾馬(トーエネック)8分08秒09
窪田 忍(トヨタ自動車)8分10秒25 中村信一郎(九電工)8分20秒76
秦 将吾(大塚製薬)8分26秒78 高田康暉(住友電工)8分32秒37
西岡喬介(中電工)8分39秒60
 3000mは非常にいい記録が出ましたね。鎧坂選手がしっかりと勝ち切りました。さすがのスピードですね!市田孝選手も本当に高レベルで安定している印象です。そして話題になったのは実業団高卒ルーキーの遠藤選手!ジュニア日本新記録となる7分54秒79のタイムを樹立!ケガ明け3か月ということでやっぱり能力高いですねぇ。このタイムで来年の日本選手権5千の出場権も得られました。次の網走で5千も記録を狙うとのことで、がぜん注目ランナーになってきました!
Pro-N 女子3000m
松崎璃子(積水化学)8分49秒61(日本歴代2位)
一山麻緒(ワコール)8分53秒54
以上9分切り
 女子も良かったですね。松崎選手が8分49秒の日本歴代2位の好タイムを出しました!女子はちょっと今男子陸上界に後れを取っていますが、長距離に関してはすごくいいですよね。また面白いランナーが出てきました。
男子5000mA
1位P.M.ワンブイ(日本大3)13分40秒62
2位サイモン カリウキ(日本薬科大3)13分45秒10
3位柳 利幸(日立物流)13分49秒19
4位有村優樹(旭化成)13分53秒05
5位岡本直己(中国電力)13分55秒01
6位牟田祐樹(日立物流)13分55秒68
7位小山直城(東京農業大3)13分56秒62
8位ベケレ シフェラウ(マツダ)13分57秒67
————————————
小町昌矢(日本体育大4)14分02秒67
宮﨑勇将(日本体育大3)14分07秒85
田中龍太(明治大3)14分10秒12
 ワンブイ選手が13分40秒でトップ。勢いのあるカリウキ選手も競り落としていますし、ラストは今の学生ではだれも勝てない感じですかね。カリウキ選手はほぼベストと同じタイムで力を出し切った感じですかね。日本人では柳選手が唯一の13分50秒切りで好調をキープしています。
 学生では農大の小山選手がこれまたほぼベスト、チームの勢いはちょっと心配な面がありますが、小山選手はしっかり自分の力を伸ばしているようでほっとしました。日体大は小町・宮崎選手がまずまずの記録、秋シーズンに巻き返したいですね。


スポンサーリンク

フォローする